ページ
上部へ

カードローンの審査に大きな影響が!信用情報に傷ってどういうこと?

  • いざというときにとても役立つカードローンですが、利用するためには審査に通るという過程をクリアしなくてはいけません。カードローンの審査について調べていたときに、「信用情報」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。個人の信用情報は、カードローンを申し込んだ際の審査で大きな影響を与える情報です。しかし、信用情報といっても正確にはどういった情報なのか、よくわからないという人も少なくありません。そんな人のために、信用情報について、詳細を紹介していきます。

個人の信用情報に傷がつくとはどういう状態?

  • カードローンの審査が行われる際に、重要となるのが「個人信用情報」です。カードローンの会社は、主に、この信用情報をもとにして「この人にお金を貸して大丈夫か?」を判断します。ここで知っておきたいのが、「信用情報に傷がある」という状態のことです。信用情報を見ると、その人のこれまでの金融関係についていろいろと情報を知ることができます。その1つが、過去のお金関係の問題なのです。たとえば、他のクレジットカードやカードローンなどを利用していて返済が遅れたり、滞納したりすると、それは個人信用情報に記録されます。こういった金銭面における問題を記録されている状態が「信用情報に傷がある」ということです。
  • そういった記録が残っている場合、お金を貸しても、同じことをされると疑われてしまう可能性があります。まさに、この信用情報は、ローンなどの申し込みにおいて、自分を信用してもらうための要なのです。スムーズにカードローンの審査に通るためには、信用情報に傷がない状態が求められるのです。いざというときのためにも、普段から金銭面はきちんとしておくのがいいですね。

ブラックリスト入りって本当にあるの?

  • 信用情報について、「ブラックリスト入りしている」と言っている人もいますよね。「ブラックリスト入り」は、信用情報に傷があることをさします。しかし、実際に信用情報について、ブラックリストというリストが存在しているわけではありません。信用情報機関に、個人情報として返済の遅延や滞納などの記録、特に自己破産などの債務整理といった内容は「金融事故」として記録が残っている場合があります。ブラックリストの中でもこうした金融事故の場合は、新たにカードローンはもちろん、さまざまな他のローンの利用もできなくなります。一生できないということではなく、一定期間、利用できなくなるのです。

日本国内の信用情報機関は3つある

  • 個人の信用情報を知るために、カードローンの審査でチェックされるのが「信用情報機関」の信用情報です。日本国内では、3つの信用情報機関が利用されています。
  • 1つめはJICC(日本信用情報機構)といい、日本国内で最も古い信用情報機関です。消費者金融会社や一部の信販会社は、JICCの信用情報をチェックしています。更新をこまめに行っており、情報がリアルタイムにわかるといわれている信用情報機関です。
  • 2つめは、CIC(指定信用情報機関)です。こちらを利用しているのは、主にクレジットカード会社と信販会社で、情報更新を月に1回以上行っていることから、精度の高い情報を得ることができるといわれています。JICCとCICは、契約に関する情報の一部を共有しているため、とても情報精度が高いです。
  • 3つめは、JBA(全国銀行個人信用情報センター)になります。その名のとおり、銀行や銀行系のクレジットカード会社が、主に利用しているところです。こちらは、自己破産に関して、官報の情報も記録しているのが特徴です。

要チェック!信用情報に傷がつく原因とは

  • 信用情報に傷がつく原因になるのは、どんなことでしょうか。1つめには、返済日から61日以上、もしくは3カ月以上の遅延をした場合があります。遅延は信頼を損ねる行為ということで、ブラックリスト入りする大きな原因になるのです。返済が遅れた人は、督促状が届いた時点で、個人の信用情報に、その事実が記録された可能性が高いと考えておきましょう。
  • 2つめには、債務整理を行った場合があります。債務整理といえば「自己破産」が有名ですが、他にも「任意整理」 「民事再生」などがあります。ちなみに、過払い金の請求に関しては、信用情報に記録される対象外となっています。平成22年4月以前までは、過払い金の請求も信用情報の記録に残されていました。しかし、それ以降はルールが見直され、サービス情報の契約見直しという部分が廃止となったので、信用情報への記録の対象外になったのです。
  • 返済が遅れそうだと連絡を入れたり、相談をしたりしても、その会社によっては「遅延」ということで、信用情報に記録を残されてしまう場合もあります。連絡をしたからといって、大丈夫と安心することができないのです。そうならないためにも、返済はできるだけ遅れないように気をつけましょう。

意外なことも信用情報の記録対象になっている!

  • 債務整理や返済の遅延・滞納以外にも、信用情報に傷がつく原因になることがあります。スマホなど携帯端末を分割払いで購入し、毎月の携帯電話料金と共に支払っている人は多いですよね。その携帯電話料金の支払いを遅れてしまったり、滞納してしまったりというときには、信用情報に記録されます。たとえば、支払いを3カ月以上滞納したときには、いわゆるブラックリスト入りになるケースが多いようです。その理由は、携帯端末の分割払いも結局はローンを使っているからです。ローンの返済が遅れたり、滞納したりすると信用情報に記録が残りますよね。それと同じことが、携帯端末の分割払いでも起こるのです。
  • 携帯端末の料金滞納や遅延が多い理由は、さまざまなお得なサービスによって、分割払いだという自覚が薄れる人が多い傾向にあるからだといわれています。大手の携帯電話会社をいくつか見てみると、携帯電話の利用料金と携帯端末代の両方を毎月支払っていても、比較的支払いやすい料金設定になっています。そういったことも遅延や滞納をしてしまう原因になりがちなようです。「ちょっとくらい遅れても大丈夫かな」と気軽に考えたり、たかが携帯の利用料金と侮らず遅延や滞納の無いように期限どおりに支払いましょう。

気になる信用機関に記録されている期間は?どんな影響が?

  • 信用機関に一度記録されてしまうと一生残ったままかといえば、そうではありません。信用機関に記録されているのは、決められた期間内だけなのです。JICC・CIC・JBA共に、契約や借入、返済などの記録は、約5年間残されています。すでに完済しているものや解約したものでも、一定期間は残されていますので、注意しましょう。その他のことについては、3つの信用情報機関それぞれで違います。
  • 長期延滞について、CICとJBAは5年間ですが、JICCだけは1年間のみです。また、自己破産の記録はJICCとCICは5年ですが、JBAは10年残されたままになります。10年間は、とても長い期間ですよね。その間、カードローンやクレジットカードなどの申込みをしても、審査に通るのは難しい可能性があります。民事再生は、JICCが5年、JBAが10年ですが、CICには記録が残されません。任意整理は、JICCだけ5年記録され、CICやJBAには記録なしです。そして、この期間はクレジットカードやカードローンをはじめ、住宅ローンなどさまざまな金融商品に影響が出ます。
  • 加えて、注意しておきたいのは、クレジットカードやカードローンなどの申込みを一度に複数社にしないことです。遅延や滞納だけではなく、申込みをした記録も3つの機関すべてにおいて、6カ月間残されています。これは、短期間に複数の申し込みをしていることが、よほどお金に困って金策に走っているのではないか、と見られているということです。1つ申し込んで審査に落ちてしまった場合、できれば、6カ月以上の期間をあけてから別の会社に申込んだほうがいいでしょう。

自分の信用情報をチェックしよう!

  • カードローンを申込む前に、自分の信用情報に傷がないかチェックしておけば、自信をもって、審査結果を待つことができますよね。自分の信用情報については、有料で確認することができます。これを「信用情報の開示」と言い、インターネット・郵送・窓口という3つの方法が用意されています。最も簡単に信用情報を開示請求できるのが「CIC」だといわれています。理由として、CICは、開示の申請も報告書の受け取りもインターネットで行えるからです。CICに開示請求をする際に必要な手数料は、窓口が500円、インターネットや郵送は1,000円です。
  • JICCは、スマホアプリや郵送、窓口で申請可能となっています。報告書の受け取りは、郵送もしくは窓口です。手数料は窓口が500円、郵送が1,000円となっており、スマホアプリでは報告書を見ることができません。JBAは、申請も報告書の受け取りも郵送のみなので、事前に必要なものを用意しておくと、スムーズに進めやすいでしょう。手数料は、1,000円となっています。銀行のカードローンを利用する場合は、JBAで信用情報をチェックされるので、あらかじめ、自分でJBAに開示請求して、傷がないかを見ておくと安心ですね。

支払いや返済は遅れずに!信用情報は審査の重要ポイント

  • 信用情報に傷がついていると、カードローンやクレジットカードはもちろん、住宅ローン・マイカーローンなども利用できない可能性がでてきます。賃貸物件を借りるときも、個人の信用情報のチェックがあるのです。必要なのに利用できないと、いざというときに困りますよね。そうならないためには、とにかく、支払いや返済は期限に遅れず、必ず支払うことが大事です。きちんと返済などができていれば、信用情報に傷がつくこともないので、審査をしてもらうときも落ち着いて結果を待てるのではないでしょうか。
  • 返済の遅延や滞納の原因の1つは、自分の収入や生活に見合っていない借入をすることです。借りる前に、返済計画をたてておくと毎月返済をしやすいですし、借り過ぎも防ぐことができますね。大手の消費者金融会社のHPには、返済シミュレーションが設置されています。2、3の項目に答えるだけで、毎月の利息や返済額などを知ることができるので便利です。無理のない借入れと確実な返済でクリーンな信用情報を維持しましょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム