審査とも関係アリ!銀行カードローンの保証会社ってどんなもの?

「生活費が足りなくなった」「どうしても欲しいものがある」などの理由で急にお金が必要になったとき、無担保で借金できるカードローンはとても便利です。特に、銀行カードローンは金利が低いので、比較的気軽に利用できるのが魅力です。名の知れた銀行が運営しているという安心感も大きいでしょう。ところが、いざ銀行系カードローンを利用しようとすると、説明や注意書きなどに「当行および保証会社が審査を行います」という記述があることに気づきます。保証会社とはどんなものなのでしょうか。気になりますよね。この記事では、保証会社の役割や審査との関係について、わかりやすく解説していきます。

銀行カードローンには必ず保証会社がある!その役割とは

銀行カードローンには、必ず保証会社が付いています。保証会社とは、カードローンを利用している人が借金を返済できなくなったときに、その人に代わって銀行にお金を弁済する会社のことです。かつて、銀行がお金を貸すときは、返してもらえなくなる事態に備えて保証人や担保を設定するのが普通でした。ところが、個人を対象にした少額の貸し付けサービスであるカードローンには、保証人や担保がいりません。その代わりに、保証会社が「利用者の保証人」のような役割を果たしているのです。

どうして銀行カードローンは保証会社を使うの?

保証人や担保なしで貸し付けを行うカードローンは、銀行にとってはリスクの高いサービスです。銀行は、利用者から回収した利息の一部を保証金として保証会社に支払っています。利用者が返済できなくなって貸し倒れが発生したときは、利用者に代わって保証会社が弁済することでリスクをなくしているのです。この仕組みは、銀行と保証会社の双方にメリットをもたらします。

もともと、大口融資をメインに手掛けていた銀行には、個人を対象とした小口融資のノウハウがありませんでした。しかし、時代の変化によって、大口融資だけでなく小口融資にもサービスを拡張する必要が出てきたのです。銀行の狙いは、小口融資のスキルを持つ消費者金融や信販会社と提携して、小口融資のノウハウを吸収することでした。

一方、2010年に貸金業法が完全施行され、金利上限や総量規制などに関するルールが強化されたことで、消費者金融や信販会社の運営は厳しさを増しました。「なにやら怖いもの」というイメージを払拭してイメージアップを図るために、信頼性や安心感の高い銀行と結びつく方針を採るようになります。こうして、両者の思惑が一致し、債権回収などにノウハウのある消費者金融や信販会社が銀行の保証会社を務める仕組みができたのです。

銀行カードローンは保証会社で選ぼう!

銀行カードローンで利用者の返済が滞ると、代わって保証会社が弁済しなくてはなりません。できるだけ弁済を防ぐため、審査は個人向け融資の実績がある保証会社が自ら行っています。銀行も審査を行いますが、あくまでも確認作業などの補助的なものであり、メインは保証会社の審査です。そのため、すでに利用している消費者金融が保証会社になっている場合は、審査基準が同じなので審査に通る可能性が高まります。逆に、過去に審査で落ちた消費者金融が保証会社になっていると、審査のハードルが上がるでしょう。銀行カードローンを選ぶときは、保証会社がどこなのかをチェックすることが重要です。

代位弁済ってなに?保証会社が弁済したら借金はなくなる?

銀行にお金を返せなくなったら保証会社が代わりに弁済してくれるからといって、借金自体がなくなるわけではありません。お金を貸している会社が、銀行から保証会社に変わっただけです。利用者(債務者)の代わりに保証会社が、銀行(債権者)に債務の弁済を行うことを「代位弁済」といいます。代位弁済が行われると、債務者に借金を返済してもらう権利が保証会社に移り、債権回収のための取り立て業務も保証会社が担うことになります。つまり、お金は銀行ではなく、保証会社に返済していかなくてはなりません。そのため、銀行に返済できなくなった時点で、保証会社である消費者金融や信販会社から督促が届くようになるのです。その場合、分割の返済は認められず一括返済を求められますので注意が必要です。

銀行カードローンの保証会社をチェック!

ここでは、主な銀行カードローンの保証会社を見ていきましょう。インターネット専用である「じぶん銀行」の保証会社を担当するのは「アコム株式会社」です。消費者金融の「アコム株式会社」は「じぶん銀行」以外にもさまざまな銀行の保証会社を務めています。

一方「オリックス銀行」の保証会社は「オリックス・クレジット株式会社」および「新生フィナンシャル株式会社」です。保証会社が複数あるということは、審査が複数の保証会社で行われることを意味します。すなわち「オリックス銀行」のカードローンに申し込むと「オリックス・クレジット株式会社」と「新生フィナンシャル株式会社」の両方が、それぞれ審査に当たるのです。どちらか一社でも審査に通れば、融資を受けられます。これは、利用者にとって大きな魅力です。「オリックス銀行」のほかにも、複数の保証会社を持つケースがみられます。審査に不安がある人は、保証会社が複数ある銀行カードローンを狙うのもひとつの手です。

審査が厳しい?銀行カードローンの審査に落ちるワケとは!

銀行カードローンの魅力は、信頼性が高く、消費者金融に比べて金利が低いことにあります。ただし、その分だけ審査が厳しめです。審査に落ちる原因としては、どんなことが考えられるのでしょうか。ポイントは4つあります。まずは、「安定した年収があるかどうか」が最初の関門です。加えて「ほかに借金があるかどうか」や「個人信用情報に問題がないかどうか」も必ずチェックされます。さらに「年収に比べて希望限度額が高すぎないか」も重要なポイントです。一つひとつ見ていきましょう。

1つ目のポイントは、安定した収入です。そもそも、安定した年収がない場合は、銀行カードローンの審査に申し込む資格を満たさない場合がほとんどです。収入があったとしても不定期なものは対象外です。最も重要なのは収入の大きさではなく、毎月定期的に収入があるかどうかです。最も信頼性が高いのは公務員や会社員で、個人事業主や自営業の場合は審査で不利になりがちです。しかし、収入が少ないパートやアルバイトであっても「安定した収入がある」と判断されるケースも珍しくありません。

2つ目と3つ目のポイントは、他の借金の有無と個人信用情報の問題です。保証会社はカードローンの申し込みを受けると、個人信用情報機関が保有する個人信用情報を参照します。個人信用情報に問題があることを「ブラックリストに載る」などと表現します。滞納を繰り返したり債務整理したりすると、それが個人信用情報に記録されることがあり、一定期間は消えることがありません。これがブラックリストに載った状態です。携帯電話関係の返済を軽く考えて、ブラックリスト入りする人が増えているため注意が必要です。過去に滞納などによる金融事故や代位弁済を起こしている場合は、5年程度はブラックリストに記録が残ると考えておくと良いでしょう。

個人信用情報では、過去の返済状況だけでなく、現在の借り入れ状況も確認できます。すでに、ほかから借金をしている人はお金に困っていると考えられます。貸し倒れのリスクが高いと判断され、審査でマイナスイメージを持たれやすくなるのです。特に、3社以上からの借り入れがある場合は、審査で大きなマイナス要因になるため、少額の借金を完済するなどの努力が求められるでしょう。

4つ目のポイントは、年収に比べて高い希望金額です。そもそも、消費者金融からの借金には総量規制があり、年収の3分の1以上のお金を借りることができません。一方、銀行には総量規制がありません。しかし、年収に対して希望限度額が高すぎると、貸し倒れの確率が高まります。そのため、保証会社は慎重にならざるを得ないのです。また、社会のニーズに合わせて銀行カードローンでも、総量規制の自主規制が行われるようになっています。そのため、事実上は総量規制が敷かれていると考えたほうが無難です。銀行カードローンで審査に落ちてしまったら、4つのポイントについて再考してみましょう。改善できることがあれば、問題を解消していくことが大切です。しかし、どうしても改善が見込めないという場合は、審査の緩めな消費者金融に申し込んでみるか、しばらく期間を置いてから再申請してみると良いでしょう。個人信用情報の記録が消えて、信用が回復している可能性があるためです。

銀行カードローンの保証会社は保証人の代わりだった!

これまで見てきたように、銀行カードローンの保証会社は、保証人の代わりとしての役割を担っています。利用者の返済が滞ったときに、利用者に代わって銀行に弁済しているのです。また、保証会社はカードローンの審査も行っています。保証会社はそれぞれ独自の審査基準を持っていて、なかには比較的審査の緩めな保証会社も見られます。そのため、銀行カードローンを選ぶときには「保証会社がどこなのか」は見逃せない情報です。カードローンの説明や注意書きなどには、保証会社が明記されているので必ず確認しましょう。

銀行カードローンは、2018年1月から即日審査と即日融資を停止することになりました。この事実は、各方面に大きな影響を及ぼしそうです。その背景には、世界的なマネーロンダリングに対する規制強化の動きがあります。銀行が反社会的勢力に融資を行うことを防ぐため、警察庁のデータベースに照会する手続きが、銀行の融資審査に組み込まれることになったのです。必要な手続きが増えることで、スピーディーな融資を受けるのが難しくなるでしょう。ただし、判断の基準や前科の有無による影響などについては明らかになっていません。

「すぐにお金が必要だ」というケースでは、銀行カードローンではなく、消費者金融のほうが便利です。逆に、時間はかかっても金利の低さを重視するなら銀行カードローンが有利です。今後の動向に注意しながら、目的に合わせて賢く使い分けたいものですね。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング