ページ
上部へ

100万円借りたいときのベストの選択を教えて!賢いカードローンの選び方

  • 100万円を借りたいと考えている人はいますか?これくらいの金額を借りるとなると、どこで借りるのがよいのか、自分の年収で借りられるのかなど不安になることもあるでしょう。カードローンで100万円は借りられるのか、どうやったら利息を少なくして借りられるのかなど、賢いカードローンの選び方について解説します。基礎知識から説明し、融資をスムーズに受けるための準備、審査を通過するためのコツなどについても紹介していきます。

カードローンで100万円は借りられるのか?

  • ほとんどのカード限度額は100万円以上に設定されているため、カードローンでも100万円の借入は可能です。ただし「総量規制」というルールがあるので、消費者金融においては年収の3分の1を超える金額は借りられません。たとえば、年収が300万円の人の場合、3分の1である100万円が上限となります。
  • 年収が300万円に満たない場合はどうしたらいいのでしょうか。このような場合は、銀行カードローンを検討しましょう。銀行は総量規制の対象外ですが、ほとんどの銀行が少量規制と同じ内容の自主規制を設けています。ただし、すべての銀行ではなく一部の銀行では自主規制がありませんので、年収の3分の1以上を借入することも可能です。また、銀行が認めれば専業主婦の場合などでも融資を受けることができます。  
  • ちなみに、複数の消費者金融から借入を行えば、年収が300万円に満たなくても、合計100万円を借りられると考える人もいるかもしれません。しかし、これはできません。全ての金融業者からの借り入れ合計額が年収の3分の1でなければならないからです。審査の際に、他の金融機関からの借入状況もチェックされるため審査を通過することはできません。したがって、カードローンにはいくつか種類がありますが、人によっては100万円を借りる方法は銀行カードローンのみになることを覚えておきましょう。

100万円を借りるならカードローンがおすすめの理由

  • 100万円を借入する方法はいくつかありますが、融資スピードと手続きの簡便さを重視するなら、カードローンです。カードローンは比較的融資スピードが速いことで知られますが、多くの会社はインターネットのみで手続きを完了できます。融資のスピードといえば消費者金融というイメージがありますが、多くの銀行カードローンにおいても、仮申し込みから契約手続きまでインターネット上で全てが可能です。このような会社は24時間365日対応しているため、休日でも手続きができます。
  • また、担保や保証人が不要という特徴もあります。カードローンは大きく分けて消費者金融 と銀行の2種類に分かれます。それぞれサービスは異なりますが、いずれのカードローンでも担保と保証人が不要なところは共通です。これは、カードローンが個人向けの小口融資という位置づけであるからです。担保・保証人という制度がないため、消費者金融は自社で保証を行い、顧客が返済を行えない場合に対応しています。一方、銀行の場合は、保証会社に委託しています。銀行は小口融資のノウハウを持っていないなどの理由で、保証会社に任せているからです。
  • いずれにしても、担保や保証人を用意する必要がないのは、借りる側にとって大きなメリットです。特に、時間的な余裕がない場合などは、カードローンをまず検討してみましょう。

高額な借入は消費者金融ではなく銀行カードローンが一般的

  • 高額の借入では、消費者金融よりも銀行カードローンを利用したほうがよいでしょう。
  • 銀行カードローンを奨める理由のひとつは、消費者金融に比べて銀行カードローンの金利が低いことです。ある銀行カードローンの金利は1.8~14.6%に設定されていますが、消費者金融では3.0~18.0%が一般的な金利です。この例では1.2~3.4%しか変わらないと思う人もいるかもしれませんが、借入額が大きいほど、わずかな金利差であっても利息に大きな差がつきます。
  • たとえば、100万円を毎月返済して1年で完済するケースを考えてみます。金利15%で借りた場合と、金利13.6%ではどれくらい利息に違いが出るでしょうか。毎月支払う返済額が一定となる「元利均等返済方式」で算出すると、金利15%の場合、毎月の返済額は90,258円、総返済額は1,083,096円となり、利息分は83,096円です。金利13.6%の場合は毎月の返済額は89,599円、総返済額は1,075,184円となり、利息分は75,184円です。つまり、1年で利息分の差は83,096-75,184=7,912円になります。この場合は1.4%の金利差なので、たいしたことはないと考えている人もいるかもしれません。しかし、わずかな差でもこのように大きな差になりますし、借入額が大きくなったり返済期間が長くなったりすると、より差が広がります。なお、元利均等返済方式における算出方法は複雑なので、シミュレーションができるインターネットサイトなどを活用して比較検討してみてください。
  • また、銀行カードローンでは収入証明書が必要ないことがあります。消費者金融では、50万円を超える金額の場合、必ず収入証明書を提出しなければなりません。一方、銀行カードローンではこのような条件はないので、収入証明書を提出しなくてよい場合があります。 
  • なお、銀行カードローンおよび消費者金融カードローンともに50万円を超える金額の場合には、必ず収入証明書を提出しなければなりません。

高額融資を受ける場合は限度額・金利をチェックしておこう

  • カードローンで、本当に100万円などの高額融資が受けられるだろうかと不安になる人も多くいるでしょう。そもそも、カードローンの限度額はいくらなのでしょうか。銀行カードローンの限度額は、800万円が最も高額の水準であり、平均的には500万円です。しかし、誰でもこの最高限度額まで借りられるというわけではありません。審査によって利用限度額が決まります。
  • 金利は高額になるほど低くなります。したがって、高額の限度額で希望するほうが低金利です。ある銀行カードローンでは、借入限度額が10万円以上100万円未満の場合の金利は14%ですが、100万円以上200万円未満では12%、200万円以上300万円未満では9%と徐々に金利が低くなっていきます。
  • それならばできるだけ高額の限度額を希望したい、という人もいるでしょうが、高額になるほど審査に時間がかかってしまいます。また、審査を通過できない可能性も高くなります。早く融資を受けたい人や、できるだけ審査を通過する可能性を高めたい人は必要な限度額を希望したほうがよいでしょう。

審査を受ける前に注意しておきたいこと

  • 融資の申し込みをする際には、年収や現在の状況に問題がないかチェックしておきましょう。銀行カードローンの場合、総量規制はありませんが、自主規制が設けられてやはり年収の3分の1は目安としてチェックされる場合が多くあります。また、安定した職業についていれば審査を通過しやすくなることは言うまでもないでしょう。あまりにも、自分の年収や状況とかけはなれた限度額を希望しても、無駄な時間を使ってしまうことになりかねませんので注意しましょう。
  • また、借入を申し込むと信用情報がチェックされます。簡単にいうと、過去のクレジットカードやローンの利用状況、携帯・スマホ料金の滞納がないかなど、審査に必要な契約情報と履歴が調べられます。返済遅延など大きな問題を起こしていない人は、ほとんど気にする必要はありません。しかし、大きな借金がある場合や、過去に借金を返済していないなどの事故情報があれば、審査に大きなマイナスです。高額の融資を希望するなら、できるだけ信用情報を問題ない状態にしておく必要があります。
  • また、使っていないカードローンがあれば、解約しておきましょう。現在お金を借りていなくても、すぐに他からお金を借りられる状態の人を金融機関は信用してくれません。不要なカードローンを解約しておいたほうが審査に通過しやすいのです。ただし、解約しても信用情報が更新されるまでには、ある程度時間がかかります。金融機関によって信用情報の更新に差があり、通常数日~1カ月程度、遅ければ2カ月程度です。高額の融資を希望しているなら、使わないカードローンはなるべく早く解約しておきましょう。

高額融資を受けたい!コツってあるの?

  • 高額融資を受けるためのコツを要約すれば「人から信用されること」といえるでしょう。収入証明書や社員証など、信用される情報を揃えておくことは大切です。融資を早く受けたいと焦るあまり、こうした準備を怠ったため、かえって時間を無駄にしてしまう人も多くいます。日本では、年収以外にも勤続年数が重視される傾向があるので、同じ会社に長く務めている場合はアピールするのもひとつの方法です。
  • また、店舗がある場合、窓口まで足を運んで相談してみるのもよいでしょう。インターネットで申込みから契約まで完結することもありますが、どうしても審査が通らないこともあります。この場合、どこが問題となっているのか、何を改善すれば融資してもらえるのかなど、窓口に出向いて質問すれば解決が早くなる場合もあります。

100万円の借入なら金利の安い銀行カードローンがベスト!

  • 高額の融資を受けるためには審査に通過しなければなりません。年収や信用情報のチェックや、使用していないカードローンを解約するなど審査に通過しやすくなる項目があるので、高額の融資を希望する場合は、余裕を持って準備を進めていきましょう。総量規制がないとはいえ、銀行カードローンが消費者金融と比較して審査が緩いわけではありません。場合によっては希望する上限額で融資を受けられないこともあります。
  • しかし、それでも高額融資の場合は金利が低い銀行カードローンが向いています。本記事では、金利の差でどれくらい利息に差が出るか具体例を示しましたので、実際に融資を希望しているカードローンで比較してみるとよいでしょう。高額になるほどトータルで支払う金額の差が出るので、たとえば消費者金融で借入する場合と比較すると大きな差となることが分かるはずです。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム