カードローンを低金利で利用したい!賢く借り入れるためのポイントとは?

大きな出費や急な出費がかさむと、預貯金では足りなくなる場合があります。そんなときに、ふと思いつくのがカードローン。しかし、カードローンを利用するなら、低金利の会社から借り入れして、出費はなるべく減らしたいものです。この記事では、低金利となるカードローンの特徴と、賢く借り入れるためのポイントについて紹介していきます。

カードローンにおける金利とは?

お金を貸し借りする際に、借りた額や期間に応じて発生する費用のことを金利、あるいは利息と呼びます。カードローン会社から借り入れをするときは、カードローン会社に対して金利を支払うことになります。この借入時の金利には上限があるものの、上限内であればカードローン会社ごとで好きに設定できるのです。もし、高い金利のカードローン会社で借り入れてしまうと、返済に困ったり、多重債務してしまったりするきっかけとなることもあります。たかが金利と思ってよく確認をせずに契約してしまうと、後々利息を払うのだけで精一杯なんて状況に陥りかねないのです。特に、複数社から借り入れている場合は、現在の金利を今一度確認しましょう。

基本的にカードローンは、住宅ローンや自動車ローンのように使途が厳格に決められていません。使途が確認できないために延滞のリスクも高くなると考えられます。したがって、カードローンの金利はほかのローンに比べて高めに設定されています。そこで、借り入れするときは、カードローン各社をよく比較して、自分の借入額では金利がどのくらいなのか、大体の目安を事前に調べておきましょう。

金利は法律で上限が決まっている

カードローンの金利は利息制限法により、貸付額が10万円未満ならば20%、100万円未満ならば18%、100万円以上ならば15%と法律で上限が定められています。そのため、この上限を超す金利が無効となります。改正前の貸金業法には、当時の出資法の上限金利である29.2%以下の金利であれば、刑事罰の対象とはなりませんでした。これがいわゆるグレーゾーン金利と呼ばれるものです。このグレーゾーン金利は、利息制限法では違反になるが、出資法においては違反にならない範囲の金利だったため、法律違反とはなりませんでした。しかし、2010年6月以降は改正貸金業法により、借入額に応じて金利が15~20%と正確に定められたので、グレーゾーン金利はなくなったのです。

グレーゾーン金利がなくなった後のカードローン金利は、銀行系のキャッシング系で3~15%、消費者金融系のキャッシングでは5~18%が相場となっています。グレーゾーン金利が廃止されたことで、消費者にとってはより借りやすい環境となりましたが、借入額に応じて金利があることは変わりません。そのため、借り入れするなら、自分で返済できる範囲でローンを組むようにしましょう。

実際の金利の計算方法を知っておこう!

カードローンの金利をどうやって計算しているのか、知らない人も多いのではないでしょうか。カードローンの借入時の金利は、日割り計算となっています。計算方法は下記のとおりです。

借り入れた金額×金利×(返済までの日数/365)

うるう年は、一日多いので366日の日割り計算です。利息額を含めた正式な返済額を知りたい場合は、各カードローン会社が提供している返済用のシミュレーターを利用すると良いでしょう。その都度、借り入れている金額の残高に応じて、月ごとに利息額が算出され、利息と返済金額が計算されます。返済までの日数を短くすれば利息は少なくなります。早く返済すればするほど、返済額は安く抑えられるというわけです。

毎月きちんと返済をしようとしていても、出費がかさむと予定どおりにはいかないこともあります。そのとき考えるのが借り入れの都度返済回数を決める分割払いか、借入額に関わらず毎回の返済額を決めるリボルビング払いではないでしょうか。しかし、実は多くのカードローン会社では、分割払いには対応していません。そのため、リボルビング払いを利用することとなります。リボルビング払いは、毎月の返済額を一定にするというもの。返済額を一定にすることで毎月の支払負担は減りますが、その分返済期間が長くなります。そのため、予定よりも金利、利息を多く支払うこととなるため、支払額を少しでも抑えたい人は注意しましょう。

低金利で利用しやすいカードローンを紹介!

カードローン会社から借り入れをするとき、借り入れの限度額によって貸付時の金利は異なるため、一概にどの会社が低金利であるとは言えません。しかし、なるべくなら低金利でローンを組みたいところ。そこで、ここからは、借入時の最低金利が低くて、比較的利用しやすいカードローンといわれている3社を紹介します。

まずは、一番カードローン会社のなかで最低金利が低い「住信SBIネット銀行カードローン」のサービスを見ていきましょう。住信SBIネット銀行カードローンでは、下限金利は1.59%、上限金利は14.79%となっています。最短60分で仮審査が完了し、借り入れと返済時のATM手数料は発生しません。人気のカードローン会社ですが、短期間で返済予定の人は、無利息期間がないので注意してください。

住信SBIネット銀行カードローンに続いて、最低金利が安いのは、「オリックスVIPローンカード」です。下限金利1.7%、上限金利14.5%となっており、住信SBIネット銀行カードローンよりも下限金利は高いですが、上限金利は低くなっています。オリックスVIPローンカードの大きな特徴は、銀行まで出向かなくても振り込みの手続きが可能だということ。PCや携帯電話を使って、簡単に振り込み手続きができ、ジャパンネット銀行の口座を持っているなら24時間振り込み対応しています。

最後に、「三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)」のサービスも紹介します。上記の2社と比べると、下限金利1.8%、上限金利14.6%と、下限金利が少し高くなっていますが、こちらも比較的人気の高いカードローン会社です。大手銀行のカードローンとあって、銀行口座開設時にローンの申し込みができるところも、人気の理由となっています。

カードローンの金利はどう決まる?

カードローンの金利は、どう決まるのでしょうか。実はカードローン会社が定めている金利は、借り入れした人が全員同じ金利なわけではありません。一般に借入限度額が少ないと金利は高額に、逆に借入限度額が大きいと金利は低くなります。それだけでなく、借り入れる人によっても金利は変動します。申し込みしたときの個人情報を元に、カードローン会社が信用情報を調査します。その信用情報によっては、同じ借入額の人が金利13%だったとしても、あなたの金利は14%と、金利が高くなってしまう可能性もあるのです。では、一体なぜ金利が人によって変動するかというと、カードローン各社で審査基準を設けているからです。

他社の借入額や返済状況、住宅ローン、年収など、審査される項目は複数あります。現在多額のローンを組んでいたり、他社で借り入れしていたりすると、借入時の金利は上がる可能があるでしょう。また、過去にローンの支払いが滞ったことがあると、カードローンの審査は厳しくなります。場合によっては、金利が上がるのではなく、カードローンの審査に通らないことも。カードローン会社の審査内容は公表されていないので、なぜ金利が高く設定されているのか、または審査に落ちてしまったのか理由を明確にすることはできません。

過去にローンの支払いを延滞してしまったり、多額のローンを組んでいたりする場合は、借入時の金利が高くなる可能性も考慮して、借入額の検討をしましょう。そして、もしカードローンの審査に通り、借り入れすることになったときは、返済が遅れないように気をつけてください。万が一、ローンの返済が遅れてしまうと、上限金利が付けられる可能性が高いのです。そうすると、貸付額に応じて上限金利15~20%となるので、トータルの返済額は高くなってしまいます。

低金利カードローンを利用する際の注意点

低金利のカードローン会社から借り入れをしたとしても、実際に借り入れるときの金額や、人によって金利は異なるので注意が必要です。多くのカードローン会社が、最低金利と最大金利を提示しています。一見すると、低金利のカードローン会社から借りれば、金利が低く返済額も少ないように思えます。しかし、ここで気を付けなければならないのは、最低金利が低いからといって、自分が借り入れる際の金利が低いとは限らないということ。最低金利として紹介されているのは、利用限度額が多い場合のみ適用される金利となっていることが多いです。

カードローン会社によっては、800~1000万円以上借り入れしないと、最低金利が付かないケースも。そのため、最低金利が低いからと、よく確認せずに借り入れしてしまうと、実際は金利が高かったなんて恐れもあります。最低金利はあくまでも借り入れするときの目安の一つとし、平均値で判断したほうが良いでしょう。もし、短期間で返済予定なら低金利のカードローンを利用するよりも、無利息期間があるカードローン会社から借り入れしたほうが安く済む場合があります。

カードローン会社によっては、1週間から1カ月近くの間、金利をつけずにお金を貸してくれる会社があるのです。返済する目途が立っているなら、短期間で返済することを前提に、無利息期間があるカードローン会社から借りたほうが返済額は少なく済むでしょう。ローンを組むときは、返済額を考慮しなければ、返済できなくなったり、生活が苦しくなったりする恐れがあることを、しっかりと頭に入れておきたいところ。低金利だから返済額は少ないというわけではないので、自分の状況に合わせてよく検討することが大切です。

賢く借り入れするためのポイントとは?

カードローンを賢く借り入れするなら、複数のカードローン会社から借りるのはおすすめできません。カードローン会社を1社に絞って借り入れをしたほうが、計画的に返済ができるでしょう。なぜ1社に絞って借り入れすべきかというと、ローンを組む際は、借入額に対して毎月決まった額を返済しなければいけないからです。そのため、少額だから問題ないと考えて、複数のカードローン会社から借り入れしてしまうと、毎月ローンの引き落としだけで相当な額になってしまうことも。そのうち、生活費が足りなくなり、また新たなカードローン会社から借り入れをする事態に陥ってしまうケースも少なくないのです。

これが俗に言う自転車操業状態であり、新たなカードローン会社から借り入れする際に、余分に借り入れしてしまうことが原因と考えられます。そのため、自分が確実に返済できる金額だけを借り入れるようにしましょう。そして、ローンを賢く返済するには、なるべく早めに完済するという意識を持つことも、非常に大切となります。ボーナスの支給などで返済の目途が立ったにも関わらず、手元にお金を残しておいたりするのは危険です。余分にお金を持っていると、気が大きくなってしまって、ローンを気にせずについつい使ってしまうもの。それでは、ローンが一向に減らないどころか、お金を使い過ぎて新たに借り入れしてしまう恐れがあります。

そういった事態を避けるためにも、毎月のローンの返済だけではなく、都度返済を活用し、早めの完済を目指していく必要があるのです。貯金して一括返済するのではなく、なるべくならお金がたまった時点でその都度返済するほうが、お金を余分に使う心配がないので安心です。現在、複数のカードローンを借り入れしている人は、なるべく1社に絞るようにし、全体の借入額をハッキリとさせましょう。

自分に合うカードローンを選ぼう!

低金利のカードローンでなくとも、無利息期間が設けられていて、返済額が安く済む場合があります。短期間でローンを完済する予定なら、無利息期間があるカードローン会社を検討してみるのも良いでしょう。しかしながら、カードローンを組む人のなかには、余分に借り入れをして、返済期間を長く設けるという人も多くいます。ローンは、長期間で返済すれば毎月の返済額は少額かもしれません。

しかし、低金利であるカードローンを選んだにも関わらず、自分の返済期間や借入額を考慮しないと、逆に損をしてしまう可能性もあります。そのため、カードローン会社を選ぶときは、低金利であること以外にも注目し、自分の使い方に合わせて選びたいところです。

監修者プロフィール : 有田 宏

有田 宏
  • CFP、NPO法人北海道未来ネット専務理事
  • ファイナンシャル・プランナー。2000年、日本FP協会のCFPを取得。2004年よりNPO法人北海道未来ネット専務理事。金融・経済分野を中心とした執筆・講演・コンサルタント事業に従事。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング