ページ
上部へ

カードローンの返済期間は自動更新!期間まで返せなかったらどうなる?

  • カードローンの返済期間は、各カード会社が独自に設定しているため、それぞれで異なります。返済状況に問題がなければ返済期間は基本的に自動更新となるので、さほど気にする必要はありません。返済期間は完済のリミットではないのです。大切なのは、延滞しないことです。借り入れをした時点で決定した返済期間を目安に、毎月の支払い計画を立てておくと良いでしょう。
  • この記事では、カードローンの返済期間や早めに返済する方法、期間までに返済できなかった場合どうなるのかについて解説します。

いつまで完済すればいいの?カードローンの返済期間について知ろう!

  • カードローンの契約をすると、返済期間が決められますよね。消費者金融カードローンの場合は、返済期間が6年以上に設定されていることがほとんどです。一方、銀行カードローンでは、1年になっているところも少なくありません。6年ならまだしも、1年以内に完済するのは難しいと考える人もいるのではないでしょうか。ところが、この返済期間とは、正確には契約期間とでもいうべきもので、完済のリミットではありません。すなわち「この期間が過ぎたら再度審査を行って契約を見直しますよ」という意味になります。
  • 延滞や遅延を繰り返すなどの問題がない限りは、カードローンの返済期間は自動更新されるのが普通です。そのため、きちんと返済している人なら返済期間をそれほど気にする必要はないのです。特に、銀行カードローンの返済期間は短いので、この期間内に完済できないケースも珍しくありません。

追加で借り入れたら返済期間はどうなる?

  • カードローンの契約では、借り入れ限度額が設定されたタイミングで返済期間が決まります。限度額の範囲内でなら、何度追加で借り入れをしても返済期間が延びることはありません。そもそも、カードローンは、借入限度額までなら何度でもお金が借りられるというサービスです。借り入れ限度額から借入残高を差し引いたとき、金額が残っているならその範囲で自由に借りることができるのです。たとえば、借り入れ上限額が50万円だったとします。50万円借りたあと、返済して借入残高が30万円まで減った場合、50万円-30万円=20万円までなら追加で借りられます。限度額までの借り入れで返済期間が延びることはないのです。
  • ところが、借り入れ限度額の上限を上げるための増額申請をした場合は別です。50万円では足りなくなって「70万円まで借りられるようにしたい」という場合がこれにあたります。もしも、この増額申請が認められると、その時点で返済期間が延長になることがあります。

毎月の返済日はどんなふうに決まるの?

  • カードローンを利用したいと思うのは、急にお金が必要になった場合がほとんどでしょう。そのため、返済についてはあまり検討しないまま契約してしまう人も珍しくありません。カードローンには、どんな返済方法があるのでしょうか。カードローンの返済日は、カード会社が独自に決めるものなので、それぞれで異なります。複数の選択肢から任意の日を選べ たり、自分で好きな日を設定したりできる会社もありますが、毎月1回決められている返済日以外は選択できない会社もあります。
  • どんなカードローンでも、返済方法には通常「約定返済」と「随時返済」の2種類があります。約定(やくじょう)とは「契約で決めた」という意味です。つまり「約定返済」とは、契約で取り決めた日である「約定返済日」に、契約で取り決められた金額「約定返済額」を返済することを指します。もしも、契約で「毎月15日までに最低でも5,000円ずつ返してね」と契約していたとすれば、15日が「約定返済日」となり、5,000円が「約定返済額」となるのです。カードローンの返済方法はリボルビング払いが一般的で、最低返済金額(ミニマムペイメント)が定められています。つまり、この最低返済金額が「約定返済額」に該当すると考えて良いでしょう。実際にお金を返済する方法としては、専用ATMや提携ATMから返済するやり方や、口座引落とし・銀行振込みが使えます。カードローンによっては、ネットバンキングに対応しているケースもあります。
  • 一方の「随時返済」とは、毎月の返済とは別に、任意の金額を繰上げ返済することを意味します。「ボーナスが出たから5万円追加で返済する」といったケースです。カードローンのリボルビング払いは、毎月の返済額が一定なので負担は軽く感じますが、最低返済金額しか払い続けないのでなかなか元本が減らない仕組みです。そのため「随時返済」を積極的に活用して、できるだけ短期間に完済する努力が求められます。

延滞したらどうなる?カード会社の対応とは!

  • それでは、毎月の「約定返済日」に支払いが間に合わず、延滞してしまったときはどうなるのでしょうか。すぐにブラックリストに載ってしまうのか、気になるところですよね。もしも、「約定返済日」に支払いが確認できないと、カードローン会社はいくつかのステップを踏んで対応に当たります。
  • 直ちに発生するのが「遅延損害金」です。支払いが1日でも遅れたら「約定返済日」の翌日から迷惑料として高い利息が通常の利息に上乗せされるのです。「遅延損害金」は、借入額(元金)×遅延損害金年率 ÷365日 × 延滞日数の式で求めます。遅延損害金年率の上限は、利息制限法で20%と決められています。 そのため、ほとんどのカードローンでは20%に近い金利を採用しているのです。50万円借りている場合で10日遅れてしまった場合の「遅延損害金」は、遅延損害金年率が20%だったとすれば、50万円×20%÷365×10日=約2,740円です。たった10日遅れただけで、これだけのお金を余計に支払わなくてはなりません。
  • 「約定返済日」に支払いが確認できないと、カード会社はハガキや電話、メールなどで連絡を取ろうとします。まずは、個人の携帯電話や自宅の電話などに連絡が来ます。それでコンタクトが取れない場合は、手紙や督促状が届くようになります。カードローンの契約内容には、支払いが遅れたら一括返済を請求できる項目が含まれているのが一般です。そのため、悪質な場合はこの時点で一括返済を求められる可能性も十分にあるのです。ただし、テレビドラマのような厳しい取り立てが行われることはあまりなく、すぐに裁判所に訴えるケースが増えています。裁判になれば、裁判所に呼ばれたり、自宅や給与が差し押さえられたりするおそれも出てきます。
  • では、気になるブラックリストはどうなるのでしょうか。個人信用情報においては、数日程度の遅れを「遅延」と呼んでいます。一方、61日以上または3カ月以上の遅れは「延滞」となり、ブラックリスト扱いとなるのです。また、たとえ短期間の遅れでも、何度も繰り返すとブラックリストに載ることがあります。1日程度の遅れですぐにブラックリストに載ることはまずありませんが、遅れに気づいたらすぐにカード会社に連絡を入れることが重要です。

返済期間を延長できる?

  • 約定返済日までにどうしても支払いができない場合は、できるだけ早くカードローン会社に連絡して支払いの意思があることを伝えるのが大切です。事情を話すことで、返済期間を延長してもらえる可能性もあります。しかし、返済期間の延長はあくまでも特別な措置で、カード会社や利用者の状況によって対応が分かれるのが一般的です。必ず延長してもらえるとは限らないのです。たとえ、延長してもらえたとしても1カ月程度と考えて良いでしょう。また、約定返済日の変更に応じてくれるカード会社は多くありません。
  • せっかく、返済期間を延長してもらったのに、再度延滞を起こした場合はただちに金融事故扱いになる可能性が高いでしょう。延滞や滞納でブラックリスト入りすると、5年間は記録が消えないと考える必要があります。このあいだは、新規にカードローンやクレジットカードを契約したり、住宅ローンを組んだりすることができなくなってしまうのです。返済期間を延長した場合は、特に忘れることなく返済することが大切です。
  • また、どんな場合であっても、返済するまでは毎日遅延損害金が発生することに注意しましょう。返済期間が延びたからといって期日まで待つのではなく、できる限り早く返済するよう心掛けたいものです。

カードローンの完済を早めたい!どんな選択肢があるの?

  • カードローンが多く採用しているリボルビング払いは、借入期間が長くなるほど支払う利息も多くなる仕組みです。リボルビング払いには「残高スライド定額返済方式」や「定率リボルビング方式」などのさまざまな方法や名称があり、混乱する人も多いことでしょう。これらの方式は、厳密にみれば多少仕組みが異なっていたとしても、支払い総額に大きな違いはありません。しかし、最低返済額だけを払っていると、元本がいつまでも減らないのはどの方式でも同じです。カードローンの完済を早めるためには、お金に余裕のあるときに積極的に随時返済を利用して繰り上げ返済し、借入期間を短くすることが大切です。ただし、随時返済を行ったとしても、約定返済日には決められた額を返済しなければなりません。随時返済でお金を多く返しすぎて「約定返済日に返済するお金がなくなった」ということがないようにしましょう。
  • さらに、一括返済できるならそれに越したことはありませんが、生活に支障が出るような一括返済はNGです。生活費が不足して、再び借金する事態になれば本末転倒です。

カードローンで延滞は禁物!返済期間内に返済しよう!

  • カードローンには返済期間が設定されています。基本的には、返済期間内に完済することが求められます。しかし、銀行カードローンの返済期間は短めなので、期間内に完済できずに契約を更新して返済を続けるケースも少なくありません。返済状況に問題がなければ自動更新されるのが一般的です。返済期間は、完済リミットではありません。返済期間が満了すると再審査が実施され、問題がなければ継続して利用や返済ができます。
  • しかし、問題があると契約終了となって、追加融資を受けることができなくなります。つまり、契約が切れたあとも完済までひたすら返済していくことになるのです。借入残高があるのに契約終了となるのは避けたいところです。そのため、毎月の約定返済日までには、確実に返済するよう心がけましょう。もしも、約定返済日までに返済できなかった場合は、すぐにカード会社へ連絡することが何よりも大切です。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム