ページ
上部へ

教えて!キャッシングのリボ払いってどんなもの?

  • クレジットカードやカードローンの返済方法では、「リボ払い」という言葉が普通に使われるようになっています。なんとなく理解してはいるものの、詳しい仕組みについてはよく知らないという人も多いのではないでしょうか。逆に、「なにか怖いものらしい」とむやみに恐れて、遠ざけている人もいるかもしれませんね。「リボ払い」と一口にいってもいくつかの種類があります。そこで、ここでは、リボ払いのしくみや利息の計算方法、利用するうえでの注意点について、わかりやすくまとめます。

そもそもリボ払いってどんなものなの?

  • リボ払いとは、簡単にいうと、 「クレジットカード会社などの金融機関に対して、毎月自分で決めた一定の金額を返済していく支払方法」のことです。クレジットカードのキャッシングやカードローンのメリットは、限度額の範囲内で何度でも利用できるところにありますが、その月に何度キャッシングしたとしても、リボ払いなら返済額は原則一定のまま変わりません。
  • わかりやすくするために、ショッピングをしたときなどに利用することが多い「分割払い」と比べて考えてみましょう。分割払いで支払うお金の総額は、購入金額+分割払い手数料(利息)となります。商品を買ったタイミングでこの計算が行われ、支払い回数で割って月々の返済額を決めていきます。つまり、分割払いとは回数を決めて支払う方法です。 商品を買うごとに別々に請求が行われるため、利用すればするほど返済額はかさみます。一方、リボ払いでは、毎月の返済額を自分で決めて支払う方法です。ひと月に何度キャッシングしても、返済額が増えることはありません。これは、それぞれの利用ごとに返済が発生するのではなく、借り入れたお金の総額(利用残高)をもとにして返済額が決まることによるものです。
  • リボ払いは、キャッシングやカードローンといった融資サービスで、多く採用されている返済方式です。こうしたサービスは、限度額の範囲内で何度でもくり返し利用できるので、そのたびに利息の計算をするとややこしくなりがちです。そのため、「いくら借りているのか」という全体の金額だけを問題にして、手数料を決めているのです。サービスを利用すればするほど利用残高は増えていきますが、月々の返済額は変わりません。リボ払いは、消費者にとっては返済が楽になるというメリットがあり、金融機関にとっては返済期間が延びるため、利息を多く回収できるというメリットがあるのです。

リボ払い手数料ってどんなもの?

  • 金融機関からお金を借りると当然ながら利息がかかりますが、この利息にあたるのがリボ払い手数料です。キャッシングやカードローンでは、年率15~18%程度に設定されているケースが一般的です。ただし、これはあくまでも年率です。勘違いしている人も多いようですが、年率と月々の利率は違うということに注意しましょう。では、実際のリボ払い手数料はどのように求められるのでしょうか。利用残高が10万円で、リボ払い手数料が年率15%だった場合を考えてみましょう。30日ごとに支払いを行う場合の手数料は、利用残高×手数料率÷365日×30日で求められます。すなわち、10万円×0.15÷365日×30日=約1,233円となります。
  • リボ払いには、さまざまな方式がありますが、キャッシングやカードローンの多くが「残高スライド元利定額リボ方式」となっています。長い名前なのですが、「残高スライド」「元利」「定額リボ」と3つに分けて考えるとわかりやすくなります。
  • 「残高スライド制」とは、利用残高に応じて返済額が変わるしくみです。たとえば、利用残高が10万円以下なら1万円ずつ返済すれば良いけれど、10万円を超えたら2万円ずつ返済しなければならないというような設定を指します。リボ払いでは月々の返済額が一定なので、自分が借金している総額がどのくらいになっているか、わかりにくいものです。そのため、総額を気にせず借り入れを続けていくと残高スライド制にひっかかって、急に月々の請求額が増えるといった事態になることがあります。
  • また、「元利」方式とは、月々の返済に元本(利用残高)がどのように含まれているかを表す言葉です。「元利」方式のほかに「元金」方式というものがあります。「元金」方式で1万円支払う場合、利用残高が1万円減ることを意味します。つまり、月々の返済額=元本分1万円+利息分となるのです。一方の「元利」方式では、1万円のなかに元本と利息の両方が含まれ、月々の返済額=1万円となります。「元利」方式は、利用者にとって分かりやすいため、リボ払いの主流となっています。ただし、返済額に占める利息分の割合が大きければ、利用残高はなかなか減らないということにもなるのです。
  • 最後に、「定額リボ」についてみていきましょう。これは、毎月の返済額が定額だという意味です。「毎月1万円ずつ支払う」などのように固定金額を決めるもので、リボ払いのほとんどがこの方式になっています。もう一つのやり方が「定率リボ」です。こちらは、「一定の割合を支払う」ことを表します。つまり、「毎月、利用残高の5%ずつ支払う」というような方式です。アコムプロミスがこの定率リボを採用しています。
  • リボ払いにはこのように、いくつかの方式がありますが、実際の支払い総額で考えてみると、方式の差はごくわずかで、誤差ともいえる範囲です。支払い総額に最も影響を与えるのは、支払い期間です。支払い期間が延びれば、その分だけリボ払い手数料は増えていきます。リボ払いで月々の返済額が決まっているからといって、それ以上の金額を返済できないというわけではありません。お金があるときに積極的に自主返済を行えば支払い期間を短くでき、支払い総額を減らすことにつながります。

リボ払いは怖いもの?知っておきたい注意点とは!

  • リボ払いの注意点を知らずにいると、多額の借金を抱えてしまい、債務整理するしかないといった事態にも陥りかねません。リボ払いの怖いところは、借金をしているという自覚を持ちにくくなり、毎月一定額のお金を支払ってさえいれば、いくらでもお金が使えるかのように錯覚しがちな点にあります。今どのくらいの借金があるか確認するためには、サイトのマイページなどにアクセスするなど手間がかかることが多く、把握しにくいのもネックです。
  • そもそも、キャッシングやカードローンの利率は、決して低いものではありません。気軽にどんどん借金をしていれば、金額がふくらんでしまうのは当然のことです。しかも、リボ払いは、利用残高(元本)がなかなか減りにくいという特徴があります。なかでも、「元利」方式では、先に利息分の返済から行われていくのが普通なので、月々の返済額を少額に設定していると長期にわたって利用残高が減らない、という事態になりやすいのです。月々のリボ払い手数料は、30日ごとに支払う場合なら先ほど紹介した計算式で求められますが、利用残高が減らなければ手数料は高止まりし、当然ながら限度額も回復しません。借金の返済がいつまでも終わらなければ、高い手数料だけを長期間にわたって払い続けることになるのです。
  • さらに、知らないうちに限度額いっぱいまで使ってしまった、ということにでもなれば一大事です。それ以上、お金を借りることができず、返済に追われる一方となります。通常、リボ払いで限度額いっぱいになっている状態を「リボ天井」や「リボ天」と呼んでいます。「リボ天」になると、ローンを組んだりクレジットカードを新しく作ったりするときの審査で、信用されにくくなるといわれています。つまり、ほかの金融機関からお金を借りて返済に充てるといった方法が取りにくくなるのです。また、銀行系の金融機関が、対象外である年収の3分の1までしかお金を貸すことができない総量規制に対して自主規制を始めたこともあり、お金を借りるハードルが上がっています。クレジットカードやカードローンの限度額は、たとえいっぱいまで使っていなくとも、総量規制の対象としてカウントされることを知っておきましょう。すなわち、限度額を上げたいのであれば、それが総量規制にダイレクトに関係してくることになります。総量規制は一社だけが対象となるものではなく、ほかに限度額を持つクレジットカードやカードローンがあれば、それらすべての限度額が総量規制の対象になります。

むやみに恐れることはない?賢く使えば便利なリボ払い!

  • リボ払いが怖いと思うのはそのしくみがわかりにくく、理解できない部分が多いことによるものです。きちんとしくみを知って、正しく使うのであれば、リボ払いは怖いものではありません。そのポイントは、 返済額の設定と返済方法にあります。リボ払いでは、最低返済額(ミニマムペイメント)を自分で設定して、返済していくしくみになっているのが一般的です。ただし、これはあくまで最低額であり、一括返済や部分返済に応じているところがほとんどです。すなわち、経済的に余裕がない月は最少返済額にしておき、余裕がある月に繰り上げ返済していくことで、利用残高を早く減らせるのです。なかには、繰り上げ返済ができないケースもみられますが、このような場合は最低返済額を高めに設定するか、繰り上げ返済できるかどうか直接相談してみると良いでしょう。リボ払いには、いくつかの種類があり、その方式の名前を見ただけでも面倒に感じてしまう人も少なくありません。しかし、方式の違いで大きな差が出ることはまずありません。最も気にするべきことは、利用残高をできるだけ早く減らすことであり、返済期間を短くすることなのです。残高スライド制という言葉を見たら、「利用残高に応じて返済額が段階的に設定されているのだな」と考えてください。まずは、金融機関のマイページにアクセスして、現状を把握することから始めてみてはいかがでしょうか。経済的に余裕があるなら、最低返済額にかかわらず、できるだけ多く返済していくことが結局のところは自分自身のためになるのです。リボ払いは、「今月はピンチだ」というときなどには大変役立ちます。そのしくみを正しく理解して、賢く使えば便利な方法だということができそうです。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム