知っておけば安心!実質年率の意味とは?計算方法についても解説!

クレジットカードやカードローンを利用する場合に、必ずといって良いほど耳にするのが実質年率という言葉です。実は、賢くカードローンなどを利用するのにとても重要な言葉ので、しっかり理解しておくことが大切です。この記事では、実質年率とはどのような意味を持つものなのか、実質年率の計算方法などについて紹介していきます。

実質年率の意味を知ろう!

実質年率とは、元金以外に利息や手数料など支払う必要がある費用をすべて含めた利息の年率のことです。つまり、実質年率を用いて計算すれば、最終的に返済する合計金額がわかります。カードローン商品などでよく目にする実質年率は、記載が法律によって義務づけられています。そのため、各会社の商品が比較検討しやすいという特徴があります。例えば、A社のカードローンに3.0〜18.0%、B社に3.5〜14.0%と記載されていたとしましょう。

この数字は、低いほうも高いほうも、どちらも実質年率を表しています。数字に幅がある理由は、借入額によって実質年率に違いがあるからです。上記のA・B社ともに10〜800万円までの借り入れが可能とした場合、10万円のカードローンではA社が18.0%、B社が14.0%の実質年率となります。つまり、少額の利用であれば後者のほうが得といえます。一方、800万円を借りる場合は、A社の実質年率のほうが低いため、より多くの借り入れを行うのであればA社のほうが支払総額は少なくなるのです。

また、200万円の借り入れなら9.0%、500万円なら5.0%といった具合に、借入額の中間地帯にもそれぞれ細かく実質年率が設定されていることが一般的です。このように、実質年率について理解していれば、お得に利用できるカードローン会社選びが容易におこなえるようになります。法律によって実質年率の記載は義務化されているため、複数社の比較は容易です。実質年率が違えば、最終的な支払総額に大きく影響します。実質年率以外にもより良いカードローン商品を見極める指標はあるものの、やはり少しでも支出を抑えたければ、各社が提示する実質年率を調べることが重要なポイントとなります。

実質年率と金利の違いとは?

実質年率とは、金利に手数料などの諸費用を含めたものを指します。そのため、実質年率と金利は基本的に性質が異なるものです。しかし、ほとんどのキャッシングでは手数料などの諸費用は無料になっています。したがって、実質年率は金利とほぼ同じ意味といえるでしょう。

金利の上限は法律によって20%までと決まっており、手数料がかからないカードローン商品などを利用したとすると、実質年率も最大で20%までということになります。ただし、借入額によって上限金利は変化することに留意しましょう。10万円未満が20%、100万円未満が18%、100万円以上が15%と、借入額が多いほど上限金利の数字は低くなっていきます。実際のカードローン商品などでは、とりわけ100万円以上の借り入れに対する実質年率は10%を切ることも珍しくなく、各社とも法律の上限よりも低く設定してお得感を出していることが多いです。

そのため、金利と実質年率はまったく別のものと捉えられがちですが、前述のように手数料などがかからない商品であれば、金額的には金利と実質年率はほとんど同じものといっても差し支えがありません。カードローン会社のウェブサイトにも、実質年率と表記せずに「借入金利」「基準金利」といった表現をしているところもあります。しかし、そのように記載されている場合でも、意味的には実質年率とほぼ同じと考えて問題ないでしょう。

実質年率の計算方法を解説!

実質年率を使えば、個人でも簡単に利息を計算することができます。計算式は「借入金額×金利÷365×借入日数」で、実際の金利は毎月の借入残高に応じてその都度算出されるのが普通です。例えば、借入金額100万円で金利が12.0%、借入日数は1カ月間(30日)としましょう。この場合、「100(万円)×0.12÷365×30(日)」となり、9,863円の利息を支払うことになります。つまり、最終的な支払総額は100万9,863円です。100万円借りたのだから12%の1万2,000円の利息がつくのではと思うかもしれませんが、実質年率はあくまで年率なので、1年借りた場合にかかる利息が1万2,000円ということです。そのため、早く返済を終えればそれだけ支払総額も少なくなります。

上記は1カ月で返済し終えるというもっとも簡単な例ですが、実際には数カ月にわたって返済をすることも多く、毎月の利息も変化します。毎月きちんと返済していれば元金が減るので、それに伴い利息額も減っていきます。すなわち、返済していくほど毎月の利息負担が軽くなり、返済は楽になっていきます。また、分割払いやリボルビング払いでは金利が一定ではなく、毎月支払金額が変わる場合があることも覚えておくと便利です。

例えば、リボルビング払いといっても、返済方法には「残高スライド式」と「定額方式」があり、それらには「定額」と「定率」、「元利」と「元金」という区分があるので、合計8種類の返済方法となります。そのため、毎月の支払額が一定のものもあれば、残高によって金利が変化して返済額も変わることもあります。トータルの返済額は実質年率だけではなく、返済完了までの日数も重要となるので、返済額を抑えたい場合は返済完了までの時間を短くできる返済方法を提供しているかどうかも重要です。

キャッシングにおける金利の相場

クレジットカードのキャッシングにおける金利の相場は、前述のように貸付額が10万円未満ならば20%、100万円未満ならば18%、100万円以上ならば15%と法律で上限が定められています。各社とも法律に則って独自に金利を定めていますが、銀行系のキャッシングは3~15%、消費者金融系のキャッシングでは5~18%が相場とされています。つまり、消費者金融系よりも銀行系のほうが、実質年率は若干有利といえます。しかし、これらはあくまで傾向であり、すべての銀行や消費者金融に当てはまらないので注意しましょう。また、キャッシングの実質年率などもクレジットカード選びには重要であるものの、金利以外の項目もきちんと比較したいものです。

銀行系と消費者金融系では、基本的にサービスの質が異なります。例えば、銀行系は一般的に審査に時間がかかるのが特徴です。逆に、消費者金融系のクレジットカードは、場合によっては即日発行をしてくれることもあります。さらに、ポイント還元率などのお得さや、特典が充実傾向にあるのが消費者金融系です。ただし、銀行系はキャッシュカード機能が付帯しているなど、すでに口座を持っている銀行ならカードを1枚にまとめられる便利さがあります。銀行系には消費者金融系にはないメリットもあるので、カード選びをする際はさまざまな角度から検討することが重要です。

カードローンにおける金利の相場

カードローンにおける金利の相場も、キャッシングとほとんど同様に金利は貸付額が10万円未満ならば20%、100万円未満ならば18%、100万円以上ならば15%と法律によって上限金利が設定されています。銀行系カードローンの金利も3~15%が相場で、消費者金融系カードローンもキャッシングと同じく5~18%がだいたいの相場です。このため、現金が必要な場合、クレジットカードのキャッシングでもカードローンでも、基本的に金利に関しては大きな違いはないといえます。もしも手元にあるクレジットカードにキャッシング機能がついているなら、新規にカードローンを契約する必要があるのかよく考えましょう。

ただし、クレジットカードのキャッシングは、審査落ちを防ぐために申し込みをしていなかったり、キャッシング機能があったとしても額が少なかったりと、希望する利便性を持っていないこともあるでしょう。クレジットカードにはショッピングとキャッシングの主に2つの機能がありますが、どちらかというとメインはショッピングです。すなわち、クレジットカードのメインの目的は現金の借り入れではなく、一時的にカード会社に支払いを肩代わりしてもらうことと、現金を持ち歩かずに買い物をすることです。一方、カードローンは借り入れを目的として利用するため、現金を手にすることに関しての利便性が高いのが特徴といえます。

クレジットカードのキャッシング限度額は、カードのグレードによるものの、ゴールドカードやプラチナカードで500万円ほどが上限になっています。クレジットカードの場合、利用枠はショッピングとキャッシングで分けあうため、すでにショッピングで200万円を利用していたらキャッシングは300万円しか使えないことになります。基本的にどちらもサービスの質は高いのですが、借り入れをメインに行いたい場合はカードローンを利用したほうが快適な使用感を得られるかもしれません。

実質年率が決定される仕組み

実質年率が決定される仕組みに、個人の信用度もあります。つまり、カードローンの金利は全員が同じというわけではなく、信用情報などの申し込み情報を元に、金利が決められることもあるのです。例えば、返済が遅れてしまったケースでは、本当なら12%の金利だったのに上限金利の15%(100万円以上の借り入れの場合)がつくこともあります。あるカードローン会社では、支払いが遅れた日数分に対してだけ上限金利をかけています。なぜこのようなことが起こるかというと、支払いが遅れる借り手に関しては返済してもらえなくなる可能性が増すため、貸し手側がリスクを少しでも回避しようと、借り手側の利用者に金利を多く支払わせるためです。

事前に多くの利息を受け取っていれば、利用者が返済不能になったときでもダメージが少なくて済みます。このように、信用情報が低いなどの理由で金利が高くなることがあるので、返済は誠実に行っておくことが支払総額を小さくするためには有効です。ただし、支払遅延に関しての処分は各会社で異なるため、必ずしも上限金利がかけられるわけではありません。契約書をよく読み、事前にどのようなペナルティが加えられるかを理解しておきましょう。

実質年率を下げるためのポイント

実質年率を下げるには、借り入れごとに返済を遅延なく行うほか、借り入れの頻度が多くなったとしても毎回限度額いっぱいまで借り入れをしないなど、少しでも信用が上がる利用の仕方をすることがポイントになります。自分の収入に見合った額を適切に借りましょう。

別の手段として、金利の低いカードローンで借り換えをすることも挙げられるでしょう。他社であったとしてもカードローンなどの利用実績を積むことは大切です。優良な利用履歴を積んでいけば、より金利が低い商品の審査に通る可能性が高まります。すでに述べたように、各社によって実質年率は大きく異なります。現在利用しているカードローンよりも有利な金利を提供しているところがあるかもしれないので、積極的に探していきましょう。

実質年率は必ず確認しよう!

借り入れをするのなら、実質年率の話は避けて通ることはできません。実質年率について正しい知識を得ることで、よりお得に買い物などを楽しみましょう。カードローンとクレジットカードのキャッシング機能は、同じ現金を手に入れる手段であっても、両者には多くの違いがあります。今回ご紹介した内容を参考に、上手に借り入れをしてみてください。

監修者プロフィール : 松岡 紀史

松岡 紀史
  • ファイナンシャルプランナー
  • ライツワードFP事務所代表
    神戸で活動する独立系ファイナンシャルプランナー。20代の頃オーストラリア大陸を一周したとき、収入は多くないが豊かに暮らすオージーたちの生き方に感心し、日本にもお金に振り回されない生活スタイルを広めたいという想いから、2010年ライツワードFP事務所を設立。
    節約や支出の見直しといった地道な作業の大切さを伝え、それぞれ限られた収入の中で幸せに生きるためのお金の使い方を提案している
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング