ページ
上部へ

おまとめローンには、銀行系カードローンが向いている?その理由とは

牧野寿和(まきのひさかず)

監修者プロフィール牧野寿和(まきのひさかず)

独立系ファイナンシャルプランナー

続きを読む

自らを「人生の添乗員®」と名乗り、相談者とその家族が描いた「人生の行程表」通りの人生が歩めるように、実現可能なプランニングと実行サポートを行いながらその方の人生に寄り添っていく、創業16年の独立系ファイナンシャルプランナー (保有資格:CFP®、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)

おまとめローンという言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。おまとめローンとは、複数の借入のある方が、借入先を一カ所にまとめることです。 借入先が一カ所になれば返済日もまとめることができますし、返済の金利が現状よりも低くなる可能性もあります。 しかし、おまとめローンにすると、その後に再び融資を受けられる可能性が低くなることは懸念されるところです。 ところで、このおまとめローンには、銀行系のカードローンが向いているともいわれています。そこで、この記事ではなぜ銀行系のカードローンが向いているのか、その理由を明らかにしていきます。 カードローンとは、金融機関などが発行するカードなどを用いて、あらかじめ決められた利用限度額までであればいつでも借りることができ、借入先が定めた金利で利息と元本を毎月返済するローンのことです。住宅ローンであれば、住宅購入資金といったように融資を受けたお金の使い道が定められていますが、このカードローンは、事業性資金以外に使うのであれば縛りがないのも特色と言えます。

銀行系カードローンの特徴とは?

銀行系カードローンとは、銀行が取り扱っているカードローンのことです。その特長として、消費者金融やクレジット会社よりも金利が低いことが挙げられます。金利が低ければ、残債にかかる利息の支払いも少なくなり家計への負担を軽減することができますので、おまとめローンに銀行系カードローンを使うことは適切だと言えるでしょう。

銀行系カードローンの中には、広い意味では銀行の傘下になっている消費者金融のカードローンが含まれている場合もあり、消費者金融のカードローンの金利は銀行系のカードローンよりも高いと言えます。

また、 利用限度額は銀行系の方が高く設定されています。ほとんどの場合、消費者金融系の会社の限度額は最大500万円です。一方で、銀行系のカードローンでは800万円から1,000万円程度までです。融資を受ける時の審査は消費者金融系より銀行系のカードローンの方が厳しいともいわれています。

また、銀行系カードローンは即日融資に対応していませんが、おまとめローンにする場合即日融資の必要性は少なく、問題にすることはないでしょう。

銀行系カードローンの審査に通りやすくする3つのポイント

ところで、どんな融資でも受ける前には必ず審査があります。カードローンも例外ではありません。審査に通りやすくするために、言い換えれば審査に落ちないために、事前にしておくべき3つのポイントをお伝えします。

(1)クレジットカードの支払いや返済などは遅延しないこと

カードローンを組む際に行われる審査では、信用情報機関のデータを利用します。そのため、クレジットカードでの支払いが滞った履歴などがあれば、審査にマイナスの影響を与えかねません。返済日時に遅延がないように注意しましょう。

(2)返済できる額で融資を受けること

融資を受ける方に、現状の収入で借り入れたお金を返済できる能力がなければ、銀行系に限らず融資の審査に通ることは難しいです。従って、返済できる額の融資を受けることが大切です。

(3)ご自身が返済能力のある、定期的に収入を得ている人物であること

定期的に収入を得るためには、最低でも1年以上現在の勤め先に勤務していることが必要だといわれています。

また個人事業主や主婦の方が借り入れる場合は、別の審査基準を設けている銀行もありますので、借り入れを検討する場合は直接その銀行に問い合わせてみてください。

銀行ごとのおまとめローンの特徴

ここからは、銀行ごとのおまとめローンの特徴をみていきましょう。各行とも契約時の年齢が満20歳以上から満60歳未満の方を対象にしていることはほぼ共通しています。また、担保は不要なところが多く、保証人は各銀行の提携している保証会社が立てるので不要です。

なおここで紹介した銀行と取り引きされる場合は、必ず事前に金利などの最新商品情報を確認してください。

東京スター銀行:おまとめローン(スターワン乗り換えローン)

東京スター銀行には、おまとめローン専用の商品「スターワン乗り換えローン」があります。

このおまとめローン商品の融資可能額が30万~1,000万円です。ただし、申し込みをした時点の他社ローン、合計残債以内の金額が融資の対象額になります。

金利は年12.5%です。ここでご注意いただきたいのは、他社ローンをまとめてそのローンの平均金利が12.5%より低ければ、数字上このおまとめローン商品に乗り換えるメリットはありません。

対象の方は、年収200万円以上の給与所得者です。具体的には正社員、契約社員と派遣社員の方で、自営業・パート・アルバイトの方は対象にはなっていません。

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行には、おまとめローンの商品はありません。

しかし、カードローンの融資可能額は10万円~800万円、金利は年2.5%~年13.8%と、他行のカードローンの金利と比較すると低くなる方もいるでしょう。

従って、他社ローンの負債の状況により、ご自身でソニー銀行のカードローンにその負債をまとめてもよいかもしれません。

イオン銀行フリーローン(イオンアシストプラン)

イオン銀行では、フリーローン(イオンアシストプラン)が、おまとめローンに対応する商品です。

融資可能額は10万円~700万円、金利は年3.8%~年13.5%です。

借入期間は1年以上8年以内(1年単位)で、毎月27日が返済日です。借入金額の50%を上限として、6カ月ごとの増額返済の併用ができる制度もあるようです。

この商品で融資を受けられる主な条件は、原則前年度の税込年収が200万円以上で、安定かつ継続した収入のある方です。従って、年金受給者、学生、そして無職の方は対象になりません。

おまとめには、銀行系カードローンが向いている

消費者金融のカードローンでは、30日間無利息といったサービスを実施しているケースも多く見受けられます。しかし、大半の銀行系カードローンにはこれらのサービスはないといってもいいでしょう。

 つまり、銀行系のカードローンには消費者金融のようなサービスはありませんが、消費者金融のカードローンと比べて融資してもらえる金額は多く、しかも金利は低いのが特長と言えます。

繰り返しになりますが、金利が低いことで返済をする際に必要な利息の支払いも少なく済ませられるため、銀行系のカードローンはおまとめローンに向いているといえるでしょう。

銀行系のおまとめローンの審査を通りやすくするためには、上述のように、お金を借りる上でのマイナス要素を1つでも少なくすることが大切です。銀行系のカードローンで、審査に通りやすい条件を整えて上手に利用してみてはいかがでしょうか。

とはいうものの、ここまで見てきて、私と同じような感想をお持ちの方もいると思います。それは、お堅いというイメージの銀行でも比較的容易にお金を貸してくれる、ということです。

しかし、借りたお金は必ず利息をつけて返さなくてはなりません。言い換えれば、返済の計画のないままに安易にお金を借りると家計が破たんする可能性がある、と言っても言い過ぎではありません。

返済のめどが立っている最低限の金額で短期間融資を受ける。おまとめローンを利用しなくてはならない家計の状況は、往々にして家計が破たんする寸前の緊迫した状況であることを認識することも必要でしょう。

最新版カードローン人気総合ランキング

最新版カードローン人気総合ランキング

人気の特集
今日借りたい方必見!即日融資のカードローン
収入証明書不要のカードローン
家族や会社に内緒で借りたい!バレずに借りるカードローン
低金利&安心!銀行系カードローン
パート・アルバイト・派遣の方でも安心のカードローン
疑問&不安を解消!働く主婦向けカードローン
その他の特集
休日に借りられる
消費者金融系カードローン
無利息期間サービス有り
低金利のカードローン
お役立ち情報
カードローンのキホンを教えます!カードローン初めてガイド
早く借りれるノウハウを伝授!借入までの流れ
知っておけばもっと安心!よくある質問
カードローン関連コラム
マイナビニュースが選ぶカードローン人気総合ランキング