ページ
上部へ

リボ払い地獄からの脱出法!カードローンで一括返済しよう

  • クレジットカードでのリボ払いは、支払額が一定なのでとても便利で支払いも楽だと思われがちです。しかし、無計画にリボ払いを利用してしまった結果、返済額は一定でも返済のゴールが見えなくなってしまうという事態を招くこともあります。リボ払いは、金利の支払いに優先的に返済額が当てられてしまうからです。「返済しても返済しても元金が減っていない」というリボ払い地獄に陥っている人や抜け出したいと考えている人に向けて、リボ払い地獄から抜け出す方法について説明します。

そもそもリボ払いって何?

  • 「リボ払い」とテレビや広告ではいわれていますが、「リボルビング払い」の略称です。クレジットカード会社によっては「リボ払いを利用するとポイントがもらえる」とうたい、積極的にリボ払いの利用者を増やそうという動きもみられます。リボ払いとは、決められた一定の金額を毎月支払っていくシステムです。毎月5,000円を支払い額と決めたら、利用額が増えてもずっと毎月5,000円の支払いですみます。支払い額が一定なので、家計の管理がしやすいこともリボ払いのメリットです。また、手元に10万円しかなくても30万円や50万円の買い物もできてしまいます。
  • また、未払いの利用金額(利用残高)により、毎月のリボ払い金額が決められているカード会社もあります。この場合は自由な支払額を設定できませんが、支払いが一定であることには変わりありません。計画的に利用すれば、リボ払いはメリットも多いのです。気をつけなければならないのが、リボ払いを重ねていく場合です。リボ払いは、返済額は一定ですが、利用額が増えれば増えるほど返済期間が長くなります。返済期間が延びるということは、金利手数料も増え、結果的に総支払額が増えることになるのです。クレジットカード会社がポイントをつけてまで利用者を獲得したい理由は、手数料で儲けることができるからです。

実は決定的に違う!リボ払いと分割払い

  • リボ払いと混同しそうになるのが、分割払いです。どちらも、購入金額を何回かに分けて支払う返済方法ですが、2つには大きな違いがあります。簡単にいうと、分割払いは支払いの期間を固定する方法で、リボ払いは毎月の支払金額を固定する方法です。分割払いは購入金額を分割し、手数料と合わせて支払っていくことになります。したがって、分割払いは購入金額によって月々の支払金額が変わります。つまり、10回払いに設定すると、10万円の買い物をした場合の月々の支払金額は1万円プラス分割手数料、5万円の買い物をした場合の月々の支払金額は5,000円プラス手数料となるのです。そして、10回で払うと決めたら10回で完済できます。
  • 対してリボ払いは、購入金額によって月々の支払金額は変わりません。月々の支払金額を5,000円と決めたら、購入金額が増えたとしても毎月一定です。 代わりに、利用金額が大きければ大きいほど、返済期間が長くなります。そのため、完済への道筋が立てづらいというデメリットもあるのです。また、いくら利用しても月々の支払金額が変わらないので、借金が増えている感覚が希薄になる傾向があります。これが、借金を増やしてしまう原因にもなるのです。

こんな人は要注意!リボ払いを控えたほうがいい人

  • リボ払いは、手持ちのお金がないときの助けになり、正しく利用すればとても便利な機能です。しかし、使い方を間違えると大変なことになります。ここでは、リボ払いを控えたほうがいい人の特徴について紹介します。
  • まずは、自制力がない人です。リボ払いは毎月の返済額が一定のため、いくら買い物をしても翌月の支払金額が増えることはありません。一括払いにしていれば「先月は使いすぎてしまったから今月は利用を控えよう」と節約もできますが、支払金額に変化がないので危機感も薄れてしまいます。欲しいものを欲しいだけ買ってしまった結果、雪だるま式に借金が膨れ上がってしまうという事態にもなりかねないのです。
  • 次に、返済計画を立てられない人もリボ払いの利用を控えたほうがいいといえます。リボ払いをきちんと完済するには、返済のシミュレーションを行い、いつ完済できるのかを明確にすることが必要です。リボ払いの利用を続けていくうちに、総支払額や支払いの期間が分からなくなってしまうことがあります。ある程度、定期的に明細書を確認して、いつ完済できるのか確認しましょう。リボ払いはとても便利な反面、利用方法によっては取り返しのつかない事態を招いてしまいます。きちんと返済計画を立て、返済額が今いくらあるのかを把握できるようにしましょう。

リボ払い地獄、あなたは大丈夫?

  • 「最初は軽い気持ちでリボ払いにしたが、気がつけば大きな借金を背負っていた」というリボ払い地獄に陥っている人も少なくありません。リボ払いに潜む危険性について説明します。
  • まず、リボ払いは残高への利率が高い仕組みです。利率は15%のクレジットカードが多い傾向にあります。仮に、12万円をリボ払いにして毎月1万円を支払っていくとします。そうすると、総支払額は13万824円となり14回で支払いが完了です。この結果から、1万824円が金利手数料となり、1月分の返済額を上回ってしまいます。また、30万円をリボ払いにして毎月1万円を支払っていく場合は、37万8,331円の総支払額で、返済回数は38回となります。この場合は、7万8,331円が金利手数料です。この金額をみると、とても高額ですよね。残高が大きくなればなるほど、金利手数料が増えて元金が減りません。リボ払いに限らず、借金がある場合は、返済額は優先的に金利手数料へと当てられます。そのため、元金が減らずにずっと借金を返し続けることにもなってしまうのです。また、返済期間が長くなるほど、金利手数料も大きくなります。
  • さらに、返済額が毎月同じだと自分がいくら使っているのか把握しづらいという点にも注意しなければなりません。利用明細を見たら、元金がほとんど減っていなかったという事態にもなるのです。このように、一度リボ払い地獄に陥ってしまうとなかなか抜け出せません。しかし、ここから脱却する方法もあるのです。

リボ払い地獄から抜け出す方法がある!

  • 自分がリボ払い地獄に陥っているかもしれないと思ったら、早めに対策をとることが大切です。リボ払いの利用を重ねてしまい、元金が減っていない場合でも完済を目指す方法もあります。1つ目は、繰り上げ返済をすることです。利用金額が大きいと、少しの返済額では金利手数料ばかり払ってしまい、肝心の元金が減りません。そのため、ある程度のお金が貯まったら積極的に繰り上げ返済を行いましょう。元金に対して金利がかかるので、元金が減れば金利手数料も減ります。2つ目は、毎月の返済額を増やすという方法です。毎月の返済額が増えれば元金を減らすことができます。毎月の返済額は変更できるので、クレジットカード会社に問い合わせてみましょう。
  • 3つ目は、ボーナス払いに切り替えることです。ボーナス払いは手数料が無料の場合が多く、支払いまでの猶予もあります。半年の猶予ができるタイミングもあるので、その間に支払いにあてるお金を用意して、完済してしまいましょう。4つ目は、債務整理を行うことです。もし、何百万円もの借金に膨れ上がり、自身の力で返済が不可能であれば、弁護士や司法書士に依頼をして債務整理を行うことも可能です。元金が減ることはありませんが、金利や支払い方法について交渉できます。無料で相談できる場合もあるので、返済が難しい場合は問い合わせてみるといいでしょう。
  • リボ払いの返済は、利用金額が大きくなると完済までが途方もなく感じてしまいますが、完済できる道があります。上記の方法は、ある程度支払いに余裕のある場合や最終手段ですが、もっと手軽にリボ払い地獄から抜け出す方法もあります。

金利が低い!カードローンへの借り換えがオススメ

  • リボ払い地獄から抜け出すのにおすすめなのが、カードローンへの借り換えです。カードローンを利用したことがないと、「本当に利用して大丈夫なのか?」「逆に借金が増えてしまうのではないか?」と不安になる人も多いですよね。しかし、カードローンに借り換えることで大きなメリットがあります。それは、リボ払いに比べて金利が低いことです。金利の高いリボ払いを、カードローンを利用して一度返済してしまったほうが、金利手数料をかなり低く抑えることができる可能性があります。金利が低いということは、毎月の支払金額を元金に当てやすくなり、結果、返済期間と総支払額が少なくなります。
  • また、カードローンの多くは、100万円の借入額を超えるとさらに金利が低くなります。100万円を超える金額が残金としてあるならば、カードローンの方がかなり金利を低く抑えることができるでしょう。カードローンは即日融資ができる会社もあるので、すぐにリボ払いの残金を返済することができます。「いつまで返済を続ければいいのだろう」という漠然とした不安からも解放されます。
  • しかし、カードローンの利用で金利が低くなるというメリットを受けても、借金をしている事実に変わりありません。お金に余裕のある場合は、繰り上げ返済や一括返済をするなどして早めの返済を心がけるようにしましょう。

借り換えをしてリボ払いの完済をしよう!

  • 多くのメリットがあるリボ払いですが、リボ払いをし続けることにはリスクもあります。どうしてもお金が必要なときに非常用としてリボ払いを使用するのであれば問題がない場合も多いでしょう。しかし、無計画に利用すれば大きな借金となってしまうのが、リボ払いの恐ろしいところです。それに気づかずに利用し続けていると、返済で首が回らなくなり、生活を圧迫してしまうことにもなりかねません。最悪の場合、債務整理や自己破産をすることになります。
  • もし、現在リボ払いを続けていて返済の目処が立っていないなら、金利の支払いを少なくすることができるカードローンへの借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。金利の低いカードローンであれば、終わりの見えないリボ払いに終止符を打つことができます。取り返しの付かない事態になる前に、借り換えを利用して借金を完済してしまいましょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム