レディースローンの審査って女性にとって厳しいもの?

冠婚葬祭などで急にお金が必要になり、お金を借りなければならない状況に陥るときもあるでしょう。その際、レディースローンを検討したいけれど審査が厳しいのではないかと思っている人も少なくないと思います。この記事では、レディースローンの審査基準や審査内容、専業主婦は審査に通るのかといったことについて詳しく解説していきます。

レディースローンの審査は厳しい?

レディースローンとは、女性を対象にしているカードローンのことを指します。レディースローンは、ほとんどの場合女性スタッフが電話対応してくれるため、ローンを利用するのが初めてという女性でも、安心して相談することができるのが特徴です。レディースローンはパートやアルバイトで働いている主婦層をターゲットにしているので、審査基準が甘く設定されているのではないかと思っている人も一定数いるでしょう。しかし、レディースローンも通常のカードローンと同じ審査基準を設けています。女性向けだからと、特別に審査が甘くなっているわけではありません。

カードローンの申し込み基準は一般的に、「安定していて、なおかつ継続した収入」があることを申込者個人に対して求めています。そのため、正社員で、ある程度の勤続年数や収入があれば審査は有利に働きます。しかし、パートやアルバイトの場合には、正社員よりも雇用が不安定になります。収入があったとしても返済能力を慎重に判断されることは覚悟したほうがよいでしょう。そのほかにも、年齢、勤務先、家族構成といった基礎的な情報から信用情報といったことが審査基準になります。難易度としても、通常のカードローンと大きな差はありません。そのため、通常のカードローンの審査に通ったことがあり、返済なども滞りなく行っているのなら、極端な心配をすることはないでしょう。

配偶者貸付を利用する場合の審査は?

レディースローンの場合には、貸金業法の配偶者貸付を利用できるケースもあります。配偶者貸付は、パートなどで収入が低い場合でも配偶者の年収と合算して審査することで、融資が可能になる制度です。消費者金融系のカードローンの場合には、総量規制というルールが適用されます。これは、年収の3分の1までしか融資を受けられないという規制です。そのため、パートやアルバイトで年収が低い場合には、審査に通らず融資を受けられないか、融資を受けられても額が低いことがあります。その際に、配偶者貸付を利用することで、配偶者の年収と合算して審査を受けることができるため、より多くの融資を受けられるようになるのです。

配偶者貸付を利用する場合でも、審査基準は変わりません。しかし、配偶者貸付では、配偶者の個人信用情報を参照するので、事実上、本人と配偶者の2回の審査が行われることになります。そのため、審査は通常よりも厳しくなるでしょう。個人信用情報に問題がなければよいのですが、配偶者が借金の返済やクレジットカードの支払いを延滞していたりするなどが続いていれば、審査に通るのは難しくなります。

レディースローンに金利優遇はあるの?

レディースローンという名前から、女性が有利にお金を借りることのできるカードローンだと思っている人もいます。しかし、レディースローンに金利優遇などの措置はなく、通常のカードローンと融資条件は変わりません。女性向けのカードローンではありますが、男性からの申し込みを排除しているわけではないのです。単純に女性が相談しやすいように環境を整えているだけで、性別にかかわらず申し込みや審査を受けることができるようになっています。特に金利が低くなっているわけではないので、勘違いしないように注意しましょう。総量規制においてもレディースローンや女性への例外が設けられていないこと、標準生計費も男女同一であることなどからも、特別な優遇措置がないことが伺えます。

金利優遇などはありませんが、女性が相談しやすいように女性スタッフが応対することや、返済や金利について説明を丁寧にしてくれるなどのメリットはあります。初めてのローン利用で不安が大きい女性も、レディースローンを使うことでスムーズに申し込むことができるでしょう。

審査における在籍確認って何のこと?

カードローンや消費者金融などのキャッシングの審査では、個人信用情報や収入、雇用形態などが重要になりますが、在籍確認も行われます。レディースローンでは申し込み内容の確認のために本人への電話連絡が行われますが、それと同時に在籍確認も実施されます。在籍確認とは、申告した勤務先に消費者金融側が電話し、本当に申告した会社に勤めているのかを確認するために行われるものです。確認せずに融資したことで返済が滞ったり、返済してもらえなかったりすることを避けるために、申込者が信用できる人物かどうかを調べます。

会社に電話をされると困るという人もいるでしょう。しかし、在籍確認の電話は消費者金融名でかけてくることはありません。基本的には、個人の名字で連絡がくるため、レディースローンを利用していると職場で知られてしまうケースは少ないのです。応対した勤め先の人に、関係性などを尋ねられたとしても名字以上の情報を明かすことは決してありません。申込者本人以外には会社名を名乗らないので安心してよいでしょう。また、休暇などで本人が勤め先にいない場合でも問題はありません。在籍していることが確認できればよいので、実際に電話に出られなくても構わないのです。

在籍確認は柔軟に対応してもらえる!

女性の場合、配偶者にローンの利用を知られたくない、会社へ電話されるのが困るという人もいます。その場合には、比較的柔軟に対応してもらえるレディースローンを利用するとよいでしょう。レディースローンでは、プライバシー保護を重視している傾向が強いのです。会社や家族に知られないように借りたいという要望も多いため、第三者に借金の事実がわからないよう配慮した対応が行われています。

たとえば、在籍確認時の名前や日時などについても柔軟に対応してくれるでしょう。確実に自分が電話に出ることのできる日時を指定して在籍確認をしてもらう、名乗る名字を指定してかけてもらうことも可能です。名字を指定しておくことで、あらかじめ同僚などに「○○さんから連絡がある」と伝えることができ、不審がられずに済みます。ただし、すべてのレディースローンで同じ対応をしてくれるわけではありません。事前に伝えておくことで、要望に沿った対応をしてくれる可能性があるので、在籍確認に不安がある場合にはまず電話でスタッフに相談しておくと安心です。また、本人確認の電話もある程度なら柔軟に対応してくれます。家族がいる時間に自宅などに電話をかけられると困る場合には、日時を指定しておくとよいでしょう。

専業主婦が審査を通ることは難しい?

アルバイトやパートなどをしておらず、専業主婦をしている人も少なくありません。自分の収入がない専業主婦は、レディースローンの審査に通るのでしょうか。結論からいえば、専業主婦はレディースローンに限らず、通常のカードローンの審査にも通りません。これは、先述した総量規制というルールが関係しています。専業主婦は、まったく収入がありません。そのため、収入の3分の1以上は融資できないという総量規制によって借りられなくなるのです。収入がゼロということは、借入できる金額もゼロになるため、基本的には自分1人で融資を受けることはできないのです。

配偶者の収入証明書と同意書を提出することで審査を通過できる場合もあります。しかし、収入がまったくない場合には、配偶者の同意が必要になるため、配偶者に知られずにお金を借りることはできません。また、配偶者貸付に対応していないレディースローンもあります。配偶者貸付は消費者金融によって対応が異なり、必ずしも利用できるものではないので、その点だけ注意が必要です。

審査で重視されるのは何?

レディースローンの審査で重視されるのはどのようなことなのでしょうか。まずは、収入です。基本的に、継続した安定収入があることが申し込みに必要な条件になっているので、収入や雇用形態などは必ず審査基準になる部分です。しかし、レディースローンは主婦などを対象にしているため、そこまで収入を厳しくみられることはないでしょう。通常のカードローンであっても、パートやアルバイトを継続的に続けていれば、融資を受けられるケースが多いのです。そのため、レディースローンでもパートやアルバイトで、ある程度の収入が継続的にあるのなら、審査に通過する確率は高いといわれています。ただし、収入が低すぎる場合や短期のアルバイトなどしかしていない場合には、審査基準を満たすのは難しいため注意しましょう。また、年収の3分の1までしか借入できないという総量規制の関係上、パートやアルバイトの主婦の場合には融資限度額が低くなるのも頭に入れておきたいポイントです。

信用情報はレディースローンに限らず、クレジットカードの発行、住宅ローンなどさまざまな分野で非常に重視される部分です。そのため、レディースローンを申し込む際には、自分の信用情報をしっかり把握しておく必要があります。信用情報とは、信用情報機関に記録されている自分の情報のことです。主に金融関係の情報、たとえばクレジットカードの支払い記録、ローンの返済状況といったものが記録されています。信用情報には、金銭的なトラブルも記録されるので注意が必要です。借金の返済が滞るといったことが繰り返されていると、事故情報として登録されてしまいます。現在は完済していても、5年程度は記録された事故情報が残るのです。この状態を「ブラックリストに載る」と呼ぶことも多いでしょう。ブラックリストに載っていることは消費者金融側に伝わりますから、審査を通過するのはとても難しくなります。一度金融トラブルを起こしていると「また同じことを繰り返すかもしれない」と思われて、審査に通らない可能性が高くなるのです。過去に借金の延滞をしていて不安という場合には、信用情報を確認しておくと安心です。自分の信用情報を知りたい場合には、信用情報機関に照会してみるとよいでしょう。料金はかかりますが、窓口で申請する、郵送で送ってもらうなどの方法で照会することができます。

他社借入件数も審査の際に重視されるポイントになります。信用情報機関には、他社借入件数も記録されているので、金融トラブルと一緒に確認されることになります。他社借入件数が1件程度なら深刻な問題にはならないでしょうが、3件以上の複数あると、新規の申し込みであっても審査は厳しくなってしまいます。複数の消費者金融から借入をしているということは、多重債務者だと見られます。そのため、消費者金融側からすれば要注意人物だと思われる可能性が高まります。なぜ多重債務者だと審査が厳しくなるのかというと、消費者金融側のリスクが高いからです。多くのカードローンを契約しているということは、「返済実績がなく限度額の増額が難しかった」「多くの返済を抱えているため、融資しても返済されない可能性が高い」ということが考えられます。レディースローンは無担保融資ですから、返済がされないと消費者金融としても大きなダメージになります。返済トラブルなどを防ぐためには、申込者が信用できるかどうかしっかりと吟味する必要があるのです。しかし、多重債務者は信用されることが難しく、融資は厳しいと言わざるを得ないでしょう。

また、実際に借金はしていなくても利用可能枠がある場合には、借入件数にカウントされるので注意が必要になります。もう利用しないカードローンがあるのなら、解約しておくと安心です。解約方法は各カードローンによって違いますが、基本的には電話で問い合わせるのがもっとも簡単な方法です。インターネットから解約手続きができる場合もありますので、自分が契約している消費者金融のホームページなどを確認してみるとよいでしょう。

審査は条件を満たせば通過できる!

レディースローンの審査は、基本的には通常のカードローンの審査と変わりません。条件を満たせば、審査は通るでしょう。ある程度の収入を継続的に得ている、信用情報にトラブルがない、他社借入件数が少ない、または初めてのカードローンであるということなら、心配することはありません。ためらわずに、一度申し込みをしてみるとよいでしょう。

監修者プロフィール : 杉浦 詔子

杉浦 詔子
  • ファイナンシャルプランナー・産業カウンセラー・キャリアコンサルタント
  • 働く人たち(会社員・公務員・派遣社員・契約社員・アルバイト、働く人の配偶者、育児介護休職者、退職者、など)の夢や目標をかたちにするため、ライフプラン(家計)とキャリアプラン(生活)を中心に、相談(カウンセリング・プランニング)と講義(セミナー)と執筆(ライティング)を行っています。
最新版カードローン人気総合ランキング

その他カードローン関連コラム

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング