ページ
上部へ

外国人でも利用可能!カードローンを外国人が利用する場合の疑問を解決!

  • 必要なときにスピーディーにお金を借りることができて便利なカードローンは、外国人でも利用してみたいと思う人がいるでしょう。日本人ではなく、外国人でもカードローンでお金を借りることは可能なのでしょうか。借りるためには、何か資格などが必要になるのか気になります。この記事では、カードローンを利用したいと考えている外国人に向けて、カードローンを利用する際に必要な書類や審査通過のポイント、永住権なしでも大丈夫なのか説明します。

外国人でも日本人のようにカードローンを借りられるの?

  • そもそも、日本の金融機関を利用して、日本国籍を持たない外国人がお金を借りることはできるのか疑問に思う人も少なくありません。結論からいえば、外国人であっても銀行や消費者金融のカードローンで借入れすることはできます。もちろん、借入れするためには、いろいろな条件をクリアしなければなりません。これは、外国人だけでなく、日本人であっても同じことです。条件をきちんと満たせば、日本人と同じように外国人でもカードローンの利用ができます。
  • ただし、一口に外国人といってもいろいろな人がいて、日本での永住権を持っていて日本に生活基盤を持って暮している人もいれば、一時的に日本に滞在しているという外国人もいます。日本に何年も住んで仕事をし、収入を得ている人もいれば、短期間だけ日本に滞在している人もいます。こうした資格や滞在期間の違い、収入の有無などが、カードローンの申込み条件や具体的な審査の際に考慮されることはあります。

外国人がカードローンを利用するときに必要になる書類は?

  • カードローンを利用する際に、本人確認書類が必要になるのは、外国人も日本人も同じです。運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、健康保険証のうちいずれかの身分証明書がまず必要です。すべての書類が必要なのではなく、顔写真がついている運転免許証があればそれで足ります。運転免許証を取得していない場合には、パスポート、顔写真つきの住民基本台帳カード、健康保険証のいずれかを提示することになります。
  • さらに、外国人の場合は外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書などの証明書が必要になる場合があります。さらに、希望借入金額によっては、源泉徴収票、給与明細書、確定申告書などの収入証明書類が必要にもなります。書類はすべて写しで問題ありません。表裏があるものは、両面の写しが必要です。金融機関によって必要書類が違うので、事前に必要なものをチェックしておくようにしましょう。

外国人がカードローンの審査に通過するためのポイントとは?

  • 永住権を持っている外国人には、永住者(一般永住者)と特別永住者の2種類があります。永住者は、出入国管理及び難民認定法に基づいて永住権を認められている人で、原則として10年以上日本に在留し、一定の要件を満たす人のことです。日本人と結婚している場合は3年の特例があります。特別永住者とは、入管特例法に基づいて永住権を認められている朝鮮・韓国・台湾の人をいいます。
  • 永住権の違いによって、在留カードまたは特別永住者証明書のいずれかを持っている必要があります。在留カードは3カ月以上の中長期滞在者の在留資格を示す身分証明書で、永住者(在留資格が永住者になっている人)は、在留期間も就労も制限されません。永住者ではない中長期滞在者の在留カードには、在留期間や在留資格、就労制限の有無が記載されています。永住者のための身分証明書で、永住者は常時携帯していなければならないものです。特別永住者証明書は特別永住者の身分証明書ですが、携行義務はありません。
  • 外国人がカードローンを借りる場合には、日本に長く住んでいるほど有利ですし、日本語力があることも有利に働くでしょう。一般永住者や特別永住者は、一定以上の期間を日本で生活し、日本に基盤を持っている人なので、日本のカードローンも借りやすい傾向があります。毎月安定的な収入がある人でなければならないことは、日本人であっても外国人であっても同じです。就業している場合、勤務先への在籍確認が取れることも必要です。これも日本人・外国人共通の条件となります。

永住権なしの外国人でもカードローンを利用できる?

  • 外国人については、永住者(一般永住者)や特別永住者のように永住権を持っている人と、在留資格は持っているものの永住者ではない人とに分かれています。カードローンは利用可能なのかどうかについては、銀行のカードローンでは「外国人の方は永住者または特別永住者の方」「永住許可を受けている方」という条件がついているところが多くなっています。一般に、銀行カードローンのほうが消費者金融のカードローンよりも審査は厳しめで、外国人の場合は永住者・特別永住者でなければそもそも申し込めないことがほとんどと考えてよいでしょう。さらに、申込み時の年齢や、安定収入があること、保証会社の保証が受けられるかどうかといった条件をクリアしなければなりません。
  • 永住権ありと永住権なしを比べると、日本には一定目的のための一時的な在留許可しか持たない永住権なしの人のほうが、カードローンの審査は一般に難しくなります。ただし、可能性がないわけではありません。永住権なしの外国人がカードローンを利用するためには、特に在留期間の残日数が問題になります。返済に充分な期間だけ在留期間が残っていなければ、完済する前に出国されてしまい、貸し倒れになってしまうからです。在留期間が予定される返済期間分なければ、借入れは難しくなるでしょう。
  • 以上のことから、永住権なしの外国人が借りられるのは、銀行カードローンではなく消費者金融カードローンで、それも一定条件をみたした場合のみということになります。

消費者金融と銀行カードローン、どっちがいい?

  • カードローンには、消費者金融と銀行の2つがあります。外国人にとっていずれがよいのかは、永住権の有無が影響します。日本人にとっても、銀行カードローンのほうが消費者金融よりも借入れ審査は厳しいです。外国人にとっては、なおさら銀行カードローンの利用は厳しいと考えてよいでしょう。ただし、多くの銀行のカードローンが永住資格の有無を条件にしていることから、外国人であっても永住資格を持っている人であれば、日本人と同じように審査してもらえる可能性は高く、条件をクリアしさえすれば借入れは可能です。特に永住権をもっていない外国人には、外国人の利用条件が厳しい銀行カードローンは利用が難しくなります。永住権なしであれば、利用条件として国籍の項目を設けていない消費者金融カードローンのほうが審査してもらえる可能性が高く、おすすめです。
  • ただし、消費者金融・銀行いずれの場合も、契約内容を理解できる程度の日本語能力は必要です。また、 在留カードを持たない短期滞在ビザの場合は、消費者金融カードローンであっても申込みができないと考えておいたほうがよいでしょう。在留カードを持っている場合でも、在留期間が返済に足りるだけの期間まだ残っていることが貸付けの事実上の条件になります。
  • 永住権がある外国人は、消費者金融・銀行いずれも比較的自由に選択できるでしょう。それぞれのカードローンの金利や使いやすさなどを比較して、自分に合ったカードローンを選んで問題ありません。

外国人の方におすすめなカードローンはある?

  • 永住資格のない外国人でも、消費者金融カードローンであれば利用可能です。消費者金融では、基本的に国籍による利用制限はありません。ただし、外国籍の場合は、在留カードまたは特別永住者証明書の提出を求めるところもあります。

外国人でもカードローンは利用できる!

  • 外国人であっても、一定の申込条件をみたせばカードローンを利用することは可能です。永住権を持っている場合は銀行カードローンを利用できますが、永住権がなくても消費者金融カードローンであれば利用することはできます。会社ごとに利用条件や必要書類が異なるので、事前にチェックしておきましょう。利用にあたって審査が必要なのは、外国人だけでなく日本人でも同じです。年齢などの利用条件をみたし、必要書類も集めることができたら利用できる可能性があるので、まずは申し込んでみてはいかがでしょうか。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム