日曜日の融資に対応しているカードローンってあるの?各社のメリット・デメリットも紹介!

カードローンのメリットは、住宅ローンや車のローンなどと比べると審査にかかる時間が短く、すぐに利用できることです。しかし、どれだけ早い対応をしてくれるカードローン会社であっても、日曜日は休日に指定しているところも多いのが現実です。とはいっても、すべてのカードローン会社が日曜日を休日に指定しているわけではありません。カードローン会社のなかには日曜日でも平日同様に融資を行ってくれる場合があるのです。そこで、日曜日の融資に対応しているカードローン会社と、最短で融資を受け取るための方法について紹介します。

数は少ないが日曜日の即日融資に対応している会社は存在する

日曜日の即日融資に対応しているカードローン会社の数は、大手消費者金融を除くと少ないのが現状です。特に、窓口対応をメインとしている会社だと従業員の確保の問題もあって日曜日を休日にしています。各カードローン会社は、インターネットの発達によって可能になったweb上での申し込みや無人契約機などを導入して人員の削減を進めています。しかし、すべてのプロセスを自動化できているわけではありません。そのため、必要最低減の人員確保が必要となり、人のやりくりが大変だというカードローン会社自身の事情があります。

また、日曜日の即日融資に対応するのが難しいもう1つの理由として、審査を行う会社の問題が挙げられます。カードローンは即日融資を行う場合でも、利用者がきちんと返済してくれる人がどうかを判断するための審査を行っています。しかし、カードローン会社によっては自社で審査を行わずに、審査を行う専門の会社へ委託するケースもあるのです。すると、カードローン会社で受付だけはできても審査が行われるのは翌営業日となってしまい、日曜日の融資に対応しきれません。

日曜日の即日融資に対応している会社が少ないのはこのような理由によるものですが、これらの問題をクリアして日曜日に融資を実行している会社も少数ながらあります。代表的なものとして挙げられるのは、「プロミス」「アコム」「SMBCモビット」の3社です。

プロミスは上限金利の低さが特徴!

プロミスでカードローンを契約するメリットには「上限の金利が消費者金融カードローンの中で比較的低い」「新規申込者は30日間無利息サービスを利用できる」といったものがあります。カードローンには消費者金融と銀行の2種類がありますが、事業規模などの問題で一般的には消費者金融のほうが金利は高めです。ただし、日曜日に対応している銀行のカードローンはほとんどありません。プロミスの金利は「4.5~17.8%」となっており、他の消費者金融の多くが採用している上限利率である18%よりも若干低くなっています。一般的にカードローンの金利は少額の借り入れほど金利は高めに設定されますので、少額で利用する人ほどプロミスを利用するメリットはあるといえるでしょう。

また、プロミスならではの特典として「新規申込者の30日間無利息サービス」があります。アコムやアイフルといった大手消費者金融でも同じようなサービスを行っていますが、プロミスのサービスとの間には大きな違いがあります。その違いとはアコムやアイフルが「契約翌日から30日間無利息」なのに対して、プロミスでは「利用翌日から30日間無利息」なのです。たとえば、アコムやアイフルでは契約すると、借り入れをしなくても30日間経過するとメリットはなくなります。しかし、プロミスでは契約後も利用するまではカウントされないので、30日間の無利息期間の恩恵をしっかりと受けられるのです。

さらに、プロミスのメリットとしては「最短30分」という審査スピードの速さも挙げられます。消費者金融のカードローンは全般的に審査スピードが速い傾向にありますが、そのなかでもトップクラスのスピードを誇ります。急いでいる人に向いている会社であるといえるでしょう。

自動契約機の多さが魅力のアコム

アコムを利用するメリットには「自動契約機の設置数が多い」「新規申込者は30日間無利息サービスを利用できる」といったものがあります。アコムの自動契約機はオリジナルの「むじんくん」と呼ばれるものです。無人契約機といっても「むじんくん」の性能は非常に高いので、店舗で担当者と相対して行う審査と同様のものを行ってくれます。また、対応時間も午前8時~午後10時までと長いのも特徴で、仕事中の空いた時間はもちろん、仕事帰りに利用しやすいのもメリットです。

さらに、年末年始以外は年中無休で稼働しているので、土日しか休みのないサラリーマンにとってありがたい存在だといえるでしょう。ただし、いくら営業時間が長くても近くに存在しなくては意味がありません。ところが、「むじんくん」は全国で1000カ所以上に設定されており、他社の無人契約機と比べると非常に多いのが特徴です。「むじんくん」の場所は簡単に検索することも可能なので、あらかじめどこにあるか調べたうえで利用すると良いでしょう。

新規申込者の30日間無利息サービスは、契約後から利用があってもなくてもカウントが始まります。期間中は無利息で借りられるので、その期間内で返済してしまえば利息を支払うことなく利用できてしまいます。実際に利用するタイミングをよく考えて利用すると良いでしょう。その他にも、アコムのメリットとして「オペレーターの対応が丁寧」というものがあります。初めてカードローンを利用する人は、本人確認や在籍確認などでどのような内容の電話がかかってくるか心配な人もいるでしょう。しかし、アコムでは専属のオペレーターが丁寧に手続きを進めてくれますので、カードローンを始めて利用する人でも安心できます。

SMBCモビットは10秒簡易審査であらかじめ審査結果を教えてくれる!

SMBCモビットのメリットは「10秒で簡易審査結果表示」「審査スピードがとにかく早い」の2つが挙げられます。消費者金融の審査は、銀行と比べると比較的通りやすいと言われています。しかし、いくら消費者金融といえども、審査に通らないケースも相当数あるのです。審査に通らなければ申請している期間が無駄になってしまい、最悪必要なときにお金が手元にないという可能性もあります。SMBCモビットでは、利用者のそのような事態を防ぐために「10秒簡易審査」というサービスを導入しています。

10秒簡易審査の入力項目は利用者の住所氏名などの個人情報はもちろん、勤務先の種類や電話番号などが必要となりますが、それほど難しい項目はないので、目安としては5分ほどで入力できてしまうでしょう。

もう1つのメリットである審査スピードについては、最短30分での審査完了が可能です。数あるカードローン会社の中には、即日融資可能とうたっておきながら実際には審査に時間がかかり、ほとんど即日融資が期待できないケースもあります。しかし、SMBCモビットでは多くの即日融資を行った実績があり、その融資スピードを特徴の1つとしています。「午前中に連絡する」「必要書類はあらかじめそろえておく」などの基本的な部分をしっかり守っておけば、日曜日でも即日融資が実行される可能性は比較的高い会社です。

日曜日に融資されるための具体的な手順について

日曜日に最短で融資を受けるためにまず必要なことは「必要書類をあらかじめ準備しておく」ことです。カードローンにおける必要書類とは、主に運転免許証や健康保険証などの身分証明書類、借り入れる金額が数十万円以上であれば所得証明書などが該当します。特に所得証明書などの公的機関または職場から発行されるものについては、休日だと手に入れられない場合があるので注意しなければいけません。必ず事前に用意しておきましょう。

必要書類を準備したら、インターネットを利用して公式ホームページにアクセスし、お申込みボタンをクリックして必要情報を入力します。このときの注意点としては、必ずインターネットを利用して申し込むことです。カードローン会社によっては電話での受付を行っている場合もありますが、日曜日は休日に指定されているケースがあります。また、そもそも電話よりもインターネットでの申し込みのほうがスムーズに進むことが多いのです。

必要情報を入力したら、カードローン会社で審査が始まりますので、終わるまで待ちましょう。審査回答が出て無事に合格したら、結果通知とともに連絡があった必要書類を持参して無人契約機に行きます。無人契約機でローンカードを受け取ることができれば、併設されているATMに挿入して現金を引き出すことができるはずです。

日曜の借り入れで気を付けるべきポイント3つ

日曜日に借り入れを行う場合にまず注意すべきことは「審査に時間がかかることもあるので早めに申し込む」ことです。日曜日の融資に対応している会社でも、平日と比べて人員を削減しながらサービスを提供しているケースがあります。すると、平日と比べて審査までの時間が多くかかってしまう可能性があるのです。平日の場合でも即日融資を期待する場合は午前中に申し込むのが基本ですが、日曜日の場合はさらに早い時間帯に申し込んだほうが無難です。

また、カードローン会社によっては融資の方法が「銀行振込に限定」されているケースがあります。しかも、一般的に銀行は日曜日が休日ですので、日曜日の融資を行うのであれば自社のネット銀行に口座があることが条件となっているケースもあるのです。そのようなケースでは、審査の合格後に口座を作っていたのでは間に合いません。あらかじめ、カードローンの申し込みをする前に、その金融機関の口座が必要でないかどうかを確認しておくようにしましょう。

さらに、ローンカードを受け取って融資を受ける場合に気を付けなければいけないのは、「自動契約機の受付時間」です。いくら日曜日に審査に合格しても、自動契約機の受付時間を過ぎてからローンカードを受け取りに行っては現金を受け取れるはずがありません。自動契約機の受付時間はカードローン会社によって異なりますので、必ずチェックしておきましょう。

各社でメリット・デメリットはそれぞれ!よく検討してから選ぼう

日曜日に融資の対応している会社は、少数ですが実際にあります。平日と比べて審査に時間がかかる可能性があることや口座開設の必要性、自動契約機の受付時間などに気を付けて利用すると良いでしょう。また、事前に必要な書類の準備やインターネットでの受付方法など、あらかじめ利用する会社でシミュレーションをしておいたほうがスムーズに利用できます。できるだけ早い時間帯で申し込むためにも、事前準備はしっかりと行っておくことがおすすめです。今回紹介した大手消費者金融3社にはそれぞれメリット・デメリットがありますので、自分に合ったカードローンへの申し込みを比較検討してみましょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング