キャッシングのリボ払いとは?効率的に使うコツを紹介!

キャッシングのリボ払いは便利です。しかし、よく知らないで使っていると、あっという間に借入額が膨れ上がり、首が回らなくなってしまいます。賢く効率的にリボ払いを利用するためには、リボ払いの仕組みを理解することが大切なのです。そこで、リボ払いのメリット、デメリットをはじめ、効率的に使うコツを紹介していきましょう。

キャッシングのリボ払いについて詳しく紹介!

キャッシングのリボ払いの最大の特徴は、毎月の返済額が一定であることです。そのため、リボ払いは何度お金を借りても、毎月の返済額は変わりません。例えば、1万円借りて毎月3,000円返すことに決めたとします。この後、追加で1万円借りたとしても、返済額は毎月6,000円ではなく3,000円のままでいいのです。毎月いくら返済するかは、あらかじめ設定します。そして、返済額をいくらに決めるかは会社によって違うのです。

また、一口にリボ払いと言っても、その種類はさまざまです。日本では主に次に紹介する2つの方法が採用されています。1つ目が、元利定額リボルビング方式です。この方式は、前もって決めた元金と利息の合計が毎月一定額になるのが特徴です。さらに、元金よりも利息を優先して返済額に充てるため、元金がなかなか減らず、返済期間が長くなります。

2つ目が、元金定額リボルビング方式です。この方式は、前もって決めた元金を毎月一定額返済していくのが特徴です。ただし、一定額なのは元金だけで利息は毎月変動していきます。利息は借りたお金に対してかかるものです。そのため、支払開始当初は元金が多い分、利息が高くなり、返済額が増えます。

どちらのリボ払いを選ぶかは、ケースバイケースです。毎月の返済額を抑えたい場合は、元利定額リボルビング方式がおすすめです。できるだけ早く完済したいという場合は、元金定額リボルビング方式がよいでしょう。

リボ払いと分割払いの違いとは?

キャッシングのリボ払いと分割払いは、どちらも毎月借りたお金を返済していくことから、同じようなものだと思われがちです。しかし、実は仕組みはまったく違います。分割払いの場合は、借りた金額と分割回数によって設定された金額をクレジットカード会社に支払っていきます。分かりやすいように利息を省略して、分割払いの例を挙げましょう。分割払いの場合、10万円借りて10回払いにすると、毎月1万円ずつ返済していくことになります。そして、その1カ月後、追加で10万円借りて10回払いにしたとします。すると、先に借りた分と合わせて毎月2万円ずつ返済していくことになるのです。

一方、リボ払いの場合は、前もって決めた金額を毎月一定額返済していきます。そのため、追加でお金を借りても、毎月の返済金額は変わりません。例えば、10万円借りて、毎月1万円返済していたとします。完済しないうちに追加で10万円借りたとしても、毎月の返済額は増えずに、1万円のままなのです。

また、分割払いの場合は最初に支払回数を決めます。そのため、いつまでに返済が完了するか、すぐに把握することが可能です。しかし、追加でお金を借りた場合は、その分毎月の返済額が増えるため、家計への負担は大きくなります。毎月の給料が決まっている場合、返済額が増えると、生活費を圧迫します。場合によっては、分割払いのお金を支払うために、さらに別のところでキャッシングすることにもなりかねません。追加で借りる場合は、注意が必要です。

一方、リボ払いの場合は、金額が一定しているため、家計を管理しやすいと言えます。追加で借りても毎月の支払金額は変わりません。しかし、その分、元金が減りにくく、利息がかさみます。そして、返済期間も延びてしまいます。さらに、回数を決めて返済していくわけではないため、完済までどのぐらいかかるかがはっきりしにくいのです。

リボ払いのメリットを知ろう!

キャッシングのリボ払いには、主に4つのメリットがあります。1つ目が、月々の返済負担が軽く済むことです。例えば10万円借りて、翌月に一括で返すとなると返済負担が大きくなります。最悪の場合、返済するためにまた新たなところで、お金を借りてしまうことにもなりかねません。そうなると、自転車操業状態に陥ります。しかし、リボ払いの場合、一気に返済する必要はなく、借りた金額を小分けにして返済することが可能です。しかも、その金額は無理がないように、あらかじめ設定することができます。そのため、家計に負担をかけずに完済することができるのです。ただし、クレジットカード会社によって最低返済額が決められているので、注意しましょう。

2つ目が、毎月の返済額が同じであるため、完済する計画を立てやすいことです。毎月の給料は変わらないのに、返済額が月によってバラバラだと、返済計画に無理が生じてしまいます。返済額が大きい月があると、生活費を圧迫したり、場合によっては支払うことができなかったりします。その点、返済額が一定であれば、あらかじめ毎月の生活費の中に組み込んでおくことが可能なため、無理なく支払い続けることができるでしょう。

3つ目は、借入額が増えても、毎月の返済額が変わらないことです。追加でお金をキャッシングしても、その分だけ返済額が増えてしまうということはありません。ただし、正確に言うと、元金定額リボルビング方式の場合は、元金は一定ですが、利息は元金に応じてかかります。そのため、借りた金額が増えると利息が大きくなります。しかし、毎月の返済額にはそれほど大きな差はないと言っていいでしょう。

リボ払いをすることのデメリットとは?

キャッシングのリボ払いのデメリットは、主に3つあります。1つ目が、元金が減りにくいため、返済期間が長くなることです。例えば、元利定額リボルビング方式の場合、毎月一定の金額を返済していきますが、元金よりも利息を優先して返済額に充てることになります。利息は元金にかかるものです。そのため、いかに元金を減らしていくかが、総支払額を減らし、完済までの期間短縮の決め手になります。しかし、元金が減りにくいリボ払いでは、なかなか返済が終わりません。リボ払いでキャッシングするときは、元金と利息の割合、そして、総利息額はいくらになるのかを把握してから、お金を借りるようにしましょう。

2つ目が、金利手数料が高く設定されているケースが多いことです。金利手数料はクレジットカード会社によって異なりますが、リボ払いの場合、相場よりも割高なところが目立ちます。金利手数料が高いとその分、利息も高くなり、結果的に返済額も増えてしまいます。キャッシングする前に、金利手数料はチェックするようにしましょう。そして、できるだけ安いところを選択してキャッシングするようにします。

3つ目が、借入金額が高額になりやすいことです。リボ払いの場合、追加で借りても毎月の返済額は変わりません。これはリボ払いのメリットでもあるのですが、同時にデメリットでもあります。なぜなら、借入金額が高額になっても実感が湧きにくく、安易に借りてしまいがちになるからです。そのため、いつの間にか借入の限度額に達していたということもあり得ます。対策として、毎月クレジットカード会社から送られてくる明細を見て、総返済額、返済回数をきちんと把握するようにしましょう。

リボ払いを効率的に使うコツ1:繰り上げ返済をする

リボ払いは元金が減りにくいという特徴があります。そのため、利息ばかりを支払い続けて、なかなか完済することができません。そんなリボ払いを効果的に使うコツは3つあります。1つ目のコツは、繰上返済です。繰上返済とは、月々の返済額の他に、借入額の一部または全てを返済することです。多めに支払うことで、返済期間は短縮されます。リボ払いの場合、返済期間が長くなればなるほど、その分利息がついて返済合計額が増えていくのです。そのため、繰上返済で期間を短縮すれば、返済額を節約することになります。

例えば、ボーナス月や臨時収入があったときなど懐に余裕ができたときは、一括で返済してしまいましょう。返済期間が短くなった分、総返済額も減ります。一括は無理でも、繰上返済で元金を少しでも減らせば、その分、利息がかからずに済みます。すると、総返済額も減り、支払期間も短縮することが可能です。つまり、総返済額を減らすためには、少しずつでもいいので余裕があるときや臨時収入が入ったときは、繰上返済をしていくことが効果的になります。

リボ払いを効率的に使うコツ2:毎月の返済額を増やす

リボ払いを効果的に使うコツの2つ目は、毎月の返済額を増やすことです。繰上返済のように一時的に返済額を増やすのではなく、毎月の返済額そのものを増やしていきます。毎月の返済額が増えれば増えるほど、元金を減らすことができ、利息も減ります。その結果、支払期間を短くすることができ、総返済額も減らすことができるのです。

毎月たった5,000円増額するだけでも、長い目で見ると総返済額には大きな差が出てきます。例えば、50万円キャッシングして、元金定額で返済し、クレジットカード会社の金利手数料として15%取られるとしましょう。毎月5,000円+利息のリボ払いを続けていると、全て返済するまでに100回もかかってしまいます。その際、金利負担は31万4,717円です。そして、総返済額は81万4,717円になってしまうのです。一方、毎月1万円+利息のリボ払いの場合、返済は半分の50回で済みます。さらに、返済期間が短縮された分、金利手数料も15万8,386円になります。5,000円ずつ返済する場合と比較して約半分の金利手数料で済むのです。その結果、総返済額は65万8,386円になります。この例からは、わずか5,000円で大幅に総返済額を節約できることがわかるでしょう。月々5,000円が難しければ、3,000円でも1,000円でもいいので、返済額を増額することができないか、検討してみましょう。

また、毎月の返済額を増額したうえで、臨時収入があれば繰上返済することをおすすめします。なぜならば、2つのコツを併用したほうが、より効率的に元金を減らすことができ、総返済額をよりいっそう節約することが可能になるからです。

リボ払いを効率的に使うコツ3:借り換えをする

リボ払いを効果的に使うコツの3つ目は、金利手数料が安いところに借り換えをすることです。リボ払いは金利手数料が高いところが多いため、なかなか元金が減らず、利息ばかりが増えていきます。そのため、完済までたどりつくことが難しくなってしまうのです。そこで、少しでも支払う利息を減らすことが大切になってきます。そこでおすすめなのが、カードローンです。カードローンというと、クレジットカードのキャッシングと比べて、借りるのが怖いというイメージがあるかもしれません。しかし、学生や女性専用のカードローン会社もあり、気軽に借りることが可能です。

カードローンをおすすめする理由は、リボ払いの金利手数料よりも格段と安くなっているからです。リボ払いの金利手数料が15%程度であることに対して、カードローンの金利手数料は7~9%程度で済みます。一口にカードローンと言っても、ネット系カードローンのほうがより低金利である場合が多いことが特徴です。いくつか調べてみて、借り換えを検討してみてはどうでしょうか。

ただし、リボ払いからカードローンへの借り換えが難しい場合もあります。カードローンでお金を借りる場合は審査があります。リボ払いの残高が高額な場合、審査に落ちてしまうこともあるのです。とはいえ、これまでカードローン会社や消費者金融でお金を借りたことがないのであれば、信頼されやすいかもしれません。試しにお金を借りることができるかどうか、問い合わせてみるといいでしょう。ちなみに、カードローンの審査に通り、お金を借りることが可能になっても、借りるのはリボ払いの返済に必要なお金だけにしておきましょう。いくら金利手数料が安いからといって、限度額まで借りてしまうと、今度はカードローンの返済で苦しむことになってしまいます。

効率的な返済を心がけよう!

月々の返済負担が軽く済み、返済計画が立てやすいというリボ払いは非常に便利なものです。しかし、リボ払いにはメリットもあれば、デメリットもあるものです。例えば、リボ払いは金利手数料が高く設定されていたり、元金が減りにくかったりします。キャッシングするときは、ついついリボ払いのメリットばかりに目を奪われがちになってしまいますが、後悔しないためにはデメリットにも注意を払うようにすることが大切です。そして、借りた後は懐に余裕があるときの繰上返済、毎月の支払額を増額、また、金利手数料が安いネット系カードローンへの借り換えをするなど、効率的な返済を心がけましょう。そうすることで、少しでも完済期間を短縮することができ、総返済額を減らすことが可能になります。

監修者プロフィール : 菅田 芳恵

菅田 芳恵
  • ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士
  • 愛知大学法経学部経済学科卒業後、証券会社、銀行、生保、コンサルティング会社勤務後、独立開業。49歳から2年間で社会保険労務士やファイナンシャルプランナーの資格など7つの資格を取得。現在は13の資格を活かして、コンサルティングや研修、セミナーの講師、カウンセリング等幅広く行っている。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング