カードローンを少しでもお得に!おまとめローンを利用しよう

カードローンにはたくさんのサービスがありますよね。なかには、おまとめローンというものがあり、複数のカードローン会社から借入をしている場合には大変便利なサービスです。しかし、おまとめローンについてよく知らないと、利用するまでにはいたらないかもしれません。そこで、おまとめローンとは何かについて幅広く解説していきます。また、カードローンは正しい知識を得て利用することが大切なので、メリットや注意点にはどのようなものがあるのかなどもあわせて紹介します。

おまとめローンは複数の借入金を一本化する便利なサービス

おまとめローンとは、複数のカードローン会社からの借入をまとめて一本化するサービスのことです。たとえば、A社で20万円、B社で15万円、C社で25万円を借りている場合、そのすべてを1社でまとめて60万円の借入額にすることができるのです。このため、利用額が大きいローンをおまとめローンとして利用する人も多くいます。1社にまとめることで管理が容易となり、返済計画も立てやすくなります。ちなみに、この記事では上記のようなカードローン商品を「おまとめローン」と呼んでいますが、各カードローン会社によって呼び名は異なります。おまとめローンは借入を1本にまとめる金融商品の総称として押さえておきましょう。おまとめローンは銀行系カードローン以外にも消費者金融系にもあります。

金融機関から借入をする際には、ほとんどの場合は総量規制が適用されます。総量規制とは年収の3分の1までの借入しか行えないというもので、年収300万円の人は100万円までしか借入をすることができません。しかし、この規制は借り手にとって有利な条件の場合には適用しなくても良いと定められています。おまとめローンは借入を一本化することで金利を抑えることができる商品なので、総量規制の適用外なのです。複数の業者から借入を行なっており、年収が下がってしまったという場合などには、おまとめローンを積極的に利用して金利を有利にさせることができるでしょう。

ただし、おまとめローンではすべてのローンを一本化できるというわけではありません。たとえば、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど、用途が限定されているローンは対象外です。クレジットカードのショッピングのリボルビングもカードローン商品によっては含まれませんし、個人間の貸し借りも対象とはなりません。おまとめローンの対象は、金融機関で借りた使途限定ローン以外のものと、クレジットカードのキャッシングだと覚えておきましょう。

また、おまとめローンには無担保のものも有担保のものがあります。有担保ローンの場合は比較的金利が安くなる傾向にあり、借入の限度額も大きくなります。こう聞くと有担保のほうが良いように感じるかもしれませんが、担保がなければ融資を受けられませんし、手続きもより複雑になるので注意が必要です。

カードローンには借り換えローンもある!違いは何?

おまとめローンは借り手にとってお得なローンですが、「借り換えローン」もまたお得な金融商品の1つです。おまとめローンとの違いは、借り換えローンは金利が高いローンから低いローンに乗り換えるものであるという点です。借り換えローンで利用されることが多いのは、金利が低い銀行カードローンや、銀行系消費者金融カードローンなどです。たとえば、A社のカードローンの金利が18.0%であり、B社の借り換えローンの金利が15.0%である場合、どちらがお得かは明白です。B社のローン審査に通れば、有利な金利で返済をすることができます。

借り換えローンの審査では、過去に金融事故(支払い遅延など)がないか、他社からの借入数はどのくらいか、年収における返済負担率はどのくらいかなどが見られます。金融事故には、携帯電話の端末代の支払いを延滞したことも含まれるので注意しましょう。借り換えローンの仕組みは、たとえばA社から借りている20万円をB社から同額借りて、すぐにA社に返済し、今度はB社に対して20万円を返済していくというものです。そのため、A社からの借入額はゼロとなり、今後は新たにお金を借りるまでA社に対して一切返済しなくて良くなります。事業者が借り換えローンを利用することも多く、利息の低いビジネスローンへの移行は、ビジネスを円滑に進めるために必要不可欠なことだと言えるでしょう。

銀行カードローンにもおまとめローンがある!その特徴は?

おまとめローンには大きく分けて銀行および銀行系と消費者金融系があります。銀行のおまとめローンの特徴は、消費者金融のものよりも金利が低くなる傾向がある点です。その分、銀行には即日審査はなく、借入ができるかどうかの審査には必要書類を整えてから一週間程度時間がかかるというデメリットが発生します。銀行の場合は審査がより時間をかけて進められるため、貸し倒れのリスクなどが軽減されることから、金利が低く抑えられるのでしょう。即日融資を希望する場合は、消費者金融系の商品が適しています。

また、もう1つの銀行おまとめローンの特徴に、借入の限度額が大きくなりやすい点も挙げられます。限度額が高いと借入総額が大きかった場合に、金利が有利になる可能性があるのでお得です。銀行カードローンに申し込む際は本人確認証のほか、収入証明書の提出が求められることがほとんどです。また、他社からの借入額を証明する書類なども提出する必要があります。"銀行では、無担保ローン商品にて対応しているケースもあり、返済期間も10年まで取り扱い可能な銀行もあります。Web申込にて、仮審査も短時間でできるので、試してみましょう。

消費者金融系おまとめローンの特徴も押さえておこう

消費者金融のおまとめローンの特徴は、銀行のおまとめローン審査に通らない場合でも、消費者金融系なら審査に通る可能性が残されている点です。また、申し込むタイミングによっては、審査がすぐに完了してすばやく融資を受けられる可能性もあります。ただし、銀行の商品のほうが金利は低いことが多く、お得になる可能性が高いと言えます。そのため、はじめから消費者金融系のおまとめローンに申し込むのではなく、銀行カードローンの審査に通らなかった場合に挑戦するのが良いでしょう。注意しておきたい点は、消費者金融のおまとめローンの場合、銀行の借入残高をまとめられないということです。クレジットカード会社や信販系の借入なら問題ありませんが、銀行のみ不可能なのです。また、消費者金融系に申し込む場合には、すでに借入がある金融機関で追加の融資を受けられません。

おまとめローンを使うと返済日が一本化!金利も低くなる?

カードローンのおまとめローンには、借入金の管理が楽になるというメリットがあります。複数の借入先がある場合はそれぞれに返済日があり、返済期日に追われやすいデメリットが指摘できます。しかし、それを一本化することで、1カ月に1回の返済日にまとめることができます。返済日を1つにするメリットは、複数の借入先があるとうっかりどれかの返済日を忘れてしまう可能性がありますが、そういった金融事故につながるケースを防げる点です。

また、複数のローンをまとめて借入を一本化すると、1社から借りる金額が大きくなるため金利が低くなります。金利は借入金額が大きくなるほど低くなるのが普通です。たとえば、金融機関が提示する金利には3.0%〜18.0%などの幅がありますが、これは借入額によって金利に差が出ることを表しています。その基準のひとつとなるのが出資法です。出資法では、借入額が10万円までなら利息制限法上限金利が20%まで、10万円を超えて100万円までなら18%、100万円を超えた場合は15%までと定めています。基準以上の金利で貸し付けを行うと貸した側が刑事罰の対象となるので、きちんとした金融業者はこのラインをしっかり守っています。

出資法の利息制限法上限金利を見ても分かるように、借入額が大きくなると段階的に金利は下がっていくのが普通です。3.0%〜18.0%などの表示は、その金融機関で借りられる最低額を借りた場合には18.0%の金利が適用され、最高額を借りた場合には3.0%が適用されるという意味となります。つまり、10〜800万円まで借りられるカードローンの場合、10万円を借りれば金利が18.0%、800万円を借りれば3.0%ということです。そのため、カードローンは1社にまとめて借入額を高くしたほうが、金利が低くなる可能性が上がります。

おまとめローンで借入をする場合には、まずは合計額どのくらいになるかを調べて、どのくらい金利が下がるのかを確認することが大切です。大手の金融機関では、借入総額に対してどの金利が適用されるかをwebサイトなどで公開しています。金利が下がるということはすなわち毎月の返済額が少なくなるということなので、複数社からお金を借りている場合はおまとめローンを積極的に利用することがお得になるためのポイントです。

また、消費者金融系のカードローンを選択する場合、返済を銀行口座からの引き落とし選択可能な会社を選ぶことで、ATM返済での余分な手数料を省くことができますので、詳細を確認し、おまとめローン活用後はローンカードの利用を控えましょう。

おまとめローンを利用する際の注意点

おまとめローンでは返済管理が楽になり、金利も低くなるので良いことずくめに見えるかもしれません。しかし、注意しておきたいポイントもあります。まず、おまとめローンの契約後に新たな借入をすると、さらに大きな負債を抱えることになる点です。基本的におまとめローンを完済するまでは、新しい借入をしないことが賢明です。また、おまとめローンだからといって、必ず今までよりもお得になるとは限らない点にも注意する必要があります。金利が下がったのにも関わらず利息総額が高くなるというケースもあるので注意しましょう。

なぜそういうことが起こるかというと、おまとめローンにまとめることで月々の最少返済額が小さくなる可能性があるからです。たとえば、3社から借入をしているとして、それぞれの最少返済額が1万円で最少返済額での返済を行なったとします。この場合、3社分で毎月最低3万円は返済することになります。しかし、おまとめローンの最少返済額が2万円でそれに設定した場合、月々の返済額が小さくなって月々の利息もまた低くなるものの、トータルで見ると完済までの期間が長くなるのです。その結果、最終的な利息総額は高くなってしまいます。利息は金利だけではなく、返済期間も大きく関わっている人に留意しなければなりません。

また、たくさんの金融機関がおまとめローン商品を提供していますが、それぞれの金利をきちんと確認することも大切です。金融機関は出資法のもと、それぞれ独自の判断で金利を決定しています。A社よりもB社で契約したほうがずっとお得だということがあり得るので、適当に選ぶのではなく、事前にどのおまとめローンがお得なのかを調べておきましょう。とりわけ銀行のおまとめローンには注意が必要です。いくつかの銀行おまとめローンでは、借入残高が基準となって最少返済額が決定されます。つまり、返済を続けて借入残高が減ると、最少返済額も少なくなっていき、完済まで時間がかかってしまうのです。自分が現在毎月いくら返済しているのかは、常に気にかけておくようにしましょう。

さらに、おまとめローンを選ぶ際は、自身の返済能力や借入総額にも注意します。おまとめローンにすると金利が下がる可能性が高いため、基本的には今まで以上の返済額を設定することができるでしょう。しかし、何らかの理由によって返済額を下げたり、逆に早く完済しようと返済額を大きく上げたりすると、思わぬ落とし穴にはまる可能性があるので注意が必要です。返済額を下げると、前述のように利息総額が上がるリスクがあります。一方、返済額を大きく上げると生活が苦しくなる恐れがあり、結果的に支払い遅延を招くことにつながりかねません。上記のような事態を避けるためにも、最少返済額や返済能力に見合わない返済額を選択するのではなく、今一度、収入に対する返済の割合を確認し、自分が返済できる最適な金額のラインを見極めることが重要となります。

おまとめローンですっきり返済!

おまとめローンを利用すると、金利が低くなったり、返済方法を見直す機会が得られたりとメリットがたくさんあります。しかし、一方で借入状況や利息といった面にも注意を向けないと、結果的に損をしてしまう恐れがあるので注意しなければなりません。おまとめローンを上手に利用するためには、まず自身の借入額をきちんと把握し、おまとめローンによってどのくらい金利が有利になるのかを知ることが重要です。さらに、月々の返済額を見直して、完済までの期間を改めて調整することも必要となります。「おまとめローン=絶対お得」だとは思い込まず、金融商品の性格をよく理解したうえで申込を行いましょう。

また、同じおまとめローンでも、銀行と消費者金融では大きく性格が異なります。それぞれのメリット・デメリットを踏まえながら、ベストだと思う商品を見つけることが重要です。ローンの種類によっては、場合によって何十万円も利息に差が出ることがあります。少しでもお得に借入を行うためにも、現在の状況の把握とお得なローン選びをしっかりと行なっていきましょう。

監修者プロフィール : 杉浦 順司

杉浦 順司
  • ファイナンシャルプランナー
  • 金融機関で約10年ローン業務を取り扱い、独立後約20年、住宅ローンを中心に約2000件の相談実績があります。個人の収入や家族環境、地域性を踏まえて、相談者の方の目線に立ってアドバイスさせていただいております。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング