ページ
上部へ

どうすれば家族や会社に知られずすませられる?カードローンの在籍確認を詳しく解説!

  • カードローンに申し込むと貸金業者から「在籍確認」というチェックが行われます。在籍確認によって家族や会社に借金が知られてしまうこともあるので、嫌がる人もたくさんいます。しかし、在籍確認は審査に通るために不可欠なプロセスです。だからこそ、カードローンの在籍確認を上手くやり過ごすためのコツを知っておきたいところです。ここでは、カードローンの在籍確認の内容や会社に知られたくない人におすすめの契約方法について解説します。

カードローンの在籍確認は必須!目的とタイミングについて

  • カードローンを申し込むと、大抵の貸金業者はその人が勤めている職場に「在籍確認」を行います。在籍確認によって、秘密にしていたキャッシングが職場に知られてしまうこともありえるため、できれば在籍確認を省略したいと考えている人は少なくありません。しかし、貸金業者からすれば、在籍確認をせずに貸付を行うのはリスクをともないます。在籍確認そのものは決して時間がかかるものではありませんが、カードローンの審査に通るためには重要な過程だといえるでしょう。
  • 在籍確認の目的は、何よりもまず「本人が会社に所属していること」を確認するためです。なぜカードローンでは「会社に勤めているかどうか」が重要視されるのかというと、「返済能力」によってキャッシング枠が変わってくるからです。貸金業者はカードローンの申し込みがあったとき、本人の「返済能力」を気にします。カードローンには連帯保証人がいないので、本人の返済能力がなくなった時点で貸金業者は融資額を回収できなくなるからです。そのような事態を避けるためにも、貸金業者は審査基準を細かく設け、「真面目に返済を続けてくれそうな人」を優先して融資を行うようになりました。
  • アルバイトやパートの人がカードローン契約できないわけではありませんし、専業主婦や専業主夫を歓迎している業者もあります。しかし、「返済能力の信頼性」という点では、正社員として働いている人の方が高いでしょう。そこで、貸金業者は審査申込をしてきた人が現時点でまだ会社にいるかどうかを調べ、確信を持ってからキャッシング枠の「審査通過」とします。在籍確認は主に電話で行われ、業者が会社にかけたとき、本人につながったら「確認完了」となります。
  • もしも在籍確認をおこたると、悪質な債務者が増えて損失が出てしまうかもしれません。たとえば、実際には無職の人間が契約を結びたいばかりに「大企業で働いている」と嘘をついてくるケースです。架空の職場や会社名を適当に入力して、業者に融資してもらおうと考える人もいます。中には、自分ではなく他人の経歴を流用して審査に申し込んでくる不正行為も見られます。入力情報が実在する企業、部署名に基づいているため、書面を読むだけでは内容の真偽が確かめられません。うっかり審査を通過させてしまうと返済能力のない人に融資する事態となるだけでなく、情報を勝手に使われた第三者にまで迷惑がおよびます。
  • こうしたトラブルを防ぐために、在籍確認はほとんどの貸金業者が行うようになりました。在籍確認は、業者に審査を申し込んで担当者が内容を確認したタイミングが一般的です。早ければ申し込みから30分ほどで電話がかかってきます。スムーズに審査を終わらせるためには、電話がかかってきたときに本人が社内にいる必要があるでしょう。ただし、業者によっては本人が電話に出なくても、電話を受けた人から在籍確認が取れれば「完了」とみなしてくれます。気になる人は、事前に業者の担当者から在籍確認の流れを聞いておきましょう。

在籍確認ではどんなことを聞かれるの?本当に知られない?

  • 在籍確認では、まず業者の担当者から会社に電話がかかってきます。在籍確認は「電話でないといけない」と決められているわけではありません。本人がきちんと会社で働いているかさえ分かればどんな手段でもいいのですが、簡単にすませられるので電話が主流になっています。担当者は貸金業者名を出したり、用件としてカードローンを持ち出したりはしません。ただ、苗字だけを名乗って本人を呼び出してもらうケースが大半です。そして、本人が出たらフルネームの確認が行われ、「在籍確認完了」となります。ちなみに、本人が不在の場合でも「席を外しております」「会議中です」といった納得できる理由を説明してもらえれば、やはり「確認完了」とみなされます。本人が電話に出れば、すぐに在籍確認は終わりますが、まれに「住所や生年月日」まで聞いてくる担当者もいます。慎重な貸金業者になると、審査内容に過ちがないかを細かくチェックする場合があります。それでも、普通に回答すれば担当者はすぐに電話を切ってくれます。在籍確認はどんなに長くても2、3分ほどで終わるでしょう。
  • ただし、「在籍確認で会社がカードローン審査に気づいたらどうしよう」と不安になる人も少なくありません。もちろん、カードローンに申し込むことはまったく悪い行いではないので、問題視される事態にはならないでしょう。ただ、カードローンに申し込んでいることが同僚に知られてプライバシーを侵害されるのは望ましくありません。また、会社で変な噂を立てられたくない人も、あまりカードローン審査の件を知られたいとは思わないでしょう。もちろん、貸金業者は本人のプライバシーを守るためにさまざまな工夫をこらしてくれています。業者名を出すことはありませんし、電話を受けた人にも適当な用件を伝えて気づかれないように配慮してくれます。それでも、勘が鋭い人なら「今のはカードローンの電話だな」と思われる可能性はゼロといえません。電話口での会話を聞かれていて、周囲にカードローン審査を知られる危険もあるでしょう。
  • こうした事態を避けるためには、まず「本人が電話を受ける」ことが大切です。他人が電話に出て取り次がれると「今のは誰だろう」「何の用事だろう」と疑問に思われます。業者からの電話を本人が直接受ければ、「電話がかかってきた事実」が広まりません。本人の希望があれば電話をかけてもらう時間帯を指定し、すぐに受ける準備をしておきましょう。ただし、時間帯を指定できるかどうかは業者によります。また、周囲に知られてしまう原因のひとつが「番号の表示」です。明らかに企業からの電話であるにもかかわらず、相手が苗字だけを名乗ってくるのは不自然です。また、表示番号がフリーダイヤルだった場合も、仕事の電話だと考えにくいといえます。ただし、在籍確認は必ず職場にかかってくるものの、貸金業者の「かける電話」については指定ができます。あえて携帯電話からかけてもらうなどすれば表示番号を怪しむ人も少なくなり、秘密を守り通せるでしょう。心配な人は、業者と在籍確認の方法を打ち合わせておくのがおすすめです。

会社には知られたくない!そんな人におすすめのカードローンは?

  • どんなに注意をしていても、そもそも「業者から会社に電話がかかってくる」という状況は焦りがちでしょう。在籍確認を安全に行うためには「会社にかけてこないカードローンを選ぶ」ように意識するのがおすすめです。有名なのは、SMBCモビットです。SMBCモビットは審査申込を行っても職場に電話をかけてこないため、在籍確認でカードローンが知られる心配がなくなります。とはいえ、「在籍確認を行っていない」わけではなく、電話以外の方法を実施しているだけなので注意しましょう。SMBCモビットではWEB完結申し込みで、本人との電話でのやりとりが発生しないような仕組みが確立されています。本人から問い合わせの電話をのぞけば、担当者と話をしないまま審査申込から在籍確認、契約成立までが実現します。
  • 在籍確認は主に「画像データ送信」です。最近の給料明細、運転免許証、社員証、 といった書類を写真に撮って送信することで在籍確認が完了します。そのほか、源泉徴収票や確定申告の書類等も在籍確認には有効です。これらの書類を郵送しても在籍確認は行ってもらえます。ただし、時間がかかるうえ重要書類を郵送することに抵抗を覚える人もいるでしょう。スピードと安全の両方を考慮しても、画像を送信するのが効率的です。
  • 在籍確認以外でも、意外なところでカードローン審査が周囲に知られてしまう危険が隠れています。貸金業者によっては自宅に書類を郵送してきますし、封筒に業者名が入っている場合もあります。もちろん、事前に懸念事項を伝えておくと差出人の書かれていない封筒で対応してくれるでしょう。また、自宅ではなく最寄りの支店に必要書類を送ってくれるなど、本人の事情に考慮してくれます。カードローン審査でのリスクを恐れている人は、あらかじめ担当者に相談してから手続きを進めていきましょう。

カードローンは柔軟に対応してくれる貸金業者で

  • 「在籍確認」は貸金業者にとって必要なだけでなく、債務者の信用度を裏づけるためにも重要なプロセスです。在籍確認を終えて、ようやく契約が結べます。どんなに手間だと思っても、在籍確認にはしっかり対応するように心がけましょう。基本的にカードローンの在籍確認は電話で行われますが、カードローン担当者に相談することで書類や電話の方法を柔軟に対応してくれるケースも珍しくありません。「できれば、カードローンに申し込んでいることを周囲に知られたくない」という人は、申し込みの段階で貸金業者に伝えておくのが賢明です。カードローンを秘密にしたい事情があるなら、貸金業者の選定から注意して審査を申し込みましょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム