ページ
上部へ

カードローンの借入限度額の決まり方が知りたい!増額方法や総量規制についても解説!

  • 急にお金が必要になることが多い人や給料日前になるといつも懐が寂しくなるという人にはカードローンは重宝するツールです。そして、これからカードローンに申し込もうと思っている人は借入限度額がどうやって決まるのか気になりますよね。さらに、年収の3分の1までしか借りることができないという総量規制の実態も知りたいところです。そこで、今回はカードローンの借入限度額が決まる審査基準やその増額方法、総量規制について説明していきます。

カードローンの借入限度額はどうやって決まる?

  • カードローンの借入限度額はある1つの条件ではなく、複数の項目から返済能力を総合的に判断して決定されます。審査の対象となる項目のうち、借入限度額と最も深い関係があるのは年収です。まず、貸金業法で定められた総量規制によって年収の3分の1を超える貸付は基本的にできなくなっています。ですから、1つの目安として「借入限度額は最大で年収の3分の1である」ということを認識しておきましょう。つまり、年収が300万円の人であれば借りることができるのは最大でも100万円までということになります。
  • また、職業や勤続年数も重要な審査項目です。社会的に信用されている職業の人ほど借入限度額が高く設定される傾向があります。ここでいう「社会的に信用されている職業」とは、公務員などの雇用が安定している職業や、弁護士、医者などの取得するのが難しい資格を保有している職業のことを指します。一方で、フリーターなどはこれらの職業と比較すると社会的な信用度が低くなるため、たとえ審査には通っても借入限度額は低く設定される傾向があります。同じ年収であっても、公務員とフリーターでは借入限度額に差が出ることを想定しておいたほうがいいかもしれません。
  • フリーターがカードローンに申し込んだ場合、初回の審査では借入限度額が5~10万円に設定されることが多く、50万円以上の枠をもらうことは滅多にないようです。学生も満20歳以上で収入があればカードローンには申し込めますが、フリーターと同じように借入限度額は低く設定されるのが一般的です。当然ですが勤続年数については長ければ長いほど審査には有利に働きます。正社員であっても職を何度も変えていたり、勤続年数が極端に短かったりする場合はあまりよい印象を与えられません。よい印象を与えるには最低でも3年以上の勤続年数が必要だといえます。
  • そして、居住しているのが持ち家か賃貸かによっても審査結果が変わる可能性があります。万が一借金が返済されなかった場合を考えると、金融機関にとって持ち家というのは差し押さえることができる担保となり得ます。そのため、持ち家があった方がよい審査結果を得られるでしょう。しかし、賃貸だから借入ができないというわけではありません。頻繁に引っ越していれば話は別ですが、1年以上の居住実績があればまず審査に影響はないでしょう。
  • そして、扶養家族がいるかどうかという点も審査基準の一つです。配偶者を養っている場合、独身の人よりも信用力が高いと判断される傾向があります。ただし、年収がそれほど高くないにもかかわらず多くの家族を養っているような場合には、返済能力が低いと判断されてしまうこともあります。このようなケースでは、同じ年収でも独身の人の方が高い借入限度額を設定されることもあるため一概には言えません。
  • さらに、他社の借入履歴や利用状況などの信用情報もよく吟味される審査項目となります。過去や現在に借入などを利用していた場合、その情報はすべて信用情報機関という第三者機関に保管されています。そしてカードローンの申込などがあった際には、各金融機関が信用情報機関のデータベースを参照できるようになっています。ですから、過去の借入において返済の遅滞や不払い、債務整理などを起こしていると、借入限度額が年収に比べて低く設定されたり、そもそも審査に通らなかったりする場合があります。また、総量規制は借入額の合計に規制がかかるというものなので、他社からも融資を受けている場合は、その合計が年収の3分の1を超えないように借入限度額が設定されることになります。
  • ところで、カードローンの審査に自信がない人が年収や勤続年数をごまかして申請するというのはよく聞く話です。しかし、カードローンの申込で虚偽の申請をするのは賢明とは言えません。まず、消費者金融の場合は50万円以上の融資を受ける際には給与明細や源泉徴収票などで収入を証明する必要があるので、偽った情報はすぐにばれてしまいます。同様に、銀行のカードローンでも高額の融資をおこなう際には収入証明書の提出が必須となります。そして、たとえ審査に通ったとしても、虚偽の申請をしていたことが後から発覚すると借金の一括返済を求められるケースもあります。裁判沙汰にも発展しかねないので、虚偽の申請は絶対にやめましょう。

借入限度額を上げる方法は?

  • 初めての金融機関でカードローンを申し込んだ場合、借入限度額は年収の10%程度で設定されるケースがほとんどです。それでは、もっと借入限度額を上げるためにはどうすればよいのでしょうか。たいていの金融機関は借入限度額が上がるほど金利が安くなるシステムを導入しているので、できるだけ高い借入限度額を設定したいと思う人は多いはずです。そこで、ここからは借入限度額が上がる仕組みについて解説していきます。まず、貸し借りの基本として返済期限をしっかりと守ることが大切です。「この顧客はきちんとお金を返してくれる」と金融業者に思わせることで信用度は上がり、それにつれて借入限度額も上がる可能性が高まります。ただし、信用を得るには契約してからある程度の期間が経過している必要があります。具体的には、契約から半年以上経過していない段階での増額は難しいということになります。
  • そして、定期的に借りたり返したりしていることもまた重要です。普通に考えれば借りたお金はすぐに返した方がよさそうなものですが、金融機関にとってこれは必ずしもありがたいとは言えません。金融機関は借金の利息を収入としているので、どちらかと言えば利用しない人よりも頻繁に利用してくれる人を重視します。金融機関としては利用頻度が高く、返済実績もある顧客によりカードローンを利用してほしいという考えがあるため、借入限度額を上げる傾向があります。金融業界では利用実績を着実に積むということが信用を得るカギとなるのです。
  • 借金を返済する際に重要となるのが、返済日には推奨返済額かそれよりも少し多い金額を返していくということです。お金を借りると金融機関によっては、返済日ごとの最低返済額と推奨返済額を教えてくれます。 基本的には最低返済額以上の金額を返済すれば問題はありませんが、最低返済額は利息が9割以上を占める額に設定されているので元金がほとんど減りません。逆に、1度に多くの借金を返してしまうと金融機関にしてみれば利息で収入を上げられないので、あまりいい気持ちはしないかもしれません。つまり、推奨返済額で期日ごとに返済を続けていくのが、借りた側にとっても貸した側にとっても理想的な返済の形であると言えるのです。
  • また、先述の通り借入限度額は年収を基本的な基準として設定するものなので、年収自体を上げることで借入限度額が上がる可能性は高まります。どれだけ堅実に利用実績を積んでいても、総量規制の壁があるので金融機関は年収の3分の1以上に借入限度額を引き上げることはできません。借入限度額が限界に達してもまだまだ借りたいと思う人は、年収を今よりも上げる方法を考えることがさらに借入を増やすための近道なのです。

借入限度額には制限がある!総量規制について

  • 2006年12月に成立した貸金業法は、各金融機関のシステム対応の準備期間や利用者への配慮から、段階的に施行されてきました。そして、2010年6月18日から施行された総量規制によって、消費者金融のカードローンの借入限度額は制限されるようになりました。総量規制とは貸金業者を対象とした制限法で、年収の3分の1以上のお金を貸してはいけないというものです。一つ一つの貸金業者にそれぞれ「貸付は年収の3分の1まで」という制限がかかるわけではなく、複数の貸金業者から借金をしている場合にはその合計額で計算されます。クレジットカードの場合、キャッシングは総量規制の対象となりますが、ショッピング枠の利用は規制の対象外です。
  • 銀行には銀行法という法律が適用されるため、銀行による貸付は総量規制の対象外です。ですから、各銀行はこれまで年収を上回るような貸付もおこなっていました。しかし、現在では銀行の貸付も年収の3分の1までに制限されています。というのも、2016年9月16日付で提出された日本弁護士連合会からの「銀行等による過剰貸付の防止を求める意見書」を受けて、各銀行はこれまでの過剰な貸付を見直すようになったからです。日本弁護士連合会の意見書の論旨は、要約すると「総量規制が導入されたおかげで多重債務者が減ってきたのに、銀行の貸付に制限がなければ意味がない」というものです。銀行側がこの意見を検討した結果、2017年4月から自主規制という形で銀行の貸付にも総量規制と同様の制限がかかるようになりました。

借入限度額は条件によって異なる!カードローンは計画的に利用しよう

  • ここまでカードローンの借入限度額について説明してきましたが、一番重要なのは「借入限度額は最大で年収の3分の1まで」ということです。また、一口に借入限度額と言っても、年収や勤続年数、銀行で借りるか、それとも消費者金融で借りるか、などの細かな条件によって設定される借入限度額は変わってきます。しかし、借入限度額を上げたところで、それが返済能力を上回っていれば意味がありません。それどころか、最悪の場合、自己破産にまで追い詰められてしまう恐れもあるのです。カードローンは自身の返済能力をしっかりと把握し、計画性をもって利用しましょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム