ページ
上部へ

デメリットを知っていれば 心配無用!カードローンを便利に利用するには!

  • カードローンは使い道に関わらず、無担保かつ簡単な手続きで現金が借りられる便利なサービスです。しかし、さまざまなデメリットも知ったうえで利用しないと、返済が苦しく完済までに長期化し、金利ばかりを払い続けるといった事態にもなりかねません。そのため、できるだけリスクを抑えて賢く利用する術を身につけることが大切です。そこで、この記事ではカードローンのデメリットや利用の際の注意点を挙げて紹介します。さらに、できるだけリスクを少なくして利用するにはどうすべきかについても解説していきます。

金利の高いカードローンは複数の会社の金利の比較が必須!

  • カードローンは国が定めた貸金業法に則り、銀行や貸金業者が顧客に現金の貸付を行っています。監督官庁である金融庁に届け出て正式に認められた金融機関や貸金業者が扱う正式な商品です。一方で、多重債務や過払い金などのネガティブイメージがあることも事実です。実際、同じ商品名のカードローンとはいえ、取り扱う金融機関や貸金業者により、サービス内容や金利にはかなりの違いがあります。たとえば、銀行と消費者金融 のカードローンの金利では明らかな差が見られます。また、会社ごとにも金利や借り入れできる上限額、借り入れできるまでの時間などに違いがありますので、複数の会社を比較して検討することが大切です。自分の借りたい金額に対する金利をよく比較して、無理のないペースで返済計画を立てる必要があります。
  • カードローンは、事業で使う以外の目的なら使い道は限定されていません。冠婚葬祭の出費が重なり当座の生活資金が足りなくなったためボーナスまでのつなぎで借りたいというときも気軽に借りやすいのがメリットです。しかし、フリーローンであるがゆえに、マイカーローンや住宅ローンなどよりも、かなり金利は高くなってしまいます。現金の利用目的によっては、ほかのローンが利用できないか検討してみましょう。たとえば、資格を取るために専門学校に通いたいというなら教育ローンが使えないか、車を買いたいならマイカーローンが利用できないかを確かめてみることが先決です。
  • カードローンは、ほかの商品よりは金利が高い傾向にありますので、いかに金利を安く借りるかが重要になります。最初から一社に決めずに、必ずほかの金融機関や貸金業者の商品や金利を比較して借入先を選ぶことが大切です。

簡単でスピーディーな手続きが仇に?利便性が高いカードローンの落とし穴

  • カードローンを申し込むと、店頭でも無人型店舗でも簡単にカードが発行されてすぐに現金が手に入れられます。人に頭を下げて借金を申し込むのは心理的負担がありますが、機械相手だと気軽に借りられるようで、借金がクセになってしまうこともあります。その利便性の良さで、キャッシュカードのように感じてしまう人もいますが、あくまでも借金であることの自覚が大切です。ほんの少しお金が足りなくなったからといって、少額の借り入れなら大丈夫だろうと何度も繰り返していると、あっという間に借金は膨らみます。月々の返済額の大半が金利を支払い続けることになってしまいます。少額の借金に対して長い期間をかけて返済することは百害あって一利なしというもの。いつまで経っても借金の残金が減らないため、くれぐれも気をつけましょう。

カードローンの利用履歴は信用情報に影響する?

  • カードローンを申し込む際は、個人信用情報機関での審査を受けることになります。万一過去に、返済の滞納、借金の踏み倒し、多重借り入れなどの金融事故がわかれば借入の申し込みを断られることもあります。いわゆるブラックリストです。しかし、何も金融トラブルがなければ、カードローンの利用自体は信用情報に影響することはまずありません。
  • とはいえ、今後返済期日に返済できないことが重なったり、複数社のカードローンの同時利用が発覚したりすれば、信用情報に傷が付くでしょう。そうなると、ほかの貸金業者で新たなカードローンを申し込んでも、審査で落とされるため借り入れができなくなることが考えられます。借金を返すための借り入れは避けなければならず、まずは借り入れ先に相談することが先決です。いたずらに多くの貸金業者に借金を申し込むのは多重債務となり、本当に必要になったときに、どこからも借り入れができなくなってしまうおそれがあります。

金利の安い銀行カードローンにもデメリットはあった!貸金業法改正でさらなるダメージも!

  • 大手の有名メガバンクといわれる銀行でも、使い道の自由なカードローンを取り扱っています。銀行の店頭や無人店舗などで機械を操作するだけで申し込むことが可能です。また、インターネットから申し込みができるものや、専業主婦や学生でも借りられるところもあり、積極的に顧客を取り込んでいます。
  • 銀行のカードローンは、消費者金融のカードローンと比較すると低金利で借りられるのがメリットです。たとえば、銀行の金利をいくつか紹介しますと4.5%~14.5%、3.5%~14.0%、1.9%~14.5%、2.0%~14.0%などになっていて、それぞれの小さい数字を最低金利、大きい数字を最高金利といいます。つまり、銀行で借りられる金額が高額なほど金利が低くなります。銀行から信用があり高額を借り入れ可能と認められた人が、高額の借り入れでも低金利で借りられるという意味です。この数字から、銀行では14%台の金利がかかることがわかります。これは、後述する消費者金融の最高金利より4%前後低い数値になるため有利です。
  • 銀行のカードローンは審査にさえ通ればフリーターや主婦でも利用できるところが多く、消費者金融で借りるよりも安心感を得られると感じる人も多いようです。しかし、申し込み審査の基準が厳しく、審査に時間がかかることが一般的です。また、2018年1月の貸金業法の改正により、銀行のカードローンは即日審査、即日融資ができなくなりました。つまり、急に現金が必要になったときには銀行ではなく消費者金融のカードローンを選ぶということになります。
  • まとまった金額を借り入れる予定で計画的に準備していた人ならあわてずに済みますが、急にお金が必要になり1日や2日でお金を工面する必要があるときはあてにできません。銀行カードローンは金利が安いのは良いのですが、審査に何日かかるのか、審査に通ってすぐに現金が受け取れるのか、この辺が明確でないためデメリットに感じる人もいるでしょう。

金利が高いのがデメリットの消費者金融カードローンは使い方次第でメリットに!

  • 消費者金融カードローンは、金利が高いのがデメリットです。銀行に比べて、3.0%~18.0%のところが多く、ほかには4.5%~17.8%というところも見られます。いずれにしても、銀行よりは金利が高くなっています。銀行は金利の高いほうの数値が約14%であるのに対し、消費者金融の場合は約18%になっています。たとえば、10万円を借り入れて1年で返済する場合は、銀行なら1万4,000円の利息、消費者金融なら1万8,000円の利息がかかることになります。その4,000円の差を大きいと見るか、小さいと見るかは人により異なるでしょう。
  • 消費者金融のカードローンは、銀行よりは申し込み時の審査にかかる時間が短く、審査に通りやすいメリットもあります。消費者金融のサービスの特長として、30日間は無利息で借りられる無利息期間を設けているところも多く、ボーナスや次の給与日までなど短期間だけ借りたい場合は、むしろ銀行のカードローンよりも安く借りることも可能です。
  • また、最大のメリットとして、お金が急に必要になったときに即日の融資が可能であることが挙げられます。有人店舗まで出向かなくても、ATMコーナーなどに併設された無人型店舗などで簡単にカードローンを申し込むことができるのです。会社ごとの営業時間により異なりますが、早いところでは申し込みから30分、多くが即日のうちに現金を手に入れられるでしょう。本当に困ってスピーディーに現金が必要になったときは、消費者金融を選ぶことになります。ほんの一時期だけ現金が必要になって、あとで確実に返済できるというときも、無利息期間の設定がある消費者金融のカードローンのほうが安く借りられるメリットもあります。

デメリットを最小限に抑えてカードローンを賢く利用するコツ

  • 一般的にカードローンは金利が高いことがデメリットといわれますが、利用の仕方次第ではデメリットになる点を最小限に抑えるコツはあります。
  • カードローンは一度借り入れした全額を完済する前に、再度まとまった現金が必要になったときは、追加で借り入れすることが可能です。しかし、そういうことを繰り返していると借金が雪だるま式に増え、返済も長期化して高い金利ばかりを支払い続けることになり、いつまで経っても元金が減りません。この場合は、一時しのぎでギリギリの少額に抑えて借り入れしたため、イレギュラーな出費に対応できなかったことが原因です。
  • 事態が好転するまでにしばらく時間がかかることが見込まれれば、最初から借入金額を多くして金利を安く抑えられる銀行のカードローンを利用しましょう。借りる金額が多くなるほど金利が安くなります。途中で余裕が出てきたら繰り上げ返済などで、なるべく支払う利息を減らす努力をしましょう。また、他社で有利な金利の商品が出てくれば、よりお得になるほうに借り換えることも検討することが大切です。一度借りたら借りっぱなしではなく、他社で金利の低いサービスがないか必要に応じて調べて自分の返済シミュレーションと比較して見直してみましょう。
  • 個人信用情報に傷をつけないために、返済金の延滞や他社のカードローンの同時利用は避けることが賢明です。また、一時的に短期間だけ借りたい場合は、消費者金融カードローンの無利息サービスを利用するのがおすすめです。それなら無利息期間の定めのない銀行のカードローンを利用するよりも安く、審査にかかる時間も短くスピーディーに利用できます。

デメリットだけじゃない!カードローンを理解して賢く利用しよう!

  • カードローンは、資金使途が自由であることや利便性が高いことから、急にお金が必要になったときに利用できる便利なサービスです。しかし、借りたお金を事業資金などに使うことはできません。あくまでも、個人の生活の範囲内で使う資金であることが大前提です。事業で使いたい場合は専用のローンを利用しましょう。ほかにも、住宅のリフォーム、結婚資金などはっきりと用途が決まっている場合は、専用のローンで金利を抑えて借りることができます。それ以外で現金が必要になった場合に限って、使い道の自由なカードローンを考えましょう。そして、デメリットもしっかり理解したうえで、利用することが大切です。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム