すぐにお金が必要!キャッシング枠を復活させる方法とその流れ

生活をしていればお金が急に必要なときってありますよね。クレジットカードの支払いが足りない、友人の結婚式が重なったなど急な出費のときに便利なのがキャッシングです。しかし、キャッシングは限度額いっぱいまで借入れしていると、利用分を返済するまでは使うことができません。そして、返済してから使えるようになるまでにはある程度の日数がかかります。そこで、今回はキャッシング枠が復活するまでの期間や流れ、復活しない場合の対処法について解説します。

キャッシング枠の停止理由は限度額までの利用と返済の遅延や延滞

クレジットカードのキャッシング枠が利用できない主な理由は「限度額まで利用している」「返済の遅延や滞納」の2つです。まず、クレジットカードには個人の返済能力に応じた限度額が設定されており、限度額いっぱいまで利用している場合、次の借入はできません。最初の限度額はクレジットカード入会時の審査に応じて決まりますが、毎月の返済状況に応じて限度額を上げてくれるカード会社もあり、限度額の上限を上げる申込みを行えば、それ以上の借入が可能です。ただし、普段の利用が限度額いっぱいまで利用している場合、上限を上げる審査が通らない場合もあるので注意しましょう。

2つ目の理由はキャッシングの返済が遅延していたり、延滞が繰り返されたりした場合です。当然のことですが、キャッシングで借りたお金は翌月には返済しなければなりません。ついつい自分の経済状況に見合わない額を借り入れてしまい返済が遅れてしまったという経験がある人もいるでしょう。しかし、キャッシングの利用において返済の遅延や延滞は個人の信用を大きく落としてしまう重大な行為です。返済日に振込が間に合わず数日遅れてしまったという程度であればそれほど問題はありません。しかし、1カ月が2カ月も遅れてしまうようなことがあれば「返済能力がない」と判断されてしまいます。一度このような判断がなされると限度額まで利用していなくても、突然キャッシング枠が0円になったり、急に利用停止となる場合もあったりするので注意が必要です。借りたお金を返すのは当然なので、必ず返済日までに返済するようにしましょう。

返済から復活までの流れと注意点

まず、正確に把握しておきたいのが「利用限度額」と「利用可能額」の違いについてです。よく間違える人がいますが利用限度額は「1カ月に利用できる金額」ではありません。クレジットカード会社に立て替えてもらえる総額のことを利用限度額といいます。つまり、毎月毎月、利用限度額分を利用できるわけでなく借入れした金額は返済しなければ再度、借入れすることはできません。一方、利用可能額とは「あとどれだけ借入れできるか」ということです。利用可能額が今借入れできる金額の目安なのでしっかりと把握しておきましょう。

キャッシングの利用額はクレジットカード会社ごとに定められている期間を経て利用確定、その約1カ月後に返済を行います。その後、利用額に対して返済した金額分が利用可能額として回復するという流れです。返済方法はコンビニでの返済や銀行口座からの引き落としなどがありますが、どの返済方法でもクレジットカード会社に返済情報が届くまでには一定の時間がかかります。通常であれば約2営業日、土日祝日を挟めば4~5日程度かかる場合もあります。

これは、クレジットカードが提携している銀行の処理スピードの違いが影響してくるため、クレジットカードによってまちまちです。利用額の一括返済を設定している場合であれば返済によって利用可能額はすべて回復しますが、リボ払いの場合は注意が必要です。具体例をあげると、利用限度額30万円で月々の返済が5万円、今月に10万円のキャッシングをした場合、返済は翌月末の5万円になります。しかし、5万円を返済しても利用可能額は【30万-10万+5万=25万円】となり、5万円少ないままです。リボ払いを設定している場合、利用限度額を全額復活させるには時間がかかるため注意しておきましょう。

キャッシング枠の復活方法は会社ごとに異なる!

キャッシング枠の復活で一番注意したいのはリボ払いと解説しましたが、リボ払いにしていると利用限度額の復活が2カ月後、3カ月後とどんどん先延ばしになります。リボ払いは毎月の返済額が一定で、かつ少額であることは便利なことですが一方で借入額がどんどん増えてしまう危険性もはらんでいます。リボ払いで利用可能額が減っている場合、急にまとまった金額が必要という場合に対応できません。利用可能額はできるだけ余裕を持たせておくことが大切です。

また、「利用可能額の復活は返済日まで待たなければならないのか」という疑問を持つ人もいるかもしれません。結論から言えば、毎月の返済日まで待つ必要はありません。クレジットカード会社によっても異なりますが、大抵の会社はこちらからカスタマーサポートに連絡し「利用可能額を復活させたいから繰上げ返済をする」といえば対応してくれます。どの会社も基本的には利用者口座からの引き落とし確認後に復活させたり、通知確認後に回復したりするという方法が取られていますが、個別の繰上げ返済に対応してくれる会社がほとんどです。

この場合、毎月の返済日を待つことなく利用額の返済が可能になるため、早く利用可能額を復活させることができます。また、一部のクレジットカード会社では返済日に見込みでキャッシング枠を復活させる「見込み回復」や会員サイトでのWeb支払いに対応している会社もあります。こうしたサービスを上手く活用すれば返済日を待たずに利用額を復活させることが可能です。

全額返済しても復活しない場合とその対処法

基本的に利用額を毎月きちんと返済日までに返済していれば、返済額分はきちんと回復します。しかし、返済が遅れたり延滞が続いてしまったりする場合、キャッシング枠が0円になる場合があります。クレジットカード会社は定期的に与信調査を行っており、返済に遅滞や延滞がないかを調べるのが通常です。与信調査とは個人の返済能力を調査し、貸したお金がしっかりと返済されるかどうかを調べることをいいます。この与信調査が行われる頻度はクレジットカード会社によって異なり、数カ月単位やカードの更新時に行うなどさまざまです。

もし、支払いが遅れていたり延滞していたりすると、この与信調査に引っかかります。そして、上限金額が引き下げられたり、最悪の場合、キャッシング枠が0円になったりすることもあるのです。与信調査でキャッシング枠が0円になった場合、早く復活させようと繰上げ返済をしても利用可能額は元に戻りません。利用額を全額返済しても同じです。これは、クレジットカード会社が「返済能力がない」と判断した結果であり、そのカードで再度キャッシングをすることはほぼ不可能になります。もちろん、数日程度の遅れであればきちんと遅れた旨を説明し、早急に返済すれば問題はありませんが、1カ月以上遅れた場合は遅延や延滞の履歴が残ります。

1カ月程度であればそのクレジットカード会社のカードが使えなくなるだけですが、3カ月以上の延滞がある場合、個人信用情報機関に事故情報として記録されるので注意しましょう。これはいわゆるブラックリストに載るということです。こうなった場合、他のクレジットカード会社でカードが作れなくなるだけでなく、学資ローンや住宅ローン、車のローンなどが組めなくなります。クレジットカードの支払いの延滞記録は約5年間データベースに記録されているので、この期間が終了するまでは金融機関などで借入れができません。もし、クレジットカードを再度作る場合は、5年が経過してから改めて申し込みをする必要があります。

キャッシング枠が0円になる他の原因としては収入証明書を提出していない場合などです。クレジットカードを含む金銭の借入れには「総量規制」という規制があります。総量規制とは、年収の3分の1を超える借入れはできないというルールで、借入れ審査のときにチェックされる項目の1つです。総量規制の審査をするため、キャッシング枠を設定するときにはカード会社から収入証明書の提出を求められる場合があります。キャッシングの利用が総量規制に引っかからないことを証明するためには、収入証明書の提出が必須であり、提出しなければそもそも利用できなかったり、枠がなくされてしまったりするので注意しましょう。収入証明書の提出が必要な場合、カード会社から会員サイトにお知らせが来たり、自宅に郵便物が届いたりするので確認しておくことが大切です。これらの原因に心当たりがないのに、キャッシング枠が0円になったという場合はカスタマーサポートに問い合わせをすれば理由を教えてもらえます。

キャッシングの限度額が気になる人は利用方法を見直そう!

キャッシングは一度利用すると、その便利さから利用額が増えがちです。1万円や2万円でも何回も利用すればあっという間に大きな金額になってしまいます。そして、大きくなった返済額をまとめて返済するのは難しいのでリボ払いに切り替え、月々の返済額を一定にするというのがよくあるパターンです。こうなると、毎月の返済額は一定になりますが毎月の利用額に対して元本の返済額が少ないため、毎月少しずつ利用可能額が減っていきます。そうすると、いつのまにか利用限度額いっぱいまで利用し、毎月返済した分をまたすぐに借入するという悪循環になりがちです。キャッシング枠は復活するまでに一定の期間がかかるので、急な出費の際に限度額いっぱいまで使っていると必要な分が借入れできません。キャッシングを利用するときは限度額いっぱいまで利用するのではなく、翌月に返済できる金額だけ借入れをしましょう。

その他にも重要なのが「利息はどんどん膨らんでいる」という自覚を持つことです。特にリボ払いの利率は非常に高く、多くのクレジットカード会社で15~18%となっています。利用額が少ないうちは18%でも大した利息にはなりません。しかし、数十万円単位になってくると毎月の返済額に対して利息の割合が大きくなり、元本がいつまでたっても減らない状況になります。こうなると返済が長期化し経済的にも厳しくなっていきます。キャッシングを利用するたびに「利息がより大きくなる」という自覚を持って本当に必要な分だけを借り入れるようにしましょう。「毎月、キャッシング枠がいっぱいになる」という人は一度、自分の利用方法を客観的に見直す必要があります。返済できない額を借り入れてしまう前に、自分の利用方法をしっかりと見直して計画的にすることが大切です。

キャッシング枠が復活しないときの対処法を把握しておこう!

利用額を全額返済したにもかかわらずキャッシング枠が復活しないのは信用情報に傷が付いている場合がほとんどです。つまり、クレジットカード会社が「返済能力がない」と判断したということになります。一度失った信用を取り戻すのは非常に難しく、返済しても枠が復活しないのであれば、その会社での利用はあきらめましょう。クレジットカード会社が個人に求める信用力は会社によって異なるため、利用停止された会社以外のカード会社であれば再度キャッシングを利用できる場合があります。

もっとも、他の会社でカードを作る場合でも会社ごとに問い合わせを行う個人信用情報機関が同じであれば、返済情報が共有されている場合もあります。この場合、クレジットカードの審査に通らずキャッシングは利用できません。また、3カ月以上の延滞があった場合は事故情報として登録されるため、どの会社でもクレジットカードが作れなくなります。こういった場合、個人の信用力が回復されるまでキャッシングは利用できないので理解しておきましょう。また、稀に正常に引き落としされたのに1週間程度経過しても復活しない場合があります。そのときは、何らかのシステムエラーの可能性もあるので、カスタマーサポートに問い合わせすれば対応してもらえます。

キャッシング枠の限度額や復活期間を理解して計画的に利用しよう!

クレジットカードのキャッシングは非常に便利な機能です。身内の冠婚葬祭や突発的な事故など、生活をしていればまとまったお金が必要になるときは必ず来ます。もちろん、一番はそういったときのために貯金をしておくことです。しかし、普段の生活を送るので精いっぱいで貯金が上手くできないという人もたくさんいるでしょう。そんなときに助けてくれるのがキャッシングです。上手く活用すれば必要な金額をすぐに利用できます。

一方で、この手軽さを経験してしまうと何かあったときにすぐキャッシングに頼ってしまう癖がつくおそれもあります。キャッシングは便利な反面そういったリスクもあることをしっかりと把握しておきましょう。特に、自分の経済状況とカードの限度額や復活までの期間をしっかりと理解して、無理なく返済できる範囲で借り入れることが大切です。返済までの余裕を持って利用すればキャッシングは非常に便利なサービスなので、注意点を理解した上で利用しましょう。

監修者プロフィール : 大間 武

監修者プロフィール : 大間 武
  • ファイナンシャル・プランナー
  • 飲食業をはじめ多業種の財務経理、株式公開予定企業などの経理業務構築、ベンチャーキャピタル投資事業組合運営管理を経て、2002年ファイナンシャル・プランナーとして独立。2005年株式会社くらしと家計のサポートセンター、NPO法人マネー・スプラウト設立。「家計も企業の経理も同じ」という考えを基本に、「家計」「会計」「監査」の3領域を活用した家計相談、会計コンサル、監査関連業務、講師・講演、執筆など幅広く活動。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング