ページ
上部へ

銀行カードローンはおすすめ?そのメリット・デメリットとは

  • カードローンといっても、銀行のカードローンと消費者金融のカードローンがあります。CMなどでよく見かける大手の消費者金融会社のカードローンは、会社が銀行のグループ企業になっているので銀行系と言われます。そのため、消費者金融カードローンにも銀行系と消費者金融系の会社があります。 気をつけたいのは、銀行のカードローンと銀行系のカードローンは異なると言うこと。銀行系というのは大手の消費者金融のカードローンですので、注意をしてください。また、銀行カードローンと消費者金融カードローンは、どちらもお金を融資してもらえるという点は同じですが、それぞれに特徴があり、サービスにも違いがあります。この記事では、カードローンを利用する際の参考になるように、銀行のカードローンについて解説したうえで、メリットやデメリットを含む詳細をご紹介します。

銀行カードローンと消費者金融カードローンは何が違うの?

  • カードローンといってもひとつしかないわけではなく、銀行のものと消費者金融・信販会社など銀行以外のものがあります。これらに共通しているのは、どちらも申し込み後に審査が行なわれ、カードローンを利用できるようになるという点です。また、審査に通るとその人に合った範囲で利用限度額を決められます。カードローンで融資を受けることができるのは、この利用限度額の範囲内ということになりますね。しかも1度だけではなく、利用限度額の範囲内であれば何度でも利用することが可能なのがメリットです。
  • 違うところは銀行と消費者金融とでは金利に差がある点、審査の基準やサービス内容の違いがある点です。これらについては同じ銀行でもそれぞれの銀行で違いがありますが、消費者金融より銀行のカードローンのほうが金利は安いといわれています。

金利の低さが魅力の銀行カードローン

  • 銀行カードローンは金利が低めに設定されていることが多く、利用者にとっては大きなメリットになります。金利が低ければ低いほど余計なお金を払わなくていいですし、返済もしやすくなるからです。特に、高額な融資を受ける場合は、その金額が大きい程金利が低くなりますのでお得に利用できます。長期間かけて返済する計画を立てている場合も、金利が低い銀行カードローンのほうが有利と言えます。
  • 銀行カードローンの金利が消費者金融のものより低く設定できる理由は、後ろ盾になっている銀行側に資金源が豊富にあるからということ以外では、借りる対象を非常に狭くしているからということもあります。銀行カードローンは、審査を厳しくすることで借りる対象を確実に安定した収入がある人のみに限定しているのです。できるだけ多くの信頼できる人にお金を貸すことでたくさんの金利を得ることができるので、利用しやすい低金利にしていることは銀行カードローン会社にとって意味があることです。

利用限度額が大きくなるのはどんな場合?

  • 消費者金融カードローンを利用する場合、基本的に総量規制の枠内で融資を受けなければいけません。総量規制とは、簡単に言えば国が融資に関して決めたルールで、最高で自分の年収の3分の1までの金額しか借りることができないというものです。たとえば、年収が300万円の方がいたとして、その3分の1ということなので融資の利用限度額は最高でも100万円までということになります。この場合、もし100万円以上の融資を希望したとしても、一般的な消費者金融会社ではそれが審査に通る可能性は非常に低いです。
  • 厳密には、ひとつの消費者金融会社で年収の3分の1以上を借りられないということではなく、融資を受けている消費者金融会社の全ての利用限度額の合計が年収の3分の1以内でなければいけません。先ほどの例を参考にすると、総量規制の枠では100万円以内の利用限度額でなければいけないので、もしA社ですでに30万円を借りていれば、B社では残りの70万円以下の最高限度額しか借りることはできないのです。この点から、消費者金融会社のカードローンを利用しようとしても、年収が低い方の場合は希望する融資金額を借りることはかなり難しいと言えるでしょう。
  • しかし、この総量規制の枠があるというルールはあくまでも貸金業者を対象にしたものなので、銀行のカードローンは総量規制の対象外となります。銀行カードローンであれば年収の3分の1以上の融資希望額を申し込んだとしても、銀行側の審査次第では希望通りに借りられる可能性があるということなのです。ただし、最近は多くの銀行が総量規制のような自主規制を設けていますので、銀行によっては3分の1以上借りられないこともあります。融資を受けるということは、その分を必ず返済しなければいけないということですから、自分の収入だけできちんと返済をしていけるかどうかを考えて申し込んだほうが良いでしょう。

銀行カードローンの自動融資機能とは?

  • 銀行カードローンならではのサービスには「自動融資機能」があります。一部の銀行以外では、この自動融資機能がついているため非常に便利です。決められているカードローンの融資限度額以内で残高不足になったときに、不足している分が自動的に入金されるという機能となっています。利用するための手続きが必要な場合と不要な場合があり、手続きが不要であればカードローンの契約が完了したと同時にこのサービスも利用することができるようになります。利用したいカードローンに自動融資機能がついているかは、事前に確認をしておくと良いでしょう。
  • 自動融資機能の利用自体は無料になっていることがほとんどですが、利用するには条件付きという場合もあります。例を挙げると、銀行カードローンということで、その銀行の普通口座を開設していること、カードローンの契約まで完了していることなどです。消費者金融のカードローンには自動融資機能はないので、銀行カードローンのメリットのひとつだと言えるでしょう。
  • 自動融資機能については最初から自動的に利用すると設定されているものと自分で設定する任意設定があります。事前に自動融資機能があるかを確認しておいたほうが良いのは、こういった理由があるからなのです。自動融資機能を特に希望しない人は、任意設定ができるカードローンに申し込んでみるほうが良いですね。自動設定でも申し込みが必要なケースもあるので、よく見て確認しておきましょう。

審査が消費者金融カードローンより厳しい

  • 銀行カードローンは2018年1月から審査が以前より厳しくなっており、即日審査と即日融資はできなくなってしまいました。銀行カードローンの審査では、警視庁のデータベースを照会するということも行なわれています。これは、反社会勢力への融資を防止するための策です。以前からこういった者への融資をしないという点は融資の審査段階でチェックされていましたが、警視庁のデータベースで照会することで、より正確にチェックをすることができるようになったのです。
  • さらに、収入証明書の提出に関する判断ラインがとても低くなっており、以前は300万円以上の融資希望をした場合に収入証明書を提出しなければいけないというルールを決めていた銀行でも、現在では50万円以上の融資希望額を希望したら提出しなければいけないと変更になっている場合があります。元々、銀行カードローンは消費者金融カードローンと比較すると審査が厳しい傾向にありましたが、ますます審査基準が厳しくなっています。そのため、もし銀行カードローンの審査に通らなかった場合はしばらく時間をあけてから消費者金融のカードローンに申し込んでみるほうが良いでしょう。

審査結果が出るまでは最短でも数日間必要

  • 消費者金融のカードローンは大手の会社のCMなどでも有名ですが、審査にかかる時間が30分ほどという短時間であることが多く、利用者にとっては非常に利用しやすいというメリットがあります。審査にかかる時間が短いので、場合によっては即日融資を受けることも可能です。これは、申し込んだ時点でコンピューターによる仮の自動審査が行われているからです。そして、仮審査に通った人のみを本審査をするので、短時間でチェックした結果を出すことができるのです。本審査といっても基本的な調査はすでに終わっているので、担当者が行うことは勤務先へ電話をかける在籍確認が主な仕事になります。それが終われば、提出された書類におかしな点はないか照合をして完了になるため、1人の審査にかける時間は短くて済みます。
  • ところが、銀行カードローンの場合は30分で審査が完了するということはありません。もちろん、大きな銀行でも消費者金融会社と同じように審査を迅速に行うためにコンピューターを取り入れています。ただ、コンピューターを審査に取り入れていない銀行もあり、そういった銀行やネット銀行に関しては、すべての審査の作業を担当者が手作業で行っています。そのため、審査完了まではとても時間がかかることが多いのです。最終的な審査に入る前には保証会社の審査も入りますから、その結果が出るのを待たなくてはいけないのでさらに時間が必要になります。

メリット・デメリットを考えてカードローンを選ぶのがコツ

  • カードローンを利用するときには、その特徴についてしっかりと調べてから選ぶようにしましょう。カードローンといっても、消費者金融のものと銀行のものがあり、それぞれでメリットとデメリットがあるからです。たとえば、消費者金融のカードローンは審査が早く、即日融資を受けることができますが、総量規制の枠内でしか融資を受けることができないというデメリットがあります。
  • 銀行カードローンの場合は、一部の銀行だけですが総量規制の枠を気にすることなく、希望する金額を申し込むことができます。しかし、審査については消費者金融会社より厳しく、時間がかかってしまうのがデメリットです。大手の銀行では消費者金融会社と同じように審査にコンピューターを取り入れているところもありますが、地方銀行やネット銀行ではすべての審査を手作業で行っているところが多く、さらに審査に時間を要します。
  • また、2018年1月からは銀行カードローンの審査が厳しくなり、即日審査や即日融資をできないようになりました。そのため、以前より審査自体に通りにくい状態です。銀行カードローンの審査に通らなかった人は、時間を少しおいてから消費者金融カードローンに申し込んでみるのも良いでしょう。消費者金融のカードローンは申し込みできる条件が銀行カードローンより範囲が広く、審査についても通りやすいからです。カードローンを利用できる銀行も消費者金融会社もいろいろとあるので、自分の収入や希望などに合っているところを選んで申し込むようにしましょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム