キャッシング・カードローンとはどんなもの?違いを詳しく解説!

キャッシングとカードローンについて、違いがよく分かってない人や同じものであると認識している人は珍しくありません。たしかに共通点もありますが、明確に異なる点もたくさんあるので混同しないようにしましょう。この記事では、キャッシングとカードローンがどういうものか紹介し、両者の違いについても詳しく解説していきます。

キャッシングの意味を解説!

キャッシングは、たいていのクレジットカードに備わっている基本的な機能の一つです。現金を借り入れるサービスを利用できるものであり、限度額に関してはショッピング枠とは別に枠が設けられています。ただし、2つの枠は完全に独立しているのではなく、キャッシング枠はショッピング枠に含まれているのが一般的です。たとえば、ショッピング枠100万円とキャッシング枠60万円の状態で、40万円をショッピングで使ったら、キャッシングで借り入れられる上限は20万円になります。

クレジットカードの所有者でも、ショッピングの機能しか使った経験がないという人も多いでしょう。そのような人はキャッシングもショッピング機能の一部だと考えている場合があります。ショッピング機能は、その名のとおり、買い物の会計の際に使用し、代金をカード会社に立て替えてもらうものです。一時的にお金を借りている状態になると解釈できますが、現金を調達できるわけではなくリボ払いや3回以上の分割払いでなければ利息も発生しないので、借り入れをおこなうキャッシングとは根本的に異なります。

また、キャッシングの機能を利用するタイミングは決まっておらず、ATMが設置されている金融機関やコンビニなど多くの場所で使えます。操作は、キャッシュカードを用いて自分の口座から現金を引き出す場合とほとんど同じなので、特に難しくはありません。さらに、借り入れた現金の用途も限定されておらず、ショッピングで支払いをする際にも使えますし、子どもの教育費や投資の元手などにあてることも可能です。このようにキャッシングは融通が利いて便利ですが、ショッピングの機能とは違って返済の必要があることや利息が発生することに注意する必要があります。

カードローンとはどんなもの?

カードローンは、その名のとおりカードを使って融資してもらえるサービスです。こちらのカードは、クレジットカードのようにショッピング枠は設定されておらず、現金の借り入れに特化しています。一般的にローンを組むときは不動産や自動車などの担保が必要であり、返済できなかった場合は代償として担保として差し入れたものを譲渡しなければなりません。返済できない自分の代わりに返済の義務を負う保証人の設定も求められます。それに対して、カードローンは担保も保証人も必要ないので、多くの人にとって利用しやすくなっているのです。

また、繰り返し使える点も特徴の一つとして覚えておきましょう。いったん完済しないと借りられないローンも多いですが、カードローンは契約の期間内であれば、限度額を越えない限り何度でも利用が可能です。さらに、住宅ローンや教育ローンのように用途が限定されないことも大きな特徴となっています。そう言われると、用途に縛りがないフリーローンの一種だと思う人もいるのではないでしょうか。しかし、フリーローンは繰り返し利用ができず、毎回申し込みと審査が必要であり、用途が分かる書類の提出を求められるケースもあります。カードローンの申し込みと審査は最初だけですし、そのような書類の提出は借り入れの要件になっていません。

一口にカードローンといっても、サービスを提供している企業はさまざまです。消費者金融のイメージを持たれがちですが、銀行や信用金庫をはじめとした金融機関も扱っていますし、カードローンの会社の中には銀行の子会社もあります。いずれもカード発行後の借り入れの方法は簡単で、わざわざその企業の店舗まで行く必要はありません。専用のATMだけでなく、提携しているコンビニや金融機関のATMも利用できるからです。

キャッシングとカードローンの違い1:利用開始までの期間

すぐにお金が必要になる場合もあれば、数日以内に調達できれば構わないという場合もあるでしょう。キャッシングとカードローンはどちらも手軽に利用できますが、最初に借り入れられるまでの期間に違いがあるので注意しなければなりません。ショッピングで使うという理由で、すでにクレジットカードを所有しており、そこにキャッシン枠が設定されているなら、すぐにでも借り入れが可能な状態です。クレジットカードの申し込みの時に、併せて、キャッシングの申し込みと審査がおこなわれているからです。カード会社から送られてくる請求明細書やインターネット上の会員情報のページなどを見れば、キャッシング枠の有無や金額を確認できます。

カードローンに関しては、初めて借り入れをしたいと思った時点では、まだカードを所有していないのが一般的です。そのため、多くの場合は発行の申し込みからはじめなければならず、早い場合でも1時間以上はかかってしまいます。申し込み自体はインターネットでもおこなえるところが多く、必要な書類をそろえていればスムーズに進められますが、カード会社の審査が終わるまで待たなければなりません。そのため、お金が必要になると分かっているなら、少し余裕を見て申し込んでおくのが得策です。

そう聞かされると、クレジットカードのほうが借り入れまでスピーディーという印象を持つ人もいるでしょう。ただし、クレジットカードにキャッシング枠がなければ、新たに設定してもらうように申し込まなければなりません。また、キャッシング枠がある場合でも、用途に対して足りなければ増額の申し込みが必要です。キャッシング枠の新たな設定の申し込みやキャッシング枠の増額の申し込み、いずれの申し込みにも収入などの審査が必要です。また、総量規制の対象にもなります。どちらにせよ審査を受けることになり、カードローンを申し込んだときと同程度の時間がかかってしまうので気を付けましょう。

キャッシングとカードローンの違い2:サービス内容

キャッシングはクレジットカードのサービスの一つであるため、所有者であればほかに付帯しているサービスも利用が可能です。ショッピングに使えるのはもちろんですし、空港のラウンジを無料で使用できるような優待も受けられるものが多く、具体的なサービスはクレジットカードの種類によって異なります。ゴールドカードと呼ばれるクレジットカードは、加入条件が厳しい分だけサービスも充実しているのが一般的です。ただし、集客力をあげるため、ゴールドカード以外のカードにも魅力的なサービスがついているものはたくさん存在します。

そのため、借り入れが目的でクレジットカードを作る場合でも、ほかのサービスに関して細かくチェックしておいたほうが良いでしょう。上記はあくまでもクレジットカード全般に関する話であり、キャッシングのサービス内容に限定した場合は、海外でも利用できることが特徴として挙げられます。クレジットカードには海外旅行に関する保険がついているものも多いので、キャッシングは日本以外での借り入れとも相性が良いといえます。

カードローンは融資に特化したカードであるだけに、借り入れに関するサービスの充実度が高いです。たとえば、借りてから30日間は無利息というサービスがついているカードローンもあるので、無利息の期間に借りた金額の全額を返済することができれば元金を返すだけで済む場合もあります。また、借り入れをほかの人に知られないようにするため、住まいへの書類の郵送を行わないなど秘密保持に協力してくれるカード会社も見受けられます。クレジットカードにはない、カードローンならではのきめ細やかなサービスですね。そのほかにも、いろいろなサポートを受けられるので、借り入れが初めての人でも利用しやすいと感じるでしょう。

キャッシングとカードローンの違い3:返済日の考え方

借り入れだけでなく、返済に関してもキャッシングとカードローンには違いがあります。特に、返済のタイミングについては大きく異なっているので注意しなければなりません。キャッシングの場合は、ショッピングで使用した分の支払いと同じ日を返済日に指定されることが多く、そのタイミングで必ず返す必要があります。支払う利息をできるだけ少なくしたい人は、タイミングを気にせずに早めに返済していくことも可能です。

しかし、その場合でも、まだ借り入れが残っていると指定日の返済が免除されるわけではないので気を付けましょう。つまり、あくまでも繰り上げ返済という扱いになるため、それによって支払日が後ろにずれるような処置は取られません。したがって、現金を早めに入手できたからといって急いで返済すると、本来の支払いのタイミングが訪れたときに困ってしまう可能性があります。手持ちの現金と指定日の返済額を照らし合わせたうえで、不足する恐れがないか十分に検討しましょう。

一方、カードローンに関しては、そのような細かいことまで気にしなくても大丈夫です。なぜなら、指定日までに決められた金額を支払えば、次のタイミングは後ろにずれるルールになっているからです。たとえば、30日が指定日となっている人が20日に返した場合、返済した月の30日に返済する必要がなくなり、次回の指定日は翌月の20日になります。このように、返済のタイミングが更新されていくので、現金を入手するごとに前倒しで次々と返していくことも可能です。

キャッシングとカードローンの違い4:返済方法

返済に関しては、支払いの方法にも違いがあるので要注意です。キャッシングで借り入れた場合は、基本的にクレジットカードに登録している口座から引き落とされることになります。ショッピング分の支払いと同じ口座から支払われても構わないなら、登録を変更する必要はありません。自動的に引き落とされるので手間が少なくて済みますが、指定日までに返済分のお金を口座に預け入れておく必要があります。その際はショッピング分の請求額も忘れずにチェックして、少なくとも両方の合計額を入れておくことが大事です。

カードローンで借り入れた場合、必ずしも口座からの引き落としで返す必要はありません。提携しているコンビニなどのATMを利用して返済している人が多いという実情があります。借り入れと返済をATMだけで完結させられるので、シンプルで分かりやすいことも大きな特徴です。銀行の営業時間を気にする必要もなく、24時間営業のコンビニが近くにあれば、いつでも手軽に返済できます。ただし、口座からの引き落としのほうが楽だと感じる場合は、そのように設定することも可能です。なお、ATMからの返済の場合、振込手数料を負担しなくてはならない場合もあります。

したがって、返済方法として口座からの引き落としを希望するなら、キャッシングとカードローンに大差はありません。一方、配偶者と共通で使っている口座しか持っておらず、借り入れを内緒にしておきたいなど、引き落とし以外の方法を選択したい人もいるでしょう。そのようなケースにおいては、ATMを使って返済できるカードローンが重宝します。

借り入れするときの注意点とは?

キャッシングとカードローンには違いがたくさんある一方で、簡単に借りられるという共通点もあります。それはメリットに違いありませんが、借金を膨らませずに健全に利用していくには注意が必要です。口座から引き出すときと同じぐらい手軽に利用できるため、何度も利用していると感覚が麻痺してしまい、限度額までが自分のお金であるように感じてしまう人も見受けられます。限度額まで借りてしまうと、毎月の返済の負担がとても大きくなりますし、もう借りられないので有事の際に困るかもしれません。そのようなリスクを小さくするには、自分の収入をよく考えたうえで、余裕を持って返済できる範囲で利用する必要があります。

返済をスムーズにおこないたいなら、借り入れの段階で完済までのスケジュールを考えておくのが望ましいです。そのためには、利息も計算に含めて返済の合計額を把握しなければなりません。そのうえで、月々に返済する金額を仮定して、どれくらいで完済できるのかシミュレーションをおこなうことが重要です。とはいえ、計算が複雑なので正確におこなう自信がないという人もいます。その場合はカード会社のホームページに用意されているシミュレーション用のツールを使うのも一つの手です。

そうして完済する計画を立てておくと、借り入れ後の金銭に対する意識が強化されます。計画を遅らせる浪費を避けようとする意識が働き、返済が滞ることを防ぎやすいです。また、スケジュールどおりに返済できていることを実感することにより、完済に向けてのモチベーションが高まります。以上のような工夫をおこなって、計画的に返済を進められるように注意しましょう。

借り入れは計画的に利用することが大切!

借り入れをしたいと思ったら、完済できる見込みの有無を確認するためにも、しっかり計画を立てることが大切です。せっかくキャッシング・カードローンとはどういうものか理解しても、やみくもに利用して返済に追われるようになると意味がありません。どちらを選択する場合でも、借金をするという自覚を持って、注意点を十分に踏まえておくことが求められます。そのうえで両者の違いに関する知識を生かしつつ、計画的に賢く活用していきましょう。

監修者プロフィール : 大泉 稔

大泉 稔
  • ファイナンシャルプランナー
  • 株式会社fpANSWER代表取締役 専門学校東京スクールオブビジネス非常勤講師
    明星大学日本文化学部言語文化学科を卒業。刑務所職員、私鉄子会社従業員、社会保険庁非正規雇用職員、独立系FP会社役員、保険代理店役員を経て現在に至る。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング