ページ
上部へ

知っておきたい!キャッシングのメリットや金利相場について解説

  • クレジットカードのキャッシングはカードローンに比べて金利が高いといわれていますが、実際のところはどうなのでしょうか。賢く借り入れするためにも、キャッシングの金利については事前に知っておきたいですよね。クレジットカードのキャッシングや銀行などのカードローンには、それぞれメリットとデメリットがあります。今回は、キャッシングのメリットや金利相場とあわせて、そもそも金利とはなんなのかということも解説していきます。

そもそも金利ってなに?

  • 借金とは切り離せない関係にあるのが金利の問題です。金融業者とのトラブルを防ぐためにも、そもそも金利とはどんなものなのかを確認しておきましょう。まず、金利とは借りたお金に発生する利息を求めるための利率のことです。金利は基本的に、1年間お金を借りていた場合にかかってくる利率、すなわち年率であらわされています。たとえば、金利が15%の状態で100万円借りていた場合、1年後に発生する利息は15万円となります。計算式であらわすと、「100万円(元金)×15%(金利)=15万円(利息)」となります。
  • 金利には他に月利や日歩(ひぶ)という種類があり、月利は1カ月当たり、日歩は1日当たりにかかってくる利率を指します。ただし、この月利や日歩をキャッシングやカードローンの利用で目にすることは滅多にありません。また、キャッシング業界で使われる用語として利子や年利などがありますが、利子は利息、年利は年率と同じ意味で使われる用語なので、特に気をつける必要はありません。
  • ところで、キャッシングの宣伝などでよくみかける言葉に「実質年率」というものがあります。ここでいう「実質」とはなにを意味しているのでしょうか。借り入れの申し込みを受けると、金融業者は信頼できる顧客かどうかということを年収や信用情報などから審査する必要があります。この審査にかかる費用や書類作成費などは顧客が負担することになるのですが、そうした費用をいちいち計算して個別に請求するのは大変な作業になります。
  • そこで、金融業者は利息のなかに諸経費を含めて顧客に請求することになります。また、法律でもそのように規定されています。つまり、「実質年率」とは諸経費を含んで設定された利率のことであり、キャッシングサービスを利用しても利息以外のお金を支払う必要はないということを意味しています。ただし、一部の金融機関においてATM手数料などの負担を求められることはあるので、その点は認識しておいてください。

キャッシングの金利相場はどれくらい?

  • クレジットカードのキャッシングの金利の相場は15~18%程度です。会社やカードによってはこれよりも低い金利を設定しているところもありますが、ほとんどの場合はこの枠に収まっています。金融業者の設定している金利は自由に決められるものではなく、貸金業法によって制限されています。法律で定められた金利は、10万円未満の貸し付けでは20%以内、10万円以上100万円未満の貸し付けでは18%以内、100万円以上貸し付ける場合は15%以内となっています。
  • これを上回る金利で貸し付けをおこなった金融業者は行政処分の対象となります。そのため、クレジットカードのキャッシングでも借りる金額に応じて金利が変わることが多いです。具体的には、100万円未満の借入で18%程度、100万円以上の借入で15%程度というのが相場になります。このように、クレジットカードの金利は利用金額やカードによって異なりますので、お金を借りる際には必ず設定された金利を確認するようにしてください。
  • また、利息の他にも借金を期日以内に返済しないことで発生する遅延損害金というものがあります。クレジットカードの場合にはキャッシングだけでなくショッピング枠の支払いが滞っている場合にもこの遅延損害金が発生します。そして、遅延損害金は年率20%と通常の貸付に比べて金利が高めに設定されていることが多く、余計な出費を防ぐためにも、借金の返済は計画を立てて期日以内におこなうようにしましょう。

クレジットカードのキャッシングを利用するメリットとは?

  • カードローンではなくクレジットカードのキャッシング機能を利用することにはどんなメリットがあるのでしょうか。まず、キャッシングを利用する際に改めて申請する必要がないという点が挙げられます。通常、カードローンを利用してお金を借りるときは審査を受ける必要がありますが、クレジットカードは発行するときにすでに審査を受けています。そのため、発行時にキャッシング枠を0円に設定していなければ思い立ったときにすぐキャッシングが利用できるのです。
  • また、すぐにお金を引き出せるので利便性が高いというのもクレジットカードのキャッシングの大きな魅力の一つです。キャッシング枠が余っていればATMなどで即座にお金が借りられるので、クレジットカードのキャッシングはすぐにお金が必要な場合におすすめの選択肢となります。さらに、クレジットカードのキャッシングは海外での利用という点で非常に便利です。海外旅行中に現金が不足したときなどに、契約しているカード会社の提携ATMがあれば現地通貨で借り入れがおこなえます。海外に行く機会が多い人や海外でのトラブルが不安だという人にはキャッシング機能のついたクレジットカードが非常に心強いアイテムとなるのです。ただし、海外での利用の場合、クレジット会社によっては海外キャッシュサービスについて別に申し込みをしなければならないケースもありますので、確認が必要でしょう。 
  • 他にも1週間程度の旅行であれば両替所の手数料を払うよりもキャッシングを利用した方が安く済むこともあるなど、メリットの多い海外でのキャッシング利用ですが、注意点もあります。1つ目は、返済方法が限定されることがあるという点です。国内利用の場合は一括返済かリボ払いか選択できるのが普通ですが、海外で利用すると会社側から指定されることがあるので気をつけましょう。
  • 2つ目は、ショッピング枠を使いすぎるとキャッシングが利用できないということです。これは海外での利用に限った話ではないのですが、クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠との兼ね合いで決まります。簡単にいえば、この2つの枠で利用できる合計限度額は常に一定だということです。この限度額のことを与信枠といいます。いざというときに枠が残っていなくて利用できなかったということが起こらないように、クレジットカードの与信枠とそのうちいくら使ったのかということは常に把握しておくようにしましょう。

キャッシングよりも金利が安い?カードローンのメリット

  • お金を借りる方法として、クレジットカードによるキャッシングの他に消費者金融や銀行などのカードローンを利用するという方法があります。それでは、両者には一体どんな違いがあるのでしょうか。まず、クレジットカードのキャッシングと比較すると、カードローンは金利が低いことが多いです。金利は条件にもよりますが大体10%前後で、4~5%台ということもあり、キャッシングの15~18%と比べるとかなり低くなっています。
  • クレジットカードのキャッシングの借り入れの最高額は高くても300万円程度で、50万円までというところもよくあります。一方、消費者金融カードローンの借り入れ最高額は500~800万円程度、銀行のカードローンの場合は1000万円を超えることもあり、多額の借り入れにも対応できるようになっています。借り入れの額が上がるほど金利も低くなることがカードローンの金利が低い理由の一つとなります。長期にわたる多額の借り入れを考えている場合はカードローンのほうがおすすめだといえるでしょう。
  • カードローンを利用するメリットは他にもあります。今すぐにお金が必要だがキャッシングもカードローンも契約がないという場合、カードローンなら即日で融資に対応してくれる可能性があります。クレジットカードを新規で申し込む、あるいはキャッシング枠の設定を申請する場合、借り入れできるようになるまでに通常は1週間ほどかかります。しかし、カードローンはお金の貸し借りに特化しているので対応が早く、即日で融資してくれるところも多くあります。なかには申し込みから最短60分程度で借り入れができる会社もあるほどです。ですから、クレジットカードのキャッシングでは間に合わないというようなときはカードローンを利用するのがよいでしょう。
  • それから、返済の自由度が高いというのも魅力です。クレジットカードのキャッシングでは毎月の返済日が定められていて、借金が残っていれば必ず一定額の返済をおこなわなければなりません。これは繰り上げで返済していたとしても同じです。しかし、カードローンの返済は前回の返済日から一定期間内に次の返済をおこなえばよいので、繰り上げ返済をしておけば返済日は後ろにずれることになります。また、カードローンで借り入れをすると「初回30日間無利息」などのサービスを受けられることがあります。こういったサービスが手厚いというのもカードローンの特徴なのです。返済方法もATM・インターネット・口座振替・店頭窓口などの中から希望に合わせて選べます。

自分に合ったカードを選ぼう!

  • ここまでクレジットカードのキャッシングと消費者金融などのカードローンを比較してきましたが、大事なのは自分に合ったカードを選んでお金を借りるということです。キャッシングにはキャッシング、カードローンにはカードローンの利点があります。審査なしで手軽に利用したい、海外旅行中に借り入れをしたいという人にはキャッシングが向いていますし、長期的に多めの金額を借りようと考えている人には金利の低いカードローンが向いているでしょう。
  • また、自分の都合だけではなく自分の返済能力を考慮しておく必要もあります。一般的にはクレジットカードのキャッシングよりもカードローンの方が厳しくチェックするといわれており、低い金利でお金を借りたくても審査に通らない場合もあります。キャッシングやカードローンを利用する際には、自分がいくら必要なのか、どのように返済していくのかしっかりと計画を立ててから検討しましょう。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵(すがた よしえ)

菅田 芳恵(すがた よしえ)
  • 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー
    グッドライフ設計塾 代表
  • 証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
    最近では企業のハラスメントやメンタルヘルスの研修、ワークライフバランスの推進、女性の活躍送信事業等で活躍している。
    グッドライフ設計塾ホームページ
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム