ページ
上部へ

キャッシングの利用が出来ない!その原因とすぐに実践したい対処法とは

  • 現金が必要な時に限ってキャッシングの利用が出来ない、こんな状況はピンチです。大切なことは原因を探り、きちんと対処することです。出来なくなった時点で適切な対策をとることにより、キャッシングの利用も可能になります。原因の中身によっては、いち早く対応する必要もあるでしょう。では、どのようなことでキャッシングの利用が出来なくなるのか、カードローン・クレジットカードそれぞれについて、対処法や審査に落ちる理由などとあわせて解説します。

キャッシングが出来ない状況とは?確認すべきことは?

  • キャッシングの利用が出来ない状況に、「提携先のATMから操作しても実行されない」または「自分の口座に振り込みができない」などがあります。利用先の会社からキャッシングの利用に関する連絡が入っている場合がありますが、連絡がない場合でも利用規約に照らしてキャッシングの利用が止められていることがあります。延滞や限度枠を超えた利用の他に、ATM操作の誤りや正しく暗証番号が入力されていない場合もキャッシングが利用出来ません。何度も操作すると、一時的にカードが使えなくなることもあるので注意が必要です。一度、冷静になり、カードローン・クレジットカード会社の会員ページなどで紹介されている提携ATMや振込キャッシングの利用方法を再確認してみましょう。

クレジットカードで起こりやすい原因と、その対処法

  • クレジットカードでキャッシングが出来なくなる原因はいくつかあります。ひとつは「キャッシングの返済が遅れていること」です。返済に遅れると、限度枠を使い切っていなくても、利用可能額はゼロになることがあり、一時的にキャッシング出来なくなります。また、「限度枠を超えて利用していること」も原因のひとつです。限度枠は契約時についた金額が変わることがあり、限度枠が変更されていることを見過ごして場合もあります。クレジットカードの場合はキャッシング枠が明示されていますので、限度枠がついているか、またいくらになっているか確認してください。
  • 次に考えられる原因は「ショッピングの利用の返済が遅れていること」です。クレジットカードの場合はショッピング枠とキャッシング枠は別途で表示されていますが、返済はひとつになります。ショッピング枠の利用分が遅れると、クレジットカード全体の遅延として捉えられますので注意が必要です。加えて、「ATMが対応していないこと」も原因に数えられます。クレジットカード会社ではキャッシングが利用できるATMを検索機能で調べることができるので確認しておきましょう。さらに、「クレジットカード自体にキャッシング枠をつけていない場合」も利用が出来ません。キャッシング枠は申し込みの際に利用の申請と希望額を入力して、審査の上で付与されます。申請時と、審査の後でつく限度枠は異なることがありますので、あわせて確認してください。
  • キャッシングが出来なくなった状況を解消する方法として、まずは返済や滞納があれば、すぐに返済することです。クレジットカードでは再振替の案内が届きますので、指定された日までに口座にお金を入金しておきます。再振替できれば、実績次第でキャッシングの利用が可能になります。キャッシング枠がついていない場合も、後から申請してつけることができます。こちらも審査にとおれば付帯されることとなり、利用実績や収入次第ではつかないこともあります。

カードローンにみられる原因と、その対処法

  • カードローンの場合もクレジットカードと同じく「返済が遅れている場合」はキャッシングが出来ません。返済期日に遅れると、カードローン会社から催促の電話が入りますので、すぐに対応するようにしてください。また、契約時についた限度枠はずっと継続されるものでもありません。「契約時の限度枠が変わること」もあるのです。カードローン会社では定期的に途上与信をおこなっています。途上与信とは借入金額・残高によって契約後も審査をおこなうものです。他社で延滞となっている場合や利用が増えている場合もキャッシングが出来ない原因になりますので注意してください。加えて、キャッシングの振込先が提携している金融機関やATMであるかも確認します。提携ATMは利用できる時間帯が金融機関などで異なるので、会員ページ内の提携ATMの情報を確認すると良いでしょう。
  • 対処法としては遅延や滞納があれば、すぐに返済すること、限度枠を超えている場合は利用できるまで借入を控えるようにします。限度額が低い場合は他のカードローンの利用も検討したいところですが、全体の借入状況や返済能力を見直すことが大切です。限度額が低いのは信用度が低いことを意味し、件数を増やしても根本的な解決策にはなりません。自身の返済能力を見直し、他社の利用を控えるなど対策を実行することで必要な金額のキャッシングの利用が可能になります。

キャッシングが出来ない状況は、コレで回避する!

  • 延滞することなく、きちんと返済することが前提です。また、審査では新規の申し込みに注意がいきがちですが、利用中であっても途上与信で常に審査がおこなわれています。余裕のある時には繰り上げ返済をおこない、早めに完済するのもひとつの方法です。その上で利用しているカードローンの利用限度額の増額申請をおこなうと良いでしょう。審査の上で増額されるかどうか決まりますが、利用実績で延滞がなく、他社の利用にも問題がなければ審査に通る可能性は高くなります。
  • クレジットカードのキャッシングの場合は付帯できるものを選んでおきます。キャッシング枠が付帯されないカードもありますので、申し込みの際に商品内容をよく確認しておくことが大事です。申し込みの際にキャッシングの利用申請をしていなくても、後からつけることはできます。カードローンの増額申請と同じく審査の上で付帯が決まりますが、こちらも利用実績に問題がなければ、キャッシング枠が付帯される可能性は高いでしょう。

キャッシングが出来ない、その他に挙げられる原因とは?

  • 家族が「貸付自粛制度」を申告していることもキャッシングが出来ない原因に挙げられます。貸付自粛制度はカードローンなどを利用している本人に浪費癖などがあることを理由に、親族の中でも一定の範囲の者が日本貸金業協会に金銭貸付の自粛を申告できる制度です。例えば、一定の親族が貸付自粛制度を申告することにより、以降、カードローンの利用を止めることができる仕組みとなっています。申告された情報は個人信用情報機関に登録され、日本貸金業協会に加盟しているカードローン会社はこの登録情報をみて、キャッシングの利用を停止しているのです。貸付自粛制度で申告された情報の登録期間は5年で、登録した日から3ヵ月は撤回することが出来ません。この登録情報は貸金業者が主に加盟するJICC、クレジットカード会社や消費者金融・信販会社などが加盟しているCICが利用しています。カードローン・クレジットカードともにキャッシングが出来ない原因にはこうした貸付自粛制度にもあります。

キャッシングのやり方が分からない、忘れた場合は?

  • キャッシングの利用法はカードローンとクレジットカードの違いに加えて、個々のカードによって異なることがあります。キャッシングの利用方法はカードローンであれば「お借入れ」、クレジットカードであれば「キャッシング利用」などと書かれたページで確認すると良いでしょう。また、ATMで利用する場合は暗証番号が必要な時があります。暗証番号はセキュリティの関係から個人情報を保護したハガキなどで送られますので、厳重に保管するようにしましょう。
  • カードローン・クレジットカードともに会員ページでサービスの説明をしている場合が多く、キャッシングの方法についても細かく情報が提供されています。ログインの方法やキャッシングが出来ない不具合もQ&Aのコーナーでも公開されていますので一読しておいてください。それでも分からない場合はカスタマセンターや利用者を対象にした連絡先などを活用することをおすすめします。

キャッシングの審査に落ちてしまう理由は?

  • キャッシングの審査に通らない理由の一つは「信用情報に傷があること」です。信用情報の傷とは信用情報機関に延滞の記録がある、あるいは長期の延滞でブラックリストとして登録されている、過去に債務整理した金融事故の記録が残っているなどの場合です。ブラックリストに登録されている場合には5年間は情報が残りますので、その間はキャッシングの審査に通る可能性は低いと言えます。
  • また、貸付条件で挙げられている「安定した収入」があるかどうかも大事です。カードローン会社などが提示する「安定」とは「継続して収入を得ていること」を意味し、月の収入に変動がある場合は審査に通りにくいことがあります。貸付条件に関連するものとして、学生や専業主婦、アルバイトなどもカードローンの利用を断られることがあります。理由はカードローンの利用は20歳以上で、収入がある方を対象にしているためです。アルバイトに関してはパートを含めて利用できることがありますが、カードローン会社によっては利用が出来ない場合があります。Q&Aのコーナーでも利用できる対象者を確認できますので、あわせて確認すると良いでしょう。
  • 他社の借入が多い場合も同様です。総量規制の対象となっている消費者金融や信販会社のカードローンでは借り入れの合計で年収の3分の1を超える貸付は禁止されていますので、他社の利用が多い場合は審査にとおらないことがあります。また、勤続年数を数字で具体的に挙げているところなど会社ごとの規定を確認しておきます。規定は貸付条件にあわせて紹介されていることが多いので、申し込みの際に一読してください。

キャッシングが出来ない時は慌てず、冷静に見直すことが大事

  • キャッシングの利用限度額や返済状況はどうか、冷静に確認するようにします。会員ページや登録している連絡先にお知らせなどが届いている場合もあるので、こちらもチェックするようにしてください。使い過ぎている場合は利用中のものだけでなく、他社の利用にも問題がある場合もあります。総量規制の対象となっている消費者金融・信販会社のカードローン、クレジットカードのキャッシング枠は合計で年収の3分の1以内に収まっているかどうかも大事なことです。余裕がある時に増額の申請をおこなうなど、返済能力に応じて計画的に見直しや確認をすることをおすすめします。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム