ページ
上部へ

クレジットカードのキャッシング枠は後から申し込み可能?ショッピング枠との関連と併せて解説!

  • クレジットカードの明細書の利用可能枠にショッピング枠とキャッシング枠の2種類の利用可能枠が表示されています。ショッピング枠は商品の購入やサービスの利用で決済できる金額で、キャッシング枠は別途に暗証番号の入力でお金を借りることができる利用枠を指します。ショッピング枠は基本的にカードの発行と同時についていますが、キャッシング枠については申し込み時に申請しないとつかない仕組みです。後からつけることもできますが、審査の結果次第となります。キャッシング枠をつけたい場合に気をつける点とはなにか、またショッピング枠との関連で注意すべき点はあるのか、クレジットカードのキャッシング枠を中心に解説します。

クレジットカードのキャッシング枠はどのような仕組みなのか

  • クレジットカードでトータルに使えるお金は利用限度額として表示されています。この利用限度額で注目したいのはショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれている点です。ショッピング枠とは別にキャッシング枠があるのではなく、限度額の総額に含まれる形でつけられています。具体的に数字を挙げてみると、利用限度額が50万円だとします。この金額はショッピング枠全体の金額を指します。その中にキャッシング枠が20万円つけられ、それを全額利用すると、差し引き、ショッピング枠で使える額は30万円になります。つまり、キャッシング枠を利用すれば、その分だけショッピング枠で利用できる金額が減る訳です。
  • キャッシング枠は申し込み時の審査を経た上でつけられていますので、利用する際に新たな審査を必要としません。申し込みの際に記入した暗証番号を入力することで、いつでもお金を借りることができる便利なサービスです。また、クレジットカードの多くは利用明細の確認などのために会員ページの登録が基本になっており、そのページから指定の金融機関に振り込むことができます。その他、ATMで引き出す方法や利用方法はさまざまです。いつでも利用できる気軽さから使い過ぎてしまわないように必要な金額と返済できるかどうかを見極めて使うようにしましょう。

ショッピング枠との違いを知ることが大事

  • クレジットカードのショッピング枠は商品やサービスの支払いに利用できる他、公共料金や通信料金の決済などにも利用することを目的としています。また、クレジットカードはあくまでも審査の結果、信用度に応じて利用限度額が決められおり、所有権はカード会社にあり、自分のものではありません。そのため利用規約で利用にあたっての注意事項が細かく提示されています。利用規約の中でみると、ショッピング枠の現金化を禁止しているクレジットカードもあります。利用規約の中の決まりごとで法律が整備されているわけではありませんので、ショッピング枠の現金化自体は違法とは言えません。ただし、利用規約に明記されている場合は現金化してしまうとクレジットカードの返却ということになりかねません。また、現金化でなくても、換金可能な商品を多額に利用している場合も要注意です。具体的には鉄道の回数券などは金券ショップで換金可能ですので、金額が多い場合や繰り返し利用している場合はクレジットカード会社のチェックが入ることがあります。
  • このようにショッピング枠は利用範囲と使い方が決められているのですが、キャッシング枠の使い道は自由です。利用限度額の範囲であれば、繰り返し利用することができます。それぞれの返済方法ですが、ショッピング枠は一括払いの他に、分割、ボーナス払い、リボ払いとカード会社によって回数などに違いはありますが、多くの選択肢があります。これに対してキャッシング枠はリボ払いが普通です。元金が一定額の上に利息が加算されるもの、元金と利息がセットになり月々一定額のものなど、クレジットカードによって違いがありますので、契約書や利用規約・会員ページの注意事項を確認しておきましょう。

キャッシング枠を後からでもつけることができる!

  • キャッシング枠は利用中のクレジットカード会社に申請することで後からつけることができます。無条件でつく訳ではなく、年収や勤続年数、利用しているカードや他社での利用実績などを審査され、認められればキャッシング枠がつけられます。注意しておきたいのはキャッシング枠をつけられない場合もあることです。ショッピングのリボ払い専用や アルバイト等の収入のない学生などは、ショッピング枠のみでキャッシング枠がつけられないことがあります。また家族カードの場合は、家族一人一人に枠が付くのではなく、まとめてカード本人のショッピング枠とキャッシング枠の範囲内での利用となります。
  • クレジットカードは割賦販売法という法律が適用されています。クレジットは日本語に訳すと「信用」です。消費者金融のカードローンで適用されている総量規制と同様に、年収から生活に必要なお金とクレジット債務を差し引いた支払可能見込額を元に利用限度額が決められています。支払可能見込額を超える利用枠は原則禁止とされていますので、年収と返済能力に応じた金額がキャッシング枠としてつけられます。

同じカードであっても返済を一本化でまとめることができない

  • クレジットカードの返済金額の内訳はショッピング枠とキャッシング枠が別々に計算され、その合算が請求額として上がります。枠の違いはありますが、同じクレジットカードで口座引き落としも同じ日です。両者の一本化はできないことが多いので月々の返済金額は必ず目を通すようにしてください。しかし、完済時は両方の利用残高の同時完済を条件にしていることがあり、この場合は完済のハードルが高くなります。完済の条件に付いては、クレジットカード会社に問い合わせてみると良いでしょう。
  • ショッピング枠をリボ払いで決済している場合は、ショッピング枠だけで月々の増額返済ができる他、まとめて払うことができます。こちらの注意点としてはリボ払いの決済期日のチェックです。仮の明細書が発行され、次の本明細書が発行されるまではリボ払いの返済金額を変えることができます。また、キャッシング枠の完済については会員ページから指定できる場合もあれば、事前に問い合わせが必要なクレジットカードもありますので、利用規約や会員ページの利用の手引きをみることをおすすめします。

キャッシングの限度額の増額は可能!ただし、要審査

  • キャッシング枠の限度額の増額は可能です。こちらも新規にキャッシング枠をつけるのと同じように審査の上で決まります。増額の申し込みはインターネット上の会員ページからできるものが多くあります。ただし、審査の結果、希望通りに増額されるものではありません。キャッシング枠の増額申請が通るポイントは利用実績に遅延がないこと、他社の借入がないなどが条件です。特に返済が頻繁に遅れた場合は増額の申請をした際に、利用規約に明記されている信用の悪化を理由にカードの返却を求められることがあるので注意してください。増額を申請する場合は、カードの発行から一度も返済の遅れがないように心掛けましょう。カードの使用状況が継続して良好な場合は、増額の申請をしなくてもクレジットカード会社から増額の案内が電話や郵便物などで届く場合もあります。
  • 逆にキャッシング枠の利用を抑えたいという場合は、減額やキャッシング枠を外すこともできます。こちらは会員ページから自分で操作できる場合が多いようです。これら増額・減額ともに会員ページには注意事項などが紹介されていますので、まずは一読してから利用するようにしましょう。

要注意!キャッシング枠を外されるのは、こんなケース

  • キャッシング枠は一度審査に通れば、ずっと使えるものではなく、利用可能額がゼロになったり、枠を外されてしまうことがあります。そうなる理由としては限度額を超えている、あるいは返済の遅延があった場合、その他に他社で遅延をしていたり、債務整理をおこなったケースなどが挙げられます。また、キャッシング枠は貸金業法の総量規制が適用されています。総量規制とは消費者金融や信販会社のカードローンと同じように貸付金額の総額が年収の3分の1以内であることを定めるものです。つまり、他社で借りている場合はクレジットカードのキャッシング枠も含めて計算されることになります。年収の3分の1を超えるキャッシングを利用している場合、あるいは他社の利用分も含めて総量規制で定める数値に引っ掛かる場合はキャッシング枠が外されることがありますので注意が必要です。

カードローンを必要に応じて併用すれば負担減の効果も!

  • クレジットカードの返済金額はショッピング枠とキャッシング枠で別々に計算されるため負担が大きくなることがあります。特にショッピング枠でリボ払いを選択している場合は定額で月々の支払いが分かりやすい面がありますが、手数料がかかっていることに気をつけてください。クレジットカード会社によりますが、一つの例として、20万円以下のショッピング枠の利用では返済は月々5000円で済むことがあります。20万円を超えてショッピング枠を利用した場合はリボ払いの定額は1万円と、その上に手数料が加算され負担も大きくなるのです。そこにキャッシング枠の利用があれば、別途の計算で合算され利息もつきますので、ますます負担が増えることになります。
  • クレジットカードの返済の負担軽減策としてはカードローンの併用も視野に入れておきましょう。クレジットカードはショッピングも、キャッシングの利用も同時に返済することになりますが、キャッシング利用分をカードローンに切り替えることで柔軟な支払いが可能となります。カードローンの中でも返済方法の選択肢が豊富なものを選んでおくと、一度に負担増となる事態は避けられます。また、カードローンは返済が柔軟にできるため、後から余裕ができた時に一括返済や繰り上げ返済をすれば、利息の払い過ぎなども抑えることが可能です。

キャッシング枠は返済方法の柔軟性で使い勝手も変わる

  • ショッピング枠とキャッシング枠の違いや利用方法を把握した上でクレジットカードの利用を検討することが重要です。同じカードで決済も同時であるため、双方を利用することで負担増となることがあります。ショッピング枠の支払い方法の豊富さはもちろん、キャッシング分だけ完済できるような柔軟な返済方法があるクレジットカードを選ぶようにしましょう。返済方法の選択肢が豊富なことで、家計のサイクルに合わせて返済を切り替えられる他、借り過ぎや利息の支払いの負担を抑えることにもつながります。クレジットカードは流通系・信販系・ネット系などさまざまなものがありますが、どれだけ返済方法が用意されているかで、使い勝手も変わってきます。より柔軟性の高いクレジットカードを選択するようにしましょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム