ページ
上部へ

カードローンの利用可能枠を増額するには?審査に通る条件は延滞がないこと!

  • カードローンは利用者の信用度に応じて利用限度額が設定されています。この金額は主に申込時の収入や他社での借入状況、職業の安定性などの条件によって決定されるものです。申込時より収入が増えた場合や、何らかの事情で追加の借り入れが必要になったときなど、利用限度額を増額したいと思うときもあるでしょう。利用限度額を増やすには貸金業者 (消費者金融、クレジット会社等)・金融機関による審査が必要です。この記事では、その審査基準や増額できなかった場合の対処法などを解説します。

新しくカードを増やすより今の利用限度額を増額するほうがお得な理由

  • すでにカードローンを利用している人が借り入れを増やす場合、新しいカードを発行するよりも、今あるカードの利用枠を増額する方がお得とされています。理由の1つ目は金利が低くなること、2つ目は審査期間が短くなることです。カードローンのルールでは、借入金額が大きいほど低い金利が適用されます。一般の商品でいう「まとめ買い割引」に近い感覚です。多額の借り入れをして多くの利息を払ってくれる利用者を、貸金業者や銀行は低い金利で優遇します。一方、複数の業者や銀行から借り入れをすると、借入金額が分散してしまいます。借り入れ総額が高いにもかかわらず、それぞれの業者や銀行で借りている金額が少額なため、高い金利が適用されるわけです。このため、新しいカードローンを利用して追加の借り入れをすると不利になります。
  • 審査期間については、新規契約よりも今利用しているカードローンを増額するほうが短くなります。新しいカードローンの審査に申し込む場合と違い、すでに審査作業の大部分が終わっているからです。年収や職業の審査などの基本的な内容に加え、個人信用情報の照会や本人確認書類の確認など、あらゆる審査がすでに完了しています。追加で行う審査は主に「収入が増加しているか」「これまでの利用実績に問題はないか」という点です。審査する内容が少ないため、増額のほうが結果も早く出るのです。

カードローンの増額審査の内容は?収入証明書の提出が必要

  • カードローンの利用限度額を増やすためには、増額審査に申し込む必要があります。審査の内容は貸金業者や銀行によって異なりますが、収入証明書の提出が必要になることが多いものです。会社員やアルバイトなどの給与所得者の場合は、主に源泉徴収票や毎月の給与明細書を提出します。個人事業主などの事業所得者の場合は、確定申告書や課税証明書を提出することが多いです。どんな書類であろうと、公的に収入が証明される書類であれば提出できます。無事に審査を通過したら利用限度額が増やされ、増額分の借り入れを追加ですることが可能です。収入証明書の提出が不要なケースは、そのカードローンの利用限度額が50万円以下だった場合です。貸金業法は「その貸金業者1社での貸し付けが50万円 を超える貸し付けを行う場合、あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸し付けを行う場合には、貸金業者は利用者に収入証明書を提出させなければいけない」と定めています。逆に言えば、その貸金業者が貸し付けている金額が50万円以下ならあるいは他の貸金業者を含めて貸付金額が100万円以下なら「収入証明書を確認しなくていい」ということなのです。そのため、貸金業者の判断によって「収入証明書を提出しなくても増額審査に通る」ということがあります。こうしたケースもあるものの、あくまで一部の消費者金融のみで見られるやり方です。どのカードローンでも増額審査では基本的に収入証明書が必要になるので、申し込み前に手元に用意するようにしてください。

増額審査の合否は収入額がカギ!年収は増えていないとダメ?

  • カードローンの増額審査では、収入額が特に重要な要素となります。転職は大きな変化ですが、カードローンの利用者は転職した時点でそれを業者や銀行に報告しなければいけません。住所変更などその他の情報についても同じです。このため、増額審査のときに新たに業者や銀行に伝わる情報はほとんどありません。最も頻繁に変わるのは他社での借入状況ですが、これはマイナスに働くことはあっても、プラスに働くことは少ないと言えます。「他社での借り入れが大幅に減っていたらプラスに働く」と思うかもしれません。しかし、他社での借り入れを減らすだけの余裕があったら、その利用者は追加の借り入れをしないでしょう。借り入れをするにしても、その他社から借り入ればいいのです。このような理由から、増額を希望する時点で利用者の他社借入状況は改善されていないことがほとんどと言えます。
  • これに対し、収入は1年経過すれば増えることが多いものです。収入額が増額審査に最も影響するのは、このような理由からです。増額審査で最も重要な要素である収入額ですが、増加している方が審査で有利になります。ただ、どれだけ増額できても利用枠の上限は「年収の3分の1まで」です。貸金業者からの借り入れでは、貸金業法の総量規制というルールが適用されます。総量規制とは「その利用者の年収の3分の1以上の金額を貸し付けてはいけない」というルールです。銀行カードローンについては、これまではこの規制がありませんでした。しかし、2017年に過剰融資への批判を受けて、自主的に 「年収の3分の1」の上限を設ける銀行が多くなっています。

延滞履歴があると増額審査に通らない?支払いが遅れそうなときの対処法

  • 増額審査では、そのカードローンでの返済実績も重要です。毎月遅れずに返済していた利用者は審査に通りやすくなり、延滞の履歴がある利用者は審査に落ちやすくなります。延滞は1回でもしたら増額できないということではありません。しかし、1回も延滞しなかった利用者のほうが確実に有利になります。カードローンの返済で遅れないというのは人間として基本的なルールですが、時には事情があって支払いが厳しいときもあるでしょう。そのようなときは、事前に連絡すれば「利息だけの支払いにしてもらう」「返済日を先延ばしにしてもらう」などの対策も取れます。増額審査も含めて、後々のあらゆる場面で不利にならないよう、支払いが遅れそうな時は早めに対処するようにしてください。
  • 一度でも延滞した場合、増額を申請するまでには最低でも数カ月の期間を空けるようにしましょう。延滞したすぐあとに増額申請をすると、貸金業者や銀行からの信用度を落とすことにつながります。「金銭感覚に問題がある」と判断され、何も申請しなかったときよりも不利になるものです。これはカードローンの増額申請に限ったことではなく、社会人の一般的な常識とも言えるため、それほど難しいルールではないでしょう。

カードローンの増額申請ができるのはいつから?最初の1年は申し込めない?

  • カードローンの増額を申請できるのは「最初の契約から1年以上経過してから」というのが原則です。多くの貸金業者や銀行が、このようなルールで増額に対応しています。しかし、一部の消費者金融はもっと早く増額することも可能です。半年ほど経過した時点で、収入や他社借入状況、返済状況などの条件がすべて良ければ、1回目の増額をできることもあります。特に年度をまたいで収入が増加したときや、ボーナスなどで借入残高の大部分を返済できた場合などは、利用期間が短くても増額審査で有利になるものです。
  • このように、増額申請ができるようになるタイミングは人それぞれですが、基本的には「1年以上の利用実績が必要」と言えます。増額審査で落ちてしまったら、再度申し込む時期は「少なくとも半年以上経過してから」にしましょう。これは増額審査だけではなく、新規の審査への申し込みでも共通です。新しいカードローンの審査に申し込んで落ちたときは、次に申し込むまでには「半年以上の期間を空けるべき」と、カードローンやクレジットカードの専門家も指摘しています。

増額審査に落ちたら他社のカードローンも検討しよう!消費者金融と銀行、どっちがおすすめ?

  • 増額の審査は必ず通るとは限りません。もし審査に落ちてしまったら、他社のカードローンを新たに申し込むことも考えましょう。できるだけ低金利で借りたいという場合は、銀行カードローンを選ぶべきです。しかし、銀行カードローンは金利が低い分審査が厳しく、ここでも落ちてしまう可能性があります。追加の借り入れがどうしても必要な場面であれば、審査に通る確率を上げるために、消費者金融のカードローンに申し込む方がいいでしょう。
  • 消費者金融は銀行より審査に通る確率が高くなるだけでなく、審査のスピードも速くなっています。このため「急ぎでお金が必要」という場面では特に有利になるものです。その分だけ銀行カードローンより金利が高くなるため、利用前に返済シミュレーションを万全にする必要があります。銀行カードローンについては、すべてが低金利で審査が厳しいというわけではありません。なかには上限金利が消費者金融に近い水準の銀行カードローンもあります。このような銀行カードローンは、通常よりも審査に通りやすいものです。「高金利で審査も厳しい」となれば誰も借りたがらないので、「金利が高ければその分審査に通りやすくなる」というのは、自然なことだといえます。このように銀行カードローンの審査の難易度もさまざまですが、自分の信用度を考慮しながら、できるだけ低金利な銀行カードローンを選ぶといいでしょう。
  • なお、利息で比較する場合、最初の1カ月は銀行カードローンよりも消費者金融のほうが有利になります。プロミスでは「初回30日間無利息」、アコムでは「最大30日間金利0円サービス」と銘打った無利息サービスを提供しているためです。銀行カードローンではこのような無利息サービスを提供しているところはほとんどありません。そのため、最初の1カ月~2カ月の利息は、プロミスアコムで借り入れする方が少額になるのです。通常は新規のカードローンに申し込むより増額する方が低金利になります。しかし、1カ月~2カ月の短期で完済できなら「あえて新規のカードローンに申し込む選択肢もある」ということです。

増額ができれば資金繰りも余裕!でも返済計画はしっかり!

  • カードローンの増額に成功すると、それまでの利用可能枠に余裕ができ、生活の資金繰りも楽になります。しかし、あくまで「借金」であることは意識しましょう。増額によって借入残高が増えたら、その後の返済にかかる負担も増えたということです。増額をし続けて返済できない金額まで借り入れが増えてしまい、多重債務状態に陥る人は多くいます。そのようにならないためにも、増額審査に申し込む前に、返済計画はしっかり立てるようにしましょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム