ページ
上部へ

専業主婦でもカードローンに申し込める?審査に通る条件とは

  • カードローン契約はすべての人が結べるわけではありません。カード会社からのきびしい審査を受け、通過した人だけが契約できます。専業主婦のように、「自分の収入がないと審査が通らないのでは?」と疑問に思っている人はいるでしょう。しかし、専業主婦も積極的に受け入れてくれるカード会社も少なくありません。興味のある人は申し込む前に、条件をしっかり確認してみましょう。この記事では、専業主婦でも使えるカードローンや、申し込む条件について詳しく解説します。

専業主婦でも借りられるカードローンとは?銀行と消費者金融のどちらがいいか

  • 普通に生活しているだけでも「大きな買い物をしたときのローン返済」「子供の学費」「食費」などで家計は圧迫される傾向があります。なんとかカードローンを組みたいと願っている専業主婦も多いでしょう。カードローンには大きく分けて2種類あります。まずは「銀行カードローン」と呼ばれるもので、銀行から借入を行うパターンです。銀行カードローンには「銀行なので借入条件に信用が持てる」「悪徳業者にだまされるリスクがなくなる」などのメリットが考えられます。
  • もうひとつは「消費者金融」でカードローンを組む方法です。消費者金融だと「審査の時間が短い」「クレジットカードと同時登録できる業者もある」などのメリットがあります。ただし、消費者金融の中には「ヤミ金」と呼ばれる悪徳業者も混じっています。一時期に比べるとヤミ金の数は少なくなってきましたが、現存しているのは確かなので契約をするときは業者の実績をしっかり確かめましょう。
  • これらのカードローンで、「専業主婦」に対するキャッシングの審査がきびしくなっているのは事実です。自分で仕事をしておらず、パートやアルバイトで働いていない専業主婦には「収入」がありません。つまり、金融機関からお金を貸してもらえるだけの信頼が得られないのです。ただし、すべての金融機関が専業主婦をキャッシングの対象から外していると限りません。いくつかのカードローンでは、専業主婦でも契約を結んでくれます。
  • 専業主婦が借入をおこないたいなら「銀行カードローン」で申し込みましょう。銀行カードローンは収入のない専業主婦でも契約可能です。銀行では「専業主婦」もひとつの「職業」として扱ってくれます。社会的な地位が安定しているとみなされるので、申し込むだけで却下されるということにはまずなりません。書類の内容、個人情報などを調べたうえで、条件に合えば専業主婦でもカードローンを組めます。
  • ただし、専業主婦は本人に収入がないので、銀行からは「配偶者の収入」「職業」などを質問されます。配偶者の稼いだお金から月々のローンを返していくので、銀行が配偶者の情報を知りたがるのは当然です。また、マイホームや自動車などで他にローンを組んでいないかどうかも銀行は確認します。申し込みの際は、家庭にかかってくる支出もきちんと計算しておきましょう。また、配偶者の年収を詳しく聞かれることは少ないものの、一応は計算しておくのが無難です。そして、配偶者の了承を取りつけておいた方が、後々になってからのトラブルを防げます。
  • 一方、消費者金融は、総量規制の対象となるため借入額が年収の3分の1を超える場合は借り入れができません。専業主婦は年収が0円なので借り入れ自体が不可能であり、パートやアルバイトをして収入がない限りは申し込みが行えません。 仮に申込書類を提出しても却下されてしまうケースがほとんどです。ただし、パートやアルバイトをしていて本人に収入がある主婦は「専業主婦」とみなされません。そのため、消費者金融、銀行カードローンどちらも申し込みができるでしょう。

専業主婦がカードローンを申し込むための条件は?注意点とコツ

  • 専業主婦がカードローンに申し込むとき、金融機関が重視するのは、なんといっても「配偶者の収入と安定性」です。専業主婦に収入がない以上、金融機関は配偶者の収入から「返済能力」を判断しなくてはいけません。金融機関がカードローンで「返済能力」にこだわるのは、カードローンが連帯保証人のない契約だからです。普通の借金では、借入した本人である「債務者」がお金を返せなくなっても、債権者は連帯保証人に返済を請求できます。ところが、カードローンでは債務者が返せなくなった時点で債権者の損失となります。万が一の事態にそなえて、金融機関は審査を慎重に行う傾向が強いのです。専業主婦も、夫の収入状況をしっかりと説明して金融機関から信用してもらいましょう。
  • 配偶者の職業に信頼性があるほど、金融機関の審査は通りやすくなります。収入が高ければ高いほど有利ではありますが、金融機関によっては給料まで細かくは聞いてきません。ただ、安定した職業に就いているという時点で金融機関は返済能力に信用を抱いてくれます。自営業やフリーランスであっても、安定して収入を得られているのであれば決して低い評価はつかないでしょう。対して、配偶者がアルバイトやパートだと正社員ほどの収入が期待できないのでやや審査はきびしくなります。配偶者が無職だとかなりの確率で審査は落とされてしまうでしょう。
  • つぎに、「身分証」の提出も重要です。身分証によって金融機関は「入力された個人情報に偽りがないか」を確かめます。多くの金融機関が「写真入の身分証」を求めてくるので、自動車免許やパスポートなどが望ましいでしょう。そして、金融機関ごとに聞かれる「個人情報」の提出も必須です。普通の申し込みでは、インターネットの入力画面から個人情報を打ち込むか、発行された書類に記入して提出します。
  • 個人情報でも金融機関は返済能力を細かくチェックしています。たとえば、希望者の住んでいる家が「持家か賃貸か」で大きく条件は変わるでしょう。持家でも「ローンを払い終わっているかどうか」によって評価は左右されます。ローンが払い終わっていた場合、月々の支出が少なくなるので返済能力は「高い」とみなされます。しかし、ローンがまだ残っていると返済能力は「やや低い」とされがちです。家の名義人が本人ではなく、親の持家に住んでいるようなケースでも金融機関からの評価は高くなります。
  • 即日融資を希望する場合は、本人名義の銀行口座も提出しなくてはいけません。ちなみに、銀行口座に指定がなければ現在の口座をそのまま伝えるだけで十分です。しかし、まれに「一部の銀行としか取引をしていない」という金融機関もあります。また、銀行カードローンだと「違う銀行ではカードローンを組めない」との条件を設定していることもありえます。口座についての条件もチェックしておき、審査段階でトラブルを起こさないようにしましょう。

専業主婦が借りられる銀行カードローンにはどんなメリットがある?

  • 専業主婦でも銀行カードローンなら審査に通りやすいという特徴があります。銀行カードローンのメリットとしては「低金利」である点が挙げられるでしょう。カードローンの金利は「利息制限法」によって上限が決められています。そのため、どんな銀行も貸金業者も10万円以上100万円未満の借金に対し、「18%」を超える利率で契約を結べません。これが100万円以上になると利率の上限は「15%」に下がります。しかし、消費者金融の多くが最大金利を適用しているため、金利はふくらみがちです。銀行カードローンなら最低で「1%台」、最高でも「15%未満」で契約してくれるところもあります。同じ額でカードローンを組むなら、消費者金融よりも銀行カードローンが「お得」といえるでしょう。
  • 配偶者の収入証明や同意書が不要なのも銀行カードローンのメリットです。消費者金融は「返済能力」を気にするあまり、配偶者の年収まで細かくチェックしてくることがあります。そのため、配偶者の収入証明書を見たり、同意書にサインしてもらったりしてやっと申し込めるところも珍しくないのです。銀行カードローンは配偶者に安定した職業があるかどうかは気にしますが、詳しい年収までは聞いてこない傾向が見られます。申し込みの準備が楽になるのは大きな魅力でしょう。
  • 「収入証明書がいらない」、「同意書にサインしてもらわなくていい」というメリットは「家族に知られず借り入れができる」というメリットにもつながります。家族に手続きを助けてもらわなくていいので、誰にも知られることなく返済を続けていけます。日々の支出が増えている家庭では「夫にプレッシャーをかけたくない」という場合もあるでしょう。専業主婦が家族に内緒で浪費をしてしまい、借金を作るのもよくある話なのです。家族をわずらわせずに家計を支えるなら銀行カードローンがおすすめです。
  • また、銀行カードローンには「最短で即日融資可能」という特徴もあります。手続きはインターネットから行えるため、わざわざ支店まで足を運んで書類を提出する手間が省けるようになりました。書類の不備や個人情報をチェックしてもらう時間も短縮できるので、銀行の営業時間内に審査が通ればその日中に融資してもらえます。インターネット審査は「申し込みが簡単」というメリットもあるので、家事や育児で外出できない専業主婦にとっても便利なシステムです。
  • ただし、「即日融資」はその日の状況などにも左右されるので、必ずしも実現するサービスではありません。もしも書類に不備があって修正を依頼されたら、さらに時間をロスしてしまいます。即日融資をしてもらえなかったときのことも考えて、余裕を持って審査の準備を整えていきましょう。なるべく早い時間から申し込みを開始し、入力内容には間違いがないよう慎重に進めていくと即日融資してもらいやすくなります。

専業主婦でもカードローンは利用可能!まずは申し込んでみよう

  • カードローン審査では「返済能力」「収入」がチェックされるため、契約をあきらめてしまっている専業主婦も多いのではないでしょうか。しかし、銀行カードローンなどの方法を選べば収入のない専業主婦でも契約は可能です。カードローンにはさまざまな種類があり、それぞれ「金利」「融資の上限額」などの条件が異なります。条件に合ったカードローンを見つけられれば、生活を良くする手助けをしてくれます。気になるカードローンがあれば申し込みを検討してみましょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム