プロミスのカードローンの利用方法やメリット・デメリットについて解説!

急な出費で手元不如意となったときでも、消費者金融ならばすぐにお金を借りられます。しかし、たいていの消費者金融は利息が高いため、無理なく借りられる会社を選びたいところです。消費者金融の利用にあたり、業界大手企業のひとつであるプロミスのカードローンを考えている人もいるのではないでしょうか。今回はプロミスのカードローンの審査基準や利用方法などについて解説します。

カードレスキャッシングで即日融資可能!

プロミスにおける借入の最大のポイントは、カードレスキャッシングがおこなえることです。通常、キャッシングでは専用のカードを用意したうえで、ATMなどを利用して借入をおこないます。これに対してカードレスキャッシングでは、カードを使用しません。インターネットや電話を利用することによって、指定の口座へ振り込んでもらいます。カードの発行にかかる時間が要らないため、すぐに利用できるのが特徴です。特に、プロミスであれば契約完了後、最短30分で融資を受けることもできます。指定口座への振込だけであれば、わざわざATMのある場所へ行く必要もありません。

審査時間や借入時の手間以外にも、カードレスキャッシングにはいくつかのメリットがあります。そもそもカードがないので、財布がかさばる心配がありません。クレジットカードや会員証など、普段から複数のカードを持ち歩いている人にとっては、管理の煩わしさを軽減することができます。カードを失くしたり、盗難にあうなどのリスクもないので、セキュリティーの観点からも安心です。

また、カードローンで用いるカードは銀行のカードやクレジットカードとは異なる場合、人の目に触れると消費者金融を利用していることを知られるリスクがあります。さらに、ATMを利用して借入をしている場面を目撃される可能性も否定できません。カードレスキャッシングであればこのようなリスクは発生しないので、お金を借りていることを知られたくない人も安心して利用することができます。なお、カードレスで契約した場合でも、あとからカードを発行してATMでの借入をおこなうことが可能です。

プロミスの申し込み方法

プロミスにおけるキャッシングは、プロミスの公式サイトにアクセスして申し込みをおこないます。電話や窓口とは違い、インターネット環境さえあればどこからでも24時間申し込みが可能です。公式サイトにはフリーキャッシングの審査申し込みのページがあるので、申し込みに必要な情報を入力しましょう。なお、審査申し込みの形式は2種類あり、Web上ですべての手続きが完了するフル入力と、入力項目が少なく電話確認を併用して手続きをおこなう簡単入力があります。

申し込み時の情報に基づき、審査が開始されます。早ければ30分程度で審査は終了するので、それほど待たされることはないでしょう。審査終了後、メールもしくは電話にて回答があるとともに、借入可能な場合は契約可能額についての連絡があります。契約可能額を確認のうえ、問題がなければ契約手続きに入ります。このとき、カードレスキャッシングを希望する場合は口座振替による返済を、選びましょう。

必要書類の提出方法は、Web上か店頭窓口のどちらで契約をおこなうかによって異なります。店頭窓口で契約する場合は必要書類を持参するだけです。一方、Web上で契約する場合は、必要書類をスマートフォンなどで撮影し、インターネット上にアップロードすることとなります。必要書類は大きく2つに分かれており、それぞれ本人確認書類、及び収入証明書類です。本人確認書類に利用できるものとして、運転免許証、パスポートのほか、健康保険証と住民票のセットなどがあります。収入証明書類に利用できるものは、源泉徴収票、確定申告書、給与明細書などです。なお、プロミスでの借入額が50万円以下、もしくは他社との借入額の合計が100万円以下の場合は、収入証明書類を提出する必要はありません。必要書類の提出後、契約が完了すれば、すぐに借入が利用できます。

プロミスが取り扱うカードローンの種類

プロミスが取り扱っているローンは主に4つあり、フリーキャッシング、貸金業法に基づくおまとめローン、自営者カードローン、そして目的ローンとなっています。それぞれのローンの特徴を理解して、利用時には自身の状況に応じたものを選ぶようにしましょう。

フリーキャッシングは担保や保証人が不要のカードローンです。本人確認書類があれば、その場で審査したうえで借入できます。利用限度額の範囲において出し入れが自由にできるリボルビングシステムを採用しており、必要な額だけを利用できるのが特徴です。利息は日割計算でおこなうため、給料日前の数日間だけ利用したい場合などであれば、できるだけ利息を抑えて借りることができます。また、パソコンやスマートフォンから24時間いつでも申し込みが可能です。

貸金業法に基づくおまとめローンとは、既に複数の借入をおこなっている人を対象に、ローンをひとつにまとめて毎月の負担を軽減するローンのことです。返済計画を見直したうえで最適な返済プランを提案してくれるので、収入に対して返済額が過剰であると苦しんでいる人には最適のローンだといえるでしょう。現在借入しているローンよりも低い金利のものへ借り換えをおこなうことによって、毎月の返済を今よりも楽にできます。また、返済日が月に1回となるため、返済管理がしやすくなるのもポイントです。最適な返済プランに基づき返済をおこなうので、結果として借入残高は徐々に減少していくこととなります。

自営者カードローンとは、その名のとおり自営者を対象として、最大300万円まで利用できるローンです。事業資金などが急に必要となったときでも利用できるので、自営者の強い味方だといえるでしょう。審査が速く、希望する場合は当日中に借入をおこなうことも可能です。また、フリーキャッシングと同じく、利用限度額の範囲内で出し入れが自由であるため、必要な額だけを利用できます。なお、自営者カードローンという名称ではあるものの、事業資金だけではなくプライベートな事柄に対しても利用できるのが特徴です。

一方、教育や結婚のように、使い方が決まっている人を対象としたローンが目的ローンであり、利息をある程度抑えたうえで借入ができます。

プロミスはどこから借入できる?

プロミスにおける借入についてはいくつかの方法が用意されており、利用スタイルに応じて選びやすいのがポイントです。主な借入方法は4つあり、インターネットや電話による口座振込、プロミスATMの利用、提携ATMの利用、そして店頭窓口からの借入となっています。

インターネットから口座振込をおこなう場合は、スマートフォンやパソコンでプロミスのインターネット会員サービスにログインします。簡単な手続きのみで、指定の口座への振込が可能です。金融機関によって振込にかかる時間は異なるものの、場合によっては10秒程度で振込をしてもらえます。振込手数料は無料であり、24時間利用できるのもメリットだといえるでしょう。なお、電話の場合も通話料無料で、基本的に24時間利用することができます。また、振込先の口座を登録していない場合でも、オペレーターによる対応のもとで振込を実施可能です。

プロミスATMは全国各地に設置されており、これを利用して借入することもできます。プロミスATMの場合、借入時の利用手数料はかかりません。一方、各金融機関がプロミスと提携していれば、同社のATMを使った借入も可能です。特に、プロミスの運営会社は三井住友銀行グループであるため、同行のATMであれば無料で借入ができます。提携金融機関のATMにはプロミスのステッカーが貼ってあるので、出先でもすぐに判別できるでしょう。なお、借入できる時間はATMの稼働時間に準拠するため、24時間利用できるわけではない点には注意が必要です。また、カードレスキャッシングを利用する場合はローンカードが発行されないので、そもそもATMを利用できません。

店頭窓口で借入をおこなう場合は、所定のお客様サービスプラザへ出向く必要があります。スタッフが在籍しているので、返済プランなどの相談や確認を行いながら借入できるのがポイントです。アドバイスを受けながら借入額を決定したい人にとっては選択肢となり得るでしょう。ただし、利用は平日の営業時間中のみとなっており、土日祝日は利用できません。

プロミスを利用するメリット

プロミスを利用するメリットのひとつに、無利息期間の起算日が「初回利用日の翌日から」というものがあります。プロミスでは利用時の特典として、30日間無利息でキャッシングを受けることが可能です。この無利息の日数が契約の開始日ではなく、実際にお金を借入した日の翌日から起算されるので、利用する人は自分の好きなタイミングで特典を活用できます。できるだけ利息を抑えて借入したいという人にとって、プロミスの無利息期間の特典は検討に値するといえるでしょう。

融資スピードが非常に速いのもプロミスの大きなメリットです。最短30分で審査が終了するので、手続きによってはその日のうちに借入までおこなうことができます。また、プロミスを利用すると、「おとくらぶ」と呼ばれる充実した会員サービスが受けられるのも見逃せないメリットのひとつです。国内外におけるレストランやホテルなど、提携する施設でさまざまな割引を受けられます。サービスの利用申し込みは会員サービスページから手続きをおこなうだけなので、プロミスを利用中の場合は忘れずに申し込んでおきたいところです。

プロミスを利用するときに気を付けるポイント

プロミスの利用においては、いくつか気を付けておきたいポイントがあります。大きな注意点はないものの、あらかじめポイントを押さえておけばプロミスを上手に活用することができるでしょう。最も注意しておきたいポイントは、提携ATMを利用する場合に利用手数料がかかることです。プロミスは多くの金融機関が提携しており、たいていのATMを利用できるなど、サービスの利便性は高いといえるでしょう。しかし、ATMの利用手数料が無料となっているのは自社ATMと三井住友銀行だけであり、それ以外の提携ATMでは取引額に応じて手数料がかかります。急にお金が必要な状況でもない限りは、手数料のかからないATMを利用するようにしましょう。

また、プロミスの借入は金利が高く、長期返済には向いていないという点にも注意が必要です。利息をいつまでも払い続けることがないようにするためにも、あくまで一時的な借入ですぐに返すことのできる金額のみ借りるようにしましょう。借りる前には無理のない返済プランを立てるようにしたいものです。

会員カードの暗証番号や、Web-ID発行時に設定したパスワードについても、気を付けて管理する必要があります。消費者金融に限らず、インターネット上のあらゆる会員サービスに登録する機会が多い人にとっては、会員IDやパスワード、暗証番号の管理は非常に煩わしいといえるでしょう。しかし、消費者金融に関するパスワードや暗証番号は、お金にまつわる情報やサービスと結びついているだけに、特に厳重な管理をしておきたいものです。多少面倒ではあっても、クレジットカードや銀行のキャッシュカードと同様に、きちんと管理するようにしましょう。

また、プロミスのメリットのひとつである会員サービスについても、サービス内容が永久的に保証されているものではない点には注意が必要です。サービス内容はあくまでその時点のものであり、内容の変更はもちろんのこと、場合によってはサービスそのものが中止となる可能性も否定できません。会員サービスのメリットを目的としてプロミスを利用する場合は留意しておきましょう。

最後に、プロミスの利用時にメールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要である点は、人によっては気を付けたいポイントとなります。スマートフォンやパソコンのようなデバイスがあれば利用はできるものの、そもそもインターネット環境が必要である点には注意しましょう。また、普段から連絡にSNSを利用しており、メールを利用することがほとんどない人も、メールアドレスの設定や最低限のメールの使い方は押さえておいたほうが無難です。

プロミスにデメリットはあるの?

プロミスのデメリットのひとつは、金利が高いことです。決して違法な金利を定めているわけではないものの、法律の範囲内でかなり高い金利を設定しているといえます。そのため、借入時には借入額の大きさだけではなく、利息額も注視しておくことが大切です。ただし、金利の高さは消費者金融全体にいえることであるため、プロミスに限ったデメリットというわけではありません。

また、人によっては返済期間が長くなる可能性がある点もデメリットといえます。借入時には無理のない返済プランを立てることが原則です。しかし、月々の返済額を抑えるプランとした結果、返済期間が長くなってしまうこともあるでしょう。返済期間が長くなればなるほど、その分だけ利息もついてまわることとなります。そのため、利息を節約したいという人にはあまり向いていないかもしれません。

プロミスは計画的に利用しよう

迅速な審査に即日の借入可能と、プロミスの利用には多くのメリットがあります。借入方法も豊富に用意されているなど、非常に利便性が高い消費者金融のひとつです。金利の高さや、返済期間が長期化しやすいというデメリットもきちんと押さえておけば、返済時の利息に苦しむこともないでしょう。メリットとデメリットをきちんと理解したうえで、プロミスの利用を検討してみてください。

監修者プロフィール : 有田 宏

有田 宏
  • NPO法人北海道未来ネット専務理事
  • ファイナンシャル・プランナー
  • 2000年、日本FP協会のCFPを取得。2004年よりNPO法人北海道未来ネット専務理事。金融・経済分野を中心とした執筆・講演・コンサルタント事業に従事。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング