キャッシングの増額方法とは?知って得する審査方法や条件も解説!

キャッシングを契約すると、初めに利用限度額が設定されます。利用者の信用情報や個人情報を元に利用限度額は決定され、50万円以下になることがほとんどです。もしも利用限度額が10万円以下であった場合、増額を考える人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、キャッシングの利用限度額を増額する方法をご紹介していきます。増額ができる条件やメリットなど、キャッシングが初めての人でも分かりやすい内容になっています。早速みていきましょう。

キャッシングの増額方法は2種類!

キャッシングの利用限度額を増額する方法は2種類あります。

1つ目は、自分から増額を申請する方法です。増額の申請は電話で行うのが一般的となっていますが、場合によってはインターネットや来店などでの申請も可能です。ただし、増額申請をおこなったからといって誰でも増額できるわけではありません。申請後、審査に通ることで増額が可能になります。審査に通る条件ですが、返済に遅れていないことと、半年以上の利用実績がまずは重要です。どちらかの条件が満たされていないと、審査に通ることは難しいことを覚えておきましょう。審査ですが、契約時と同じ審査方法に加え、信用情報を元にした利用実績や限度額に焦点を置いた審査が行われます。

増額方法の2つ目は、契約している会社から増額案内が届くというものです。金融会社では定期的に増額の候補者を決めており、候補者には増額案内が届くことがあります。案内は基本的には電話ですが、メールや書面でも増額案内がくることがあります。増額案内があった場合、利用者が増額を希望する旨を申し出ることで審査が行われます。こちらの場合はほとんど審査に落ちることはありませんが、必ず通るわけではないことは覚えておきましょう。

キャッシングの増額案内は、基本的に借り入れ状況に問題が見られない優良顧客にされる場合が多いです。しかし、複数の消費者金融から借りている場合には増額案内が届く可能性は低く、仮に自分で申請をしても審査に通らない可能性が高いので注意が必要です。さらに、大手消費者金融では自動契約機が設置されています。そのため、キャッシングの増額も自動契約機で簡単に行えると思いがちです。しかしながら、キャッシングの契約はできても増額の申請を自動契約機で行うことはできません。したがって、増額を希望する場合は、自分で申請をするか、増額案内があったときに行うようにしましょう。

増額できる金額は決まっている?

消費者金融からのキャッシングの場合、増額できる金額は、総量規制で定められている年収の3分の1まで、と法律で決まっています。つまり、年収が300万円で50万円の利用限度額であるなら、最大で100万円まで増額が可能です。しかし、利用実績や信用情報により金額が決まるため、総量規制の限度額いっぱいまで増額するのは難しくなっています。多くの場合、一度に増額できる金額は10万円程度となっているようです。一方、銀行からのキャッシングの場合は、銀行法が適用されているため、総量規制の対象外となっています。つまり、各銀行の独自の基準によって増額の金額が決定されるのです。

ある銀行の増額審査を例にあげると、利用者の借り入れの合計に対し、年収のどのくらいの割合を占めているのかが見られます。借り入れは携帯料金や奨学金、クレジットカードの分割払いなどすべて含まれますが、クレジットカードの一括払いのみ対象外です。年収が300万円の場合、最大で2分の1超までの貸付となるので、およそ160~180万円が増額の限度額となります。借り入れが他にある場合は、そこから差し引かれた金額になるのです。ところが、実際の金額は信用情報や利用実績などさまざまな情報を元に金額が決まるため、最大限度額まで増額できるとは限りません。銀行の場合でも、一度に増額できる金額は10万円程度になるようです。

キャッシングで増額するとメリットはある?

キャッシングの利用限度額を増額するメリットは4つあります。

1つ目は、気持ちに余裕ができることです。増額をせずに追加で借り入れをする際には、あとどのくらいお金を借りられるのか心配になってしまいます。増額をすることで、借り入れの悩みが減り、気持ちに余裕を持つことができるようになるのです。

2つ目は、返済が1社ですむことです。増額ができずに利用限度額を超えてしまった場合、他社にキャッシングを申し込むしかありません。同じことを繰り返してしまうと、支払日などの管理が煩雑になってしまうのです。そのため、増額ができると返済先が1社だけなので、管理負担も少なく、スムーズに返済が行えます。

3つ目は、金額によって金利が下がることです。金利は利息制限法で制限されており、100万円以下であれば18%まで、100万円以上の場合は15%までの金利と決まっています。よって、金利は借入元本が100万円以上になると下がります。一方で複数社に借り入れをしている場合は、少額の限度額のままになってしまうので、金利が高くなってしまいます。なかには金利を下げることを目的に増額を希望する人もいます。限度額が上がればこれまでよりも金利が下がるので、利息分の支払いを減らすことができます。したがって、増額をすると借り入れの総額は増えることになりますが、今までよりも返済負担が少なくなるのです。

4つ目は、利用している消費者金融会社から信頼を得やすくなることです。増額をすることによって借り入れに余裕が生まれ、返済先は1社で金利も下がるので、スムーズに返済が行えます。そうなると、延滞リスクは減り、計画的な返済が可能になることで、消費者金融会社からの信頼にも繋がるのです。続けていくと、「この人であれば融資額を増やしても大丈夫」と判断され、さらなる増額もしやすくなります。しかし、一度でも延滞をしてしまうと信用は一気になくなってしまいます。延滞には注意が必要です。

増額をすると返済額が多くなるのでは、と心配する人もいますが、基本的に増額をしても返済額は変わりません。増額後もきちんと返済を続けていれば、さらなる増額に繋がる可能性があるので頑張りましょう。

収入証明書はどんなケースのときに必要?

キャッシング利用限度額の増額申請で、収入証明書が必要になるケースは2種類あります。1つは利用限度額が50万円を超える場合、2つ目が複数の会社から借り入れをしていた場合に利用限度額の総額が100万円を超えるときです。例えば、2つの消費者金融にそれぞれ50万円ずつ利用限度額がある場合、総額100万円となるので収入証明書が必要となります。上記の条件は法律で定められているため、消費者金融で増額申請を行う際は事前に準備しておくと安心です。

しかし、先に記載した通り、銀行の場合は消費者金融のように年収の3分の1以上借りられない総量規制がないため、主に利用限度額が100万円を超えるなどのケースで収入証明書の提出が必要となります。ただし、銀行によって収入証明書の提出を求められる利用限度額の金額が一律ではないので注意が必要です。他にも、収入証明書は年収や勤務先が変わったときにも要求されます。年収や勤務先が変わることで、契約時とは事情が異なってくるため、審査次第では利用額の増額や減額の対象となるのです。特に消費者金融からの借り入れは無担保・無保証のため、収入や財産が信用の証明となります。そのため、在籍確認を含めて情報の変更があった場合も収入証明書が必要です。

収入証明書が必要と紹介していますが、実際にどのような書類が該当するのか知っていますか。収入証明書は、自分の年収を証明する書類なので会社員だと源泉徴収票・所得証明書・給与明細書などが当てはまります。また、個人事業主だと確定申告書や納税書が収入証明書となります。しかし、すべての書類は最新のものでなくてはなりません。給与明細書に限っては、直近2カ月分の明細書が有効とされます。そのため、古い情報の書類は効力を持たないので、増額申請を行う前に最新の書類を準備しておきましょう。

キャッシングの増額をするポイントとは?

キャッシングの増額をする前に以下で説明するポイントを確認してください。増額申請は審査を伴うため、場合によっては利用額の減額や利用停止の危険性もあります。そのため、キャッシングの増額を行う前に、必ず現在の利用状況や収入状況を確認しなければなりません。

まず、キャッシングでの延滞がないことが最大のポイントです。各会社によって期間は異なりますが、直近3~6カ月間の延滞が全くないことを確認しましょう。延滞があると、増額申請に落ちてしまう原因となります。延滞をしてしまった場合は、その後半年から1年程度の間、遅れずに返済している実績を作ってから増額申請を行うことをおすすめします。

次に、複数の業者に借り入れを行っている人は、信用情報は増額申請を行う業者だけでなく他社の信用情報にも問題がないかを確認することもポイントです。例えば、クレジットカードのキャッシングやカードローンでお金を借りている人は、複数の借り入れを行っていることになります。

加えて、自動車や住宅のローンも他者からの借り入れに含まれます。そのため、増額申請を行う前に、すべての業者にしっかり返済しているかを確認しなければなりません。たとえ滞納が1社であっても、信用情報には傷がついてしまいます。そのため金融事故だけは起こさないようにしましょう。金融事故を起こしてしまうと、最長で5~10年は記録が残ってしまい、増額申請は難しくなります。そこで、キャッシング枠を増額するローンだけでなく、契約している業者すべての滞納履歴を確認しておきましょう。また、貸金業者の場合は総量規制内の増額かを理解しておくこともポイントです。消費者金融から借りられるお金は総量規則によって年収の3分の1までと決まっています。

総量規制を超えてしまう場合、増額申請が通ることはありません。そのため、増額申請を行う場合は、利用限度額の合計が総量規制を超えない額で行いましょう。また、収入が大きく減っている場合も総量規制の対象となり、この場合には増額よりも減額の対象となるかもしれません。

また、契約後に複数の会社に新規で契約していないこともポイントです。3社、4社と他社への借入件数を増やしてしまうと、業者によっては増額を行わないケースがあります。将来的に増額を検討している人は1社に絞った方が無難でしょう。

増額申請をする場合の注意点!

増額申請をする場合、クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の総量規制の有無に注意が必要です。ショッピング枠には割賊販売法が適用されます。ショッピング枠は総量規制の対象外のため、年収と利用限度額は関係ありません。一方、キャッシング枠の場合は貸金業法が適用されるため、総量規制の対象となります。ただし、貸金業法が適用されるのはキャッシング枠を利用してからです。このように、クレジットカードでもショッピング枠とキャッシング枠では適用される法律が異なるので、増額申請の際は注意が必要です。

残念ながら、場合によっては増額申請を行うと、減額されることがあります。主に、契約時と増額申請をする間に正社員から収入の安定しない職業に転職した場合では注意が必要です。

安定しない職業とは、派遣社員やパート・アルバイトが該当します。また、水商売や新聞配達員などの業種へ転職をした場合でも減額される可能性があります。また、転職先が正社員であっても年収が下がってしまった場合、総量規制に触れていると減額対象となる可能性があります。転職先の利用限度額が下がる基準は各貸金業者によって異なりますが、正社員から転職した人は注意しましょう。

加えて、増額申請を行うことで減額ではなくカードを止められてしまうケースもあります。カードを止められるケースは貸金業者によってもさまざまですが、金融事故・総量規制の接触・収入証明の未提出、借入件数が多いなどが挙げられます。

これらはいずれも貸金業者側への対応不足が原因です。増額申請はメリットも多いですがリスクも伴います。利用停止の条件に当てはまる人は控えた方が無難でしょう。増額申請ができないと判断した場合は、他社のおまとめローンへ申し込む方法がおすすめです。おまとめローンを組むことで返済する業者を1社にすることができます。とくに金利を下げるために増額申請を行う人は、おまとめローンを組むことで解決できるケースがあります。危険な増額申請で借り入れ先を失うリスクの軽減にも繋がります。

キャッシングの条件を確認して増額申請を!

キャッシング枠を増額すると、今まで以上に借りられる金額が増え、金利が下がるなどのメリットがあります。しかし、増額申請を行うことで逆に利用限度額が下がってしまうケースやカードを止められるリスクもあります。増額申請を行いたい人は事前に審査条件を満たしているかを確認しておきましょう。もし増額申請を行うと減額や利用停止の対象になりそうな人は、おまとめローンを検討するのもおすすめです。

監修者プロフィール : 山﨑 貴史

山﨑 貴史
  • 財務・ITコンサルタント
  • 財務コンサルタント、ITコンサルタント。中小企業に向けた管理会計の構築やIT導入設計・運用利活用のサポートを複数手がける。ロードマップを描いて企業の長所を伸ばす手法で売上向上につなげるコンサルティングを行っている。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング