ページ
上部へ

カードローンとクレジットカード、違いって何?その違いを徹底解明!

  • 似ているようで実は違うカードローンとクレジットカード。同じようにお金を借りることができますが、いくつかの違いがあります。クレジットカードは店で商品を購入した時や何らかのサービスを受けた時に、その支払いに使うことができるけれど、カードローンではそういう使い方はできない、ということはほとんどの人が知っているでしょう。しかし、借入れの機能についての違いは分からないという人も多いのです。カードローンとクレジットカードは、それぞれの特徴や目的に応じて使い分けることが大切です。この記事では、カードローンとクレジットカードの違いについて基本から解説していきます。

カードローンの目的は「融資」

  • カードローンは、個人向けにおこなっている無担保の融資です。担保をつけずお金を貸すため、個人信用を重視しているということになります。そのため、審査によっては通らないことも少なくありません。審査の基準は厳格に定まっているわけではありませんが、基本的に定職についていて一定の収入が継続的にあれば申し込むことが可能です。
  • ローンは大きく「フリーローン」と「目的ローン」の2種類に分けることができ、カードローンはフリーローンに含まれます。目的ローンは、教育ローンやマイカーローンなど、ローンの使い道が限定されているものです。その一方で、フリーローンは使い道が決められておらず、自由に使うことができます。しかし、目的ローンと比較すると金利が高めに設定されているという特徴があります。
  • 返済方法は基本的に、あらかじめ設定された返済額に応じて返済をする残高スライド定額リボルビング方式であることが多いようです。毎月返済をきちんとしていれば、限度額以内で何回でも引き出して使えるというのもカードローンの特徴といえます。カードローンは年会費等が不要なので、持っているだけであれば費用は一切かかりません。そのため、資金不足に備えて利用したり、住宅ローンの優遇金利を利用するために一応作ったりと人によってさまざまな理由でカードローンを利用しているのです。

クレジットカードの目的は「立て替え」

  • クレジットカードは、カードの名義人 の信用に基づき、商品購入などの決済を立て替えることができるカードです。そのため、現金がなくてもクレジットカードさえあれば買い物ができてしまいます。クレジットカードを作る際に設定した限度額までであれば、立て替えてもらってカードで買い物をすることが可能です。立て替えてもらったお金は、1カ月分をまとめて支払い日に口座から引き落としてもらいます。利用額の総計は、支払い日より前に明細書が発行されるため、どこでいつ何円使ったのかを把握できて家計管理にも便利です。クレジットカードの支払いにはいくつかの方法があり、一括払いやボーナス払いを選択すると支払いの際に手数料がかかりません。
  • クレジットカードはあくまでも立て替えが目的です。一見カードローンと同じように借金に見えるかもしれませんが、利用した金額をまとめて支払い日にクレジットカード会社に支払うシステムのため、現金を借りて使うという融資とは目的が異なります。

適用される法律の違い

  • カードローンとクレジットカードでは、法的な視点から見ても違いが明確です。それぞれどのような法律が適用されるのか見ていきましょう。
  • 消費者金融のカードローンに適用されるのが「貸金業法」という法律です。この法律の大きな特徴は、「総量規制」です。これは、一部の例外を除き、原則年収などの3分の1までに個人の借入総額を制限するという仕組みです。この仕組みは、借りすぎや貸しすぎを防止するために設けられています。貸付契約は法人向け貸付け、個人向け貸付け、法人向け保証、個人向け保証の4種類がありますが、総量規制の対象になるのは個人向け貸付けだけです。個人向け貸付けは、個人でお金を借りる行為を指します。ただし個人で借り入れたお金を事業用資金として利用する場合は総量規制の対象外となります。総量規制にともない、借入の際には基本的に年収を証明する書類として給与明細や源泉徴収票などが必要です。
  • 専業主婦やパートの場合は、配偶者の同意と夫婦関係を証明する書類を提出することで、配偶者貸付けの対象となります。借入総額を夫婦の年収の3分の1に抑える必要があるため、夫が250万円、妻が50万円の収入がある場合、妻は100万円まで借入が可能です。ただし妻が上限の100万円まで借りてしまうと、夫は借入ができなくなってしまいます。
  • また、貸付金利の上限は貸付額に応じて15~20%に設定されており、それ以上の金利で貸し付けると行政処分の対象となります。
  • 同じカードローンでも、銀行などのフリーローンに適用されるのが「銀行法」という法律です。貸金業法とはお金を融資するという点では同じですが、銀行法はお金を貸す業務以外にも複数の業務を対象としているのが大きな違いとなります。銀行業では、融資に加え為替や投資、預金といった業務も取り扱っているのです。また、総量規制の対象外となっているため、年収の3分の1以上の金額を借り入れることも可能です。しかし全国銀行協会によって、2017年から自主規制が強化されています。その結果、融資の条件によっては収入証明書の提出が求められたり即日融資が廃止されたりするようになりました。
  • クレジットカードに適用されるのは「割賦販売法」です。消費者はクレジットカード会社と契約してカードを発行してもらい、そのカードを提示もしくはサインすることで、加盟店から商品を引き渡してもらえるというものです。加盟店へ支払う商品の代金はカード会社が一旦立て替え、加盟店は売上に応じて手数料をカード会社へと支払います。
  • このように法律の視点から見てもカードローンとクレジットカードの違いは明確です。

消費者金融カードローンと銀行カードローンの違い

  • カードローンは消費者金融カードローンと銀行カードローンの2つに分類することができます。前記でも解説しましたが、消費者金融カードローンには総量規制が適用されるのに対し、銀行カードローンには適用されないのが大きな違いです。
  • 総量規制の適用により、消費者金融でカードローンを組む際には年収の3分の1までが借入総額となります。借入残高が年収の3分の1以上になってしまうと、新たに借入をすることができなくなるのです。銀行カードローンはこの総量規制の対象外ではありますが、自主規制が実施されていることにより、年収の3分の1以上の融資が制限されるようになりました。また、1つの銀行から50万円以上の借入を希望する場合や他の銀行からの借入も含め100万円以上の借入をしている場合には収入証明書の提出が必要です。

総量規制の対象外となるもの

  • 銀行カードローン以外にも、総量規制の対象外となるものがあります。
  • 1つは「除外」となるものです。除外とは総量規制の対象外となっているため、年収の3分の1以上であっても借入することができるというものを指します。除外の借入は、総量規制の借入残高に含まれません。除外となる主な貸付けには、住宅ローンやマイカーローン、高額医療費のための貸付け、居宅以外の不動産担保貸付けなどです。家や車など高額な買い物をするために借りるお金や、担保を入れた上で借りるお金、医療費のためのお金は除外項目となります。
  • 除外とは別に、「例外」という項目もあります。これは、借入しているお金は総量規制の借入残高に含まれるという点が除外とは異なる点です。しかし、借入総額が年収の3分の1以上であっても返済能力があると判断されれば借入が可能というものです。たとえば緊急の医療費や複数の消費者金融から借入をしている際に、返済総額を減らすための借り換えなどが含まれます。借入をしている人にメリットがある場合や緊急性の高い場合には例外が適用されるのです。ただし、クレジットカードやカードローンのキャッシング枠は対象となります。

キャッシングするならカードローンとクレジットカードのどちらがお得?

  • カードローンとクレジットカードのどちらを使ってキャッシングするのがお得になるのでしょうか。それぞれの違いに着目しながらみていきましょう。
  • カードローンは繰上げ返済をすると、返済日も連動して繰り上がる仕組みなのに対し、クレジットカードは繰上げ返済をしても次の支払い日には必ず返済する必要があります。また、カードローンは返済方法を自分で設定することができますが、クレジットカードは主に口座引き落としでの返済となるため、カードローンは融通が利くといえそうです。
  • カードローンは申し込みの後に審査があり、その後借入と手元にお金がくるまでいくつかのステップを踏む必要があります。しかし、クレジットカードはすでに持っていれば、必要だと思ったそのタイミングですぐに利用することができるのです。ただし、カードローンの方が借入限度額を高く設定しており、利率も低いケースが多くみられます。融資を目的としているカードローンだからこそ、利率や限度額など借りることに特化した条件がそろっているのです。クレジットカードのキャッシングを利用するのであれば、急な出費が必要になったときや少額のキャッシングを希望するときがおすすめです。

デビットカードとクレジットカードの違いとは

  • デビットカードもクレジットカードもどちらも支払いに使うカードですが、デビットカードは即時払い、クレジットカードは後払いという違いがあります。
  • デビットカードは、会計時に提示するとその場で決済が完了し指定口座からその場で引き落とされます。一方クレジットカードは1カ月分の利用代金をまとめて支払い日に指定口座から引き落とすのです。そのため、デビットカードの場合一括支払いしか選択できませんが、クレジットカードは分割払いやリボ払いなどが可能となります。また、デビットカードは即時に引き落としとなるため、会計時に口座の残高が足りなければ使うことができません。一方クレジットカードは立て替えをするカードなので、支払い日までに口座に入金しておけば問題なく使えます。

目的の違いを理解して自分に合ったカードを選ぼう

  • クレジットカードは立て替えが目的、カードローンは融資が目的のカードです。自分が何のためにカードを使いたいのか、まずはその目的を明確にしましょう。そしてそれぞれのカードにどのような特徴があるのかも考慮したうえで、その目的に沿って自分にあったカードを選ぶことが大切です。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム