カードローンの必須ステップ!在籍確認の仕組みと対策を紹介!

いざというときにお金を借りることができる、便利なカードローン。ただし、カードローンは申し込めば誰でも自由に利用できるというわけではありません。利用するためには審査に通る必要があり、その中でも特に注意しなければならないものとして「在籍確認」が挙げられます。今回は、在籍確認の基本的な仕組みをはじめ、対策方法などを見ていきましょう。

カードローンにおける在籍確認の仕組みを解説!

カードローンはさまざまな会社や金融機関で取り扱われている商品ですが、申込後に審査を受けなければならないという点はほぼ共通しています。申し込んだだけではお金を借りることができず、カードローン業者の審査をパスして「この金額までなら貸しますよ」という信頼を得ないと利用できないのです。

審査をおこなわずに誰にでもお金を貸していると、中には返済せずに逃げてしまう人が出てきて、カードローン業者が損をしてしまうため、きちんと返済能力のある人にしかお金を貸さないようにしているのです。その見極めのためにおこなわれているのが「審査」であり、審査の中でも特に重要視されているのが「在籍確認」というステップになります。

在籍確認とは、カードローンの利用を希望する人が、申込時に申告した勤務先で本当に働いているかどうかを確認する作業のことです。審査の最終段階としておこなわれるケースが多く、ほとんどのカードローン業者で避けて通れないものになっています。

なぜ勤務先で実際に働いているのか確認するのかというと、返済能力の有無を正しく判断するためです。申し込みの際、自分に返済能力が十分にあると見せかけるため、ウソの勤務先を申告する人もいます。申告を鵜呑みにしてお金を貸すと、「実は働いていなかったので返済に充てる収入がありません」と滞納されてしまう恐れがあるため、在籍確認をおこなって正しい情報を得る必要があるのです。

本当に申告された勤務先で働いていれば、安定した収入があるためスムーズに返済できる可能性が高いこと、真実をきちんと申告した信頼できる人物であることなどがわかります。逆に、実際には働いていないとわかれば、「きちんと返済してもらえないのではないか」「最初からウソをつく信頼できない人物だ」と判断され審査で拒否されてしまうでしょう。このように、在籍確認はカードローン業者のリスク回避のために欠かせないものだと言えるのです。

なお、実際にカードローン業者が在籍確認をおこなう場合、業者から勤務先へ電話がかけられるのが一般的です。申込者自身がその電話に出ることができれば一番問題ないのですが、必ず本人が電話に出る必要はありません。同僚などが電話に出たからといって、審査に落とされる心配はないので安心してください。

在籍確認でカードローンへの申し込みがバレる?

在籍確認では、カードローン業者から勤務先へ電話がかかってくるケースが多いです。このため、「借金しようとしていることが勤務先に知られてしまう」と不安になる人も少なくありません。勤務先によっては社員の借金に厳しい目が向けられることもありますし、勤務先経由で家族にまで知られてしまうのを心配する人もいるでしょう。

結論から言えば、在籍確認で勤務先へカードローンの申し込みが知られる心配はありません。カードローン業者もできるだけ勤務先には知られたくないという申込者の気持ちを理解しているため、カード名などを堂々と名乗ることはないのです。電話をかける担当者の個人名を名乗るなどして、周囲に知られないように電話をかけてくるケースがほとんどなので安心しましょう。

在籍確認の電話ですぐにカードローンに申し込んだことが知られる可能性は低いですが、100%知られないわけではありません。電話を受けた人によっては、個人名でかけてきたり要件をハッキリ言わなかったりすることで不審に思い、「カードローン業者だな」と気づくこともあります。

あくまでもカードローン業者は勤務先に分かりにくいよう配慮しているだけであり、確実に知られないと保証しているわけではないのです。絶対に勤務先に知られたくないと思う場合には、在籍確認をおこなう日時などを指定し、確実に自分が電話を受けられるように準備しておくという方法もあります。すべてのカードローン業者が応じてくれるとは限りませんが、相談してみると良いでしょう。

在籍確認の一般的な内容【本人が電話に出たケース】

勤務先にカードローンのことを知られないためには、申込者本人が在籍確認の電話に出るのが一番です。とはいえ、本人が電話に出た場合にどんな話をされるのか、不安に思う人も多いでしょう。いろいろと話を聞かれ、周囲に在籍確認の電話であることが知られてしまっては元も子もありません。どんな内容で在籍確認が進められるのか、詳しく見ていきましょう。

まず、カードローン業者の担当者から勤務先に電話がかかってきます。運悪く同僚が電話に出てしまったとしても、基本的に担当者は個人名を名乗るだけなので心配はありません。「私○○と申しますが、□□さんはそちらにいらっしゃいますか」という具合に、個人的な要件を装ってくれることが多いです。

ただし、銀行の場合は「電話=借金関連」とは限らないため、個人名ではなく銀行名を名乗るケースもあります。銀行名でも名乗ってほしくない場合は、事前に個人名で在籍確認してもらえないか相談しておきましょう。

ちなみに、カードローン業者に偽名やほかの社名を名乗ってもらうことはできません。金融業者が本来のものではない名乗りをすると法律違反となって罰せられる可能性があるためです。あくまでも名乗ってもらえるのは担当者の個人名だと理解しておきましょう。

本人が電話に出るといよいよ在籍確認が始まります。「申し込みをされた□□様でしょうか」「はい」というやりとりの後、フルネームや生年月日の確認をされることもあります。本人が電話に出た場合に限り、カードローンの在籍確認であることが説明されますが、電話が長引くことはほとんどありません。電話はシンプルなやりとりで終わるため、緊張せず聞かれたことに応えるようにしましょう。

在籍確認の一般的な内容【本人以外が電話に出たケース】

在籍確認は必ずしも申込者本人が電話に出られるとは限りません。営業職など、オフィスにいる時間が少なければ同僚が電話に出てしまう可能性が高まるでしょう。「同僚にカードローンの利用が知られてしまう」と不安になりがちですが、実際にはそこまで心配する必要はありません。本人が不在だった場合でも、カードローン業者が会社名やカード名を名乗ることはまずないのです。

同僚などが電話に出た場合も、カードローン業者の担当者はまず「私○○と申しますが、□□さんはそちらにいらっしゃいますか」と尋ねます。外出中や会議中などで電話に出られない場合、同僚はその旨を告げるでしょう。

このとき、「またかけ直します」とすぐに引き下がる業者は少ないです。単純に用事で席を外しているだけなのか、今日は休みなのか、それとも退職したのかなどを遠回しに聞きます。これは申込者が本当にそこで働いているのか、以前働いていたところを申告したのかなど、正しい情報を確認しなければならないためです。

同僚が「今はおりません」と答えれば「いつごろ戻られますか」、「休みをいただいています」と答えれば「次はいつ出勤されますか」など、在籍の有無が確認できるように話をします。休職中や退職後でなければ「かけ直します」と伝えて電話は終了となります。

本人が電話に出られなくても、このような会話で明らかに在籍がわかれば在籍確認は完了となり、実際にはかけ直さないケースも多いです。本当に働いているかどうかわからない会話となった場合、後日電話がかけ直されたり在籍確認が失敗したりすることもあるので注意しましょう。

在籍確認が行われるタイミングは?

カードローンの審査では、申込内容や提出された本人確認書類などをもとに返済能力の確認などが行われます。過去に借金やクレジットカードの利用で滞納などのトラブルを起こしていないかを調べ、お金を貸しても問題ないかどうかチェックするケースも多いです。

ほとんどのカードローン業者では、このような審査にある程度通過して電話確認が済み、審査が終了する直前のタイミングで在籍確認をおこないます。在籍確認は業者の担当者が直接勤務先へ電話をかけるため手間がかかりますし、申込者の同僚などにカードローンのことが知られてしまう危険もあるため、慎重におこなう必要があるのです。

もし在籍確認を先に済ませると、手間をかけ危険をおかしたにもかかわらず、結局書類審査を通過できずに終わってしまったという事態になりかねません。これでは申込者本人にとってもカードローン業者にとってもあまりメリットがないため、まずは書類審査などを進め、問題なく利用できそうな申込者に対して最後の仕上げに在籍確認をおこなうことが多いのです。

具体的に申し込みから何日後に在籍確認が行われるのかは、カードローン業者によって異なります。それぞれのカードローンでは目安として「カード発行までにかかる期間」が提示されているので参考にしてみましょう。大まかな期間を知ることで、審査が終了する時期や在籍確認の時期を予想しやすくなります。

カードローンでは在籍確認されない人もいる?

在籍確認は多くのカードローン業者で実施されていますが、すべての業者で必ずおこなわれるわけではありません。商品や業者によっては、在籍確認をおこなっていないケースもあるのです。

たとえば、信用情報から勤務先を確認できたり、希望借入限度額が50万円以下など少額だったりする場合は在籍確認が省略されることがあります。信用情報とは、個人の金融関連の申し込みや利用状況などさまざまなデータが記録されたもので、審査の際にはほぼ必ず参考にされる情報です。カードローンの利用以前にクレジットカードなどをつくっていた場合、そのときに在籍確認が行われていれば勤務先などを含めた信用情報が更新されます。

信用情報の更新がカードローンの申し込みの直前であれば、情報に大きな変化はないと判断され、在籍確認が省略されることがあるのです。また、申込時に申告する希望借入限度額も少額であれば滞納されてもダメージが少なくて済むため、在籍確認をおこなわないこともあります。ただし、これらの条件を満たせば必ず在籍確認を省略してもらえるという保証はないため、楽観視せず在籍確認に備えた対策をおこなっておくことも大切です。

ほかにも、電話の代わりに直近の給与証明書や健康保険証のコピーなどを提出させるカードローン業者もあるので、勤務先に知られたくない人は検討してみると良いでしょう。

在籍確認を無事に済ませるための対策

カードローンをスムーズに利用するためには、在籍確認をできるだけ早く終わらせなければなりません。在籍確認が終わらなければ、電話をかけ直す分だけ時間を無駄にしてしまいますし、場合によっては「在籍確認不可能」と判断され審査を通過できない恐れもあります。一度審査で断られると、そのカードローンに再び申し込んだとしても利用を認めてもらうのは難しいでしょう。このため、在籍確認はできるだけ早く、無事に終わらせる必要があります。

いざ電話がかかってきたときに自分が出られるよう、時間指定ができる場合は確実に席にいられる時間帯を指定しましょう。自分が電話に出られれば同僚などにカードローンのことを知られる心配もなく、もっともスムーズに在籍確認が終わるので事前に業者に相談してみましょう。

また、申込時には勤務先の代表番号を申告するのではなく、できるだけ自分が出られるように直通番号や所属する部署の番号を伝えるのも効果的です。同僚などが電話に出てしまった場合に備え、怪しまれないように「それは保険の営業かな」「クレジットカードの在籍確認だよ」などの言い訳を考えておくのも良いでしょう。

在籍確認の仕組みを知って対策を講じよう!

どんなに書類や申込内容に問題がなかったとしても、在籍確認がスムーズに終わらないと審査で断られてしまう可能性があります。カードローン業者にとって、貸したお金をきちんと返してもらえるのかどうかは重要なポイントです。

滞納が増えればカードローン業者自身が倒産しかねないため、「本当に返済能力があるのか」を慎重に判断しなければなりません。このため本当に働いて安定した収入を得ているのかを調べる在籍確認は重視され、ほとんどのカードローン業者で行われているのです。

勤務先に電話が来ると思うと不安になりがちですが、業者は個人名で要件を伏せながらかけてくることが多いので、過剰に心配する必要はありません。うまく対応すればカードローンの利用がグッと近づくため、在籍確認の仕組みを知ったうえで上手に対策を練っていきましょう。

監修者プロフィール : 大間 武

大間 武
  • ファイナンシャル・プランナー
  • 飲食業をはじめ多業種の財務経理、株式公開予定企業などの経理業務構築、ベンチャーキャピタル投資事業組合運営管理を経て、2002年ファイナンシャル・プランナーとして独立。2005年株式会社くらしと家計のサポートセンター、NPO法人マネー・スプラウト設立。「家計も企業の経理も同じ」という考えを基本に、「家計」「会計」「監査」の3領域を活用した家計相談、会計コンサル、監査関連業務、講師・講演、執筆など幅広く活動。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング