ページ
上部へ

カードローンの無利息は果たしてお得?無利息を提供する理由と上手な活用法を紹介!

  • 大手の消費者金融を中心に一部の銀行のカードローンでも無利息を提供しています。無利息となる期間はカードローンによって違いはありますが、本来、契約時の金利によってついてくる利息が一定期間のみゼロになるのはお得です。一方で、無利息がどの時点から始まり、サービスを受けるための条件やその後の金利がどのようについてくるのか気になるところ。そんなカードローンの無利息の上手な利用法を、サービスが提供できる理由などを交えて解説します。

カードローンの無利息とは?どのような仕組み?

  • カードローンの利用では契約時の金利によって利息がかかります。この利息を指定の期間内に限って0円とするのが無利息です。無利息期間はカードローンによってさまざまなものがあります。大手消費者金融でみると、借入日から30日間を無利息の期間としています。また、一部の銀行のカードローンでは2種類の無利息期間を設けており、借入金額が5万円までであれば180日間、借入金額の全額を対象であれば30日間まで利息がかからない仕組でみです。この2種類の無利息はどちらかを選択するものですが、最大180日間、約6カ月にわたり無利息とするなど独自のサービスを展開しています。さらに30日間の無利息が多い中で、完済を条件に1週間単位で翌月以降の借入についても無利息とする消費者金融のカードローンもあります。さまざまな無利息のカードローンがある中で、業態別でみると消費者金融に多くみられます。

カードローン会社が無利息を提供する理由は?本当に利息はかからないの?

  • 無利息のサービスを受けられるのは、はじめてそのカードローンを利用する人が対象です。すでにカードローンの会員となっている人は利用できません。無利息のサービスを提供する理由は新規の顧客を獲得するためで、お試しという意味合いも含まれています。カードローンは金利に差はあるものの、商品自体の中身に大きな差はありません。また、消費者金融は銀行のカードローンと比べると金利が高いというイメージを持たれることもあり、利用しやすいことをアピールするとともに差別化をはかることも含まれています。
  • 30日間の無利息を例に挙げると、追加で借りても、30日以内であれば利息はかかりません。契約日の翌日を無利息の始まりの日としているカードローンが多いのですが、なかには借入日を無利息の基準としているものがあり、契約時に確認されることをおすすめします。無利息の期間内に完済すれば、利息はゼロ、元金のみの返済でOKです。

無利息期間を過ぎてしまった場合の返済はどのように変わるのか

  • 無利息期間を超えてしまった場合は、契約時の金利が適用されます。いきなり無利息期間の分が利息となって跳ね返ることはありませんので安心してください。無利息期間後の利率はカードローン会社によって異なりますので確認しておきましょう。また、無利息期間内であっても、契約日によっては返済日がくることがあります。無利息期間は利息がかからないだけで、返済することに変わりはありません。無利息期間内の返済は利息ゼロで計算され、元金のみの返済となります。もし返済日に遅れると、無利息期間が残っていても、通常の金利に切り替わり、遅延損害金が加算されますので注意してください。
  • 無利息のカードローンを利用する場合は適用される期間内に完済できるようにすることが大切です。利息をお金のレンタル料としてみると、期間内に完済すれば実質無料で利用できる訳ですから、このメリットを活かさない手はないでしょう。利用料が実質タダとも言える無利息、このメリットを最大限に活かすなら計画的な期間内完済です。

無利息カードローンを利用するならココに注意!

  • 無利息期間中は、限度額内なら追加で借りても利息はかかりません。そのため、これぐらい借りても返済できるかと甘えも生じるものです。期間中に返済できれば良いという気の緩みから、ついつい借りすぎてしまうこともあるでしょう。しかし、無利息期間は短いものです。30日の無利息期間でみると、約1カ月、月の家計のサイクルでみると、そう長く捉えられる日数ではありません。無利息はその名の通り、利息がかからないサービスです。借りた金額の返済はありますので、無利息期間内に完済できるかどうかを見極めて利用するのが理想です。
  • また、本来は利息がつくものだからと必要以上に借りてしまう場合もあります。この使い方も避けたいところです。カードローンの返済方法の多くがリボルビング方式を採用しています。毎月、決まった額で返済すればよく、借入残高によっては月々3000円や5000円で済む場合もあるでしょう。しかし、無利息期間中に借入を増やしてしまうと、期間を過ぎた時にかかる金利などによって考えていた以上に返済額が膨らむことがあります。無利息期間中で完済できなければ、早期に完済できるように借入額を必要な範囲に留めることが大切です。

無利息カードローンのメリットを活かすためには

  • 無利息のカードローンの活用法として、確実に期間内で完済できる金額に借入を抑えることにあります。また、利用する時期をボーナスや保険金など臨時に入ってくる収入を目途にすることもおすすめです。例えば、急な出費があり、給料日までのつなぎとして活用する方法があります。銀行などの口座からお金を引き出す場合も、ATMや金融機関の営業時間によっては手数料がかかることがあり、そのような時こそ無利息のカードローンが役に立ちます。
  • 毎月の収入と支出のバランスを考えて、この時点なら完済できそうだという時期に無利息のカードローンを利用すると良いでしょう。返済の見込みがない中では無利息以外のカードローンであっても、お金のコントロールがむずかしくなります。期間内の完済を基本にすると、利息の支払いを抑えることができ、ムダなく、ムリのない理想的な利用が可能です。

無利息期間内が終わったらココがポイント

  • 無利息期間が終われば、契約時で交わした通常の金利がかかってきます。どれぐらい金利がつき、利息がかかるのか確認しておきましょう。カードローンの返済方法の多くは残高スライド元利定額リボルビング方式で、会社によっては多少の違いがあり返済金額も変わってきます。ただし、借入残高に応じて金利がつく仕組みは基本で、元金と利息がセットになった金額を返済していく点に変わりはありません。このカードローンのリボルビング払いの注意点としては利息が返済金額に中に含まれているため、実質、どれだけ返済できたか分かりにくいことがあります。
  • リボルビング方式には元金の充当分や利息の掛け方などにより4種類があります。元利定額方式は元金と利息の支払いが毎月一定額になるように設定され、返済金額の中から利息が差し引かれ、残りが元金返済分として充当される方式です。二つ目に挙げる元金定額方式は元金の返済分が一定額で、利息は別に計算されて支払う仕組みになります。また、同じ元金がつく方式でも元金定率方式は、借入残高に応じた一定の割合の元金にプラスして利息を支払うものです。さらに元利定率というリボルビング方式もあります。こちらは借入残高に応じて一定の割合を掛けたもので最低返済額が決められます。毎月の返済額が少なく済む一方で、返済金額に元金と利息が含まれているため、元金の充当分も少ないという特徴があります。
  • このようにリボルビング方式はさまざまな仕組みがあり、カードローン会社によって異なります。契約時に確認しておきたいのは適用されるリボルビング方式によって月々の返済額がどのように変わるのかということです。無利息期間が終了した途端に、返済金額が大きく跳ね上がることはないものの、実質の返済にあたる元金分にどれだけ充当されているのか確認されることをおすすめします。

無利息以外のメリットにも注目して利用を考える

  • 一定期間であっても、利息がかからない点で無利息のカードローンはお得です。しかし、無利息は一時的なものとして捉え、カードローン会社それぞれの特典やメリットにも目を向けることをおすすめします。例えば、返済にかかる手数料もそのひとつです。手数料が無料で利用できるATMが多いことは、返済にかかるコストをカットすることにつながります。カードローン会社ではホームページで提携先のATMを紹介していますので参考にしてみてください。どのATMの手数料が無料で利用できるのか、営業時間の情報と合わせて確認できます。
  • 加えて、ネットバンクと提携しているカードローンの利用も考えてみましょう。ネットバンクでの返済ができるカードローンではいつでも返済できる上に、手数料が掛からないことがあります。夜間は金融機関の営業が終わっていますし、カードローン会社によってはその日の返済とならないことがあります。夜間の返済でも返済を約定してくれるところは時間の有効活用の面でもメリットが大きいものです。また、利用できるATMを探す手間で考えると、それもコストカットと言えるのではないでしょうか。さらに利用実績に応じて優遇金利が受けられるカードローンもあり、金利を下げる、返済にかかる手数料を抑えるなど無利息以外のメリットにも注目してみましょう。

計画的な利用であれば無利息のカードローンのメリットも大きい!

  • どのカードローンにも共通することですが、計画的な返済が前提です。特に無利息のカードローンは期間内に完済すると、借入金額の多少に関わらず利息はかかりません。上手な利用法としてはボーナスや保険金の給付などまとまったお金が入る時期を見込んでつなぎ資金として利用することです。無利息で多い30日間のサービスでみると、月の家計のサイクルに合わすこともできます。ポイントは無利息と出費の多い時期を合わす時間とお金のコントロールです。
  • 例えば、無利息が提供されていないカードローンを年利18%で10万円を借りたとします。30日間にかかる利息は1,479円です。しかし、無利息のサービスがあるカードローンであれば、この利息をカットできるのでお得ですね。このコストをもったいないと考えることもカードローンの利用では大切です。利息をお金の使用料とみると、これが無料になるのが無利息なのですから、上手く活かさない手はありません。収入と支出のバランスをみて、ここぞという時に無利息のカードローンを利用することです。出費を抑える面で捉えると、メリットの大きいサービスと言えるのではないでしょうか。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム