ページ
上部へ

知らないと損する!主婦でもキャッシング可能?カードローンの仕組みとは

  • パートで収入が少ない主婦 や専業主婦でもお金を借りることは可能です。しかし、そのためにはいくつかの条件が必要です。そこまで難しい条件ではないので理解すれば安心して融資を受けることができます。今回は、そんなキャッシングの審査基準や専業主婦でもどうすればキャッシングを利用できるのか、主婦におすすめのカードローンについて説明していきます。

主婦でもお金が必要!キャッシングは利用できるの?

  • キャッシングサービスが主婦でも可能なのかを知りたい人は増えています。結論から言えば主婦でも可能です。今では女性でも働くのが当たり前になっていますし、 専業主婦も一つの職業として認められています。そんな主婦でもキャッシングを利用することができますが、いくつか条件によって異なります。パートやアルバイトなど、毎月少額でも一定の収入がある主婦は審査が通りやすいでしょう。審査では、安定した収入も含まれていますので、基準としては十分にお金を借りる条件をクリアしています。しかし、収入が少ないため借りられる上限も少ないのが特徴です。専業主婦でも条件さえクリアしていればキャッシングを利用できます。しかし、残念ながら消費者金融系キャッシングサービスを専業主婦が利用することはできません。なぜなら、年収の3分の1を超える貸し付けができないという総量規制にひっかかるからです。専業主婦の収入は0円ですので無理ですし、パートで働いていても借りる金額は比較的少額になってしまいます。 専業主婦は消費者金融会社と円滑にローンを組むのは難しいため、別のキャッシングサービスを利用した方がメリットは高いでしょう。
  • つぎに専業主婦でも借りられるパターンは、配偶者に一定の収入があり、借入れに対して同意を得られる主婦です。この場合は、配偶者貸付制度が適用できます。配偶者貸付制度は、その名の通り配偶者に収入があることを確認できればお金を借りることが可能です。しかし、それなりに証明する物が多いので手続きが大変な点は頭に入れておきましょう。また、借りられる金額も配偶者の年収によって上限が決まってしまうのも注意が必要です。
  • 上記に挙げた方法だと、専業主婦でキャッシングを利用するのは少々デメリットが目立ってしまいます。しかし、専業主婦で配偶者貸付制度を使わなくても簡単にお金を借りることはできるのです。その方法が、銀行カードローンです。 銀行カードローンは、銀行が銀行法によってお金を貸しているため、他のキャッシングとは法律が異なり、総量規制の対象にはなりません。そのため、銀行の審査が通れば専業主婦でも簡単にお金を借りられます。手続きも本人確認書類を提出するだけで、配偶者の同意書も必要ありません。ただし、銀行のカードローンのキャッシング額にはルールもあります。飲食代・光熱費・交際費・冠婚葬祭など生活の中で急な出費に対応するという考えが前提なので、数十万円と少額の上限が条件です。とはいえ、専業主婦でもしっかりお金は借りられるので、何かあったときには利用できると知識として持っておくと安心なのではないでしょうか。

これさえ知れば大丈夫!カードローンの審査基準とは

  • キャッシングを利用したい人で審査に落ちるのは嫌でしょう。しかし、審査基準を知っておかなければ理由や対策を考えることもできません。そこで、キャッシングの審査基準のポイントを抑えて少しでも審査が通りやすくできるようにしていきましょう。まず、お金を貸す以上、返済能力があるかどうかを確実に見られます。ここが一番重要で、審査基準は信用情報機関で判断するようです。信用情報機関では今までにクレジットカードや銀行のローンなどで未払いや返済の遅れがないかをチェックされます。複数のクレジットカードを使用していて返していない金額がある、返したけれど滞納を繰り返した場合は返済能力が疑われて審査に落ちる原因となるでしょう。しかも、信用情報機関は個人のカード履歴を把握しているため、すべてばれることも忘れてはいけません。必ず借りたお金は期日までに返すことをおすすめします。審査基準は原則本人または配偶者に収入があることが必須条件なのです。そのため、書類確認と属性審査で判断されます。書類確認は、本人確認書類と収入を証明するものが本人のものかをチェックすることです。書類確認に不備があれば当然審査で落とされてしまうでしょう。確実に不備のないようにしてください。
  • つぎに属性審査ですが、収入や家族構成などの個人情報を確かめます。先ほどの返済能力に少し関わってきますが、家族内でどれだけ収入があるのかを問われる部分です。配偶者に収入さえあれば、ここでの審査は大丈夫なので正確に記入しましょう。そして、居住形態や他社の借り入れがあるかなど様々な在籍確認の審査があります。在籍確認では、提出した書類の住所や電話番号が本当に本人のものかを見られます。そのため、申込者に直接電話がかかるケースや、勤務先に電話がかかってくるケースもあります。逆に電話がない場合もありますが、その場合はデータで居場所が確認されています。基本的に電話に出れば問題ないので、あまり気にすることもないでしょう。以上がキャッシングでの審査基準となります。やはり、一番は書類で信用を与えることが重要です。お金を貸す以上は、それなりに返済能力は確実にみられるはずです。しかし、収入がある会社員が家族にいれば基本的に審査は通りやすくなるので、主婦だからとあきらめずにチャレンジしましょう。

誰にも知られずに銀行カードローンでお金を借りる

  • 専業主婦でも銀行カードローンなら申し込み可能です。上記で紹介しましたが、消費者金融では自分自身に収入があることが条件のため、専業主婦は借りられません。そのため、専業主婦は銀行カードローンを活用していきましょう。収入がなくても配偶者に安定した収入があれば2人の収入と見なされるので安心して申し込めます。さらに、銀行カードローンは主婦に嬉しいメリットがたくさんあるのです。専業主婦は一般的な職業と考えられており、社会的貢献をしていると認められます。また、専業主婦は配偶者に安定した収入があるからこそ行える職業です。そのため、返済能力もあり、キャッシングを申し込む条件としてはクリアされているので銀行カードローンの審査が通りやすいというわけです。専業主婦は家計をやりくりするために、ときにはお金を借りることもあるでしょう。しかし、心配をかけたくないので内緒で借りたい人もいるのです。そんな専業主婦の願いが銀行カードローンでは可能となっています。申込から早くてその日に融資を受けることができ、申し込み自体もかなり簡単です。申し込みもネット上で完結できるような方法もあるため、わざわざ銀行に行く必要もありません。これは家事や子育てなどで何かといそがしい主婦にとっては魅力的です。しかし、審査のスピードは銀行カードローンによって異なります。そのため、スピードを求める人はできるだけ審査が早い銀行を選ぶと良いでしょう。また、本当に配偶者に知られずに借りられるかと心配ではないでしょうか。審査の際に配偶者に連絡がいくことで、お金を借りることが知られてしまうと不安に思う人もいるでしょう。銀行カードローン会社では、契約者以外に情報を提供してはいけないルールになっています。そのため、配偶者とはいえ、第三者となるためプライバシー保護の観点から絶対に連絡がいくことはないのです。あとは、契約者自身が管理をしっかりとしていれば、カードローン会社から何かばれる原因になることはありません。さらに、返済しやすい低金利も大きなメリットです。お金のやりくりを考えて生活する専業主婦にとって誰にも知られずにお金を借りられるのはすごくメリットがありますし、負担も小さく返済もしやすいので検討する価値は十分にあるのではないでしょうか。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム