キャッシングの金利はどれくらい?利息の計算方法と注意点を紹介!

どうしても急にまとまったお金が必要となったとき、キャッシングの利用を考えることがあるかもしれません。キャッシングの返済には金利が大きく影響します。借りた額よりも多くの金額を返す必要があるため、きちんと返済できるのかと心配になる人も多いのではないでしょうか。しかし、利息の計算方法を正しく理解すれば、無理なくキャッシングを利用できるはずです。この記事ではキャッシングの金利や利息の計算方法、注意点について解説します。

キャッシングにおける金利とは?

金利とは、お金を貸し借りする際に発生する費用を計算するための率(パーセント)のことです。同じように使う言葉として利子や利息という言葉がありますが、金利と混同して使用している人も多いかもしれません。一般的に利子とは郵便貯金や銀行預金をした際にもらえるお金のことを指す場合が多いです。また、利息とは消費者金融や銀行からお金を借りたときに払う必要があるお金を指すことが多いです。この利子や利息は、金利によって変動するものです。金利は元のお金に対する利子や利息の割合であるため、金利が上下すると利子や利息も高くなったり、安くなったりします。

従って、キャッシングの利用においては、この金利ができるだけ低い業者、もしくは無利息で貸してくれるところを探すことが大切です。短期間の借り入れの場合は、一定期間無利息で借りられるプランを用意しているところもあります。

また、キャッシングにおける金利には日歩、月利、年利という表現があり、それぞれ1日単位、月単位、年単位でかかる利息の計算に使われます。ごく短期的な借り入れなので利息額は少ないと思っていたら、日歩によって思いのほか返済額が多かったという可能性もあるので注意しましょう。ただし、金利は借入期間が長くなるにつれて高くなるのが基本です。そのため、一般的には短期間で返済できるようにプランを立てると、利息額を抑えることができます。

金利と実質年率に違いはある?

キャッシングについて調べていくと、金利のほかに実質年率という言葉を目にするはずです。実質年率とは、金利のほか、キャッシングを利用する際に発生する手数料などの諸費用を含めたものを指します。そのため、できるだけ手数料などを安く抑えた業者を探すことが重要だと考える人も多いかもしれません。しかし、キャッシングを取り扱っている業者のほとんどは手数料などの諸費用を無料としているため、この点のみを比較して業者を探すことはあまり意味がないといえるでしょう。

手数料などを無料としている業者が多いことから、実質年率と金利はほぼ同じ意味だと理解しておいて問題はありません。ただし、キャッシングを行う会社は取り扱っている商品に対して、実質年率で表記することを法律上義務づけられています。実質年率の表記がない会社は法律に違反しているので、借りることのないようにしましょう。特に、金利が低いと思って契約したところ、法外な手数料を請求する悪徳業者だったという可能性もあります。従って、実質年率という表記の有無には十分注意しなければなりません。

利息の計算方法を紹介!

キャッシングを取り扱う会社のほとんどは、お金を貸す際に実際の金利を提示してくれます。ただ、自分で計算できるようにしておくと、あらかじめ利息額をある程度把握できるようになるため、借りる前に過度な不安を抱かずに済むでしょう。また、複数あるカードローン会社を比較するときにも役立ちます。実際の利息額は、借入金額×金利÷365×借入日数で求められます。たとえば、借入金額が50万円、金利が年14%、60日で返済する

(借入額)(金利)(1日当たり)(借入日数)

場合の利息額は、50万円×0.14÷365×60=約1万1,506円です。

なお、利息額の計算はあくまで簡易的なものであると理解しておきましょう。分割払いやリボルビング払いの場合は、先に挙げた計算式で返済回数や返済金額を算出するのは難しいといえます。分割払いは支払回数を決めて、借りた金額を支払回数で割って、そこに手数料と利息の合計額を足して返済していくものです。一方、リボルビング払いとは月々の支払額を一定にする支払方法になります。実際の利息額は、毎月の借入残高に対してその都度算出されることとなるため、返済が進めば進むほど、利息額は小さくなっていくのです。キャッシングを取り扱っている業者のいずれも、それぞれの返済プランにおける実際の返済額をシミュレーションしてくれます。契約前であれば費用が発生することもないので、利息額についてはかならず事前に確認しておくようにしましょう。

キャッシングでの金利相場はどれくらい?

いくら金利が安い業者から借りるのがお得であるとはいえ、金利の相場がわからなければ、提示された金利がどのくらい妥当であるのかを判断するのは難しいものです。また、金利の上限を知らなければ、不当に高い金利を設定している業者を見抜けなくなってしまうでしょう。キャッシングにおける金利は、出資法という法律によって上限が定められており、年利にして20%までです。さらに、利息制限法では具体的な貸付額に対する上限についても定めています。貸付額が10万円未満の場合は20%、100万円未満の場合は18%、100万円以上の場合は15%までとなっています。こうした上限を超えて貸し付けを行っている業者は違法ですので、注意しましょう。

キャッシングの相場は、貸付業者が銀行系か消費者金融系かによって異なります。銀行系のキャッシングの場合、金利の相場は約3~15%です。一方、消費者金融系のキャッシングにおける相場は、約5~18%になります。数値だけでみれば、銀行系キャッシングのほうがお得に借りられるといえるでしょう。ただし、実際の適用金利はカードローン会社によって異なる上に、利用限度額が高いほど金利は低くなる傾向にあります。借りる際にはそれぞれの会社が提示する、利用限度額ごとの金利についてしっかりと比較を行うことが大切です。

金利は人によって違う?

キャッシングで適用される金利は、人によって異なります。銀行系キャッシングの相場が約3~15%であるからといって、誰でも低い金利で借りられるというわけではありません。キャッシングにおける実際の金利は、契約者の信用情報などを元にして決定します。もちろん、信用情報が低い人は金利が高くなる傾向にあるので注意しましょう。特に、返済が遅れてしまった場合は、上限金利がつくこともしばしばありますし、借り入れを断られることもあります。

なお、信用情報に基づいて決定される金利は、キャッシングを取り扱う業者によって異なります。同じ信用情報、同じキャッシング枠であったとしても、14%で貸してくれるところもあれば、11%で貸してくれるところもあるのです。低い金利が評判の会社よりも、高い金利を提示している会社のほうが、実際には金利が低くなった、というケースもあるので注意しましょう。金利の最終的な決定は、実際に審査を受けるまではわかりませんので、注意してください。

金利を下げることは可能?

もしキャッシングをするなら、できるだけ低い金利で借りたいと多くの人が思うはずです。いくつかの方法をうまく駆使すれば、場合によってはキャッシングの金利を下げることができます。たとえば、借り入れと返済の実績をつくることは有効な方法のひとつです。金融業もほかの業種と同じように、お得意様を大事にする傾向があることに変わりはありません。また、利息によって儲けを出している以上、リピーターの獲得が重要であることも同じです。そのため、過去にキャッシングを利用しており、返済の遅れがなかった顧客に対しては、次回以降の金利を低く設定してくれることがあります。

また、年収の増加や持ち家の購入、家族構成の変化など、経済状況が変わった場合にも金利が下がることがあります。年収の増加は昇進や転職、雇用形態の変化などにも影響されるものです。また、持ち家の購入は資産の増加とみなされるだけではなく、購入できるだけの経済状況にあるという指針にもなるでしょう。もし、カードローンの申込時にこうした情報を記入する必要があったとしたら、その情報はすべて審査に関係していると思ったほうが良いかもしれません。提出した情報に変化があった場合は、そのタイミングで限度額を増やす申請をしてみましょう。限度額が増えると、金利は低くなる傾向にあります。

なお、別の会社と比べ、より低金利の会社へ借り換えるというのもひとつの方法です。現在のキャッシング残高を金利の低い新しいキャッシングで借り換えれば、月々の返済額は、これまでより低くなるでしょう。特に、消費者金融系のキャッシングを続けている場合は、銀行系のキャッシングへ借り換えを行うと、金利が下がるかもしれません。一般的に消費者金融系よりも銀行系のほうが金利の相場は低いためです。ただし、銀行は安心感や信頼の高さを売りにしているため、審査も消費者金融より厳しい傾向にあります。

ちなみに、はじめてキャッシングを利用する場合は、限度額を高めにして申し込むのもひとつの方法です。一般的に、限度額が10万円で契約するよりは、100万円で契約するほうが金利は下がる傾向にあるからです。しかし新規の借入額の設定は、信用情報にも影響しますので、限度額は自分の状況をよく考えて設定してください。

キャッシングを利用する上での注意点

ショッピング枠とは異なり、キャッシング枠は総量規制の対象となります。総量規制とは2010年に施行された貸金業法が定める規制のひとつです。過去にはこの規制がなかったため、複数の業者から多額の借金を繰り返し、多重債務に陥る人が後を絶ちませんでした。そのため、総量規制によって個人が貸金業者から借りられる金額に上限を設け、過度な借り入れを防いでいるのです。

総量規制によって借りられるお金の上限は、年収の3分の1までとなります。もし年収が300万円の場合、借入額の上限は100万円までです。この総量規制は1社だけではなく、他社からの借入分との合計でカウントします。つまり、年収300万円の人がある会社から40万円をすでに借りている場合、別の会社から借りられるお金は60万円までとなるのです。この上限を超えて借りようとしても自動的に審査に落ちてしまうので、借りる前には自身の収入とすでに設定した借入枠をきちんと確認しておくようにしましょう。

総量規制は消費者金融やクレジットカード会社のみを対象としていました。しかし、銀行によるカードローンによって自己破産した人が増えたことを金融庁が問題視しており、各銀行も自主的に総量規制の上限を設定するようになってきています。そのため、銀行であっても年収の3分の1を超える借り入れは難しくなっていると理解しておきましょう。なお、借金返済の軽減を目的とした借り入れについては、例外的に総量規制の対象外となることがあります。また、住宅ローンや自動車ローンについては、総量規制の対象外です。

金利の知識を得て上手にキャッシングしよう!

キャッシングの利用において利息を安くする一番のコツは、できるだけ短期間で一気に返済してしまうことです。そうすれば、いつまでも利息を払い続ける必要はありません。すぐに返済できる見通しが立っているならば、過度に金利を怖がる必要はないのです。しかし、場合によってはある程度長期的な期間で返済プランを設定する必要もあるでしょう。こうした場合には、できるだけ金利の低いところから借りるようにすると、利息額を抑えられます。もちろん、金利は銀行か消費者金融かによって異なる上に、その人の信用情報によっても上下するものです。各業者の金利をある程度確認することも大切ですが、最終的な金利の決定は審査によるということにも注意しておきましょう。

また、総量規制による上限は、無理のない借り入れを行うために設けられたものです。従って収入の3分の1を超えたキャッシングを利用することは難しいといえます。もし今後キャッシングの利用を考える場合には、本当にそれが必要なお金なのかどうかを見直すと共に、本当に返済が可能なのかを今一度、考えましょう。金利と利息の計算方法、ふたつの知識をきちんと踏まえた上で、上手にキャッシングを活用してください。

監修者プロフィール : 青野 泰弘

青野 泰弘
  • ファイナンシャルプランナー・行政書士
  • 1964年静岡県生まれ。同志社大学法学部卒業後、国際証券に入社。その後トヨタファイナンシャルサービス証券、コスモ証券などで債券の引き受けやデリバティブ商品の組成などに従事した。2012年にFPおよび行政書士として独立。相続、遺言や海外投資などの分野に強みを持つ。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング