無職だとカードローンの審査には通りづらい?審査通過の条件を知ろう!

困ったときの助けとなるのがカードローンですが、無職の人でもカードローンを利用できるのでしょうか。結論からいえば、利用することは可能です。ただし、その審査基準は明確に設定されているため、スムーズに審査をすすめるには利用する前にしっかりと基準内容を把握しておくことが重要です。

今回は、無職の場合でもカードローン審査を通過するための条件や、事前に準備するものをご紹介していきます。

無職でもカードローンの審査は通る?

基本的にカードローンを利用する場合には、「安定的に収入を得ている」ことがまず第一に必要です。つまり、職に就いていない無職の場合でも、安定した収入源があることを証明できれば、審査に通る場合があります。

職に就いていない状態で、安定的に収入がある場合とはどういったときが考えられるでしょうか。いくつか具体例をみていくと、たとえば「株式投資やFXで収入がある」場合は、審査基準を満たしているといえます。ただし一発逆転で一時の利益を得た場合ではなく、安定的であることが条件です。家賃収入や駐車場収入など不動産収入による所得もまた同様に、毎月安定的に収入がある場合は審査に通ることがあります。

「ブログのアフィリエイト収入などがある」場合も安定収入として認められる可能性があります。たとえば年金収入のみではカードローンの申し込みができませんが、年金給付を受けつつアフィリエイトのような副収入を得ている場合であれば、申し込みをすることが可能です(年金受給の場合については後述します)。もちろん、アフィリエイト単体で大きな収入があれば申し込みすることは可能です。最近クラウドソーシング型のライターとして企業に勤めず収入を得ている方も多くなっていますが、その場合でも同じことがいえます。

また、就職先が決まった場合、働き始める前の無職の状態でもカードローンの審査に通る可能性があります。カード会社によって対応は異なりますが、正社員でもアルバイトでも、どちらでも申し込みをすることは可能です。ただし在籍確認の連絡が内定先にいくことがあり、基本的にカードローン会社の場合は個人名、銀行カードローンの場合は銀行名で名乗られ、当人以外にはどういった内容の電話かは分からない配慮がされていますが、セキュリティーの観点や、企業の業務上個人のやり取りがない場合、不審に思う企業もあるので注意が必要です。在籍確認についてはカード会社のコールセンターなどに連絡して確認方法を決めておくことも重要です。

審査に通らない収入とは?

反対に、無職の人で収入がある場合でも、審査に通らないことがあります。たとえば年金収入「のみ」では、カードローン会社の審査に通りません。あくまで上記のように、年金収入のほかに安定的な収入がある場合に申し込みをすることが可能です。ただし、銀行カードローンの場合は、年金収入のみでも申し込みできる場合があります。条件などについては後述します。

また、仕事を辞め失業保険を受けている場合の収入も、カードローンの審査では安定した収入としての基準を満たしているとはいえないため、審査に通ることは難しいでしょう。そのほか生活保護による給付金や、国や自治体からの補助金はカードローンの審査には通らない収入源として挙げられます。同様に、ギャンブルによる収入や親からの仕送りも、安定した収入としては認められていないことがほとんどです。ちなみにギャンブルのためのカードローン申し込みも認められてはいません。

無職の場合は勤務先情報をどうする?

無職の人がカードローンを申し込む際、安定した収入があったとしても、困るのが勤務先情報の記入です。嘘の記述をすることはもってのほかですが、審査通過するためには曖昧な表現もしづらいものです。勤務先情報を記入する方法を説明します。

安定した収入がある場合、自宅で自営業を営んでいることにして申し込みをすることで、スムーズに申し込みができます。無職であっても安定した収入がある場合、自営業と同じように税金支払のために確定申告は必須です。青色申告による事業登録をせずに白色申告をしている場合でも、自営業と扱いは同様です。仕事を辞めて、投資やライターなどフリーランスで働き始めたばかりの人もまた同様です。

電話番号や住所などは自宅のものを記入することになります。固定電話がない場合、携帯電話や050から始まるIP電話でも問題はありませんが、より審査に通りやすいのは固定電話番号だとされているため注意が必要です。そのほか、社員数を記入する欄には「一人」と記入し、事業内容や職種は「その他」、年収を記入する欄があれば「予想年収」を記入、入社年月を記入する際は「収入を得始めた年月」を記入して申し込みをしていきます。あくまで自営業を営んでいるとして記入していくことで、分かりやすくスムーズに審査をすすめることができます。

他社からの借入を記入する場合がありますが、正直に申告する必要があるのはもちろん、他社からの借入が多すぎる方は審査に通るのが難しくなります。消費者金融などは貸金業法にのっとり運営されており、その中で「総量規制」という制限が定められています。総量規制とは、個人が貸金業者からお金を借入するとき、借入の総額に制限を設けることで、借入残高が年収の3分の1を超えると新たに借入することができないというものです。これにより条件を満たしていない場合は、新たなカードローン審査には通りません。ただし、個人事業主の場合「総量規制例外貸付」というものがあり、直近の確定申告書やそのほか事業計画書など必要書類を提出すれば、例外として3分の1を超えていても他社から借りることができます。また、貸金業法は消費者金融に適用されるもので、銀行のカードローンには総量規制は適用しません。

審査に不安がある人は、電話での申し込みをおすすめします。カードローン会社が審査の合否に迷っている場合、電話をかけてくる場合がありますが、その内容次第で結果が変わることがあります。収入内容の詳細をそのときに話すことによって、カードローン会社からの信用が変わる場合があるので、不安がある場合は電話で申し込みすることも一つの手段です。自営業は会社員より審査が厳しくなるとされているので、なおさら詳細な説明が審査に有利に働くといっても過言ではありません。

無職の人は収入証明書が必要

返済能力がないと判断されるとお金を借りることはできないので、無職の人が自営業やフリーランスとしてカードローン会社からお金を借入する場合、収入証明書の提出が求められます。社会的信用の低い人がカードローンでお金を借りる場合、限度額50万円以下でも収入証明書が必要になるので注意が必要です。

消費者金融で収入証明書として認められているものはいくつかあります。基本的には「源泉徴収票」、「納税証明書」、「確定申告書」の3つで、これらの書類すべてを提出できることが理想です。ただし、フリーランスとして働き始めたばかりの人や、収入を得始めたばかりで書類がすぐに手に入らない人は、「3カ月以上の給与明細」でも収入証明書として提出することが可能です。しかし、無職で安定収入がある人は、給与明細がない場合も多いので、「3カ月以上の収入源による入金記録を記載した通帳」も収入証明書として認められています。これらは確実に必要なものですので、あらかじめ準備できる場合は先に用意しておくと、申し込みをスムーズにすすめることができます。

日雇いバイトや日雇い派遣で審査は通る?

無職の場合であっても、カードローンの審査に通るには、安定した収入があることが証明できれば可能性はあることを説明してきました。それはつまり正社員である必要はなく、バイトやパート、派遣社員でも申し込むことは可能だということです。日雇いバイトや日雇い派遣でも申し込みはできます。ただし、安定収入や継続収入とはいえないので、審査に通らない可能性が高くなることには注意が必要です。

無職でも借入が可能な中小の消費者金融もありますが、違法な金利を取る悪徳業者の可能性が高いため、利用する場合には十分な見極めが必要です。クレジットカードのキャッシング枠もあるので、職に就いていたときに契約していたカードがあるなら、そちらの利用をまずは考慮してみるのも一つの手です。

返済能力がないとみなされることが一番不利な状況に立たされることになります。条件としては日雇いバイトや日雇い派遣でも申し込みはできますが、安定した収入があれば返済能力があるとみなされるのは明白です。

仕事を探している状態のときに審査は通る?

日雇いバイトや日雇い派遣でもカードローンの申し込みはできますが、単純に派遣会社に登録しただけの仕事を探している状態では働いていることにはならず、安定した収入があるとはいえないため審査に通るのは難しくなります。ハローワークで求人情報を探している段階も同様で、残念ながら、働いている状態、安定した収入がある状態とはいえません。あくまで収入がある、もしくは収入の予定がある証明を示す必要があります。

派遣社員として勤める場合でも、バイトとして勤務する場合でも、就職先が決まった段階から審査申し込みをすることができます。給料が振り込まれる前の状態や勤務開始前であっても、カードローン会社によっては審査に通る可能性があるので、申し込みを検討する余地はあります。お金がないためにお金を借りたいのに、お金を借りるにはまずは安定した収入を得る必要があるというジレンマがありますが、貸し出す側の立場からしてみれば当然、安定した収入を得る状態にあることが重要です。

専業主婦や年金受給者でも審査は通る?

年金受給者は年金収入のみでは、基本的にアコムやアイフル、プロミスなどの消費者金融と呼ばれるカードローン会社でカードローンを申請することはできません。ただし、三菱UFJフィナンシャル・グループやみずほフィナンシャルグループなど、いわゆるメガバンクと呼ばれる銀行のカードローンであれば、カードローンの申し込みをすることが可能です。

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低いことが、そのメリットとして挙げられます。ほとんどの銀行が年15.0%以下の低金利でカードローンを利用することができます(2019年現在)。ただし、年金受給者が年金収入のみでカードローンを申請する場合気を付けたいことは、「年齢制限による基準が設けられている」という点です。基本的にどの銀行も65歳未満や66歳未満など、利用できる年齢に上限を設けているところがほとんどです。年齢を超えている場合は当然利用基準を満たしていないので、審査に通ることが難しくなってしまいます。

また、専業主婦の方でも、申し込みができる銀行カードローンは一部あります。配偶者に安定した収入があるという条件があり、収入を証明する書類が必要なところもありますが、一部の銀行では収入証明書がなくても借入ができるところがあるので、探してみる価値はあります。限度額は審査によって決まるので一概にはいえませんが、大体30万円前後が一般的です。ただし2017年以降、メガバンクや大手銀行は専業主婦のカードローン申し込みを受け付けなくなっている傾向にあります。専業主婦の方でカードローン申し込みをしたい場合、地方銀行やネット銀行から探すとスムーズに申し込みできる可能性があるので、そちらを検討してみるのもよいでしょう。

また、基本的には専業主婦の方もアコムやアイフルなどの大手消費者金融会社からはカードローンを申請することはできませんが、「配偶者貸付」をおこなっているところでは申し込みをすることも可能です。アコムなどの大手消費者金融会社はコストや手間の問題で受け付けていませんが、中小の消費者金融会社やクレジットカード会社は配偶者貸付を受け付けているところがあります。ただ、銀行カードローンと同じく配偶者の収入証明書や、配偶者との婚姻関係を証明するもの、配偶者の同意書など多くの書類を必要とする点には注意が必要です。限度額は業者によってさまざまで、上限30万円のところもあれば1,000万円貸し出しているところもありますが、基本的には銀行カードローンと同じく30万円前後が一般的といわれています。

無職でも条件を満たせば審査は通る

無職でも、条件を満たした場合にはカードローンの審査に通る可能性が高いといえます。基本的には家賃収入や投資収入など、自身で安定した収入を得ていることが条件になっている場合がほとんどです。今回挙げた条件をよく理解していないと、審査に通らなかったり、万が一通っても生活を圧迫してしまったりする可能性があります。自分の状況と照らし合わせながら、無理のない借入でカードローンを上手に利用しましょう。

監修者プロフィール : 大間 武

大間 武
  • ファイナンシャル・プランナー
  • 飲食業をはじめ多業種の財務経理、株式公開予定企業などの経理業務構築、ベンチャーキャピタル投資事業組合運営管理を経て、2002年ファイナンシャル・プランナーとして独立。2005年株式会社くらしと家計のサポートセンター、NPO法人マネー・スプラウト設立。「家計も企業の経理も同じ」という考えを基本に、「家計」「会計」「監査」の3領域を活用した家計相談、会計コンサル、監査関連業務、講師・講演、執筆など幅広く活動。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング