カードローンを利用したい!フリーターのためのポイントを解説!

フリーターは、正社員よりもカードローンの審査が不利になるというイメージがあるのではないでしょうか。確かに、カードローンでは職業や年収がチェックされることもあるのは事実です。ただし、決してフリーターとして働くすべての人が不利とまでは言い切れません。この記事では、フリーターがカードローンを利用するために気をつけるべきポイントを解説します。

そもそもフリーターの定義とは?

世間でよく言われている「フリーター」という言葉の定義は曖昧です。カードローンに置いて、フリーターとは正社員ではない働き方をしている人のことを表します。主にアルバイトで生計を立てている人々をフリーターと呼びます。そのため、学生アルバイトはフリーターから除外されます。

フリーターの目的はさまざまです。就職活動に失敗した若者が、理想の職業に就くまでの「つなぎ」としてフリーターを選ぶケースも珍しくありません。また、年収よりも仕事のやりがいを求め、自分が好きな業界に留まるためにフリーターの道を選んだ人もいます。そのほか、最初はフリーターとして雇われたものの、スキルアップをして正社員を目指そうとしている人も少なくありません。決して、「楽に生きたいから就職を先送りにしている」パターンの人ばかりではないのです。

それでも、フリーターについて世間的にはネガティブなイメージが固定化されているのは事実です。例のひとつが、「不安定な収入」でしょう。仕事内容にもよるものの、フリーターの給料体系は正社員よりも低く設定されています。そのため、フリーターの多くは正社員と比べて経済的な不安を抱えています。

さらに、さまざまな「審査で不利」との意見もあります。不動産物件やクレジットカードでは契約者の経歴が審査されます。フリーターの年収や社会的信用では、正社員ほど通過率が高くないとされる風潮もあります。フリーターについて、偏見を抱いている人も珍しくないのです。

フリーターがカードローンを申し込む際の懸念点

カードローンにおいても、フリーターが申し込むには懸念材料があるとの見方が少なくありません。正社員と比べると、申し込みが却下される可能性が高いというイメージが広がっているのです。最初の懸念材料は「年収の額」です。カードローンでは、契約者の経済力が非常に重要視されます。なぜなら、カードローン会社から融資を受けた後、計画的に返済をしていく必要があるからです。返済が滞ってしまうとカードローン会社の不利益となります。最悪の場合、契約者が債務整理をおこなおうものなら大打撃を受けてしまいます。そのため、一般的に正社員よりも年収が低いとされているフリーターは、カードローン審査への影響が大きいとされるのです。

次に、フリーターの「社会的信用」も懸念材料のひとつです。消費者金融の世界では、申し込んできた人間の信用度をチェックしたうえで融資するかどうかを決めます。つまり、「この人は継続的に返済をおこなってくれる」と思ってもらえないと審査を通らないのです。フリーターは会社の経営状況次第でいつ解雇されてもおかしくない立場だけに、信用を置いていないカードローン会社もあります。

そして、「収入の安定性」を疑われるケースも珍しくありません。フリーターであっても、正社員より稼いでいる人はたくさんいます。それでも、審査で不利になるという言説が消えないのは将来性が懸念されるからです。一時的に高収入を得ていたとしても、フリーターがずっと同じ仕事を続けられる可能性は低いでしょう。それに、フリーターにはボーナスもなく、昇給も正社員ほどではありません。結果として、フリーターが一時期の収入の額をアピールしてもカードローン会社に響かないことはありえるのです。

フリーターのためのポイント1:1年以上勤務する

カードローンに申し込む際、フリーターという肩書きが不利に働く可能性はあります。しかし、決定的に拒絶される要因とも断定できません。いくつかの条件を満たしているなら、フリーターのままカードローンが利用できるようになることもありえます。まず、「1年以上同じ職場で勤続する」ように努力してみましょう。カードローン会社は「フリーターだから信用できない」と考えているのではなく、「立場が不安定だから懸念している」場合が大半です。そのため、フリーターであっても職場での立場が安泰で、本人も常識のある人物だと思ってもらえれば審査は有利となります。

カードローン審査では勤続期間が短いと高く評価されません。キャリアが浅いということは、社内で重要な戦力になれていないと予想できるからです。また、複数の職を転々としているフリーターは根気を疑われてしまいます。たとえ申し込み時点で高収入を得ていたとしても、カードローン会社に「いつまで続くかわからない」と思われてしまうでしょう。1つの職場で長く勤めていると、少なくとも人間性に疑問を持たれるリスクを抑えられます。

およそ半年、同じアルバイトを続けられたなら社会的信用が芽生えるといえます。念を入れるなら1年以上働くのが理想でしょう。

長期間勤務できているということは、勤め先から一定の評価を得られている証です。勤め先そのものが安定していることも意味しますし、本人の働く意思も弱くありません。その結果、審査でも「確固たる収入源がある」と解釈してもらいやすくなるでしょう。1カ所のアルバイト先で、勤続期間の短いフリーターよりは、審査を通る確率が高まるかもしれません。

フリーターのためのポイント2:金融事故に気をつける

審査を左右するポイントとして「金融事故」も挙げられます。金融事故とは、他社からの借り入れに対する返済、スマホや公共料金の支払いなどで起こしたトラブルのことです。たとえば、返済日を守らなかったり、支払額が不足していたりするのは典型的な金融事故といえるでしょう。また、「強制解約」にも気をつけたいところです。契約者の一方的な都合でサービスを解約した場合、業者は損失を被ります。そのため、本来なら契約書などで強制解約は禁じられています。

これらの金融事故を起こしてしまうと、信用情報機関の個人データに履歴が残ります。このデータベースは消費者金融間で共有されているうえ、審査の際には必ずチェックされます。どんな人であれ、個人データにネガティブな記録があると、新たなカードローン契約では不利に働くでしょう。フリーターの場合は特に、審査で大きく影響する可能性が高まります。

カードローンやクレジットカードの契約をしたり、何らかのローンを組んだりした時点で自動的に個人データは信用情報機関へと登録されます。そのため、金融事故によって個人データに傷がつくのを止める手段はありません。個人データにネガティブな履歴が残って、経済活動に支障をきたしてしまう状態を「ブラックリストに入る」と表現します。金融事故の規模によっては、5~10年にわたってブラックリストから名前が消えません。最初からブラックリスト入りしないことが一番です。フリーターでカードローン契約を目指すなら、日々の返済状況を慎重にチェックしましょう。そして、支払日の直前には支出を抑えるなどの工夫が必要です。

フリーターのためのポイント3:他社からの借り入れは控える

審査に通りやすくするには、「借入額」に注意しましょう。すでにカードローン契約のある人は、無駄な借り入れを我慢するようにします。なぜなら、借り入れしている額が多い人ほどカードローン会社は不安を覚えるからです。「お金に困っている」「計画性がない」という印象が強くなってしまうため、業者による審査は厳しくなります。継続して返済を続けてくれそうにないとカードローン会社が判断すれば、審査で落とされるでしょう。

そもそも、法律では「総量規制」が設けられており、一人が金融機関から借りられるお金には上限があります。年収の3分の1を超える額を申し込んでも拒否されてしまいます。フリーターは正社員よりも年収が低いケースが多いため、借入額の上限も低くなる可能性が高いといえます。現在の借入額や返済状況を把握したうえで申し込むようにしましょう。

なお、借入額だけでなく、「借入件数」にも注意が必要です。もしも総量規制の範ちゅうだったとしても、いろいろな業者から借り入れをおこなっている人にカードローン会社はいい印象を抱きません。多重債務がエスカレートして、返済が立ち行かなくなる危険を心配するからです。カードローンを申し込むなら行き当たりばったりで手続きを踏むのではなく、1社に絞り込むのが得策です。

なお、借入金額や件数が多いと、カードローンの申し込み時に嘘をつく人もいます。しかし、こうした過少申告には意味がありません。カードローン会社は必ず信用情報機関に目を通すので、正確な借入状況が発覚します。その場合、「嘘をつく人」と判断され、審査に落ちる確率は高くなるでしょう。申し込みでは、不利な情報であっても正しく申告することが大事です。

フリーターのためのポイント4:希望限度額を低くする

審査に通るためには、「希望限度額」もよく考えましょう。限度額を高く設定して申し込むと、それだけ審査基準もきびしくなります。限度額が高いと、それだけ借り入れが多くなる可能性もあるということです。つまり、カードローン会社は申込者の返済能力を細かくチェックします。正社員に比べて、フリーターという肩書きが不利になることも出てくるでしょう。もしも一定の収入があるフリーターでも、限度額の高さによっては審査で落とされてしまいます。

希望限度額を低く設定すると、カードローン審査では2つのメリットが生まれます。まず、「審査基準を引き下げられる」ことです。限度額が低いとカードローン会社も厳しい条件を課してはきません。正社員やフリーターの違いが大きく問題にされず、契約を認められることもありえます。

次に、「計画性をアピールできる」点です。フリーターの立場で限度額を高く申告すると、「返済のあてがあるのだろうか」と疑ってくるカードローン会社もあります。最初から適度な額に抑えておけば、カードローン会社も「返済できる範囲で申し込んでいる」と判断するため、信用してくれやすくなります。特別な理由がないのなら、希望する金額以上の限度額で審査に申し込むのは止めておきましょう。

ちなみに、希望限度額の目安は年収から算出可能です。1年間の総返済額を年収で割ってみましょう。このとき、2割以下の数字であるなら比較的有効な希望限度額だといえます。総量規制の観点からすると、「3割以下であれば申し込んでも大丈夫」と思う人もいるでしょう。しかし、カードローン会社の立場では、総量規制目一杯の金額で契約するのは不安です。経済的に余裕のある額で審査に挑むのが賢明です。

フリーターのためのポイント5:1社ずつ申し込む

審査に申し込むのは「1社ずつ」にしましょう。同時期に複数のカードローン会社へ審査申し込みすると、会社間で情報を共有されてしまいます。先方に「お金に困っている」という印象を与えかねません。もしも経済的に困窮している状態でカードローンを求めているのだと思われれば、審査に通りにくくなってしまいます。なお、同時ではなくても、短い間隔で複数のカードローンを申し込むのも控えましょう。信用情報機関には、いつどこの会社に審査を申し込み、どんな結果になったかまで登録されているからです。

それに、複数のカードローンを契約する多重債務状態に陥ると、返済の懸念材料は増えます。支払いのやりくりが大変になるだけでなく、返済日を覚えきれなくなってうっかり滞納をするようなミスも生まれるでしょう。こうした事態を防ぎたいカードローン会社は、短期間に複数の申し込みをしている人間に対して厳しい目を向けてきます。カードローン審査は1社ずつにしておけば、申込件数が審査に影響しにくくなります。ただし、他社の借入額は審査基準に含まれるので、多額の借り入れをしてから新たにカードローンを申し込むのは避けましょう。

カードローンは計画的に使おう!

フリーターであっても、カードローン審査に通ることは可能です。そのためには、有利に働く条件をそろえるように努めましょう。複数の業者から借り入れしたり、希望限度額を高くしすぎたりするのは厳禁です。また、1つのアルバイト先で長く勤めるなど、カード会社に信用されやすくなる状況を整えましょう。そのうえで、計画的に返済する意思のもと申し込めば、審査を通る可能性は高まります。自分に合ったカードローン会社を見つけて、無理のないプランをアピールしましょう。

監修者プロフィール : 大泉 稔

大泉 稔
  • ファイナンシャルプランナー
  • 株式会社fpANSWER代表取締役 専門学校東京スクールオブビジネス非常勤講師
    明星大学日本文化学部言語文化学科を卒業。刑務所職員、私鉄子会社従業員、社会保険庁非正規雇用職員、独立系FP会社役員、保険代理店役員を経て現在に至る。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング