カードローンを勤務先にバレずに契約するにはどうする?

現金が必要なときに、気軽にキャッシングできるカードローンは便利なサービスです。しかし、カードローン契約をする際には、高確率で勤務先に「在籍確認」と呼ばれる身元調査の電話がかかってきます。同僚から余計な詮索をされたくない人は、できれば契約を秘密にしておきたいところです。そこでこの記事では、カードローンの利用が勤務先に知られたくないという人に向け、電話以外での在籍確認を実施している金融機関やオススメのカードローンについて説明します。

カードローン審査に在籍確認は避けられない

「在籍確認」は、カードローンの申し込み者が本当に登録した勤務先に在籍しているかを調べるために行われます。そのため、カードローンの審査に在籍確認は必須だといえます。カードローンには銀行と消費者金融がありますが、いずれの審査でも在籍確認は積極的に実施されています。たとえ申し込み者が在籍確認を望んでいなかったとしても、強制的に行われる場合がほとんどです。

在籍確認が行われる最大の理由は「嘘の申告をする申し込み者がいる」からです。カードローン審査では「安定した収入源」「継続的な勤務先」などの要素が見られます。収入が少なかったり、仕事が続かなかったりする人は支払い能力が低く、多額の融資をすることが難しいためです。しかし、自分の収入状況に自信がないのにカードローンを契約したいとき、嘘の申告で審査を切り抜けようとする人が出てきます。

また、実際に在籍していた経歴があったとしても、すでに退職したり転職したりして収入状況が変わっているケースもありえます。カードローンで契約できる借り入れ額と収入には密接な関係があるため、どうしてもお金が必要な人は収入が高かった過去の情報で申し込んでくるときもあるのです。こうした嘘の申告をすべて鵜呑みにしていると、カードローン会社は契約後に大きな損害を受けかねません。それに、嘘をついて契約をしようとする人は信用しにくく、後々金融事故を起こす危険もあります。そこで、カードローン会社は在籍確認を徹底し、申告内容が正しいかどうかを突き詰めるようになっています。

在籍確認は審査の一部!

カードローンに申し込むなら、在籍確認が行われるタイミングも押さえておきたいところです。原則的に、在籍確認は審査のタイミングで行われます。契約が締結される前に、勤務先に電話がかかってくると覚えておきましょう。

一般的な借り入れまでの流れは、まず「申し込み」から始まります。ホームページや店舗窓口などで個人情報や希望借り入れ額を申告し、受け付けてもらう仕組みです。すると、金融機関が審査に移り、申告情報をチェックしたり、過去問題がないかどうかを振り返ったりして、契約できる申し込み者かどうかを判断されます。審査を通過すれば、「契約の意思確認」をはさんで、「本人確認書類の提出」を求められるのがルールです。運転免許証やパスポートなどで、申し込み者が本人であることを証明します。ごくまれに、他人の経歴を利用してカードローンを組もうとする人もいるからです。本人確認がとれれば「契約」となり、「カードが発行」されます。カードが手元に届いた段階から「借り入れ」が可能となります。

在籍確認が行われるのは、これら一連の流れのうち「審査」にあたる部分です。ただし、在籍確認と契約の意思確認、本人確認書類の提出の順番は状況によって変わることもあります。また、金融機関によって契約までの流れはさまざまですので、不安がある人は、申し込みをする前に在籍確認のタイミングを調べておくのが無難でしょう。

在籍確認の担当者は会社名を名乗ってくるの?

多くの申し込み者にとって在籍確認が不安なのは、「自分が電話を取れるとは限らない」点にあるでしょう。在籍確認の電話は基本、申し込み者本人が取る必要がありません。同僚が電話を受けたとして「(申し込み者)さまはいらっしゃいますか?」という質問に対し、「はい」や「今外出中です」と答えたら、確認は完了です。本人の声が聞けなかったとしても、何らかの形で在籍が分かればよしとされます。逆をいえば、申し込み者の知らないうちに、同僚がカードローン担当者と話をしてしまう確率が高いといえます。会社に内緒でカードローンを契約したい人にとっては、決して理想的な状況ではないでしょう。

ただし、消費者金融のカードローンであれば、担当者は社名を名乗らず個人名だけを名乗ってくれます。そのため、電話に出ただけではカードローンの在籍確認だとは確信できません。また、電話を受けた同僚が「どこの会社の方ですか」と質問したとしても、原則として答えないでいてくれます。

一方、銀行のカードローンでは担当者が銀行名を名乗るのが通例です。銀行から電話がかかってきても、カードローン契約だとは限らないので、同僚に聞かれても比較的安全でしょう。なお、本人が希望すれば個人名でかけてもらうことも可能です。それでも、勘のいい同僚ならば「在籍確認がかかってきた」と勘付いてしまうときがあります。同僚から詮索されるのが嫌なら平静な態度を貫き、余計な追求がしにくい雰囲気を作りましょう。

審査が終わっても職場に電話はかかってくる?

在籍確認の電話以外にも、職場に電話がかかってくるかどうかは気になるところです。ちなみに、カードローン会社や金融機関から電話がかかってくる可能性はゼロとはいえません。例えば、返済を延滞した場合、電話がかかってくることもあります。期日までに支払いがなされていなかった場合、本人が忘れていたり、トラブルに巻き込まれていたりするときがあるからです。金融機関としては当然、電話で状況を確認して督促を行わなければいけません。

また、金融機関から伝えたい情報がある際にも、営業の電話がかかってきます。借り入れ状況が得になるプランが始まったり、借り入れ枠を増額できたりするなど、申し込み者にとっても聞く価値のある情報を伝えてくれます。ただし、こうした督促や連絡はいきなり職場にはかかってきません。まずは自宅の電話や携帯など、申し込み時に登録した個人の番号へとかかってきます。そして、きちんと本人が出て対応すればもうかかってこなくなります。

勤務先にかかってくるとすれば、本人が電話に出ないケースです。本人が電話を無視していたり、何らかの理由で電話がつながらなかったりすれば、勤務先にかけるしかないからです。営業の電話はともかく、督促に関しては早く対応してもらわないと金融機関の損害がふくらんでしまいます。とはいえ、会社にかかってきたとしても会社名は名乗らないように配慮されているので、同僚の噂になる危険は低いでしょう。

電話以外の在籍確認を行っている金融機関も!

消費者金融のカードローン担当者は企業名を名乗らないなどして、なるべく在籍確認が同僚に気づかれにくく終わるように配慮してくれています。それでも、「電話による在籍確認」という仕組み自体に不安が残る人は多いでしょう。それなら、電話以外での在籍確認を実施している金融機関を探すのも1つの方法です。勤務先などにカードローンを利用していることが知られるのを避けたいという人の意見にこたえて、一部の金融機関では電話以外の方法で在籍確認を実施しています。ただし、勤務先に電話をかけないかわりに健康保険証の提出を要求される場合があります。

在籍確認を避けられるWEBで完結できるサービス

在籍確認を避けたいなら、申込から契約までWEBのみで可能なサービスがオススメです。電話での在籍確認がないので勤務先に知られるリスクも低くなるでしょう。

WEBで完結できるサービスでは、必要な情報の登録とこれらの書類の画像送信が中心です。契約した後でも、自宅へ書類が郵送されてくることはありません。そのため、家族に知られず、内緒でカードローンを利用できます。

WEB完結申し込みは、即日審査に対応している点でも人気です。カードローンの申し込みは往々にして審査が長くなりがちです。急いでお金を借りたい人にとって、審査が長引いてしまうとそれだけ借り入れのタイミングも先延ばしになっていきます。しかし、WEB完結申し込みなら審査が最短30分で終わるうえ、24時間受け付けてくれます。提出書類に不備があるなどのトラブルがなければ、スムーズにカードローンを利用できるようになるでしょう。

職場に内緒でカードローン契約する方法はある!

カードローンは別に恥ずかしいことでも、悪いことでもありません。事実、多くの人がカードローンを健全に利用し、生活に役立てています。それでも、「消費者金融」や「借金」という響きにマイナスな印象を持っている職場があるのは事実です。自分の勤務先であらぬ誤解を受けたくないなら、カードローンに申し込む際の在籍確認には対策を練る必要があるでしょう。在籍確認がかかってくる時間には社内にいるなどの注意が必要です。そして、担当者が会社名を名乗らないかどうか事前に調べておくのも得策です。

しかし、こうした電話への対策には限界があります。どうしても外せない来客や会議があれば、自分で電話に出られなくなるからです。そこで、電話連絡以外の在籍確認を実施している金融機関へと申し込むのも一つです。担当者から電話がかかってこないうえ、書類の郵送もありません。カードローン契約にまつわるストレスを軽減するために、検討してみる価値はあるでしょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング