ページ
上部へ

カードローンで怖い思いをしないために知っておきたいリスクや対処法を紹介!

  • カードローンを利用したいけれど、借金をするのが怖いという方は多いのではないでしょうか。手軽に借り入れができるカードローンは魅力的ですが、しっかりと返済ができない場合どうなるのか、不安になりますよね。はじめはしっかりと返済ができていても、何らかの理由で返済できなくなってしまうかもしれません。もし返済できなくなった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。今回は、カードローンを利用する際に気を付けなければならないことやリスクを紹介します。

カードローンのリスクって?

  • カードローンのリスクとしては、他の融資方法よりも金利が高めに設定されていることが挙げられます。住宅ローンやマイカーローンは、資金の使い道が限定されているローンです。一方で、カードローンは使用用途が限定されていません。自由度が高い分、金利も高く設定されているというわけです。金利が高く設定されているほど払わなければならない利息が高くなり、他のカードローンよりも支払いが困難になる可能性が高くなります。また、自由度の高さ、利便性の高さから、頻繁な借り入れが癖になってしまうこともカードローンのリスクの1つとして挙げられます。
  • カードローンは、ゆうちょ銀行のATMや大手金融機関のATM、セブンイレブンなどコンビニATMと提携しているケースが多いです。そのため、借り入れをしたいと思ったときに、すぐお金を借りることができます。簡単にお金を借りられると、癖になって本当に必要なとき以外でもお金を借りるようになる危険性があるのです。利便性が高いことは大きなメリットですが、同時に大きなデメリットでもあります。カードローンを利用する際は、本当にお金が必要な状況かどうかを考えることが大切です。
  • また、カードローンの利息は日割り計算です。そのため、長期間の借り入れは利息を大幅に増やしてしまうことにつながります。住宅ローンなど、他のローンは契約した時点で返済終了時期や利息が確定するのが一般的です。しかし、カードローンは借り入れや返済が自由に行えるため、完済時期は個人によって異なります。カードローンの利息は、個人の管理能力にかかっているのです。考えて借り入れを行わないと、利息が増え、返済が困難になる場合もあるでしょう。
  • さらに、毎月の返済額が少ないと、返済が長引く可能性があることも、カードローンのリスクの1つといえます。毎月の返済額が少ないカードローンを利用した場合、返済に関するプレッシャーや責任感が薄れてしまいがちです。返済額が少なくても、返済が滞ればそれだけ利息は確実に膨らんでいきます。気づかないうちに返済額が大きく変わってしまう危険性があるのが、カードローンなのです。

返済ができなくなった場合はこんなリスクがある!

  • カードローンの返済ができなくなった場合、支払い催促の連絡がきます。催促の連絡は電話か自宅への郵送で行われるのが一般的です。そのため、家族と同居している場合、電話や郵送の連絡によって支払いを滞納していることが家族にわかってしまう可能性があります。支払いが滞っていることが家族に知られれば、家族を不安にさせ、信頼を失ってしまう可能性があるでしょう。家族にカードローンを利用していることを伝えていなかった場合は、さらに面倒な事態になるかもしれません。また、支払い催促を受けても返済をしなかった場合、財産を差し押さえられてしまう可能性があります。
  • 一般的に、差し押さえられる財産は口座残高や給料などです。他にも、土地や建物といった不動産や自動車、宝石や時計、著作権などさまざまものが差し押さえの対象になります。とにかく、返済に充てられそうな財産はすべて差し押さえられる可能性があると考えてよいでしょう。もちろん、いきなり差し押さえが行われるといったことはありません。はじめは、電話や郵送などで催促が行われます。この段階で返済がされなかったり返済する意思が確認できなかった場合、督促状や催告書が送られてきます。そして、督促状や催告書さえ無視した場合、はじめて差し押さえが行われる可能性が出てきます。差し押さえが行われた場合は、本当に後がない状況と考えましょう。
  • また、返済を滞納したり延滞したりすると、信用情報に傷が付きます。それが繰り返された場合、ブラックリストに掲載されてしまう可能性があるのです。ブラックリストに載ってしまうと、クレジットカードが作れなかったり、ローン審査を通過することができなくなったりします。カードローンだけでなく、その他のローンを組むときにも審査に悪影響をおよぼしてしまうのです。また、返済ができなくなると、借り入れ残高に対して、遅延損害金が課せられる場合があります。遅延損害金とは、返済期限を過ぎても返済をしない人に科せられる金利のことです。一般的に、返済期限の翌日から適用されます。延滞損害金は、返済を行えばその翌日から通常の金利に戻すことが可能です。

こんなカードローンの使い方は危険!

  • 生活費のためにカードローンを利用している人は、注意しなければなりません。一時的に生活費が足りなくなってカードローンで補うならそこまで問題はないでしょう。しかし、慢性的に生活費が不足し、そのたびにカードローンを利用するのは避けましょう。慢性的にカードローンを利用すると、生活費をカードローンで補うのが当たり前という考え方に陥る危険性があるのです。カードローンを利用するのが当たり前になると、1回1回の返済が面倒になってしまいます。そして、もう少し借りても大丈夫だろうという考えから、徐々に借り入れ額が増えていくのです。そのうち、返済額を借り入れ額が上回るようになり、気が付けば限度額に達してお金が借りられなくなります。
  • 返済に追われるようになっても当然手元にお金はありません。借り入れ残高は一向に減らず利息が膨らみ、さらに返済が困難になっていきます。負のスパイラルに陥らないためにも、カードローンを生活費の一部としてとらえてしまわないよう気を付けましょう。

借り入れは計画的に!

  • カードローンで生じるリスクのほとんどは、無計画な借り入れが原因となっています。借り入れを行う前に、自分が毎月いくらまでなら返済できるのかを正確に把握しておきましょう。自分の収入と照らし合わせて、できる限り正確な返済計画を立てることが大切です。また、借り入れを行った当初は安定した収入があっても、体調不良など何らかの理由で収入が不安定になってしまうかもしれません。収入が不安定になったときのためにも、余裕をもって借り入れを行うことが重要です。また、完済していないうちから新たな融資を受けるのは避けましょう。融資を受ける数が多いほど、返済しなければいけない額が膨らみます。
  • 複数のカードローンを利用したとしても、すべて返済できるのであれば問題はありません。しかし、カードローン会社によって返済日は異なりますし、金利も違います。返済日がバラバラだと精神的に落ち着かないし、返済できなければ雪だるま式に複数の利息が増えていくのです。確かに、複数のカードローン会社から借り入れを行うと、手元には多くのお金が入ってきます。しかし、借りたお金は必ず返さなければならないことを覚えておきましょう。

返済シミュレーションを利用して返済計画を立てよう!

  • 大手金融機関などの公式HPには、返済シミュレーションが設置されています。希望の借り入れ金額と返済月数、借り入れ金利を入力すれば、毎月の返済額を算出してくれます。また、同じ情報で返済期間もシミュレーションしてくれます。どれくらいの期間返済をすればよいのかを知ることも、返済計画を立てるうえでは重要といえるでしょう。返済シミュレーションを積極的に利用して、無理のない返済計画を立てることがポイントです。

カードローンは正しく利用すれば多くのメリットを得ることが可能!

  • カードローンは、しっかりと返済計画を立てて利用すればメリットが多いものです。カードローンは借り入れをした資金を自由に使うことができます。さらに、限度額枠内での借り入れ、返済も自由です。大切な人へのちょっとしたプレゼントや自分へのご褒美に好きなものを買うときなど、限度額の範囲ならどんなときでも利用することが可能です。
  • また、コンビニのATMも利用可能なため、非常に利便性が高いです。急な出費の際にも柔軟に対応することができますし、コンビニで買い物をするついでに返済を行うといったことも可能です。
  • また、申し込みが簡単なことも、カードローンのメリットの1つです。カードローンはインターネットで申し込みできる場合が多く、簡単な情報を入力するだけで申し込みが完了します。さらに、銀行カードローンか消費者金融のカードローンかで変わってきますが、審査時間、融資時間が比較的早いことも特徴です。銀行カードローンの場合は、過剰貸し付け問題から即日融資ができなくなりましたが、要件に合えば最短で翌日の融資が可能な銀行もあります。
  • また、消費者金融のカードローンの場合、審査結果は30~40分程度で、長くても1時間もあれば審査結果が出ます。無人契約機を使えば審査後すぐにカードを受け取ることが可能です。このように、カードローンは融資を受けるまでの手続きが非常にスピーディーです。

しっかりと返済計画を立ててカードローンを利用しよう

  • カードローンには、計画を立てずに慢性的な借り入れを行ったり、複数のカードローンを利用したりすることによって、窮地に陥ってしまうリスクがあります。特に、カードローンは使い道が自由なことや利便性が高いことから、利用方法を誤ってしまうことがあります。しかし、明確な返済計画を立てて利用すれば、怖いものではありません。しっかりと返済計画を立てて、上手にカードローンを利用しましょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム