カードローンの履歴はどれくらい残るもの?審査に影響はあるか

カードローンを利用したことがある人は、自分の利用履歴がどれくらいの期間残ってしまうのか気になるのではないでしょうか。カードローンやクレジットカードの審査には信用情報が重要であるといわれているため、もう1枚カードを作りたい人にとっても関心が高いテーマでしょう。そこでこの記事では、カードローンの履歴が残る期間や、今後の審査にどのような影響があるかなどについて詳しく解説していきます。

審査が落ちたことも履歴には残る?

過去にカードローンなどの審査を受けた履歴は、一定期間信用情報機関の記録として残ります。日本には「指定信用情報機関(CIC)」「日本信用情報機構(JICC)」「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」の主に3つの信用情報機関があります。それぞれの機関には特徴があり、まったく同じ基準で情報を掲載しているわけではありません。貸金業者はいずれかの情報機関の情報を参考にしているので、業者によって得られる履歴の情報は異なります。

カードローンやクレジットカード、そのほかのローン審査を通過した場合は、信用情報に「成約情報」という履歴が残ります。しかし、情報開示請求の記録があるにもかかわらず成約情報の記載がない場合は、「審査落ち」という形で信用情報に残ってしまいます。このため、急きょほかのカードローンなどに申し込んだとしても、ほかの会社から契約を拒否されたことをそのローン会社に知られてしまう可能性があります。

ただし、上記の3つの信用情報機関は、掲載情報や掲載期間などさまざまな点で信用情報の扱いが異なります。したがって、あるカードローン会社に落ちても別の会社のカードローンと契約できるというケースは起こり得ます。つまり、一部では情報を共有しているものの、共有していない情報もあるのです。カードローン会社の使用する信用情報機関やカードローン会社の審査基準によっては、審査落ちの履歴がマイナスに響かないこともあります。また、情報には決められた掲載期間があるため、一般的には半年間経過すれば審査落ちの情報が信用履歴から消える点も理解しておくと良いでしょう。

返済遅延情報も履歴として残る

カードローンはその名の通り金融機関からお金を借りるローンなので、返済の遅延は大きく信用を失う行動といえます。基本的にローン返済日に1日でも遅れた場合は、個人信用情報機関には「遅延している」という記録が残るので注意が必要です。安易に「1日程度の遅延は問題ない」と考えるのはやめて、必ず返済日には1円の漏れもなく返済することが求められます。ただし、こちらもケースバイケースであり、カードローン会社によっては遅延から返済までの期間が数日程度なら記録に残さないところもあります。この辺は契約内容をよく確認する必要があるでしょう。

しかし、遅延は起こさないに越したことはありません。すべての貸金業者にとって、契約者が信用に値する人物かどうかは審査で重要視する点です。たとえ1日の遅れであっても遅延には変わりないので、記載された場合は今後のカードローン審査などに際してローン会社に悪い印象を与えてしまうでしょう。たとえ、それがうっかりミスなど悪意のないものであったとしても、同じ遅延で片付けられてしまいます。普段から引落口座の残高確認や、ほかのクレジットカードなどの利用額などをチェックして、毎回確実に返済できるよう準備しておきましょう。

また、返済を61日以上あるいは3カ月以上長期遅延(延滞)させた情報は、各信用情報機関によって掲載期間が異なります。延滞の場合、CICは5年、JICCは1年、KSCは5年です。これは、延滞の記録は最長で5年は消すことができないことを意味しています。一度遅延事故を起こしてしまうと向こう5年は新たにカードローンやクレジットカードの申請をしても、審査に通過しない恐れがあるので注意が必要です。

カード利用情報は履歴として残る

カードローンやクレジットカードを利用した履歴もまた、個人信用情報機関に登録され情報として残されます。「クレジットカードヒストリー」という言葉で呼ばれる利用履歴は、審査によっては有利になるものとならないものに分かれます。不利になるケースとしては、クレジットカードヒストリーが真っ白な場合や無計画に利用した場合などがあります。利用履歴で有利となるケースとしては、一般的なカードの使い方をしており、返済も毎回遅れずきちんとされているものが挙げられるでしょう。

また、借入額やカード利用額が毎回とても多かったり、リボルビング払いをしていたりといった使い方もカードローン会社などにあまり良い印象を与えません。なぜリボルビング払いが良くないのかというと、返済に困っている可能性があると判断されるケースがあるからです。ポイントなどのためにリボルビング払いに指定している場合は、一括払いに変更したほうが情報履歴をよくするためには有効です。一方で、カード利用履歴で大きくマイナスに働くのは、前述した延滞などの金融事故です。

さらに、一度にたくさんのカード会社に申し込みをした履歴も悪印象に結びつく可能性が高いので、申し込みの仕方についてもきちんと考える必要があります。一般的には、ひとつのカード会社の審査に落ちたときは半年経ってから別のカード会社に申し込みをすると良いといわれています。その半年の間に返済方法を見直したり勤続年数を伸ばせたり、あるいはマイナスの情報履歴が個人信用情報から消えたりと、カード会社が良い印象を持つ状況が整うからです。一度審査に落ちても焦らずじっくりと機を待つことが重要となります。

完済情報も履歴として残る

完済した記録も個人情報として残ります。一見完済は良いもののように思えるかもしれません。しかし、完済している状態のまま今後利用しないカードを放置してしまうと、カードローンの利用実績によっては、その後新たに申し込もうとしている審査に通らないことがあるので注意が必要です。したがって、完済後はきちんと解約することが大切です。完済したとしても契約中であれば、ほかのカードローン会社からは「借金を背負っている状態」に見えます。たとえば、100万円のカードローン契約を完済させたにもかかわらず契約をそのままにしておくと、いつでもまた100万円を借入できる状態とみなされます。その状態で別のカードローン会社へ申し込みをした場合、その会社は「自分のところへきちんと返済してくれるのか」と不安になるのです。

さらに押さえておきたいのは、消費者金融を含めた貸金業者では総量規制により、例外を除き年収の3分の1までしか融資ができないため、消費者金融系のカードローンでは審査に落ちる確率が高い点です。年収が300万円の人は上記の例ではすでに100万円のカードローン契約をしているため、そもそも別のカードローン会社へ申し込んだところで審査に落ちてしまうでしょう。また、クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象となるため、不要なキャッシング付きクレジットカードを持っている場合も解約するのが賢明です。一方、ショッピング枠に関しては法律の区分が異なり、貸金業法ではなく割賦販売法に基づいているため、総量規制の対象外となります。キャッシングが付いていないクレジットカードなら複数枚を所有していても、カードローンの審査に関しては問題ありません。

一方で、銀行系カードローンの場合は総量規制の対象外なので年収の3分の1を超えての貸付をおこなう場合があります。どうしても年収の3分の1以上のお金が必要なら銀行系を利用することもできます。ただし、銀行系では即日融資はおこなわず、審査に時間がかかるのですぐにお金が必要な場合には向かないなどのデメリットがあることもあわせて押さえておきましょう。

カードローンはどれくらい履歴が残る?

審査否決情報などについては、信用情報には6カ月間履歴が残ります。これがカードローン審査などに落ちた場合に半年経過するのを待つべきという理由となります。また、すでに延滞の情報は最長で5年残ると述べましたが、ほかの審査に影響を与える項目も契約中および完済日から5年間は信用情報に残ります。たとえば、カードローンの契約金額や貸付金額、保証額などが該当します。これによりカードローン会社は、申込者の借入希望額が総量規制を越えていないか、返済能力はあるのかなど審査に必要な情報を得られるのです。また、入金日・借入残高金額・完済日なども同様の期間だけ情報履歴に載ります。

ただし、5年間は新たなカードローン契約ができないというわけではありません。カードローン会社によって審査の基準は異なるため、1社に断られたからといって5年間待つ必要はなく、ある程度の期間をおいて状況を改善できればそれほど遠くない将来に契約を結べる可能性はあります。いずれにせよ、カードローン審査に落ちた場合には何が原因だったかを知ることが重要です。信用情報機関から個人信用情報の開示を請求したり、不要なカードローン契約などがないかを確認したりして、次回の審査通過に向けて対策を練りましょう。

カードローンの審査に落ちたときの注意点

すでに説明しましたように、カードローンの審査に落ちたからといって、期間をおかずいくつもの別の会社で新しく審査を受けてしまうと、カードローン会社に対してマイナスの印象を与えてしまいます。審査申し込み情報は履歴に残るので、1度落ちた経験がある人は次回以降確実に審査に通るように考えながら行動することが必要です。また、個人信用情報を開示しても見方がわからなければあまり意味がありません。3つの信用情報機関はそれぞれ独自の方法で情報を記載しているので、開示された情報のひとつひとつを正しく読み取るようになりましょう。

また、携帯電話の月々の支払いを延滞している場合も、カードローンの返済の延滞と同様に信用情報に傷がつくので注意が必要です。携帯電話本体の月々の支払いは、分割払いをしているのと同様です。滞納すると履歴に掲載されてしまい審査に不利となるので、時間とともに履歴が消えるのを待つしかありません。多重債務状態にある人もカードローン審査に通る確率が低いので、おまとめローンを利用するなどでまずは今あるローンを返済してすっきりとさせることが先決です。カードローンに申し込むときはできるだけ早く融資を受けたい場合が多いため、審査に落ちると焦ってしまい、悪手を打ってしまうこともあります。しかし、審査に通らなかったときこそ冷静に行動することが大切です。

審査通過率が高いカードローンを利用するべき?

カードローン商品のなかには、提供している会社の考え方により、審査に通過しやすいものもあります。こういった商品は、とりわけ1度審査に落ちた人にとっては魅力的に映るかもしれません。しかし、審査通過率が高いカードローンは金利などが高いケースもあるので注意しましょう。たとえ融資を受けられても、金利が高ければ財布の中身を圧迫していきます。返済が滞ると信用情報に異動情報として掲載されて、さらに今後の借入が難しくなってしまいます。目の前に審査通過率が高いカードローンがあっても焦って飛びつかないことが大切で、長期的な視野を持ってカードローンを選ぶようにしましょう。

また、カードローンに申し込む前には、金利とあわせて返済方法の選択肢は多いか、手数料は発生するか、審査時間はどの程度かなどもしっかりと確認する必要があります。返済方法が限られていると、ついうっかりしただけで遅延事故を起こしてしまいかねません。ミスは起こりうるものとして理解し、できるだけ遅延を起こさないようにするにはどうすれば良いかを考えることが重要です。返済方法は銀行口座引き落としのほか、ATM入金やオンライン振込、店頭窓口で返済など、たくさんの種類があります。選択肢が多いほうが遅延事故を防ぎやすいので、そのような商品を選ぶことも大切です。

手数料に関しても、返済は毎月のことなので無料に越したことはありません。借入や返済方法によって手数料は異なりますが、いずれにせよ手数料が安い商品を選ぶほうがお得です。さらに、審査通過率が高いカードは審査時間が短い傾向にあります。こちらは利用者にとってはプラスとなります。ただ、利便性が高すぎるとついお金を借りすぎてしまうという人は、銀行系のカードローンなど審査に長い時間がかかるもののほうが向いているかもしれません。

履歴に残ることを考慮してカードローンを利用しよう

カードローンを利用する際には、クレジットカード同様さまざまな情報が履歴として信用情報に残ります。そのことを理解したうえで利用することが大切で、つい便利だからと不要な額を引き出したり、複数のカードローン会社に申し込みをしたりするのは良いこととはいえません。数年間は情報が残ることを意識しながら、カードローンを上手に利用していきましょう。

監修者プロフィール : 恩田 雅之

恩田 雅之
  • ファイナンシャル・プランナー(CFP®)
  • 1959年 東京生まれ 専修大経営学部卒業後、16年間パソコン業界の営業の職業に携わる。その間に資産運用に興味を持ちAFPを取得。2004年3月にCFP®資格を取得後同年6月、札幌にて「オンダFP事務所」を開業。資産運用に関するセミナー、ブログやコラムの執筆などを中心に活動中。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング