会社員でなくても大丈夫?自営業者のカードローンとは

自営業の人にも、今すぐお金が必要ということがあるでしょう。そんなときは、素早く融資を受けられるカードローンがおすすめです。ただし、自営業者がカードローン契約をする際は、一般の会社員などが契約する場合と異なる手続きが必要になることがあります。そこで今回は、カードローンの利用を検討している自営業者に向けて、通常のカードローン契約とどこに違いがあるのか、申し込みの際に注意したいことなどについて解説します。

どこが違う?自営業者と会社員のカードローン契約

カードローンは、即日融資にも対応してくれるスピーディーな借り入れ方法です。しかし、自営業の人がカードローンを利用する場合、通常のカードローン契約とは異なる側面があるため注意しなければなりません。たとえば、通常のカードローン審査に必要とされる書類は「本人確認書類」と「収入証明書類」の2種類です。本人確認書類に関しては、自営業だろうと会社員であろうと変わりませんが、収入証明書類は職種によって提出を求められる条件が異なることがあります。消費者金融のカードローンは、少額の借り入れの場合だと審査の際に収入証明書類を提出しなくても良いことが多いのですが、自営業者に関しては、たとえ借り入れ金額が少額であっても、無条件で収入証明を求められることが少なくありません。

また、カードローンの審査では「在籍確認」という審査を行うのが通常です。在籍確認とは、申し込み者が本当に働いているかどうか、申請された勤務先に連絡を取って在籍を確認する手続きをいいます。自営業者でも、自分の店舗や事務所などに在籍確認の連絡が入るのが通常です。ただ、固定電話を持っておらず、携帯電話しかない自営業者の場合、通常の在籍確認ができないため、営業許可証や納品書などの書類提出をもって在籍確認の代わりにすることがあります。この点も、通常のカードローン審査とは異なる点です。

このように、自営業者の場合、一般の会社員とは異なる書類を用意しなければいけないことが多いのです。ただ、カードローンの審査は、職種によって通過しづらくなるようなことは基本的にありません。むしろ、自営業者は事業資金としてならば年収の3分の1を超える金額でも借りることができるなど、自営業者ならではの利点もあります。

なるべく早く利用するには!自営業者がカードローンの申し込みする際の注意点

自営業者がカードローンを利用する際は、いくつか気をつけておきたいことがあります。まず、カードローンの利用目的をはっきりさせておくことです。そもそもカードローンとは、主に個人が生活費を補うために利用する借り入れサービスです。そのため、金融機関によっては、事業目的でのカードローン利用を認めていない場合があります。このように、事業用かプライベート用かで利用できるカードローンに制約が出てくるため、まずは利用目的を明確にしておくことが重要です。

また、準備に時間がかかる書類は、なるべく早めに用意しておくことが大切です。素早く融資してもらえるのがカードローンの利点ですから、審査をスピーディーに通過するためにも必要書類の準備は抜かりなく行うようにしましょう。

自営業者のカードローン審査で、一番厄介になりがちなのは在籍確認です。普段から携帯電話しか使わないという自営業者は、店舗や事務所に固定電話があっても在籍確認の連絡先を携帯電話にしてしまうことがあります。そうなると、書類の準備などに手間がかかるので、固定電話があるならそちらを優先して申請するようにしましょう。

必要書類は各機関で異なる?あらかじめ書類を用意しておこう

自営業者と一般の会社員とでは、求められる収入証明書類の種類も異なるので注意が必要です。特に自営業者の場合、会社員とは違って、書類の内容を自分で改ざんすることもできるとみなされます。自営業者は給与明細なども自分で発行できるため、そうではない会社員と比べると給与明細などの書類の信用度が低いのです。そのため、自営業者の場合は公的な収入証明書類の提出を求められます。単なる所得証明書類だけではなく、公的な機関が発行した確定申告書や青色申告書が求められることもあるので、あらかじめ用意しておかなければなりません。

また、カードローン契約をする金融機関によっては、提出しなければならない必要書類がさらに増えることもあります。場合によっては、収支内訳書や支払調書などの提出が必要なこともあるので、カードローン契約をしようとしている金融機関がどんな書類の提出を要求しているのか、申し込みをする前にしっかり調べておくことも大切です。他にも、事業計画書や営業許可証、受注書や請求書、見積書などの書類提出が必須な場合もあります。書類の種類によっては用意するのに時間がかかるので、事前に必要書類をチェックして抜かりなく用意しておきましょう。

所得がなくても利用可能?自営業者専用カードローンとは

自営業者でカードローンの利用を検討しているなら、やはり自営業者専用のカードローンがおすすめです。自営業者専用カードローンの良いところは、まず総量規制の対象にならないという点です。総量規制とは、年収の3分の1以上の借り入れができないという規制のことです。個人向けのカードローンは、総量規制の対象になるのが基本ですから、高額な借り入れをするとなると難しいと言わざるを得ません。一方、総量規制の対象とならない自営業者専用カードローンは、審査に通りさえすれば年収の3分の1以上の金額を借りることもできます。ですから、カードローンで手早く高額な借り入れをしたいときにおすすめです。

また、自営業者専用カードローンは、所得に関係なく大きな金額を借り入れることもできます。この種のカードローンは、主に事業目的で用いることが発行の条件となります。そのため、審査の対象となるのは、自営業者自身の所得ではなく、事業内容や事業の業績などです。総量規制の対象外でもあるため、所得がなくても高額の借り入れができることがあります。もちろん、個人の生活費を補うためなどの目的では利用できませんが、自営業者専用カードローンの中には即日審査が可能なものもあるため、今すぐに大きなお金が必要という自営業者には価値の大きいカードローンだといえます。

自営業者の借り入れでしてはいけないこと

自営業者のカードローン申し込みには、公的機関の発行した所得証明書の提出が求められることがほとんどです。ただ、一部の銀行カードローンや消費者金融では、所得証明書の提出を確定申告書だけで良いとしていることがあります。この場合、前年度の確定申告をするときに収入を多めに計上して書類を提出することも可能となるでしょう。しかし、確定申告の収入を多くすれば、支払うべき税金や保険料なども変わってきます。審査を通過するために確定申告の収入を多くするということは、本来よりも多めに申告するということを意味します。なぜなら、確定申告で確定した税金が多いということは、より多くの収入があることの証明になるため、ローンの審査に通過しやすくなるかもしれないからです。

ただ、確定申告の収入が多ければ、税金や社会保険料も多く払わなければなりません。そうなれば、借り入れの返済+αで支払いが増えることになるでしょう。借り入れの返済だけでなく、高くなった税金や社会保険料の支払いも強いられれば、結果的に自分自身を苦しめることにもなりかねません。確定申告を修正して提出するという方法は、自営業者でもカードローン審査に通れる裏技としてネット上でも紹介されることがある情報です。しかし、その実態はれっきとした犯罪行為であるため、くれぐれもそうした情報を鵜呑みにしないように注意しましょう。確定申告は、審査に通らないかもしれないと思っても、実際の収入で申告するようにしましょう。

自営業者が利用すべきカードローンは何?

しっかり所得を申告していれば、自営業者でもカードローンの契約は十分にできます。特に大手消費者金融のカードローンは、自営業者でも比較的審査が通りやすいカードローンとして知られています。30分や1時間で、自宅からでも仕事場からでもWEBでの申し込みができるサービスもあります。審査に必要な収入証明書類は金融機関により異なりますが、主に源泉徴収票と確定申告書、給与明細書、市民税・県民税額決定通知書、所得証明書などを求められることがあります。が、自営業者専用カードローンを利用する際は、前述の3点に加えて営業許可証や受注書・発注書などの事業の実態を証明する書類も提出が必要になるケースが多いです。

また、ビジネス向けカードローンを扱っていることもあります。ビジネス向けカードローンとは、ローンカードを使って借り入れができるビジネスローンのことです。要するに、事業目的のためのカードローンであり、自営業者向けのサービスも展開しているため、自営業者でも無理なく利用できる消費者金融カードローンです。

自営業者でも問題なし!安心してカードローンを利用しよう!

一般的な会社員と違って、自営業者がカードローンを利用するには異なる手続きが要求されます。ただ、自営業者だからといって、カードローンの利用が難しくなるようなことはまずありません。ですから、自営業者だからとあきらめず、安心してカードローンの申込をしてみましょう。もちろん、一般の会社員と比べると、提出書類や在籍確認の方法は異なります。また、提出書類が異なったり、多くなったりするということは、普通の会社員などと比べて審査がやや厳しくなるということでもあります。そのため、まとまったお金が必要な場合は、自営業者専用のカードローンを利用することなども考えてみましょう。いずれにしても、自営業者のカードローン申し込みは、通常とはかなり異なる部分が大きいです。滞りなく審査を通過するためにも、事前の準備をしっかり行ってから申し込みをするように心がけると良いでしょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング