ポイントは低金利!おまとめローンに使えるカードローンは?

青野 泰弘

監修者プロフィール青野 泰弘

ファイナンシャルプランナー・行政書士

続きを読む

1964年静岡県生まれ。同志社大学法学部卒業後、国際証券に入社。その後トヨタファイナンシャルサービス証券、コスモ証券などで債券の引き受けやデリバティブ商品の組成などに従事した。2012年にFPおよび行政書士として独立。相続、遺言や海外投資などの分野に強みを持つ。

複数の金融機関から借入を行っている場合、毎月の返済日や返済額、金利がそれぞれ異なるため、管理するのが大変です。返済が苦しいと感じたときは、おまとめローンで複数の借金を1つにすることで負担を軽減できることもあります。おまとめ専用ローンを提供している金融機関もありますが、利用限度額が高く、金利が低いという条件に当てはまれば、カードローンをおまとめローンとして利用することも可能です。そこで、おまとめ用に使える低金利なカードローンを紹介します。

プロミス
融資時間
最短30分
審査時間
最短30分
実質年率
4.5%〜17.8%
融資可能金額
1万円〜500万円

おまとめローンに向いているカードローンとは?

おまとめローンの利用には大きく分けて2つの方法があります。1つはおまとめ専用のローンを利用する方法、もう1つは通常のカードローンをおまとめ用として使う方法です。おまとめ専用のローンに申し込むと、消費者金融または銀行が利用者の代わりに借金を返済します。その後、利用者がおまとめ先に返済をするという仕組みです。通常のカードローンを利用する場合は、まずはカードローンに申し込み、そこで借りたお金で借金を返済します。どちらの方法でも複数の金融機関で借りていた金額が1つのカードローンにまとまるので、返済の管理がしやすくなるのです。

カードローンをおまとめ用として利用する場合は、おまとめ後の返済額が現在の返済額よりも下がるものを選びましょう。まず重要なのは、利用限度額が高いことです。利用限度額まで借入をしても今ある借金が返済できないと、まとめる意味は薄れます。また今ある借金より金利が低いかどうかも確認しておかなければなりません。金利が高いと月々の返済額が大きくなり、かえって返済が苦しくなります。なお、ローンの種類によっては返済目的の借入はできない場合があるので、使い道が自由なローンを選びましょう。

また、最初に借金の合計額分のお金を借りなければならないので、金額が大きくなる傾向があります。大きな金額が口座に振り込まれるからといって、それは借金の返済に充てるお金ですので、間違って使ってしまわないように、すぐに今ある借金を返済しましょう。そして返済方法に柔軟性があるローンなら、より望ましいでしょう。できるだけ利息を抑えながら完済するためにも、ATMやインターネットバンキングなど、多様な方法で返済できるローンを利用しましょう。おまとめをして毎月の返済額が下がったら、一緒に生活も見直しましょう。返済が楽になったからといって同じような生活を続けていると、また借金を重ねることになります。おまとめは“2度目はない”と思って、まずは借金を増やさないように気を付けましょう。

プロミスなら最短30分で借入ができる!

おまとめローンとして利用できるカードローンにはさまざまな種類があります。プロミスもおまとめ用に使えるローンの1つです。実質年率は4.5~17.8%で、利用限度額は500万円までと、ある程度まとまった借入ができます。カードレス対応なら、借入と返済もオンラインで手続きが可能です。さらに、即日融資に対応しており、条件によっては最短30分で借入ができます。

プロミスのカードローンに申し込むための条件は、年齢が20~65歳で、安定した収入があることです。本人に収入がなければ申し込めないため、無職の方や専業主婦の方は利用できません。しかし、安定した収入があればアルバイトやパートの方でも申し込めます。利用の際は、まず自動契約機かお客様サービスプラザから申し込み手続きを行いましょう。近くにある自動契約機や「お客様サービスプラザ」の場所を知りたい場合は、プロミスのアプリや公式サイトから検索しましょう。

手続きの際は運転免許証やパスポートなど本人確認書類と、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書を持参しましょう。ただし、希望借入額が50万円以下であれば、収入証明書がなくても申し込めます。

大和ネクスト銀行フリーローンはネットで借入と返済が可能!

大和ネクスト銀行フリーローンは、大和証券グループが提供するローンです。カードが発行されないかわりに、借入や返済の手続きはインターネットでできます。実質年率は4.0~9.5%、利用限度額は500万円です。大和ネクスト銀行フリーローンに申し込むためには、まず大和証券グループの円普通預金口座を開設する必要があります。さらに、申し込みの時点で20~60歳で、安定した収入を得ていることが条件です。また、ローンを利用するにあたり、大和証券グループが指定する保証会社の保証を受けなければなりません。借入の際は取引サイトにログインしてから借入の申し込みを行います。借入金はローン専用普通預金口座へ入金されるので、大和ネクスト銀行の円普通預金口座への振替や、ほかの金融機関への振込も可能です。なお、振替や振込にかかる手数料は一部を除き無料です。

イオンユーザーならイオン銀行カードローンBIG !

イオン銀行カードローンBIGは、イオン銀行が提供するカードローンです。実質年率は3.8~13.8%、最高800万円まで借りられます。イオン銀行カードローンBIGの特長は、14:00までに申し込みをすれば原則即日回答という点です。イオン銀行は年中無休で審査を行っているため、審査が完了すれば最短4日でカードの受け取りができます。

イオン銀行カードローンBIGを申し込むための条件は、20~64歳で安定かつ継続した収入の見込める方で、保証会社の保証を受けられる方となっています。ただし配偶者に収入があれば専業主婦または専業主夫でも50万円までなら借入が可能です。

申し込みは全国のイオンにあるイオン銀行の窓口でもできますが、インターネットでの手続きも可能です。まずはイオン銀行の公式サイトからカードローンの申し込みページへアクセスし、必要事項を入力します。審査を通過した場合、自宅にカードが郵送されるので、イオン銀行の口座を持っていない方はカードが届く前に開設しておきましょう。借入はイオン銀行やコンビニエンスストア、提携金融機関のATMからできます。

三井住友カードゴールドローンなら金利が下がる!

三井住友カードゴールドローンは、三井住友カード株式会社が提供するローンです。まず、申し込むための条件ですが、20~64歳までの安定収入のある方となっています。実質年率は3.5~9.8%(カードレスの場合は9.2%)です。さらに、このローンの最大の特長は、1年間、期日通りに返済できれば、翌年度の金利が0.3%下がります。金利は4回まで下がるので、最大1.2%も金利を引き下げることも可能です。利用限度額は700万円です。借入から返済までインターネットで手続きが可能なカードレスローンを利用すれば、最短で即時に口座への振込みが可能なほか、上限金利も9.2%となっています。

ソニー銀行の口座があるならソニー銀行カードローン!

ソニー銀行カードローンは、ソニー銀行に円普通預金口座を持っている方が利用できるローンです。口座を持っていない方でも口座開設とローンの同時申し込みができます。実質年率は2.5~13.8%、利用限度額は800万円です。ソニー銀行カードローンを申し込むための条件は、20~64歳までの安定した収入のある方で、保証会社からの保証を受けられる方となっています。専業主婦や専業主夫でも、限度額50万円までなら申し込みができます。ソニー銀行カードローンの大きな特長は、低金利という点です。しかも、仮審査の結果は最速1時間で通知されます。申し込みから契約までインターネットで完結するため、銀行の支店や消費者金融の自動契約機まで行く時間がないという方でも手続きがしやすいです。

手続きの際は本人確認書類や収入証明書などの書類を用意します。ただし、50万円までの借入なら、原則として収入証明書は必要ありません。申し込みにあたって必要な書類や条件など確認したいことがあれば、ソニー銀行のローン専用ダイヤルまで問い合わせましょう。

使いやすいローンを探すなら「カードローン比較」で!

ここで紹介したカードローンのほかにも、おまとめ用に利用できるローンにはさまざまな種類があります。

クレジットカード会社や消費者金融のような貸金業者には貸金業法というものが適用され、利用者の年収3分の1以上のお金を貸すことができないという総量規制というものがあります。いくら利用限度額が高くても、年収3分の1を超えて借りることはできないので注意が必要です。一方、銀行のローンは総量規制の対象外ですので、年収用件は適用されませんが、利用限度額は審査によって決まります。

また現在の返済方式は、会社によって違うので注意してください。特に残高が減少したときに返済額が変わるか、変わらないかがポイントです。返済額が変わる場合には、元本の返済も少なくなるため、返済期間が延びてしまいます。どちらの方法かは事前に確認しておきましょう。また、返済が進むと、残高と利用限度額の差額を再び借りることができます。ただし、その枠を使って借入をすると、いつまでも返済を続けることになります。せっかくおまとめをした効果がなくなってしまいますので、再び借入を増やすことのないように、十分に注意してください。

たくさんのカードローンの中から自分に合ったローンを探すのは大変です。ローン選びに迷ったときは、「カードローン比較」で使いやすいローンを探してみましょう。

プロミス
融資時間
最短30分
審査時間
最短30分
実質年率
4.5%〜17.8%
融資可能金額
1万円〜500万円
最新版カードローン人気総合ランキング
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング