ページ
上部へ

即日発行のカードローンを利用したい人は必見!その方法とポイントを解説

  • 即日でのカード発行・融資を受けたいのであれば、まず、どの会社を選ぶかが大切になります。しかし、すべてのカードローンが対応しているわけではありません。また、即日だからこそ、事前にカードローン会社の申込方法や必要な書類を確認しておくことも必要になります。即日対応の会社でも、無利息期間サービスのあるところなど、メリットや違いがあります。そんな即日カード発行・融資に対応しているカードローンを探している人に向けて、さまざまな視点から解説します。

即日のカード発行・融資に対応しているのは、消費者金融のカードローン!

  • カードローンには、銀行や消費者金融・信販会社などがありますが、すべての会社で即日カード発行・融資を受けられるものではありません。中でも、銀行カードローンは、即日の融資に対応していません。それは、反社会的勢力への貸し付けを制限する目的で、警察庁のデータベースに照会する仕組みを審査の中に取り入れているためです。また、銀行カードローンは総量規制の対象外であるため、過去には、年収を超える過剰な融資もありました。多重債務者の増加を受けて、自主規制により審査を厳格化する流れも、即日融資が不可能になった理由の1つです。
  • 銀行カードローンの仕組みとして、保証会社から保証契約を受けられるのであれば、即日融資を受けられるものがありました。しかし、銀行が審査の仕組みを変更したことにより、融資にかかる時間も長くなっています。銀行によって違いはありますが、融資までにおよそ1~2週間かかります。一方で、消費者金融のカードローンは、即日のカード発行・融資が可能です。申込内容や時間帯によりますが、当日の申し込みでも融資を受けることができます。

即日にカード発行を受けるためにおさえるべきポイントとは

  • 即日にカードの発行・融資を受けるためにおさえておきたいのが、審査がおこなわれる時間です。カードローンの審査は、基本的に営業時間内におこなわれます。消費者金融のカードローンの多くは、インターネットから24時間365日の申し込みが可能です。しかし、審査時間は日中の時間帯で設定されており、営業時間内におこなわれます。インターネットから夜間に申し込んだとしても、審査は翌日になることがあり、カードの発行は早くて午前中となります。
  • 在籍確認が行われるのも営業時間内です。在籍確認を不要としているカードローンもありますが、通常は行われると考えておきましょう。在籍確認が取れないと、審査が進まないばかりか、カードの発行・融資が受けられないことがあります。在籍確認は時間指定できませんが、基本的に営業時間内に行われますので、この時間帯を踏まえておくことが大切です。その他、自動契約機のあるカードローン会社を選ぶこともポイントです。特に、大手銀行のグループ会社の消費者金融であれば、自社の店舗内に加えて系列の銀行内にも自動契約機を置いています。審査・契約が完了すれば、自動契約機を通じて、その場でカードを発行しています。

即日発行のカードローンの選び方とポイント

  • 即日発行に対応している消費者金融のカードローンの中でも、特に大手の会社を検討するのもオススメです。大手の会社を選ぶ理由は、カード会員のサービスが充実していることです。たとえば、会員ページにログインしたり、お知らせを受け取ることでポイントが付与され、ポイント数に応じて提携ATMの手数料無料や無利息のサービスが受けられるなど会員ならではの優遇を行っている会社もあります。さらに、自社の店舗に加えて提携しているATMの数も多いことから、借り入れ・返済時の利便性も大手のメリットです。
  • さらに、知名度の高さも選ぶポイントになります。知名度が高いということは、利用している人が多いということです。利用者が多い分、選ばれているカードローンということになり、安心感につながります。加えて、金利面についてもチェックが必要です。金利は、利息の負担につながるものです。できるだけ金利が低いところ、あるいは、無利息期間のあるカードローンなどを検討しましょう。カードローン会社によっては、利用実績次第で優遇金利を受けられることもあります。

即日発行を希望するなら、事前の確認・書類の準備が大事!

  • 基本的に、本人確認書類だけで契約の手続きは可能です。必要となる本人確認書類は、運転免許証や保険証、パスポート、マイナンバーカードなどのいずれか1点となります。また、借り入れ金額や他社の借り入れ状況によっては収入証明書も必要です。収入証明書は、源泉徴収票や住民税の税額通知書、所得証明書、確定申告書などが該当します。この収入証明書が必要となるのは、借り入れ希望額が50万円を超える場合や希望額に加えて他社の借り入れをトータルした金額が100万円を超えるケースです。これは、消費者金融のカードローンなど貸金業法で定められている貸し付けが対象で、総量規制で決められているものです。他社の借り入れでは、クレジットカードのキャッシング利用も含まれます。また、他社の借り入れを含めて年収の3分の1を超える場合は、総量規制により新規の融資が受けられません。他社の借り入れはないか、借り入れがある場合は金額を把握するようにしておきましょう。
  • 総量規制にあたらない場合でも、申込内容や審査の状況によっては収入証明書の提出が必要になることがあります。同じ消費者金融のカードローンでも審査の対応は異なるので、本人確認書類と収入証明書をセットで用意しておくと慌てずに済みます。収入証明書は最新のものが有効で、給与明細書の場合は直近2カ月と、1年分の賞与明細書を必要としている会社もあります。申し込む前に、何が必要となるのかあらかじめカードローン会社のホームページなどを確認しておくと良いでしょう。

無利息期間サービスの活用法とおさえておきたいポイント

  • 消費者金融のカードローンの中でも、無利息期間のあるところを選択肢に入れます。メリットは、トータルの利息の支払いが減ることです。無利息期間のサービスは、大手の消費者金融のカードローンを中心に提供されています。30日間の無利息の他に、1週間の設定で完済を条件に何度でも無利息が適用されるところもあります。無利息期間のサービスを利用できる人は、初めてカードローンを利用する人です。その他、指定された返済条件での契約やメールアドレスの登録、WEB明細利用など会社ごとに条件もあります。特に、短期の借り入れやスピード返済で借り入れを計画している人にとってはメリットが大きいといえます。
  • 無利息期間のサービスで注意したいのは、どの時点から適用されるかという点です。プロミスでは借り入れ日の翌日から適用されますが、アコムでは契約日の翌日を基準にしています。どちらも無利息期間は30日間ですが、適用される日に違いがあります。利用しない間に無利息期間が終わっていたということにならないように、会社ごとに無利息の適用日を確認しておくことが大切です。また、契約日によっては、無利息期間中でも返済日がくることがあります。無利息期間は利息がゼロになるだけで、返済自体に変わりはありません。返済が遅れると、無利息期間が残っていても契約で交わした金利が適用されるので注意が必要です。

確認と準備を重ねて即日発行のカードローンに申し込もう!

  • 即日のカード発行・融資を希望するのであれば、それに対応したカードローンを選ぶことです。今すぐ融資を受けたいと考えても、条件次第で希望が叶わないこともあります。また、事前に申込方法を確認しておくことも大事です。書類に不備があれば、時間もかかります。前もって確認しておくことで、申し込みからカードの発行までスムーズに進みます。また、契約後のメリットも考えて、無利息期間のあるカードローンを検討します。そうしたポイントをおさえたうえで、即日カード発行・融資に対応しているカードローンを選ぶことが大切です。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム