ページ
上部へ

リボ払いで借金が膨らむ原因とは?解決策はカードローンの借り換えにアリ!

  • カードローンの返済方式はリボルビング方式こと「リボ払い」が主流です。このリボ払いの利点は、借入額に応じて異なりますが、返済額が定額で分かりやすいという点があります。利用限度額の範囲内であれば、繰り返し提携先のATMで利用することが可能です。反面、返済金額が定額で利息と元金を組み合わせたものであるため、実質の返済となる元金の充当分が分かりづらい点があります。なぜ、利用しやすいリボ払いで借金が膨らむことになるのか、借り換えによる解決策の他、いくつかの対処法を交えて解説します。

リボ払いは便利な一方で借金が膨らむ原因にもなる

  • リボ払いは元金と利息の組み合わせ方に違いはあるものの、毎月決まった金額を返せば良いので、返済計画が立てやすいのがメリットです。家計の余裕がない時は約定返済額を支払い、余裕がある時に増額して返済することもできます。柔軟に家計の状況に合わせて利用できる点はリボ払いならではの良さと言えるでしょう。一方で返済金額の内訳が分かりづらい点があります。借入残高を減らすには元金を減らすことが重要です。リボ払いでは毎月一定の返済額に、元金に加えて利息も組み込まれています。リボ払いは約定返済額というカードローン会社が決めた金額を毎月返済していれば問題はありませんが、返済金額が少ないと、それだけ元金の充当分も少なく、結果、借入残高が減らないということになります。
  • 加えてリボ払いは元金と利息の組み合わせに違いがあります。元金と利息を毎月一定になるように設定された元利定額方式、借入残高に応じて一定の割合の元金と1ヵ月分の利息を組み合わせた元金定率、借入残高にスライドして返済金額が決められる残高スライド元利定額など各社さまざまです。いずれも一定の元金と利息を組み合わせている点は共通しています。毎月返済が定額で分かりやすい特徴がある一方で、利息と元金の組み合わせであるため実質の元金返済分が分かりづらく、返済が長引く原因にもなります。返済が長くびくことは、その期間だけ利息の支払いも続くということです。リボ払いのメリット・デメリット双方を比べて、ムリのない範囲で利用するのが理想です。

リボ払いの利用で借金の総額を抑えるための対策とは

  • 借入残高イコール借金の総額です。この借入残高をいかに減らすかが完済のポイントになります。借入残高を減らすためには月々の返済金額を増やす、あるいは余裕が出た時に一括返済することです。繰り上げ返済や随時返済ができるカードローンの場合は併用して完済を進めましょう。返済は提携先の銀行やATMから振り込むというのが主流ですが、金額を指定して返済金額を増やすことができますので、余裕がある時は少しでも多く積み増して返済することで借入残高を減らすことができます。
  • クレジットカードのショッピング利用の場合も、リボ払いが可能ですが、手数料がかかってきますので、できるだけ避けることをおすすめします。クレジットカードのリボ払いもカードローンと同様に定額の支払いで済みますが、カードローンと違う点はクレジットカードの利用限度額が大きく、その範囲内で使い過ぎてしまう点にあります。利用残高に応じてリボ払いは返済金額も変わりますが、定額であることに変わりはなく、返済がこの金額で済むのならばと、リボ払いを乱用してしまう点は要注意です。支払いを一括払いあるいは分割払いで回数を少なくしたり、利息や手数料の支払いを減らす工夫をしましょう。

解決策はカードローンの借り換えにあり?

  • カードローンへの借り換えで返済の負担を抑えることも可能です。借り換えは金利などで有利な条件にして返済の負担を減らすことに意味があります。クレジットカードの支払いでリボ払いにしているショッピング枠やキャッシング枠の利用分を合わせた総額以上の借入ができれば借り換えのメリットが出てきます。借り換えで重要なのは金利が低いカードローンを選択することです。金利が低い借入で利息の負担は減り、月々の返済金額も減らすことができます。ただし、借り換えで新規のカードローンを契約する場合は審査が必要となるため、ハードルは高いと言わざるを得ません。返済に苦慮し、延滞している状況では審査は通りにくくなります。さらに高額な融資となれば、審査もきびしくなりますので、クレジットカードの健全な利用実績を積んでおく、他社の利用分を少し減らしてから申し込むなど審査に向けた事前の準備も欠かせません。

カードローンの借り換えで踏まえておきたいポイント

  • カードローンの借り換えの重要なポイントは現在の借入れより金利が高くならないようにすることです。何社かカードローンを利用している場合は、「おまとめ専用ローン」を活用すると良いでしょう。おまとめ専用のローンは銀行や大手の消費者金融で提供されています。これは基本的に返済専用で新たな借入はできませんが、金利が低いので確実に支払総額を減らすことが可能です。数は少ないのですが、大手消費者金融のおまとめ専用ローンは総量規制で年収の3分の1以上の借入がある場合や複数の会社から借り入れているケースに利用できます。
  • おまとめ専用ローンで一本化できれば、それぞれのローンで異なっていた返済日をまとめることも可能です。返済日を一つにすることで返済計画が立てやすくなり、利息の支払いも減れば完済の目途も立ってきます。このローンの注意点としては返済がひとつになったことで借金が減ったと錯覚を覚えてしまうことです。あくまで、借入残高は変わってはいません。減ったのは利息の返済分で、返済が少しラクになったからと新たな借入に走らないように注意しましょう。

借り換えが難しい、できない場合に取るべき方法・対策とは?

  • 借り換えが難しい場合で、緊急を要する事態であれば「任意整理」を軸に借金の整理を検討します。任意整理とはカードローン会社と債務者との間に弁護士・司法書士が入り、借金の減額・返済方法を再考する方法です。長期の取引であれば、払い過ぎていた利息を過払い金として返還を求め、元金に組み入れることで減額します。返済期間は原則3年ですが、交渉次第では最長5年に延ばすことも可能です。利用期間が短く過払い金が発生していない場合でも、和解後の返済につく利息や遅延損害金をカットすることにより減額できることもあります。任意整理は裁判所の手続きを踏まずにとれる方法であるため、短期間で返済を減額することができます。カードローンだけでなく、クレジットカードの支払いも整理でき、保証人がついている借金など整理したい債務を選択できる点もメリットの一つです。
  • 任意整理の他にも、「特定調停」「民事再生」 「自己破産」といった債務整理でも借金問題を解決することができます。任意整理以外は裁判所での手続きが必要です。特定調停や個人再生は財産の処分をすることなく、借金を整理することができますが、自己破産は財産の処分や、資格制限という特定の職業に一定期間就くことができなくなるデメリットがあります。借入残高や和解・調停後の返済能力、収入の状況により手続きできる債務整理が異なりますので、弁護士・司法書士に相談されることをおすすめします。

債務整理で解決する場合はメリット・デメリットを検討して手続きを

  • 債務整理のメリットは任意整理、特定調停、民事再生では大幅に減額することができ、自己破産は免責の許可が出ればすべての返済が免除される点にあります。また、自己破産では自宅や車・貴金属、加入している保険などを処分する必要がありますが、民事再生では借金以外に支払っている住宅ローンをそのまま払い続けることもでき、自宅を残すことが可能です。
  • 反面、デメリットは信用情報機関にブラックリストとして登録され、新規のカードローンやクレジットカードの発行が受けられなくなります。また、どの債務整理で借金を整理するかでローンの利用が制限される期間が異なります。和解・調停後から5年、トータルで7~10年近くは利用できないとみておきましょう。カードローンやクレジットカードの審査は信用情報機関に登録されている信用情報をベースに行われますので、ブラックリストの金融事故の情報が抹消されていれば、貸付条件に合っていることを条件に利用できるようになります。自己破産では資格制限や財産の処分など他の債務整理とは違う影響がありますが、戸籍に記載されたり、就職先に響くことはありませんのでその点は心配いりません。債務整理は借り換えやおまとめ専用ローンによる一本化が叶わず、完済の目途が立たない場合にとる最終手段と考えておきましょう。借金が膨らむ前に借り換えなどで利息の負担を減らすなど、早めに返済計画の見直しを進めることをおすすめします。

ショッピングはできるだけ通常返済での利用を基本にする

  • クレジットカードでショッピングを利用する場合は返済期間が長引くリボ払いを避け、1回払いや手数料の負担が少ない分割払いを心掛けましょう。通常の返済方法で毎回きっちり残高をクリアにして利用することが大切です。クレジットカードについているキャッシング枠もどうしても必要な時に必要な金額だけ使うようにします。クレジットカードの場合はショッピング枠とキャッシング枠は別々に返済金額が計算され、合算された形で請求されます。そのため両方を使っている場合は借金が膨らむことになります。
  • カードローンについても、低額のリボ払いを避けることが重要です。低額で返済金額が少なく済むのは良いのですが、元金の充当が少ないので返済期間が長くなり、利息の支払いを含めるとトータルの借金が増えることになります。元金の返済が定額で、借入残高が確実に減るのが分かるカードローンを利用するのもおすすめです。

リボ払いは低すぎない金額設定と限定利用がおすすめ

  • クレジットカードのショッピング枠のリボ払いは、返済が大変な時だけに限定して利用することがポイントです。また、リボ払いを利用する場合でも、金額設定を低すぎないようにする、あるいは追加でクレジットカードを使うことなく、残高を完済してから利用するようにします。リボ払いの設定は簡単で月々の返済金額も設定できます。一方でリボ払いを設定したままにすると、追加で利用した分もリボ払いになり、残高が増えることになります。定額の支払いで済むリボ払いだからこそ、現在の支払い残高がどれだけあるのかを確認することが大切です。リボ払いは利用の仕方ひとつで便利にも危険にもなります。その両面を心得て賢く利用するようにしましょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム