ページ
上部へ

カードローンやクレジットカードにおけるリボ払いのリスクを減らしたい!失敗を防いで返済を早く終わらせるコツとは?

  • カードローンやクレジットカードの返済方法に「リボ払い」という仕組みがあります。リボ払いはその月の借入額や支払い額がいくらになっても、月々の支払い額は一定でよいという便利な面がある一方で、返済期間が伸びてしまうというデメリットがあります。返済期間が伸びれば伸びるほど支払う利息は増えるため、いつのまにか返済総額が増えていて、返済がなかなか終わらないという失敗を招くリスクがあるのです。そこでこの記事では返済を早く終わらせるコツについて解説していきます。

リボ払いのメリットとは?

  • リボ払いの大きなメリットは、手元にお金がなくても支払いができるという点です。手元にたとえ10万円しかなくても、100万円の大きな買い物をすることができます。リボ払いにすると毎月の支払い額は自分の収入に見合った額に設定することができるため、急な出費があっても普段の生活に大きく影響することがありません。また、家計簿の管理が楽になるというメリットもあります。毎月どれくらい借入や買い物をしても、毎月の支払額は固定されているため、その金額さえ確保しておけば家計をやりくりすることが可能です。さらに、好きなタイミングで繰上げ返済することができるというメリットもあります。家計に余裕のある時や、残高を一括で支払える時など好きなタイミングで繰り上げ返済もしくは全額返済をすることができるのです。そのため、支払いを早く終わらせることができます。繰上げ返済の手続きは、会社や銀行にもよりますが、インターネットや銀行、ATMなどで手軽にできるのも魅力です。

リボ払いのデメリットとは?

  • リボ払いは毎月の支払額が一定であるため、一見とても便利な支払い方法に見えるかもしれません。しかしいくつかのデメリットがあります。
  • 実はリボ払いという支払い方法は、銀行や消費者金融にとっては大きな収益源となります。なぜなら、利息や手数料収入を最大化できる仕組みだからです。リボ払いは利用するほど返済期間が長くなる仕組みです。分割払いであれば返済の回数が決められているため、いくら借入をしたり買い物をしたりしても一定期間で返済が完了してしまいます。一方リボ払いで固定されているのは毎月の返済金額であるため、高額の買い物や借入の返済をリボ払いで続けると支払総額や借入総額がどんどん増えていくのです。たとえば月々の返済額を5000円に設定しており、月々2万円ずつの買い物や借入をしたとします。毎月5000円を返済していっても、利用金額との差である1万5000円はいつまでたっても返済されません。そのため、未返済額としてどんどん貯まっていき、1年後には18万円にまでなってしまいます。さらに利息が上乗せされ、最終的には月々の返済額はほぼ利息分という状況になりかねません。
  • また、中にはリボ払いを続けることで金銭感覚が麻痺してしまうケースもあります。毎月の支払額が固定化されているため、ついつい使いすぎてしまい、支払い能力以上の買い物や借入をするリスクがあるのです。

そもそもリボ払いってどんな仕組み?

  • 毎月の返済額は元本返済額と手数料額(利息)の合計で構成されています。リボ払いは、この月々の返済額を一定にできるクレジットカードやカードローンの分割払いの一種です。ちなみに元本とは借入額のことを指します。このリボ払いは大きく2つの支払い方法に分類することができ、選択した支払い方法によってトータルの返済額や月々の返済額が変わるのです。
  • 1つめの支払い方法が「定額方式」です。定額コースとも呼ばれ、支払い残高がどれだけ残っていても毎月一定額の元本を返済していくという方法です。何度も買い物や借入を繰り返し、リボ残高が増えてしまっても、毎月の返済額は一定です。しかしリボ残高が増えれば増えるほど返済期間が伸びていくため、手数料の負担も増えていくのです。
  • 2つめの支払い方法が「残高スライド式」です。支払い残高に応じて返済額が変化していくという特徴があります。たとえば利用残高が10万円以下であれば最低返済金額は3000円と利息、10~20万円であれば6000円と利息といったように、利用残高が増えれば月々の最低返済金額も増えていくというものです。
  • これらの支払い方法はそれぞれ「定額」と「定率」、「元利」と「元金」というようにさらに細分化することができます。定額とは金額が決まっていることで、定率は残高に対する割合が決まっていることです。また、元利は返済額に利息分が含まれているため、毎月の支払額が固定される方法で、元金は利息分が含まれていないため、元金を早く返すことができます。

リボ払いに頼り切ると大変なことになるかも!

  • リボ払いを安易に利用し続けることで、どのようなリスクが考えられるのでしょうか。
  • リボ払いをすると、金利分の利息が元金とは別に発生します。たとえば年率18%で50万円の借入をし、月々1万円ずつ返済していくとシミュレーションしてみましょう。1回目は月々の返済額である1万円に利息の7397円を加えた1万7397円を支払います。2回目は1万7249円、3回目は1万7101円と支払っていくと、支払った利息の総額は18万8604円にもなるのです。思っている以上に毎月の返済額に利息が加算される上、元金がなかなか減らない仕組みになっているため、返済期間は必然的に長期化してしまいます。
  • このようなリスクに陥り、返済を滞納してしまうと、遅延損害金の負担が増えるという2次リスクの発生につながるのです。遅延損害金は延滞料のことであり、クレジット会社の多くは年率20%に設定しています。さらに滞納期間や遅延の繰り返しが2カ月以上になると、信用情報機関のブラックリストに登録されてしまい、今後記録が削除されるまでローンの審査に通らなくなってしまうなどの影響が出ます。最終的には裁判所から一括支払いの指示があり、延滞分をすべてまとめて支払わなくてはならなくなる場合もあります。そうなる前に、リスクを回避できる方法でリボ払いと付き合っていく必要があるのです。

返済を早く終わらせるコツ

  • リボ払いの返済を早く終わらせるには、とにかくお金がある時に多めに返すということが基本です。では具体的にどのような方法があるのでしょうか。
  • まず考えられるのが「繰り上げ返済」です。できるだけ普段の生活で節約して、繰り上げ返済をしていきましょう。これで完済できるのであれば一気に解決です。たとえ数千円でも早く返済することで、その分発生する金利手数料(利息)を節約することができ、返済も楽になります。リボ払いが苦しくなる原因の1つが金利手数料の負担であるため、まずは金利手数料を減らすことを考えましょう。
  • 次に挙げられるのが毎月の返済額を増やすという方法です。月々5000円からでよいので増やしましょう。これだけで完済までの期間がかなり短縮されるはずです。5000円だとあまり意味がないように感じるかもしれません。たとえば50万円の支払い残高があり、15%で毎月5000円と金利手数料を返済する場合をシミュレーションしてみましょう。すると、毎月5000円の返済だと100回の返済で金利手数料の総額は31万4717円になります。ここに月々5000円プラスして1万円にすることで、50回の返済で金利手数料の総額は15万8386円となり、金利手数料の負担が大きく減るのです。そのため、5000円でもよいので、なるべく月々の返済額を増やしてください。
  • また、ネット系のカードローンに乗り換えるという方法もあります。ネット系のカードローンは低金利である場合が多いのです。支払い残高をすべて返済できる額を借り入れることで、リボ払いを完済し、その後は低い金利でネット系カードローンの支払いを進めていきます。ただし、ここで借りたお金を別の用途に使用してしまうと、さらに借金が増えるため絶対にやめましょう。
  • ボーナスがあるという人は、ボーナスで全額返済するのも1つの方法です。カード会社にもよりますが、場合によってはボーナス一括返済に切り替えることも可能です。そうすることで、お金に余裕があるときに金利手数料の負担なく一括で支払うことができます。もしリボ払い専用のカードしか所有していないのであれば、新しくカードを作るとよいでしょう。

返済が終わるまでは新たな出費を控えよう

  • リボ払いの支払いが完済していないのに、新たに買い物や借り入れをしてしまうと、返済額は減るどころか増える一方です。特にリボ払いで新たに借り入れたり買い物をしたりすると、利息とともに返済額がどんどん増えていきます。リボ払いを早く終わらせ借金を減らすと決めたのであれば、あらゆる支出をできるだけ減らすことが大切です。

自分の現状を把握することが大切

  • リボ払いの総額を知るためにも、明細は毎月チェックするようにしてください、繰上げ返済の方法や残高、元金や利息の内訳などを明確化し、把握することが大切です。そのうえで、どうしても一括返済や繰上げ返済がむずかしく毎月の支払いも困難だと判断したのであれば、最終手段として債務整理を検討する必要があるのかもしれません。
  • 債務整理は借金を整理するための手続きです。4つの方法がありますが、リボ払いの解決に適しているのは「任意整理」です。任意整理はお金を借りている消費者金融と依頼を受けた専門家が直接交渉をし、返済額や返済方法を再考していきます。その結果、相手の合意が得られれば利息や手数料の支払いが不要もしくは減額になるのです。ただし、ブラックリストに登録されてしまうため、今後一定期間ローンを組むことがむずかしくなるというような影響が出てきます。そうなってしまう前に、日々自分の現状を把握し、なるべく早く返済するよう意識することが大切です。

リボ払いのメリットとデメリットを理解して使おう

  • リボ払いは便利で、日々の生活に大きく影響を与えにくい支払い方法であると同時に、使い方を間違えると大きなリスクのある方法です。そのため、メリットとデメリットをきちんと理解した上で使うことが大切なのです。自分の現状をきちんと把握し、なるべく早く返す方法をとるとよいでしょう。お金に余裕がある時期にまとめて返済したり、月々の返済額を増やしたりすることで早めの返済を心掛けましょう。
  • リボ払いと上手く付き合いながら、カードローンやクレジットカードを生活の中で、便利に安全に使いこなしましょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム