ページ
上部へ

家族や会社の目が心配!キャッシングがバレない方法とは?

  • どうしてもお金が必要なのに「給料日までまだまだ遠い」「そもそも支出が多い」などの理由から、用意できない人もいるでしょう。そんなときは、カードローン契約をしてキャッシングするのもひとつの方法です。ただし、キャッシングを利用したことが家族や会社にバレたくない場合もあるはずです。キャッシングは決して悪いことではありませんが、余計な詮索を招くケースもありえます。この記事では、キャッシングがバレる主な原因やそれぞれの解決方法について説明します。

キャッシングが周囲にバレるのはどんなケース?

  • まずは、キャッシングがバレるケースを挙げていきます。詳しい内容は別段落で解説するので、とりあえず「原因」を知っておきましょう。
  • 非常にありがちなのが「契約書類など郵送物が自宅に届いてバレる」パターンです。カードローン利用を始める際、貸金業者との間に契約書類を取り交わさなくてはいけません。また、契約内容の変更などをした場合も、やはり貸金業者から書類が送られてきます。こうした書類に貸金業者の名前が入っていたり、家族が不思議に思って開封したりしてしまうと、高確率でキャッシングしていた事実が発覚するでしょう。
  • 「利用明細書でバレる」のもおおいにありえる原因です。契約に関する書類であれば、もし家族に見られたとしてもごまかせる可能性はあります。しかし、実際に本人が利用した利用明細については言い訳がたちません。また、「本人確認や在籍確認の電話でバレる」ことも考慮しておきましょう。カードローン契約の過程では、自宅や会社に在籍を確かめる電話がかかってきます。新規契約だと、在籍確認は高確率で避けられません。電話に出た同僚に貸金業者の名前が告げられると、「キャッシングを希望している」と分かってしまいます。こうした予測できる原因については、対策が必須です。

郵送物をなくしたいならインターネット申し込みを選ぼう!

  • キャッシングが家族にバレる理由として、郵送物はよくあるケースです。とはいえ、自宅に届いた郵送物を、すべて本人が受け取るのはむずかしいでしょう。たとえば会社にいる間、家に届く書類まではどうしようもできません。そこで、郵送物でバレるケースはインターネット申し込みによって解決するのが得策です。
  • インターネット申し込みとは、貸金業者が設けている専用サイトで契約手続きを行う方法です。画面上で個人情報を入力し、キャッシングできるかどうかの審査へと進みます。もちろん、審査結果もメールや携帯電話で伝えられるので、家族に伝わるリスクを抑えられます。インターネット申し込みは24時間申し込み、審査を受け付けている会社もあるので、「家族が寝静まった時間」「会社から帰ってくる電車内」で手続きを終えることも可能です。
  • ただし、インターネット申し込みをしても、カードや書類が自宅に送られてきたのではすぐに家族へとバレてしまいます。そこで、カードや書類は無人の自動契約機やコンビニ、郵便局で受け取るサービスを利用しましょう。到着後、自ら出向いて引き取りにいけば、家族の目に触れることはありません。危険を軽くしたうえで、キャッシングを利用できます。

利用明細書はATMを利用すると送られてこない!

  • カードローンのキャッシングで便利なサービスのひとつが「振り込み借り入れ」です。振り込みによってキャッシングできるため、たとえば自宅にいる状態でも必要なお金が手に入ります。「公共料金などの引き落としがあるのに、口座の残りが心もとない」などのシチュエーションでも、振り込み借り入れは役に立つでしょう。
  • ただし、振り込み借り入れをすると、利用明細書が郵送されてしまうことが多いです。利用明細とは、契約者がカードローンでどのような借り入れ・返済をおこなってきたかの記録です。当然、契約者の名前もしっかりと記載されています。もしも利用明細書が家族の目に入ったら、言い逃れをするのは非常にむずかしいでしょう。そこで、できる限り振り込み借り入れは避けるのが賢明です。そのかわり、ATMを積極的に利用するようにしましょう。
  • ATMを利用してお金を引き出せば利用明細書が郵送で届くことはありません。確かに、キャッシングをするたび、ATMへ足を運ぶのは手間といえます。しかし、多くのカードローンは銀行やコンビニと提携しており、さまざまな種類のATMで利用可能です。近所に提携ATMがあるか、あらかじめ調べておくと安全なキャッシングへとつながるでしょう。なお、ATMによっては手数料を抑えられるときもあります。

電話確認なしの契約って行えるの?

  • カードローン契約を進めるにあたって、「電話バレ」を恐れている人も多いでしょう。また、勤務先にかかってくる「在籍確認」は必ずしも本人が出られるとは限らず、同僚が対応してしまうこともあります。多くの貸金業者は在籍確認で会社名を名乗らないものの、勘のいい人なら「カードローンの電話だ」と気づいてしまうでしょう。その結果、余計な詮索をされたり、根拠のない噂を立てられたりして、迷惑をこうむる危険も出てきます。
  • 電話バレは電話確認なしで契約できる会社を選ぶことで解決しましょう。たとえば、在籍確認を電話ではなく書類提出で対応してくれる会社もあります。「給料明細」「源泉徴収」「社員証等」などの書類は、実際に在籍している社員でないと保有できません。つまり、これらの書類を提出できれば在籍確認として認めてくれるケースもあるのです。
  • また、「本人確認」においては、連絡先を自分の携帯電話にできないか聞いてみましょう。自宅の固定電話にすると家族が出てしまう可能性が高くなるからです。こうした注文は、すべての貸金業者、担当者が対応してくれるわけではありませんが、契約におけるリスクを減らしたいなら早い段階で聞いておくのが得策です。

書類で在籍確認をするメリットとデメリット

  • 在籍確認を書類でできる貸金業者や金融機関 を選ぶときには、メリットとデメリットの両方を調べるようにしましょう。まず、メリットとしては「審査における不安がなくなる」点が挙げられます。在籍確認では、いつ電話がかかってくるのか分からないストレスがあります。また、慣れていない人だと何を話せばいいのか分からず緊張もしてしまうでしょう。会社では、電話がかかってくるまで社内にいようとして、神経をはりつめなくてはいけません。在籍確認がないと、これらの不安から解放されます。
  • また、「週末や土日でも借り入れが可能」になる点も、在籍確認がないメリットに挙げられるでしょう。在籍確認が必須のカードローンだと、勤務先が営業を休んでいる日には電話をかけられません。そのため、翌営業日以降に在籍確認が持ち越されます。必然的に、契約も遅れるので、すぐにでもキャッシングを求めている申し込み者の希望は通らなくなります。在籍確認を省ける貸金業者となら、曜日を気にせずに契約を結べるでしょう。
  • 一方、在籍確認のないデメリットとしては、「書類を準備する時間がかかる」点です。電話による在籍確認がなくても、在籍を証明する書類は提出しなければいけません。しかも、書類には「最近のものではなくてはいけない」などの制約があります。そのうえ、画像を送信したり、FAXを送ったりしても、写りが悪ければやり直しになってしまいます。電話とは違った労力がかかるのは覚悟しておきましょう。

消費者金融カードローンなら身内バレしにくくなる

  • カードローンは「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」に分かれています。銀行なら「金利が低い」「限度額が高い」などのメリットがあります。一方、消費者金融は「審査対象が広い」などの傾向があり、自分に合ったカードローンを選ぶことが大切です。ちなみに、「身内へのバレにくさ」については、銀行カードローンに比べて消費者金融カードローンの方がややあてはまるとの見方ができます。
  • 理由としてはまず、消費者金融はWeb完結申込ができる場合が多いからです。書類が発生しないだけでなく、店舗に足を運ぶ必然性を避けられます。偶然、店舗にいるところを知り合いに見られるなどの問題を防げるでしょう。そして、専用のATMで借り入れから返済までできるのも大きなポイントです。消費者金融カードローンでは「自動契約機」と呼ばれるサービスを実施していることが多く、その場で申し込んで、すぐに利用できることもあります。手続きを繰り返し行うことがないので、そのぶん、家族に勘付かれるリスクも抑えられます。
  • そして、「総量規制」の有無も気をつけましょう。総量規制とは、「貸金業者は年収の3分の1を超える額を融資できない」というルールです。銀行カードローンの在籍確認が徹底されがちなのは、総量規制の縛りを受けないためです。ただし縛りを受けないぶん、同じ内容の自主規制を行っていますので、実際は単に銀行の審査が厳しいと言うだけです。 銀行は申し込み者の支払い能力を見極めるため、書類以外の要素にも注意をはらうケースが多くなっています。銀行に対しては、在籍確認電話を収入証明等だけで済ますことができにくいので、身内にバレたくないなら消費者金融カードローンを検討してみましょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム