ページ
上部へ

カードローンの申し込みは仮審査がキーポイント!審査の内容や注意点を解説

  • カードローンを申し込むと、仮審査を経て本審査へと進んでいきます。その際、キーポイントとなるのが仮審査なのです。カードローンを作れるかどうかは、仮審査にかかっているといっても過言ではありません。しかし、言い換えると仮審査さえクリアすればほとんど大丈夫ということなのです。そこでこの記事では、仮審査の内容や注意点、本審査との違いについて具体的に解説していきます。落ちてしまった際の対処法についても記載しているので申し込む前に読んで参考にしてください。

仮審査と本審査の違いとは?

  • 仮審査は申し込みの後にすぐおこなう審査で、仮審査に通過すると本審査に進むことができます。仮審査では申し込みで申告した情報をもとに、コンピューターによって貸付けできるかを判断するため、所要時間は30分~1時間程度と比較的短時間です。仮審査の結果が出ると、本人に一旦結果が連絡されます。連絡では、仮審査に通ったことと、決定した限度額が知らされるのです。この金額に納得すれば、本審査に進んでいきます。仮審査で出た契約条件に納得できない場合は、申し込みをこの時点でキャンセルすることも可能です。
  • 本審査は仮審査の結果を受け、最終的に人間がおこなう審査となっています。仮審査で提出された内容に違いがないか、判断に間違いがなかったかなど、時間をかけて精査するのです。仮審査に通過しているのであれば、本審査で落ちることは、ほぼないといってよいでしょう。本審査の結果は1時間程度で届きます。
  • ただしこの審査時間は、消費者金融と銀行では違いがあります。消費者金融では、企業によっては審査の回答までに最短30分、融資までは最短1時間で即日融資が可能です。しかし銀行カードローンは即日融資に対応しておらず、審査を保証会社に委託したり、警察庁のデータベース照会をおこなったりする関係で、審査に時間がかかってしまうのです。

仮審査ではどんなことをチェックされるの?

  • 仮審査では、返済能力がどの程度あるか、信用情報に傷はないかなどという点をチェックし、貸付限度額を決めるためにスコアリングします。
  • 返済能力の有無については、安定した収入が継続的にあるかどうかを見られます。判断には職業と勤続年数が重要視され、年収はあまり大きくは影響しません。年収の多さよりも、収入がいかに安定しているかという点が重要なのです。職業としては、終身雇用で安定性の高い公務員の評価が高く、その次に医師や弁護士など、正社員、派遣社員やアルバイト、最後に自営業者や会社経営者という順に不安定だと判断されます。しかし、自営業者や会社経営者でも、経営している年数に比例して評価が上がっていく仕組みです。安定した収入は不可欠な条件ですが、借入額が50万円以下であれば仕事をしてさえいれば特に大きく影響することはありません。
  • 職業以外でも返済能力の判断材料として挙げられるのが毎月の支出です。申し込み書類の中に、家族構成や家が持ち家か借家か、借家の場合は家賃などについて記載する箇所があるのですが、これは返済能力を判断するために必要な項目です。家族構成では給与からどのくらいの支出があり何人扶養しているのかを判断します。また、持ち家であればその資産価値によって自己破産の確率が低くなるため、評価が上がるのです。
  • 過去の信用情報については、信用情報機関によって保管されており、消費者金融や銀行は情報を共有することができます。ではどのような項目が審査において問題となるのでしょうか。
  • まずは過去6カ月以内のローン情報です。6カ月以内にカードローンやマイカーローンなどローンの契約をしたり、クレジットカードを何枚も作ったりしていれば、不自然と判断されてしまいます。そのため、6カ月以内に3社以上の申し込みをおこなっている場合は仮審査で落ちてしまう可能性が高くなるのです。次に、支払いの遅延や滞納に関する情報が調べられます。滞納の回数が3回以上になると仮審査に通らなくなるため注意が必要です。また、他社から借入をしていることもマイナスの評価につながります。総量規制の対象となる年収の3分の1以上の融資を受けている場合はもちろんですが、今回の借入によって年収の3分の1を越える場合も審査に落ちる確率が高まります。過去に「踏み倒し」をおこなっている場合や過去5年以内に債務整理をおこなっている場合も信用情報に傷がついているとみなされます。

仮審査の重要性

  • カードローンの会社によっても異なりますが、多くの場合カードローンが作れるかどうかの判断は仮審査でおこないます。申し込む本人からすると、「仮」とついていることもあって重要度が低いと思いがちです。しかし、融資ができるかどうかを判断するための審査であるため、重要度は高いといえるでしょう。カードが作れるかどうかはこの仮審査にかかっているのです。

仮審査を受ける際の注意点

  • 仮審査を通過するためにはいくつかのポイントがあります。
  • まず大切なのが、虚偽の申告をしないということです。申告した住所や名前と本人確認書類に相違がないか必ずチェックしてから提出してください。特に引越しなどで住所が変更になった場合は要注意です。申込書と一緒に提出する本人確認書類は、先方から提示されたものを必ず用意するようにしましょう。大抵の場合、健康保険証や運転免許証、パスポートなどの提出が求められます。
  • また、信用情報に傷がないかどうかを確認しておくことも忘れてはいけません。過去5年間の金融取引が大きく審査に影響してきます。債務整理や支払金延滞などの金融事故を起こした過去がある人は、信用情報に傷がついているためその期間が過ぎてから申し込むようにしましょう。携帯料金やクレジット代金の支払い遅延及び滞納も審査の対象となるため、不安がある場合は信用情報機関に確認しておきましょう。
  • 借入希望額も、気を付ける必要があります。自分の収入に見合った金額を希望すると仮審査に通りやすくなります。収入が低いのに過度に借入をしてしまうと、返済が滞ったり踏み倒したりしてしまう可能性があるとみられてしまうのです。そのため、まずは年収の3分の1を目安に申請するとよいでしょう。希望額によっては、収入証明の提出が求められる場合があります。その場合は、信頼度の高いものを用意するようにしてください。自営業者であれば所得証明の取得などが求められます。

似ているようで違う!仮審査と簡易審査の違いとは?

  • 借入可能かの診断を申し込み前におこなうのが簡易審査です。簡易審査で融資が可能と判断されても、実際の仮審査では落ちてしまうこともあります。簡易審査はあくまでも診断です。そのため、3秒診断などと銘打って、限られた情報のみでざっくりと借入できるかを診断しています。主に利用する情報は、年収や借入件数、借入総額などです。では何のために簡易審査を設けているのでしょうか。
  • 簡易審査は限られた情報のみでおこなうと解説しましたが、借入額や他社借入件数に関する項目はほとんどの場合記載が求められます。これは、申し込みの前に借入件数が多いと審査には通りにくいということを示しているのです。簡易審査を受けても、融資不可という結果が出ることはあまりありません。しかし、「借入可能かどうか判断できなかった」という結果が出るはずです。その場合には、仮審査に申し込んでも落ちてしまう確率が高いといえます。
  • 簡易審査のメリットとしては、信用情報機関に情報が載らないという点です。借入を申し込んで、審査を受けるとその情報は信用情報機関に登録されてしまいます。そのため、不安がある人は簡易審査から受けてみるとよいでしょう。

本審査で落ちることは珍しい!

  • 仮審査に無事通過すると、いよいよ本審査となります。本審査では、仮審査の情報が本当に正しいかどうかを調べるのです。そのため、申し込み者が本人だと証明できる身分証明書の提出が求められます。また、場合によっては年収の申告を確かめるために収入証明書が必要になるケースもあります。さらに、勤務先が正しいかを確かめるために在籍確認の電話を勤務先へかけ、確認がすべてとれると借入意思と利用規約への同意を得て契約となるのです。そのため、本審査で落ちてしまうのは稀なケースです。どのような場合に落ちる可能性があるのでしょうか。
  • 直接の原因となるのが、仮審査の際に申告した情報を証明できない場合です。虚偽の申告をしていると、証明書の提出とともに嘘が見つかってしまいます。虚偽の申告が発覚すれば、限度額を減らされたり、審査に落とされたりしてしまうため注意が必要です。

仮審査や本審査に落ちてしまった場合

  • カードローンの審査に落ちてしまった場合、その理由はほとんどの場合教えてもらうことができません。また、消費者金融や銀行によって審査基準は異なります。そのため他社で再申し込みをすることは無駄ではないといえるのです。特に金利の高い会社を選べば審査に通りやすくなります。これは、返済時に利息を多く払ってもらうことで、貸し倒れのリスクとダメージを軽減する代わりに審査時に柔軟な対応をしているためです。そのような会社を選んで再申し込みすれば、審査に通過する可能性は高くなるといえるでしょう。
  • また、審査に落ちた原因と考えられることを取り除くことで再申し込みに通過する可能性が高くなります。たとえば、延滞や滞納を解消したり、他社からの借入額や借入件数を減らしたり、希望額を年収に見合った額にしたりといったことが挙げられます。収入の安定を図り、借入の返済を進め、滞納や延滞を解消することで審査の通過率を高めることができるのです。
  • 再申し込みのタイミングも重要で、できれば審査に落ちてから3~6カ月以上の期間を空けることがおすすめです。なぜかというと、一度審査に落ちてしまうとその情報は個人信用情報機関に6カ月登録されることになっているからです。6カ月後には審査落ちの情報が削除されるため、それまで待つ方が再審査に受かる可能性が高くなります。

カードローンは仮審査がターニングポイント!

  • カードローンが作れるかどうかは、仮審査を乗り切れるかどうかにかかっているといえます。ただし、申告書類のミスなど何があるか分からないため、本審査が終わるまでは気を抜かないようにしましょう。自分の信用情報など不安がある場合には、事前に確認し、改善できる内容であれば改善しておくことが大切です。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム