ページ
上部へ

わかりやすく解説!初心者向けカードローンの借り方

  • カードローンの存在を知っていても、まだ利用したことはないという人もいるでしょう。利用経験がない人でも、将来的にお金が必要になったら利用する可能性があります。しかし、いざ利用する段階になって借り方がわからなければ、手続きに時間がかかってしまいすぐに資金を手にすることができません。そういった事態にならないように、カードローンを借りるまでの基本的な流れや申し込み方法については理解しておくことが必要です。そこで、カードローンの借り方について解説します。

カードローンの特徴とは?

  • カードローンの初心者は、借り方の前にカードローンの特徴について理解しておく必要があります。特徴を把握しておかなければ、借り方を学んでカードローンの利用を始めたとしても、特徴を活かして賢く利用することは難しいからです。カードローンの主な特徴は3つあります。
  • 1つ目は、担保なしで借りられることです。個人が多額の資金を借りることができるローンとしては住宅ローンがあります。住宅ローンは取得する住宅を担保にして融資を受けるローンです。しかし、カードローンは担保になるものがなくても借りることができます。
  • 2つ目の特徴は、利用目的が自由だということです。カードローンで借りたお金は何に使っても問題ありません。住宅ローンの場合は、住宅資金の支払いに充当する必要があるなどの使途制限がつくため、何に使ってもよいというわけにはいかないのです。一方、カードローンで手に入れた資金は、使い道に制限はなく自由度が高いことが特徴といえます。
  • 3つ目は、カードローン限度額の範囲内であれば、複数回にわたって借り入れと返済を繰り返せることです。ローンの種類によっては、一度融資が実行されると、あとは返済を続けていくだけで、追加の融資は受けられないというものもあります。しかし、カードローンは融資の回数についても自由度が高いということが特徴です。限度額を超えない限り、借り入れと返済を自由に行えるメリットがあります。

申し込みから融資実行までの流れ

  • カードローンを利用してお金を手にするまでには、いくつかの手順を踏んで手続きを進めなければいけません。融資実行までの流れを把握しておけば、いざ利用する段階になっても戸惑うことなく手続きを進められるようになるでしょう。
  • カードローンを利用する場合の最初の手続きは申し込みです。申し込み方法にはいくつかの選択肢があります。自分の都合などに合わせてWebや窓口で申し込みを行うことが最初のステップです。申し込みが終了すると、カードローン会社側で審査が始まります。審査中に本人確認の電話が入ることがありますので、質問に対して答えます。ただし、質問そのものよりも、入力した電話番号が本人のものであるかどうかの確認が主な目的です。審査中に、勤務先へ在籍確認の電話が入ることもあります。これも、申し込み内容に虚偽がないかどうかを確認するために行われることです。
  • カードローン会社での審査が終了すると、審査結果の通知がきます。審査に合格したら、その段階で求められる書類を提出することになります。カードローン会社で書類の確認ができたら融資が実行され、資金が指定口座に振り込まれます。カードローン会社によって細かい流れは違う場合があります。しかし、基本的な流れは「申し込み」「本人確認」「審査終了」「書類提出」「融資実行」です。

カードローンを申し込む方法は複数ある

  • カードローンを利用したいと思っても、平日の昼間に窓口に行くしか申し込みの方法がなければ、利用できない人も出てきてしまうでしょう。そのため、カードローン会社は、申し込み方法を複数用意しています。申し込み方法は5つです。
  • 1つ目の方法は、Web申し込みです。インターネット上のカードローン会社サイトから申し込みます。パソコンからだけでなくスマホやタブレットからの手続きもできるため、時と場所を選ばず申し込みができることが特徴で、比較的手間がかからないためオススメです。スマホについてはウェブサイトが一部のOSに対応できていなかったり、アプリのダウンロードが必要だったりする場合があります。利用前に、使えるかどうか確認しておきましょう。
  • 2つ目の方法は、自動契約機による申し込みです。各社専用の無人の契約機が街中などに設定されており、その中に入ってテレビ電話などを通じて手続きを進めることになります。申し込みだけでなく、審査や契約、ローンカード発行まで対応できますので、一気に手続きを進めることができるメリットがあります。
  • 3つ目の方法は店頭での窓口申し込みです。担当者と直接相談しながら手続きを進められる安心感があります。
  • 4つ目は電話による申し込みです。申し込み用のフリーダイヤルが設けられていますので、そこに電話をかけて手続きを行います。ただし、書類送付などにはFAXも必要になります。
  • 5つ目は郵送申し込みです。申し込みに必要な書類を郵送することで申し込み可能です。

必ず行われる!カードローンの審査とは?

  • カードローンを利用するためには、申し込みを行うだけでなく審査に合格する必要があります。カードローンの審査とは、金融機関が融資した資金を回収できるかどうかを判断するために、申し込みをした人の返済能力などをチェックすることです。審査でチェックされる主なポイントは3つあります。
  • 1つ目は、カードローンやクレジットカードの利用履歴の確認です。過去に返済トラブルなどを起こしたことがあるかどうかがチェックされます。期限までに返済できず遅延したり、返済状況が悪いため利用停止になったりしたことがないかどうかについて、信用情報機関にも問い合わせながら確認を行います。
  • 2つ目は、他社での借り入れの有無です。他社でもすでに借りている場合は、新たなカードローン利用に振り分け可能な返済余力は限られます。他社からの借り入れがある場合は、新規に借り入れた場合の返済と合計して返済能力の確認が行われます。また、他社への申し込み状況も信用情報機関から入手可能であるため、複数の会社に同時に申し込んでいるかどうかもチェックされるでしょう。
  • 3つ目は、収入の裏付けです。特に、高額の借り入れの場合は、返済能力があるかどうかを詳しく確認されます。返済能力の代表的な裏付けとなるものは定期的に入ってくる収入です。収入を確認するために、源泉徴収票や確定申告書の写しも審査の対象となることがあります。

カードローン申し込み前に準備すべきこと

  • カードローンの申し込み時には、いくつかの書類が必要になります。申し込み時に揃っていないと、手続き完了までに時間がかかってしまい、すぐに資金を手にすることができなくなってしまうでしょう。そのため、申し込みを行う場合に必要となる書類を事前に確認して揃えておくことが必要です。
  • 必要となる主な書類は2つです。
  • 1つは、身分証明書です。本人確認ができる書類が必要です。手続きの手段にもよりますが、web上でアップロードしたり、FAXで送信したりしてカードローン会社に提出します。身分証明書の具体例としては、運転免許証やパスポートがあげられます。写真入りのものであれば、それだけで手続きを完了できます。その他にも健康保険被保険者証や年金手帳などが身分証明書となります。また、マイナンバー制度の導入で誕生したICチップ付きの個人番号カードも身分証明書として利用可能です。
  • もう1つの書類は、収入証明書です。高額借入時には提出を求められることになります。借りる金額が50万円を超える予定の場合は、申し込み時に収入証明書も持って行きましょう。収入証明書としては、源泉徴収票や確定申告書、自治体が発効する所得証明書や課税証明書などがあげられます。申し込みを行う前に、ホームページなどで申し込みに必要となる書類を確認してから手続きに入ることをオススメします。

各種カードローンを比較するポイント

  • カードローンの申し込み方法は、各社それほど大きな違いはありません。しかし、カードローンサービスそのものは、会社によって違いがあります。賢く利用するためには、カードローンの申し込み方法だけでなく、カードローンの選び方についても知っておくことが大切です。
  • カードローンを比較して自分に適したものを選ぶためのポイントは4つあります。
  • 1つ目は、スピードです。審査やカード発行のスピードが早い会社を選ぶことがポイントになります。カードローンを利用するメリットの1つは、早く資金を手にできることです。できるだけ早く手続きを終えられる会社を選ぶことで、カードローンのメリットを最大化できます。
  • 2つ目は、借入・返済方法の選択肢が多いことです。ATMだけでしか借入や返済ができないと不便を感じるでしょう。Web上でも手続きができるなどさまざまな方法を用意している会社を選ぶことがポイントです。
  • 3つ目は、ATM手数料です。仮に低金利でカードローンを利用できたとしても、ATM手数料が高ければ借入コストは増加してしまいます。ATM手数料が低く設定されている会社を選ぶようにしましょう。
  • 4つ目は、無利息サービスの有無です。初回利用に限り30日以内に返済すれば無利息などのサービスを行っている会社もあります。賢く利用すれば、借入コストを下げることが可能です。消費者金融のカードローンは、無利息サービスを展開しているところが多いという傾向があります。

自分に適したカードローンを選ぶポイント

  • カードローンを利用したことがない初心者は、まず、カードローンの借り方を理解することが大切です。申し込みから審査、融資実行までの流れを知ることで、カードローンにはどういった機能があるのか、審査に通るためにはどうすればよいのかなどについても理解を深めることができます。借り方が分かったら、次は、実際に利用するカードローン選びです。カードローンを取り扱っている金融機関ごとに、展開しているサービスは多少異なります。適用金利や特典、審査期間の長短など、さまざまな項目について比較をしたうえで、自分に適したカードローンを選ぶことが重要です。目的や自分の属性に合ったカードローンを利用することで、より便利な生活を送ることができるようになるでしょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム