パート主婦でもおまとめローンを利用することは可能?

パート主婦が借入をすると、返済に困って複数の業者から借り続け、結果的に借金が膨らんでしまうことがあります。こうなった場合には、おまとめローンを利用することで月々の返済額を減らすことができます。しかし、収入が少なくてもおまとめローンを利用できるのでしょうか。そこで、パート主婦のおまとめローンの利用について調べてみました。サービスを選ぶ際のポイントなども紹介します。

おまとめローンとは

おまとめローンとは、複数の業者からの借入を借り換えによって一本にまとめることです。ただし、おまとめローンに明確な定義はありません。複数の業者からの借入を一本化することを「おまとめ」と呼んでいるだけです。そういった理由から、おまとめローンは提供する業者によって内容が異なることがあります。申し込みをしてから、思っていたものと違うと感じてしまわないためにも、おまとめローンの内容は事前にチェックしておきましょう。

おまとめローンには、おまとめに特化した専用のタイプがあります。複数社の借入を一本にまとめ、効率的な完済を目指すのがこのタイプです。また、おまとめ専用ローンは原則として、融資金を元々借入していた業者に直接振り込むことで元の借入を完済します。そのため、借入ができたとしても、借入をした人が直接現金を手にすることはないと考えておきましょう。なお、おまとめ専用ローンの融資上限額は他社借入の合計額、つまり元からあった借金の総額となります。

おまとめローンの利用にはいくつかのメリットがあります。まず、複数の業者からの借入をしている場合には、それぞれに支払日が違うケースがあります。次々にやってくる支払日に追われ、どの業者にいくら支払うべきかがわからなくなり、支払期日を間違えてしまうこともあると思います。しかし、おまとめローンによって借入先が一つになると、これまでバラバラだった返済日が一つになり管理しやすくなります。そこがおまとめローン最大のメリットです。

また、それぞれの借入先に高い利息を払っている人にも、おまとめローンの利用はメリットがあります。貸金業界の低金利化が進んでいることから、新しいローンへの借り換えで金利が安くなる傾向にあります。これまで借りていた高金利のローンをおまとめローンとして一本化することで、金利が下がるケースもあるのです。毎月の支払額が少なくなると、支払期日に追われる精神的な負担が軽減されるだけでなく、金銭的にも余裕を持った返済ができるようになります。

パート主婦でもおまとめローンは利用できる?

おまとめローンは複数の借入をまとめることから、借入金額が高額になってしまうのではないかと不安に感じる人もいるでしょう。また、パート主婦は収入がそれほど多くないため、おまとめローンは利用できないと考えてしまう人も少なくありません。しかし、パート主婦でもおまとめローンの利用は可能です。なぜなら、ローンを借りる際に重要になるのは「収入」であり、その収入によってローンが返せる「返済能力がある」ことが重要だからです。

返済能力があることを判断するのが継続的な収入の有無です。アルバイトやパートとして働いていても、月に何十万円も稼ぐ人は珍しくありませんし、正社員よりも長く同じ会社に勤めている人もいるでしょう。そういった継続的な収入がある場合には、職種や働き方に関係なくおまとめローンの利用が可能です。パート主婦などの収入が少ない場合でも、継続的な収入によって返済能力があると認められると、おまとめローンが利用できます。

おまとめローンを選ぶポイント

おまとめローンを選ぶポイントとなるのが金利です。今より低い金利で借りられるかどうかを見極めることがおまとめローン選びの重要なポイントとなります。しかし、おまとめ前の借入が低金利の銀行ローンなどの場合には、おまとめローンに変えても金利が下がらないことがあります。そのため、おまとめローンへの借り換え後に金利が下がるかをしっかりと確認しておくことが大切です。元本は返済をしない限り減りません。返済額を減らすには利息を減らす必要があります。金利が増えてしまった場合には経済的な負担が増加しますので気をつけましょう。

また、おまとめローンを選ぶ際には、金利が安いだけでなく返済期間にも注目する必要があります。返済期間が長くなることで、返済総額が増えてしまう可能性があるのです。ただ、返済期間を長くすると毎月の返済額が少なくなり、毎月の負担が少なくなった安心感から、借金が減ったと錯覚してしまうこともあります。しかし、実際は返済総額が増えていたということは往々にしてあるのです。おまとめローンを利用しても、借入元本は1円も少なくなりませんので、返済総額もしっかりと把握しておく必要があります。

【おまとめローン】1.消費者金融

消費者金融業者には、貸金業法に基づくおまとめローンがあります。貸金業法というのは、消費者金融などの貸金業者からの借入に対して定められた法律です。貸金業法では、総量規制によって借りられる金額を年収の3分の1までと制限しています。ただし、総量規制には除外と例外が設けられ、おまとめローンは例外に該当します。よって、おまとめローンでは年収の3分の1以上であっても借りることができます。そういった理由から、消費者金融のおまとめローンは貸金業法に基づくという表現が使われています。

消費者金融のおまとめローンは、審査が柔軟なのが特徴です。通常、消費者金融が提供するカードローンの場合には総量規制により、年収と借入総額によっては審査に通らないこともあります。しかし、消費者金融のおまとめローンは総量規制の例外に該当しますので、年収による借入額制限がなくなるのです。その結果、年収に関係なく審査に通るようになります。さらに、審査にかかる時間も短くなり、審査から融資までのスピードも上がります。

ただ、消費者金融のおまとめローンにはデメリットもあります。まず、消費者金融のおまとめローンは金利が高く、思うように返済額や利息負担が軽減できないという点です。そのうえ、銀行ローンはおまとめローンの対象外ですので、銀行ローンをまとめたいという人には不向きです。しかし、収入が少ないことで審査に通りにくいパート主婦でも、消費者金融のおまとめローンであれば借りやすいといえますので借入をまとめたいというパート主婦にはぴったりです。

【おまとめローン】2.銀行

銀行でもおまとめローンを提供しています。おまとめ専用のローンを提供している銀行もありますので、相談してみるのがいいでしょう。銀行のおまとめローンも、消費者金融のおまとめローンと同じく証書貸付という融資形態での貸し付けです。そのため、返済中の追加融資ができません。銀行のおまとめローンは低金利なのが特徴で、おまとめローンにすると金利が下がることから返済額が減り、返済が楽になるのが最大のメリットといえるでしょう。また、クレジットカードのショッピング利用分やリボルビング払い分もまとめることが可能です。

しかし、低金利でクレジットカードの利用分もまとめられることから、審査のほうは厳しくなります。必要な書類も多いため、手続きが面倒だと感じる人もいるでしょう。さらに、審査が厳しくなると融資までに時間もかかります。それに、銀行のおまとめローンの審査に落ちると、ほかのローンに影響が出ることがあります。これは審査に落ちたことが信用情報に記録されてしまうからです。ただし、おまとめ専用のローンは、初めからお金に困った人が利用することを見越して信用度を低めに設定しているため、パート主婦でも審査に通る可能性が高くなります。

【おまとめローン】3.銀行のカードローン

銀行カードローンとは、銀行が提供しているカードローンです。消費者金融などのノンバンクのカードローンに比べると低金利なのが特徴です。無担保での借入ができ、保証人も必要ありません。さらに、借入したお金は事業資金以外であれば何にでも使用が可能です。銀行カードローンは最高で500万円や1000万円の融資額といった大型のカードローンも多く、おまとめローンとしても活用できます。銀行カードローンが提供するおまとめローンは、低金利なだけでなく返済中の追加借入も可能です。そのため、急な出費にも対応できるでしょう。さらに、消費者金融のクレジットカードの利用分もまとめることができ、非常に便利です。

ただし、銀行カードローンのおまとめローンにもデメリットがありますので注意しましょう。銀行カードローンのおまとめローンは返済額が変動します。市場に連動して金利が変わることから金利が大幅に上昇してしまい、返済額が増えてしまうことも考えられるのです。そのうえ、銀行のカードローンと同じく、審査が厳しいことも挙げられます。厳しく審査されることで融資までにかかる時間が長くなり、すぐに借入をまとめたい場合には対応できません。厳しい審査によって借入金額が少なくなることもあり、必要な金額が借りにくいのもデメリットといえます。

おまとめローンの審査通過条件

おまとめローンの審査の通りやすさは、会社員でもパート主婦でもあまり違いはありません。おまとめローンを申し込む先の貸し付け条件に該当するかがポイントです。貸し付け条件に当てはまるのは年齢が20歳以上65歳未満の人です。さらに、継続して安定した収入があることも重要ですが、パート収入やアルバイト収入でも問題ありません。パート主婦でも、ある程度の長さの勤続年数がある場合には貸し付け条件に当てはまります。返済能力が認められることが重要ですので、パート主婦でも継続した収入がある場合には審査に通らないことはないでしょう。ただし、信用情報にネガティブな情報があると審査に通りません。

ネガティブな情報というのは、他社借入の返済が遅れがちであったことや、過去に延滞をした履歴があることです。さらに債務整理や自己破産をした場合にも信用情報に記録されています。そのほかにも、クレジットカードの返済が遅れたといったケースでも信用情報にネガティブな情報が記載されますので注意が必要です。このようなネガティブな情報がある場合には、返済能力がないと判断されてしまいます。主婦の場合には、毎月の返済が大変だからという理由でおまとめローンを利用することが多いため、返済できるのかどうかが重要な焦点となるのです。信用情報に返済へのリスクがあると考えられるような情報が入っている場合には、審査に通過できないと考えましょう。

パート主婦がローン審査に通るにはいくつかのコツがあります。まず、パート先へは1年以上勤続してから申し込むようにしましょう。申し込み条件に勤続年数が定められていないケースは多く見受けられますが、審査時に勤続年数はしっかりとチェックされています。なぜなら、パートなどの非正規社員の場合にはすぐにやめてしまうことがよくあるからです。長期間で安定した収入があり、今後も安定した収入が継続できると判断されるには、勤続年数が重要なポイントとして考えられています。

審査では在籍確認もおこなわれますので、在籍確認がとれるようパート先に根回しをしておくのもいいでしょう。在籍確認は銀行や消費者金融から勤務先に電話がかかり、申込者がその勤務先で働いているのかを確認することです。銀行や消費者金融から電話がかかってきた際に自分が電話に出た場合には問題ありません。しかし、席を外している場合や、電話に出られない職種の場合などには別の人が対応します。電話に出た人がうまく対応してくれた場合には在籍確認がスムーズにいくでしょう。ただ、従業員が多い会社などの場合には、在籍していることを伝えてもらえないことも考えられます。その会社に勤めていても、在籍確認ができない場合には審査に通りません。そういった理由から、勤務先に電話が来ることは事前に伝えておくのがいいでしょう。

パート主婦でもおまとめローンは利用できる!

複数の業者からの借入を一本化するおまとめローンは、パート主婦でも利用が可能です。おまとめローンの利用によって、精神的・経済的な負担を軽くすることもできるでしょう。おまとめローンは消費者金融や、銀行、銀行カードローンなどが提供し、それぞれに違った特徴があります。それぞれについてよく知り、自分に合ったおまとめローンを選ぶことが大切です。パート主婦でもおまとめローンを上手に利用し、完済を目指しましょう。

監修者プロフィール : 大間 武

大間 武
  • ファイナンシャル・プランナー
  • 飲食業をはじめ多業種の財務経理、株式公開予定企業などの経理業務構築、ベンチャーキャピタル投資事業組合運営管理を経て、2002年ファイナンシャル・プランナーとして独立。2005年株式会社くらしと家計のサポートセンター、NPO法人マネー・スプラウト設立。「家計も企業の経理も同じ」という考えを基本に、「家計」「会計」「監査」の3領域を活用した家計相談、会計コンサル、監査関連業務、講師・講演、執筆など幅広く活動。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング