ページ
上部へ

カードローンには種類がある!それぞれの特徴を徹底比較

  • カードローンは、使い道が限定されないお金を比較的簡単に借りられる便利な手段です。カードローンを利用する場合は、カードローンの種類を知っておくことが大切です。また、カードローンは種類ごとに特徴が違うため、賢く利用するためにその特徴を把握しておきましょう。カードローンは主に3種類に大別できます。そこで、それぞれの種類の基本的な内容や特徴、カードローンを賢く利用するためのポイントなどについて解説します。

主なカードローンの種類は3種類ある

  • カードローンを利用する場合、カードローンの種類を意識して選ぶことが重要です。カードローンの3種類とは、銀行カードローンと信販カードローン、そして消費者金融カードローンです。
  • 1つ目の銀行カードローンとは、銀行がカードローンの運営母体となっている種類のものです。例えばメガバンクは、銀行免許に基づく預金や事業融資などの業務以外にも、子会社を設立したり既存のカードローン会社を買収したりすることで、カードローン事業も行っています。また、メガバンクだけでなく、ネットを中心として営業している銀行もカードローン事業を手掛けています。
  • 2つ目の信販カードローンの運営主体は、クレジットカード会社です。主な運営会社としては、三井住友カードやオリックスクレジット、オリコ、三菱UFJニコス、クレディセゾンなどがあげられます。いずれも、クレジットカード事業が主力ですが、個人向けの無担保融資という特徴を活かして、カードローン事業も一緒に行っています。クレジットカード会社は、個人向け無担保融資のノウハウを持っているため、クレジットカード事業とカードローン事業を行うことはメリットとなるのです。
  • 3つ目は、消費者金融カードローンです。CMなどでおなじみであるため、会社名を知っている人は多いでしょう。消費者金融は、個人向けの融資を主な事業としていて、カードローンを中核事業として据えている会社も多いです。

比較的低金利!銀行カードローンの特徴とは?

  • 銀行カードローンには、主な特徴が2つあります。1つ目は、他の種類のカードローンと比較すると金利が低めだということです。低金利でローンを借りることができれば、利用者としては借りた金額である元本以外に返済すべき利息が少なくて済みます。結果として、総返済額を減らせることがメリットです。銀行カードローンの金利が低いことには理由があります。その理由は、返済できないリスクが高い人には融資しない傾向があることです。融資に際しては、返済能力がチェックされます。その審査に合格しなければカードローンを利用することができません。もちろん、返済できなくなるリスクが高い人には高金利で貸し出すという選択肢も銀行にはあります。しかし、銀行という業種の特性上、貸出リスクはあまりとらない傾向があるため、カードローンの金利は低く抑えられるのです。
  • 2つ目の特徴は、審査が厳しく時間がかかることです。1つ目と深い関係がある特徴だといえます。審査が厳しいということは、返済リスクが高いと判断された場合にカードローンの融資を受けられない可能性があるということです。銀行カードローンの審査に合格できれば低金利というメリットを享受できますが、その審査に通るのはほかの種類のカードローン審査に通るよりも難しいということを理解しておく必要があります。ただし、銀行カードローンの審査に通らなかったからといって必要以上に悲観する必要はないともいえます。銀行でダメだった場合でも、他の種類のカードローンの審査に合格できる可能性は残っていることも認識しておきましょう。審査時間が長くかかっても心配する必要はありません。審査時間の長さは、審査項目が多く慎重に査定を行っている証拠です。
  • 2つの特徴を踏まえると、銀行カードローンの利用に適している人は、カードローンの利用開始までに時間的余裕があり、低金利のローンを借りたい人だといえます。審査に時間がかかっても低金利のローンを借りたいという場合は、銀行カードローンの利用がオススメです。

選択自由度が高い!信販カードローンの特徴とは?

  • 信販カードローンにも主な特徴があります。 1つ目の特徴は、独自の特典やサービスを展開している場合が多いことです。この特徴は、信販会社が、個人向けにクレジットカードサービスなどを展開していることと深い関係があります。クレジットカード事業では、個人向けのサイトの構築やダイレクトメールの活用などが行われており、個人チャネルへアクセスするツールとノウハウを持っていることが主な理由です。また、信販会社がクレジットカード事業で有しているサービスと連携させることで、多様な特典を付けられることも理由としてあげられます。
  • 2つ目は、信販会社が違うとカードローンの適用金利が大きく変わることです。銀行カードローンの審査では、年収や勤続年数などの一般的な情報で審査が行われます。そのため、同じ属性の人であればリスク判断結果が似たような結果になることが多くなります。一方、信販会社は、独自にクレジットカードを保有している人のデータを持っています。その返済状況はカードローン審査においても利用することが可能です。きめ細かい個人別の返済リスク判断を個人ごとに行えることが、各社で適用金利が異なってくる理由です。有利な金利を求める人にとっては、選択の幅が広がるメリットがあります。
  • 信販カードローンの利用に適している人は、申込先のクレジットカードを保有している人です。クレジットカードを利用して滞りなく支払いを続けている人は、審査において有利になる可能性があります。また、新たに口座を作るのが面倒だという場合は、クレジットカード会社と同じ系列で運営されているカードローンを申し込むと手間が少なくて済むこともメリットです。クレジットカードをトラブルなく利用している人は、信販カードローンに申し込んでみるとよいでしょう。

審査が早い!消費者金融カードローンの特徴とは?

  • 消費者金融カードローンにも特徴があります。主な特徴は3つあげられます。 1つ目は、審査完了までが早いことです。審査期間が短ければ、申し込みから融資実行までの時間が短縮され、資金を早く手にすることができます。消費者金融カードローンの中には、即日融資が可能だというものも珍しくありません。審査期間が短いことと審査が甘いことは直結しませんが、最小限の個人情報で短い時間の的確な審査を行うノウハウを持っていることが、消費者金融カードローンの特徴です。
  • 2つ目は、無利息で資金を借りられる期間が設けられているケースが多いことです。無利息とは、文字通り、お金を借りている期間について利息が発生しないことです。例えば、最初のカードローン利用に限り、30日間は無利息で利用できるなどの特典をうたっている場合がこれに該当します。30日以内に返済するあてがある場合は、この特典を利用して利息負担ゼロで融資を受けられます。
  • 3つ目は、比較的適用金利が高めであることです。利用者にとってはデメリットといえる特徴です。この特徴は、審査期間が短いことと密接なつながりがあります。審査を簡単に済ませるということは、消費者金融側が相応のリスクをとることにほかなりません。その分、高い金利を適用して想定されるリスクをカバーするのは当然だといえます。
  • 消費者金融カードローンの利用に適している人は、急ぎでお金が必要な人や無利息期間を利用したい人です。すぐにでもお金が必要な人は、消費者金融カードローンにまず申し込んでみるとよいでしょう。

3種類を比較する場合のポイント

  • カードローンには3種類あり、それぞれ特徴が違います。そのため、自分に適したカードローンを選ぶことが重要です。カードローンを選ぶ場合のポイントは5つあります。
  • 1つ目は、金利です。できるだけ適用金利が低いローンを選ぶようにしましょう。
  • 2つ目は、審査やカード発行までの期間です。急いで資金を手にしたい場合は、審査期間が短い消費者金融を選択すると期間を短縮できる可能性が高いといえます。
  • 3つ目は、借入や返済時の利便性です。ネットやATM、振込など返済方法の選択肢が多ければ自分のタイミングに合わせて返済しやすくなります。
  • 4つ目は、ATM手数料です。融資実行や返済の際にATMを利用すると手数料がかかる場合があります。できるだけ安いところ、できれば手数料無料のカードローン会社を選ぶことがポイントです。
  • 5つ目は、無利息サービスの有無です。無利息サービスの取り扱いがあるカードローンは、その期間内に返済できれば間違いなく有利になります。

カードローン申込する際の注意点とは?

  • カードローン利用の申込を行う場合は、以下の3点に注意することが重要です。
  • 1つ目は、事前に必要となる書類を準備しておくことです。電話で問い合わせたりホームページの案内を確認したりして、申込までに必要な書類を用意しておけば、スムーズに手続きを進められます。
  • 2つ目は、申込情報は正確に記載することです。間違った情報を記載しないようにすることはもちろん、ウソの記入も厳禁です。審査の過程でウソがわかると不合格になってしまうでしょう。
  • 3つ目は返済シミュレーションを活用することです。ネット上には融資条件を入力すると返済額がわかるシミュレーションソフトが多数あります。そういったものを活用して、返済できる範囲で無理なく利用することが大切です。

特徴が違うカードローンを賢く活用しよう

  • カードローン会社には、銀行か信販か、もしくは消費者金融かの3種類があります。それぞれ、審査のスピードや適用金利、無利息などの条件やサービスが違っています。そのため、それぞれの会社の特徴やメリット・デメリットを比較検討したうえで自分に合ったカードローン会社を選ぶことが重要です。使い勝手のよいカードローンを選んで、賢く利用しましょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム