キャッシングローンを使いたい!利用する際の注意点やカードローンとの違いを紹介!

キャッシングローンを利用しようと考えているのであれば、スムーズに利用するために注意点を押さえておくことが欠かせません。また、カードローンとの違いを把握しておくと、返済計画を立てるときにも役立ちます。この記事では、キャッシングローンとは何かについて触れ、利用時の注意点などについても詳しく解説していきます。

キャッシングローンとは?

キャッシングローンとは、クレジットカードに付帯されているキャッシングのサービスを利用して現金を借り入れることを指します。キャッシングローンについては、「キャッシング」と呼ばれることもあります。キャッシングローンを利用する前は、「すぐに現金を借り入れるのは難しいのではないか」などと心配する人も多くいるでしょう。しかし、キャッシングローンに関しては、「即日で融資してくれる可能性がある」や「担保や保証人がなくても借りられる」などの点がメリットです。そのため、急に現金が必要になったときなどには、キャッシングローンは便利なサービスのひとつなのです。

ただ、「キャッシング」と呼ばれるもののなかには、クレジットカードのキャッシング機能だけでなく、銀行系や消費者金融系のカードローンもあります。これらは利用するサービスによって特徴がそれぞれ異なります。加えて、利用可能な上限金額も契約内容によって変わってくるのが一般的です。また、キャッシングローンでは、現金を借り入れるのは比較的簡単ですが、ローンを組んで返済していかなくてはなりません。もし、キャッシングローンを利用するのであれば、計画的に返済していくことが望ましいといえます。

キャッシングの利用方法を見てみよう!

キャッシングを利用するなら、利用方法を把握しておき、スムーズに現金を受け取りましょう。まず、キャッシングを利用する場合、銀行などの提携金融機関のATMやキャッシュディスペンサーを利用します。キャッシュディスペンサーとは、「現金自動支払機」のことを指します。キャッシュディスペンサーには残高照会や現金の払い戻し機能しか備わっていないため、ATMとは用途が異なります。どちらの機械を使っても現金の借り入れは可能です。加えて、キャッシングの利用は、コンビニATMやマルチメディア端末が利用できる場合もあるため、これらの機械の活用も検討してみましょう。

たとえば、銀行など提携金融機関のATMを利用するのであれば、画面上のメニューから「お引き出し」を選び、カードの差し込み口からクレジットカードを投入します。次に、クレジットカードの暗証番号を入力して、「借り入れ」を選択し、「1回払い」や「リボ払い」の返済方法を選びましょう。そして、借り入れ金額を1万円単位で入力します。最後に、現金と利用明細、クレジットカードを忘れないように受け取りましょう。ATMではなく、キャッシュディスペンサーを利用して現金の借り入れをする場合も、機械の操作方法はほぼ同じです。特に、初めてキャッシングを利用する場合は、手順を押さえておきましょう。

キャッシングの注意点1:ショッピング枠が減る

キャッシングを利用するにあたっては、いくつかの注意点を押さえておくことが欠かせません。まず、キャッシングを利用すると、それに応じてショッピング枠が減るという特徴があります。クレジットカードでは、キャッシング枠とショッピング枠は別々に設定されています。しかし、ショッピング枠のなかにキャッシング枠が含まれるケースが一般的です。そのため、キャッシングを利用するときには、「ショッピング枠の利用限度額がいくらに設定されているか」を正確に把握しておくことが欠かせません。ショッピング枠・キャッシング枠の利用限度額や利用状況について正しく理解しておかなければ、スピーディーに融資が受けられないケースもあります。

また、一般的なクレジットカードでは、利用限度額が50~80万円となっています。たとえば、ショッピング枠を限度額いっぱいまで利用していると、キャッシング可能な金額がなくなることもあります。したがって、ショッピング枠を使って買い物をしているときなどにキャッシングをする場合は、利用可能な金額がいくらかという点に注意しましょう。

キャッシングの注意点2:リボ払いか一括払いでの返済となる

キャッシングを利用した場合、返済はリボ払いか一括払いのどちらかを選択することとなります。これは、ほとんどのキャッシングで共通していることで、なかには自動的にリボ払いが選択されるケースもあります。リボ払いをすると、毎月の返済金額がほぼ一定となります。この点だけに着目すると、リボ払いと分割払いでは、返済方法のシステムが混同されがちです。しかし、そもそもキャッシングでは分割払いは利用できません。分割払いに関しては、支払回数で支払金額を均等割りしたものであるため、返済方法に対する概念が根本的に異なるものと理解しておく必要があるのです。

キャッシングでリボ払いを選択した場合では、返済金額が毎月一定となることから、返済計画が立てやすいというメリットが見られます。しかし、リボ払いを選ぶと、支払う利息が多くなるだけでなく、返済期間が長くなりがちというデメリットがあります。そのため、リボ払いでは借り入れ金額が多くなっても、本人が気づきにくいケースもあるでしょう。加えて、キャッシング枠を利用し、それとは別にショッピング枠を利用すると、返済が二重になるという問題もあります。

これらのことから、返済が長期化することを防ぎたいのであれば、「キャッシングをするなら一括払いが基本」と心得ておく必要があるでしょう。キャッシングで一括払いを選んだ場合、当然返済時の負担は大きくなります。しかしながら、一括払いは借入期間が短いため、利息を少なく抑えることができます。返済の方法で悩んだときは、借り入れ金額などを考慮しながら、返済のシミュレーションを行っておくことが大切です。

キャッシングの注意点3:返済合計額が多くなる場合がある

キャッシングでは、返済合計額が多くなるケースが見られます。キャッシングのリボ払いにおいては、「元金がなかなか減らない」というイメージを持っている人も少なくありません。これは、リボ払いに「残高スライド元利定額返済方式」が取り入れられていることから、「リボ払いを選ぶと、ずっと利息の部分だけを支払い続けなければならない」という間違った知識によるものといえます。しかし、毎月決まった金額をスムーズに支払い続けていれば、元金も利息も完済することは可能です。ただ、これは新たな借り入れをしなかった場合の話です。リボ払いを選んで返済をしていても、その途中で新たに借り入れをする人はたくさんいます。すると、借入残高は増えることになり、結果的にひと月あたりの返済合計額が多くなるのです。このことが、「リボ払いは危険」といわれる主な理由といえるでしょう。

キャッシングを利用するときにリボ払いを選択するのであれば、「利息がどれくらい発生しているのか」という点を必ず確認することがポイントです。リボ払いでは返済が長期化すると、その都度利息が加算されていきます。そのため、リボ払いでスピーディーな完済を目指すのであれば、利息が膨らまないように工夫することが大切です。そして、返済合計金額を把握しておくと、具体的な返済計画を立てるときに役立ちます。

また、返済期間を極力短くしたいなら、繰り上げ返済を利用するという方法も検討してみましょう。繰り上げ返済を行うことは、元金に直接影響を与える金額が大きくなるということを意味しています。したがって、可能であるなら、繰り上げ返済をすると返済合計金額が多くなりすぎずにすむというメリットにつながります。

キャッシングの注意点4:返済計画を立てておく

手元に現金がない場合や、急な出費が必要な場合などに、キャッシングの利用を検討するということは誰にでもあります。キャッシングを利用すると、スピーディーに現金を借り入れることができるため、すぐに現金が欲しいときにはとても役に立つサービスといえるでしょう。しかし、キャッシングを利用する場合は、返済することもしっかりと視野に入れておかなければなりません。無理な返済計画を立ててしまうと、それをカバーしようという思いから、不要な借金を重ねてしまう恐れもあります。

加えて、キャッシングを利用するのであれば、「今から借りようとしているお金は、本当に必要か」や「現金を借りる目的は何か」などの点をしっかりと考えておくことがポイントです。借り入れをする目的を明確にしておくことは、借り入れの金額を必要最小限に抑えることにもつながります。自分が本当に必要としている分だけの現金を借りることによって、将来的な返済の負担を抑えることもできるでしょう。

このように、実際にキャッシングを利用する前には、無理のない返済計画を立てておくことが重要です。たとえば、キャッシングをして一括払いを選択する場合は、一時的に出費が多くなります。そのため、収支をしっかりと確認したうえで、借り入れを行うことがポイントです。しかし、一括払いを選べば、返済が長期化するのを防ぐことができるでしょう。

また、リボ払いを選ぶ場合には、返済の合計金額と完済までの期間をしっかりと把握しておくことがポイントです。返済合計金額や完済までの期間が正確にわかっていなければ、月々の出費を管理すること自体が難しくなってきます。リボ払いを選ぶ人のなかで、ボーナス払いなどがあり、収入に余裕がある月がある場合は、少しずつでも繰り上げ返済ができるような返済計画を立てておくことも検討してみましょう。リボ払いは、毎月の返済額を一定にできるだけでなく、自身の状況などに応じて返済額を増やすことができる点もメリットといわれています。したがって、リボ払いで完済までに時間をかけたくない場合は、積極的に繰り上げ返済をしていくことが理想です。

カードローンとの違いとは?

キャッシングはクレジットカードを利用して現金の借り入れを行います。そのため、カードローンと混同する人もしばしば見られます。しかし、キャッシングとカードローンは性質が異なるサービスです。まず、カードローンでは、借り入れ専用のローンカードを利用して現金を借ります。キャッシングはあくまでもクレジットカードに付帯しているサービスであるため、利用時に自分によりメリットがあるのはどちらかという点をしっかりと見極めておきましょう。

次に、キャッシングとカードローンでは、返済方法や返済期限が異なります。具体的には、キャッシングの場合は返済日が決まっています。キャッシングで繰り上げ返済をした場合でも、決められた返済日には必ず返済する必要があります。一方、カードローンの場合は、返済予定日までに返済すれば何も問題はありません。カードローンで借り入れを行っている場合に繰り上げ返済をすると、それに伴って返済日がずれていくため、この点はしっかりと注意しておきましょう。

また、返済方法に関しては、キャッシングよりもカードローンのほうが豊富であるという特徴が見られます。キャッシングで借り入れをした場合は、主に口座引き落としによる返済となります。対して、カードローンの場合は、基本的にはATMを使った返済となるものの、自分で設定した返済方法に切り替えることができる点がポイントのひとつです。具体的には、口座振替や店頭窓口、コンビニATMなどでの返済もできます。これらのことから、返済方法に関しては、キャッシングよりもカードローンのほうが利便性は高いというメリットがあるといえるでしょう。

キャッシングは計画的に利用しよう!

キャッシングは、いざというときに役立つサービスです。キャッシングに関しては、申し込みの段階で担保や保証人を用意する必要がないため、スピーディーに現金を借り入れたい場合などには、特に便利であるといえるでしょう。しかし、キャッシングを利用する場合でも、安易に借り入れをするのは危険です。キャッシングを利用するのであれば、しっかりと返済計画を立てて、効率的な返済が実現するように働きかけることが大切です。

たとえば、借り入れの段階では、「今すぐに現金が必要な理由は何か」という点を考えたうえで、必要最小限の金額を借りるようにすることが求められます。加えて、ボーナス月などで余裕を持って返済ができるのであれば、繰り上げ返済も視野に入れておくことが欠かせません。キャッシングをする場合は、利用時の注意点を押さえたうえで、具体的で無理のない返済計画を立てるように心がけましょう。

監修者プロフィール : 山﨑 貴史

山﨑 貴史
  • ファイナンシャルプランナー
  • IT活用コンサルタント・ファイナンシャルプランナー。ITツールを活用した効果的な家計簿の使い方、家計の資産の見える化、お金を節約するだけでなく増やすための方法をアドバイスしている。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング