ページ
上部へ

学生でも収入次第でカードローンが利用できる!その方法と注意点とは

  • 大学や専門学校で勉学に励む学生には、急な出費がかさんでしまい、生活費の捻出がままならないこともありますよね。「あと数万円お金が足りない」というときに「どこかから借りられないかな?」と思い浮かぶ人もいることでしょう。このような緊急事態を救ってくれるのが「カードローン」です。カードローンは、安定した収入があれば学生でも利用することができるのです。学生が安心してカードローンを利用するために、審査や借入額、返済についての注意点も含めて解説します。

カードローンって親の同意は必要ないの?

  • カードローンを初めて利用するときには、必ず申し込みと審査があります。基本的に利用時の審査では「この人は返済が可能か」を判断していますので、とても重要なものです。この申し込み時に保護者の同意が必要な場合は、親に内緒で借り入れすることは不可能と言えるでしょう。「誰にも知られずに借りたい」という人にとっては、最も懸念するポイントになりますよね。実際に学生が申し込むときに、保護者の同意が必要かどうかは利用申し込みをする会社によって異なります。では、最初にどのような違いがあるのかを説明しましょう。
  • 1つ目は「申込者本人に返済能力があり親の同意が不要」という場合です。この場合は、自身の身分証明書があれば、保護者の同意は必要ありません。秘密裏に利用したい人は、このような条件の会社を選択しましょう。
  • 2つ目は「申込者本人に返済能力があり、さらに親の同意が必要」という場合です。親の同意を得て利用するのであれば、特に問題なく申し込むことが可能です。その反面、同意を得られない人は利用できないということになります。
  • 3つ目は「親の同意があっても申し込みができない」という場合です。このようなカードローン会社は、そもそも学生の利用が不可となっています。返済ができるかどうか、親の同意があるかどうかに関わらず、借り入れの対象に「学生」が含まれていません。

学生が知っておきたいカードローンの限度額

  • 学生は「学業が本分」であり、授業のない時間帯や休日にしか働くことができません。ですから、どんなにがんばってアルバイトをしても、働ける時間や日数に制限があります。安定した収入を得られていても、毎日働いている社会人に比べると年収ははるかに劣りますよね。この年収の差と併せて、社会人と学生では「社会的信用度」が異なります。
  • 審査をする側としては、収入の安定性や仕事の勤続年数、過去の融資に対する返済履歴が重要な審査基準なのです。これらが信用情報となり、カードローン会社のあいだで開示されて借入額の上限が決められます。そのため、社会人よりも信用度の低い学生は、限度額も低く設定されることになります。
  • また、一般的に「借入額は年収の3分の1が限度額」と法律で定められています。具体的な数字で表すと、年収300万円の場合の借入限度額は100万ですが、年収120万円の場合は40万円ということになります。これは、社会人であっても、学生であっても変わらない「総量規制」という法律です。無理な借り入れをして返済ができないという状況を避けるための借入制限と言えるでしょう。アルバイトで得ている収入額によっては希望するだけの金額を借りられない点には注意しましょう。
  • そして、一人暮らしの学生よりも実家暮らしの学生のほうが、限度額が高くなる場合があります。その理由としては「親に返済能力がある」「本人の収入による返済が見込める」というように、信用を得られることが挙げられるでしょう。実家暮らしの場合、いざとなったら親が代わりに返済することができると判断される傾向にあります。さらに、生活費を親が負担することで、本人の収入を返済に充てられると見込むことができるのです。反対に一人暮らしでは、近くに頼れる親類がいないのでは?と思われてしまうこともありえます。また、生活費により返済が滞る可能性が高いという点で、審査に影響することも考えられるでしょう。

学生だけど未成年!カードローンの利用はできる?

  • 大手消費者金融や銀行が融資するカードローンは、利用年齢が満20歳以上からとなります。未成年者は、親の同意があっても借り入れ自体が困難と言えるでしょう。どうしても借り入れが必要な人は、親から援助してもらうほか、親自身にカードローンを組んでもらうなどで対処するようにしましょう。
  • とはいえ、なかには未成年でも利用可能なローンもあります。これは、カードローンではなく、学生を対象にした学生ローンや 教育ローンです。学生ローンは用途に限らず、一定額の借り入れが可能です。教育ローンは、学校に必要な授業料などが対象ですので、急な借り入れには対応していません。
  • 未成年でも利用できる学生ローンの場合にも、安定したアルバイト収入は必須です。また、親の同意や、別世帯の保証人などが必要になることやカードローンと比べて金利も高くなっていますので 注意しましょう。

安易に利用する前に、用途と必要性を考えて!

  • カードローンの多くは、最初の審査に通ってしまえば気軽に何度でも借り入れができるようになります。もちろん、借りたお金は利息とともに、きちんと返済していることが最低条件です。しかし、一度借りることができると「借りる」ことに対する意識が下がってしまう人は少なくありません。お金を借りるということは「借金を背負う」ということです。「返すから大丈夫」と安易に借りてしまうのは、決してよいとは言えません。
  • 本来ならば、自身が得られる収入のなかで生活していくことが理想ですよね。これは、学生に限らず、社会人にも言えることです。収入以上のお金が継続的に必要になった場合、返済できないというケースもあるでしょう。返済日に返せないことを「遅延」と言い、利息とは別に「遅延損害金」が発生します。これによって返済額も増えてしまいますし、信用情報に傷がつく可能性も考えられます。一度、傷のついた信用は、そう簡単に回復できません。将来、マイカーローンや住宅ローンを検討したときに、審査が通らないこともありえるのです。どうしても、やむを得ない事情がある場合に最後に頼るところがカードローン会社という意識を持っておきましょう。
  • 借り入れをする前には「本当に必要な借り入れなのか?」、その用途と必要性を今一度しっかりと考えることが大切です。カードローンは「裕福な生活のために利用するものではない」という認識のうえで計画的に利用しましょう。

学生が利用しやすいカードローンを選ぶポイントは?

  • 学生がカードローンを利用するのであれば、まずは「大手」のカードローン会社を選ぶことが大切です。いわゆる闇金などは取り立てが厳しく、法外な金利を取るところも少なくありません。個人情報の悪用や、事件に巻き込まれることもないとは言い切れないのが現状です。また、親やアルバイト先、友人などの周りの人に、被害がおよぶ可能性も十分に考えられます。ですから、大企業が母体となっている消費者金融や、信頼のできる銀行など、大手と呼ばれるところを優先的に探すようにしましょう。そして、借り入れる金額や期間によって、消費者金融カードローンと銀行カードローンを上手に使い分けることが重要です。短期間で返済できる場合には、一定期間の無利息制度があるカードローンを利用します。無利息なので金利に関わらず、借りた金額以上に返済する必要がありません。
  • 反対に、返済に長期間を要する場合は、低金利で借り入れできる銀行カードローンがおすすめです。金利が急に上がる心配もなく、無理のない一定金額での返済が可能になります。

カードローンは無理のない金額で計画的に!

  • カードローンは、条件を満たせば誰でも利用することができる「生活の救世主」とも言えるものです。安定した収入を得ている人であれば、学生でも利用することができます。しかし、あくまでも「緊急時にサポートしてくれる存在」だという認識が必要です。
  • 学業が本分の学生としては、ひと月に何十万円という収入を得ることは難しいでしょう。自分が働ける時間や、得られる収入を把握することで「正しい金銭感覚」を身につけることができます。なるべくなら、収入内で生活することを第一に考え、時には節約や我慢もしなくてはいけません。
  • そのうえで、カードローンを計画的に利用することが大切です。カードローンを適切に利用するために「現状で必要な金額」と「返せる金額・期間」を計算しましょう。このときに、ギリギリの金額や期間で計算しないことを忘れてはいけません。予定外の出費があっても大丈夫と言える、無理のない返済プランで考えてください。自分が余裕をもって返済できる範囲内で利用できれば、カードローンはとても便利で心強い味方です。だからこそ、お金を借りるということは借金であり、借金には利息がつき、借りたお金は延滞せずにきちんと全額返すという意識が大切です。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム