カードローンの返済はスムーズに済ませよう!そのためのコツを紹介

お金に困ってカードローンを利用すると、毎月少しずつ返済していくことになります。しかし、すぐに返済を終える人もいれば、いつまで経っても返済が終わらない人がいます。その理由は、返済の仕方にこだわらないためであり、コツを押さえないと損をしてしまうのです。カードローンの利用は借金であり、できるだけスムーズに返済することが大事です。そこで、カードローンの返済を滞りなく速やかに終えるためのポイントについて紹介します。

カードローンの返済方法の選び方

カードローンの返済方式は一般的にリボルビング方式が採用されます。ただし、リボルビング方式にも、元利定額リボルビング方式、元金定額リボルビング方式、元利定率リボルビング方式、元金定率リボルビング方式が有ります。さらにそれぞれに残高スライド方式を付加することも有ります。それぞれの方式ごとに返済する際のスケジュールが変わってくるため注意しましょう。

残高スライド方式とは、借入残高により返済する金額が変更されるものです。返済定額が変更される方式と、返済定率が変更される方式とがあります。たとえば、返済定額が変更される方式では、10万円以下ならば5,000円、10~30万円では1万円といったように残高に応じて最低返済額が決まります。

元利定額リボルビング方式とは、一定の返済額のうちに元金や利息などがすべて含まれるものです。

したがって、残高スライド元利定額返済方式では、最低返済額が残高によって決まり、そのなかに元金や利息、手数料などがすべて含まれます。返済額は残高が一定の範囲内にあれば固定されるため、返済スケジュールは立てやすいでしょう。もちろん、最低返済額が決められているだけであり、それ以上の金額を支払うことは問題ありません。多くのカードローンでは、この残高スライド元利定額返済方式が採用されています。また、元利定率返済方式という方法もあるのですが、こちらはカードローンではほとんど採用されていません。

元利定額方式の場合、最初の頃に返済する利息の割合は大きいという特徴があります。返済していくにつれて、徐々に元金の割合が増えていくのです。元利とは元金と利子を合わせたものであり、これを常に一定にするため、どうしても最初は借入残高が多くなるので利子の割合が大きくなります。毎月の返済額のうち元金と利息がどのくらいの割合になるのか調べたいならば、シミュレーションしてみましょう。多くのカードローン会社では、ホームページ上で返済計画のシミュレーションをできるシステムを用意しています。そちらをチェックすれば、返済回数や返済総額がわかります。

短期間でカードローンを返済するためのコツ

借金返済では、利息を極力支払わないことが大切であり、そのためにはスピーディーに返済することが大切です。利息の計算方法は、元金に実質年率をかけ、それを365で割って利用日数をかけることで求まります。したがって、利用日数が大きくなるにつれて利息も大きくなってしまうのです。利用日数をできるだけ短くできれば、ほとんど利息を支払う必要がなくなります。そのため、スピーディーに返済するためにきちんとした計画を立てることが重要です。

特に複数のカードローン会社からお金を借りている人は注意しましょう。この場合、漠然とそれぞれの会社に返済するよりも、1つの会社の借金を早めに完済するほうがお得なのです。金利の一番高い会社の借金返済を優先することで、トータルの返済額を抑えられます。それぞれの会社で毎月どのくらいの利息が発生するのか計算しましょう。基本的には金利の一番高い会社の返済を優先するべきです。ただし、利息は借入額によって変わるため、金利がより低くて毎月の利息が高いケースもあります。この場合は、毎月の利息の高いところから返済すると良いでしょう。

また、最初に決められた返済プランを律儀に守り続ける必要はありません。多くのカードローン会社では、繰り上げ返済や一括返済といった方法を用意しているからです。繰り上げ返済とは、余裕のある月に多めに返済することです。一括返済とは、その時点で残っている元金をすべて一括で返済してしまう方法であり、そうすれば完済できます。ただし、無理にその月の返済額を増やしたとしても、翌月以降に返済が苦しくなってしまっては意味がありません。毎月の返済プラン通りに支払っていれば、それ以上のお金を催促されることはないのです。お金に余裕があり、利息の支払いがもったいないと思うなら、どんどん繰り上げや一括による返済を活用していきましょう。

臨時返済で返済期間を短くしよう

カードローンの借金をできるだけ素早く返済するコツは、臨時返済を活用することです。カードローンでは、いつでも余裕のあるときに繰り上げ返済や一括返済ができます。このシステムを利用して、ボーナスなどの収入が発生しお金に余裕が出てきたときには、どんどん返済にあてると良いです。そうすれば、返済期間を短くし、利息を減らすことができるのです。基本的に臨時返済で支払ったお金については、すべて元金に充てられます。したがって、臨時返済では利息分を支払う必要はなく、効率よく借金を減らしていくことができるのです。

カードローンの返済の仕組みをよく理解してないと、毎月の返済で元金がどんどん減っていると思ってしまいます。しかし、実際には毎月の返済は元金と利息を同時に支払っており、場合によっては元金が全然減っていないこともあるのです。元金が減らない限りはいつまで経っても借金を返すことができません。臨時収入が発生したときには、積極的に臨時返済をして、大幅に元金を減らすと良いでしょう。そうすれば、最初の返済プラン通りに返済してく場合と比較して、利息の合計額をかなり節約することができるのです。

ボーナス以外でも、さまざまな場面で臨時収入が発生することがあります。臨時収入があると、つい自分の楽しみのために使うことが多いです。しかし、まだ借金が残っているならば、借金返済を最優先させましょう。毎月の返済額が決まっていると、安心感が出てしまうのですが、無駄に利息を多く支払っている状況に危機感を持つべきです。カードローン会社の方から臨時返済を勧めてくることはありません。自分の意志で早期返済に取り組みましょう。

カードローンをもっと効率よく返済するには?

カードローンの返済を効率よく行うためのコツはいろいろあります。これを知らなければ漠然と毎月返済を続けてしまい、損をしてしまうでしょう。たとえば、カードローンには借り換えという方法があります。これは、今よりも低い金利条件のカードローンでお金を借りて、今借りている分を完済してしまうというものです。借り換えでは元金は一切変化していないのですが、金利が低くなった分、今後の利息の負担を減らせるのです。

借り換えをすると、毎月の返済額が同じだったとしても、元金の占める割合を増やすことができます。あるいは、金利が少なくなった分、毎月の返済額を減らすこともできるでしょう。いずれにしても、借金返済の負担を減らすことができるのです。また、借り換えを発展させた方法としておまとめローンというものがあります。こちらは複数の借り入れを一本化することであり、実際におまとめローンというサービスを提供している会社はたくさんあります。こちらは、まとまったお金を借りて、それで一度すべての債務を完済するのです。その後は、おまとめローンで借りた金額を毎月返済していくのです。1つの会社に対して返済していくようになり、管理がとても楽になります。もし金利の安い条件でおまとめローンを利用できれば、返済総額を減らせるでしょう。返済プランも分かりやすいものとなり、メリットがたくさんあります。

カードローン返済で知っておきたい注意点とは!

カードローンの返済は、きちんとシステムを理解していないと損することがあります。たとえば、カードローンの返済は自分で毎月の返済額を決められるところが多いです。もし、返済の途中で苦しくなってしまうと、つい返済額を少なくしてしまいます。しかし、返済額を少なくすれば、その分、借入期間が長くなってしまい、支払う利息の金額が大きくなっていくのです。長期的に考えると、返済額を少なくすることがより負担を大きくしてしまいます。目先のことだけ考えると、つい返済額は少なく設定してしまうため注意しましょう。もちろん、本当に苦しいときに返済額を少なくするのは仕方ありません。それでも、余裕が出てきたら返済額をどんどん多くしていきましょう。

また、金利を低くするために借り換えやおまとめローンの利用を検討する人は多いのですが、これには審査があります。審査に通ることができなければ、借り換えもおまとめも不可能となるのです。絶対に審査に通るという保証はないため、審査に落ちたときのことも考えておきましょう。審査の基準は明確に公表されておらず、申込みをしてみないと審査に通るかどうか分かりません。最悪の事態を想定しながら審査を受けてみましょう。

そのほかの注意点として、毎月の返済額を大きく設定しすぎるべきではありません。無理な返済プランを立ててしまうと、どこかで計画が崩れてしまうものです。借金の返済中に突発的な出費が発生するかもしれないのです。ひょっとしたら、給料を減らされてしまうこともあります。そういうリスクも考慮して、毎月の返済額を決めましょう。人それぞれ収入や生活費、仕事内容、家族構成などは異なっており、最適な返済額は違います。自分に合った返済額を見つけることが、返済に失敗しないためのコツとなります。

カードローンの返済が厳しくなったときの対処法

カードローンの返済に苦しんでいる人はたくさんいるのですが、そのときには適切な対処をすることが大切です。まず、カードローンの返済計画はある程度自由に変えられるものです。毎月の返済金額は、最低限の金額にまで下げることができれば、負担はかなり減るでしょう。もちろん、返済額が減ると利息の負担が大きくなるのですが、返済を滞納することは避けるべきです。返済に遅れてしまうと、信用情報に傷がついてしまうおそれがあります。何度も滞納を繰り返していると、ブラックリストに掲載され、今後の金融機関の利用がとても不利になってしまうのです。どうしても苦しいときには金融機関に連絡してみましょう。できる限りの対応をしてくれる可能性があります。

本業の収入だけで借金返済が苦しいならば、副業について考えてみましょう。今すぐできる副業で収入を増やせば、返済できないという事態を避けられます。たとえば、休日に日払いのバイトをしてお金を稼ぐという方法もあります。昼間の仕事をしている人は、夜に別の仕事で働くという方法もあるのです。ただし、副収入を得るために無理をして働くことは避けましょう。それで本業の方にまで影響が出てしまっては意味がありません。

これらの方法でも対処できないならば、最終的には法律の専門家を頼るという方法があります。たとえば、債務整理をするという方法で借金返済の負担を軽減できるかもしれません。法律の専門家に債権者と交渉してもらい、借金や利息を減らしてもらえるかもしれないのです。借金問題について無料で相談を受けつけている法律事務所はたくさんあります。どうしても困っているときは、話を聞きに行ってみましょう。借金返済で一番駄目なことは、何も行動しないことです。それでは、自分がどんどん不利な状況になっていき、最終的には自己破産の可能性も出てきます。この方法はさまざまなデメリットがあるため、できるだけ避けるべきでしょう。

カードローンは返済のこともしっかりと考えよう!

カードローンの返済は、コツを知っているのといないのとでは返済の負担が大きく変わるでしょう。何も知識がないと、知らないうちに不利な選択をしてしまう可能性があるのです。よりお得な条件で借金返済ができるように行動しましょう。カードローンの利用は借金であり、怖いと思っている人はたくさんいるでしょう。それでも、カードローンの仕組みを知り、計画的に利用すれば、とても役に立つものです。どうしてもお金が必要になったときには、カードローンが強い味方となってくれるのです。返済方法を十分に検討してカードローンを利用すれば、必要以上に怖がる必要はありません。自分に合った無理のない返済方法で借り入れしましょう。

監修者プロフィール : 有田 宏(ありた ひろし)

有田 宏(ありた ひろし)
  • NPO法人北海道未来ネット専務理事、ファイナンシャル・プランナー(CFP)
  • 現在はファイナンシャル・プランナー。2000年、日本FP協会のCFPを取得。2004年よりNPO法人北海道未来ネット専務理事。金融・経済分野を中心とした執筆・講演・コンサルタント事業に従事。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング